価格.com

家電

Ultra HD Blu-ray特集

Blu-rayソフトも続々登場

Ultra HD Blu-ray特集

新時代の映像を体験しよう

「4K」テレビが普及しつつあるなか、最近にわかに脚光を浴びている規格が「Ultra HD Blu-ray(UHD BD)」。高い解像度に加え、これまで以上にリアルで美しい映像表現が魅力です。対応プレーヤーやソフトなどをひと足先に手に入れ、新時代の映像体験を楽しみましょう!

Ultra HD Blu-rayの魅力

Blu-rayと比べ映像がさらに美しいといわれる「Ultra HD Blu-ray」。「解像度」「色域」「輝度」が進化したことで、Blu-rayよりリアルな質感を再現できます。具体的に映像がどう変わるのか、そしてそれを存分に楽しむにはどんな機器が必要なのかをチェックしましょう。

Ultra HD Blu-rayは何がスゴいの?

解像度はフルハイビジョンの4倍! 色の鮮やかさと映像のメリハリも大幅にアップ!

Ultra HD Blu-rayでは、これまでのBlu-rayで記録可能だったフルハイビジョン(1920×1080px)の4倍にあたる解像度(3840×2160px)で映像を収録できます。また、輝度のピーク幅を大きくしたHDR(ハイダイナミックレンジ)に対応。黒つぶれや白とびで見えなかった部分を改善しています。さらに、色域も広くなるため、これまで切り捨てられていた色みも再現することができるようになり、映像のメリハリや色の鮮やかさが段違いに良くなっています!

Ultra HD Blu-rayを楽しむのに必要な機器はこちら

  • プレーヤー/レコーダー/ドライブ

    まず、Ultra HD Blu-rayソフトをテレビで再生するためにはBlu-rayプレーヤー/レコーダー、パソコンで見るにはドライブが必要となります。対応機種が最初に市場に登場した2015年から1年ほどは、ほとんど選択肢がありませんでしたが、2017年にシャープやSONYなどの大手家電メーカーが参入して以降、ラインアップが充実しました。

    プレーヤー/レコーダーをチェック

  • 薄型テレビ

    Ultra HD Blu-rayに記録された映像をきちんと出力するには、HDRに対応した4Kテレビが必要です。HDRに対応していない場合、視聴はできますが、従来の色域(SDR)での表示になり、本来の映像を楽しめません。各社のラインアップから対応モデルを選びましょう。


    薄型テレビをチェック

  • Blu-rayソフト

    Ultra HD Blu-ray対応のプレーヤーが出てきたことで、20世紀フォックスやワーナー・ブラザース、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントなどの大手からも、大作タイトルが続々登場。また、映像美を体感しやすい風景映像を収録したソフトも発売されています。


    Blu-rayソフトをチェック

このページの先頭へ

プレーヤー/レコーダー/ドライブ

Ultra HD Blu-rayソフトの再生に必要なプレーヤー/レコーダーは、パナソニックが2015年11月に世界で初めて発売した「DMR-UBZ1」以降、ほかのメーカーも追随。プレーヤーはSONYやパイオニア、レコーダーはSONY、シャープといった大手メーカーが参入し、競争が激化しています。そのおかげもあり、近年は価格もこなれてきた印象で、プレーヤーなら2万円台から選べるようになりました。また、新4K衛星放送の開始にともない、対応製品も続々登場しています。

プレーヤー:選択肢が広がり最安2万円台から選べる!

Ultra HD Blu-ray対応のBlu-rayプレーヤーは、レコーダー兼用モデルに押され、機種数はさほど多くありません。ただし、レコーダーよりも機能を絞っているため、比較的低価格なモデルが多く、型落ち品ならば2万円台と安い製品も存在します。また、マイクロソフトの家庭用ゲーム機「Xbox One X」もUltra HD Blu-rayに対応しているので、ゲーム好きの人ならこちらをプレーヤーとして利用することも選択肢のひとつになります。

プレーヤーを探す

  • パナソニックDP-UB9000 (Japan Limited)

    最安価格¥-

    最新のHDR規格、「HDR10+」と「Dolby Vision」に国内で初めて対応したパナソニックのフラッグシップ機。リアルなHDR映像を忠実に再現します。振動とノイズを低減し、音質も極めたモデルです。

    この商品を探す

  • パナソニックDMP-UB900

    最安価格¥-

    4K対応エンジン「4Kリアルクロマプロセッサplus」搭載。4K映像のリアルな質感を表現しながら色や輪郭の再現処理を高め、立体感と奥行きを感じる映像を映し出します。

    この商品を探す

  • パナソニックDMP-UB30

    最安価格¥-

    「DMP-UB900」のエンジンには劣るもののパナソニック独自開発の「4Kリアルクロマプロセッサ」を搭載。HDMI出力を1系統にすることで、この安さを実現しています。

    この商品を探す

  • パナソニックDP-UB45

    最安価格¥-

    「DMP-UB9000」の廉価版ながら「HDR10+」と「Dolby Vision」に対応と高画質。幅320mmとコンパクトで狭い場所にも設置することができます。ハイレゾ対応で音質も十分です。

    この商品を探す

  • パナソニックDP-UB32

    最安価格¥-

    「DMP-UB30」同様に4K対応エンジン「4Kリアルクロマプロセッサ」を搭載。開・閉ボタンを押すと約1秒でトレイが開くので、初めてのユーザーでもストレスなく扱うことができます。

    この商品を探す

  • SONYUBP-X800

    最安価格¥-

    SONYでは初めてUltra HD Blu-rayの再生に対応したほか、HDR非対応の4Kテレビでも、HDRコンテンツの諧調や色彩を楽しめる独自のアルゴリズムも搭載。ハイレゾ音源に対応しているのもポイントです。

    この商品を探す

  • SONYUBP-X700

    最安価格¥-

    HDR規格は「HDR10」に加え「Dolby Vision」に、音声フォーマットは「Dolby Atmos」や「DTS:X」に対応。多様な規格の美しい映像と臨場感あふれる音を再生できます。

    この商品を探す

  • SONYUBP-X800M2

    最安価格¥-

    「UBP-X800」の後継機は従来の輝度の40倍まで表現するドルビービジョンにも対応。コンテンツの元の状態に近い状態で出画できる「BRAVIAモード」搭載と、画質がさらに進化しています。

    この商品を探す

  • パイオニアUDP-LX500

    最安価格¥-

    パイオニア初のUltra HD対応Blu-rayプレイヤーは、あらゆるメディアを再生できるユニバーサルプレイヤー。SONY「UBP-X800M2」同様にドルビービジョンにも対応する、高画質が魅力です。

    この商品を探す

  • パイオニアUDP-LX800

    最安価格¥-

    「UDP-LX500」の上位機種。「UDP-LX500」の画質の良さに加え、筐体の剛性強化、振動対策を追求。オーディオメーカーだからこそできる良音質も実現しています。

    この商品を探す

  • マイクロソフトXbox One X

    最安価格¥-

    2017年後半に発売された「Xbox One」シリーズの最新機種。処理性能が向上したほか、初代Xboxシリーズまでの後方互換も実現。Xbox One Sと同様、Ultra HD Blu-rayのプレーヤーとしても使えます。

    この商品を探す

  • LGエレクトロニクスUP970

    最安価格¥-

    現在販売されているUltra HD Blu-ray対応のプレーヤーとしては最安クラスながら、「Dolby Vision」(ソフトウェアアップデート)に対応。また、YouTubeやNETFLIXの4K動画再生も可能です。

    この商品を探す

  • Ultra HD Blu-ray対応のプレーヤーを探す

レコーダー:高画質の映像を録画するのも3万円台〜という時代に!

Ultra HD Blu-rayプレーヤーとしての機能に加え、テレビ番組の録画や保存もできるのが「レコーダー」です。このジャンルで覇を争っているのはパナソニックとSONY、シャープの3社です。ここ1〜2年のうちに各社から多数の製品が登場しているので、型落ち品でHDDの容量が小さいものを選べば、3〜4万円台と安い商品を見つけられるようになりました。録画も再生も1台にまとめたいという人は、選択肢のひとつとして検討してみましょう。

レコーダーを探す

パナソニック

Ultra HD Blu-rayの先駆者であるパナソニックは、これまでもUltra HD Blu-ray対応レコーダーを「ディーガ」ブランドで発売してきました。2019年5月発売で、動画だけでなく音楽や写真をスマホで楽しめる「おうちクラウドディーガ DMR-UBX8060」が、現在のフラッグシップ機といえますが、以後も新製品を発表しています。2019年の夏に4Kチューナー内蔵モデルを発売しており、こちらにも注目が集まっています。

  • パナソニックおうちクラウドディーガ DMR-UBX8060

    最安価格¥-

    ディーガのハイエンドラインの2019年春モデル。4K対応エンジン「4Kリアルクロマプロセッサ」で繊細な質感も見事に再現しています。最大10チャンネルを、28日まるまる録画できる大容量HDDも搭載しています。

    この商品を探す

  • パナソニックおうちクラウドディーガ DMR-BRW1050

    最安価格¥-

    HDD容量1TBと、ほかモデルに比べると低容量ながら、「4Kリアルクロマプロセッサ」搭載で上位モデルと同等の画質を誇ります。3万円台と安価なこともあり、人気の高いモデルです。

    この商品を探す

  • パナソニックおうちクラウドディーガ DMR-SUZ2060

    最安価格¥-

    4Kチューナーを内蔵し、新4K衛星放送番組の視聴と放送画質での録画・ダビングに対応するモデル。HDD容量を2TBに抑え、低価格を実現しています。4K/HDRのネット動画も楽しめます。

    この商品を探す

  • パナソニックおうちクラウドディーガ DMR-4W400

    最安価格¥-

    4Kチューナーを2基内蔵し、新4K衛星放送の2番組同時録画に対応。同放送の4K長時間録画モードを搭載し、最大で4倍の長時間録画も実現しています。HDD容量は4TB。「4Kリアルクロマプロセッサ」搭載で画質面も満足のスペックです。

    この商品を探す

  • パナソニックのUltra HD Blu-ray対応レコーダーを探す

SONY

2018年5月に6機種を発売し、Ultra HD Blu-ray再生対応レコーダー市場に参入。すでに発売していた対応プレーヤーに加え、対応レコーダーもラインアップに加わります。同社が展開する「ブラビア」の4Kテレビと組み合わせることにより、ブラビアの性能を存分に引き出し高画質を実現する「4Kブラビアモード(4K BRAVIA専用高画質)」を搭載しています。ブルーレイディスクや録画/放送中番組のハイビジョン映像を4Kにアップコンバートできるほか、動きがなめらかな60p出力にも対応しており、他社製4Kテレビでも美しい映像を楽しめます。

  • SONYBDZ-FT3000

    最安価格¥-

    3チューナー+HDD容量3TBのレコーダー。新作の連続ドラマとアニメを最長で1か月前から先行予約できる独自の新機能「新作ドラマ・アニメガイド」を備えています。

    この商品を探す

  • SONYBDZ-FT1000

    最安価格¥-

    「BDZ-FT3000」と同じ3チューナーモデルでHDD容量が1TBの製品。同性能で容量が2TBの「BDZ-FT2000」も展開します。3番組を同時に長時間モードで録画することができます。

    この商品を探す

  • SONYBDZ-FW1000

    最安価格¥-

    「BDZ-FT3000/2000/1000」と同時期に登場した2チューナーのモデルでHDD容量が1TBの製品。チューナー数が少なく価格を抑えていますが基本性能は同等で、美しいリアルな映像を楽しむことができます。

    この商品を探す

  • SONYBDZ-FW500

    最安価格¥-

    2チューナーモデルのうち、HDD容量が500GBの製品。SONYのUltra HD Blu-ray再生対応レコーダーのうち最も安価な製品。SeeQVaultに対応する外付けハードディスクへ直接録画できる機能を備えています。

    この商品を探す

  • SONYのUltra HD Blu-ray対応レコーダーを探す

シャープ

Blu-rayレコーダーを多数発表しているシャープは、2018年、2019年と新作を連発しています。過去にもUltra HD Blu-ray対応モデルはありましたが、最新のモデルではさらに、4Kチューナーを内蔵し、4K放送をオリジナル画質で録画できる機能も備えています。このほかにも、連続ドラマを自動録画する「ドラ丸」を搭載し、3番組同時録画ができるなど、機能性が高いのも特徴です。

  • シャープAQUOSブルーレイ BD-UT1200

    最安価格¥-

    発売は2017年とやや古めですが、Ultra HD Blu-rayの再生への対応、3チューナー搭載、便利な「可変速早見・早聞き」機能など、現役で活躍できるだけのスペックを備えています。HDDは1TBと控えめではあるものの、3〜4万円台の低価格で購入できるのが魅力のレコーダー。

    この商品を探す

  • シャープAQUOSブルーレイ 4B-C40AT3

    最安価格¥-

    BS4K・110度CS4Kチューナーを内蔵するだけでなく、HDD容量4TBと大容量のBlu-rayレコーダー。Ultra HD Blu-rayの再生だけでなく、4K放送をオリジナル画質で録画できる、現行の最上位モデルです。同じ機能でHDD2TBのモデルもあります。

    この商品を探す

  • シャープAQUOSブルーレイ 2B-C20BT3

    最安価格¥-

    2019年に発売された新モデル。広色域規格「BT.2020」対応、最大1,000〜10,000nitの高輝度と高画質です。3番組同時に録画ができるなど機能性の高さで高い人気を誇っています。

    この商品を探す

  • シャープAQUOSブルーレイ 2B-C10BT3

    最安価格¥-

    Ultra HD Blu-ray対応のトリプルチューナー。基本性能は「2B-C20BT3」と同様ですが「2B-C20BT3」がHDD容量2TBなのに対し、こちらは1TBと容量が異なります。

    この商品を探す

  • シャープのUltra HD Blu-ray対応レコーダーを探す

ドライブ:パソコンでUltra HD Blu-rayを楽しむために必要!

Ultra HD Blu-rayはパソコンでも楽しむことができます。パソコンでUltra HD Blu-rayメディアを再生するには、まず対応するドライブが必要になります。さらに、パソコン本体の動作環境のハードルが高めなうえ、ディスプレイも4K・HDRに対応していないといけませんので注意が必要です。なおドライブにより「対応OS」が異なります。Windowsのみ対応という製品も少なくないので、Macユーザーは選ぶ際によりしっかりと確認しましょう。

ドライブを探す

  • ロジテックLBD-PVA6UCVSV

    最安価格¥-

    Ultra HD Blu-ray再生に対応するポータブルBlu-rayドライブ。230gと超軽量で超薄型です。USB Type-Aに加えてType-Cにも対応と、幅広いユーザーが使える点も魅力です。Windowsと一部のMacで使用できます。

    この商品を探す

  • パイオニアBDR-211JBK [ブラック]

    最安価格¥-

    パイオニアの内蔵型ブルーレイドライブは3モデルがUltra HD Blu-ray再生に対応していますが、本製品では再生機能を重視。記録面での機能を削り低価格化を実現しています。対応OSはWindowsのみ。

    この商品を探す

  • パイオニアBDR-212JBK

    最安価格¥-

    「BDR-211JBK」の後継機。振動を抑えるハニカム構造、書き込み時の精度を向上するディスク共振スタビライザー搭載と、機能性が高まっています。対応OSはWindowsのみ。

    この商品を探す

  • IO DATABRD-UT16LX

    最安価格¥-

    Ultra HD Blu-rayも含む4Kに対応。美しい画像を堪能できることはもちろん、USB3.0対応で6倍速メディアは最大16倍速での書き込みが可能など、外付けドライブとしてかなり優秀です。対応OSはWindowsのみ。

    この商品を探す

  • Ultra HD Blu-ray対応のドライブを探す

このページの先頭へ

薄型テレビ

Ultra HD Blu-rayの映像美を満喫するには、4K解像度とHDRに対応しているテレビを選ぶ必要があります。最新は4KテレビのほとんどがHDR対応になってきていますが、4Kテレビ=Ultra HD Blu-ray対応というわけではないので、注意しましょう。

4Kテレビの多くがUltra HD Blu-rayに対応

4K・HDRに対応したテレビはSONYや東芝という日本の大手メーカーに加えてLGやハイセンスといった海外メーカーも力を入れるジャンル。多数の製品が登場しており、4万円程度でもUltra HD Blu-rayに対応するなど、ユーザーにはうれしい状況が生まれています。

  • SONYBRAVIA

    BRAVIAは現行の全7シリーズで4K・HDRに対応します。どのモデルもトリルミナスディスプレイを採用して鮮やかで広い色域を実現。高額モデルは有機ELパネルを使用しています。

    この商品を探す

  • 東芝REGZA

    4Kテレビ8シリーズすべてがHDRにも対応。地上デジタル放送も美しく表現できる「レグザエンジンEvolution」に加え、上位機はAI機械学習HDR復元などを搭載。さらにリアルな映像を映し出します。

    この商品を探す

  • パナソニックVIERA

    全17シリーズが4K・HDRに対応。最上位機は色の違いを見極め忠実に再現する「ヘキサクロマドライブ」や、「Dynamicハイコントラスト有機ELディスプレイ」を搭載しています。

    この商品を探す

  • シャープAQUOS

    4Kの3シリーズ、8Kの2シリーズがHDRに対応。最上位AX1ラインでは約3,300万画素の高解像度を実現しました。輝き復元技術「メガコントラスト」など高画質へのこだわりが随所に見られます。

    この商品を探す

  • 日立Wooo

    4Kテレビは2017年末に発表された2シリーズのみで、両方がHDRに対応しています。倍速120コマに対応し、残像感のないくっきりとした映像が見られるほか、独自の超解像技術により精細な映像を実現。また、従来モデルより色域を拡張しており、よりリアルな映像が楽しめます。

    この商品を探す

  • 三菱電機REAL

    4Kテレビは2シリーズありますがUltra HD Blu-rayの再生に対応するのは「RA1000シリーズ」のみです。「DIAMOND Panel」と「DIAMOND Engine 4K」、2つの独自技術により高コントラストで美しい映像を実現します。

    この商品を探す

  •  LGエレクトロニクス

    4Kテレビ市場をリードするメーカー。それゆえ20シリーズ以上もの4Kテレビがあり、いずれも4K・HDR対応です。高級機「OLED77W9PJA」は有機EL専用のAIを搭載。有機ELの能力を最大限に生かしきります。

    この商品を探す

  •  ハイセンス

    現行のラインアップ、6シリーズすべてで Ultra HD Blu-rayに対応しています。最上位モデルはレグザとの共同開発の「レグザエンジン NEO plus」を搭載。ものの微細な質感まで再現します。

    この商品を探す

  • 4K・HDR対応の薄型テレビを探す

このページの先頭へ

Blu-rayソフト

Ultra HD Blu-ray規格で楽しめる作品が増えています。新規格による映像の進化は、鮮やかさや迫力、暗部の再現力など、さまざまな面で体感できるため、新しい感動が得られるでしょう。ここでは高画質で楽しみたい注目作品を一挙紹介します!

SF作品を探す

アクション作品を探す

ミステリー・サスペンス・パニック作品を探す

ファンタジー作品を探す

アドベンチャー作品を探す

コメディ作品を探す

ドラマ・ラブロマンス作品を探す

アニメ作品を探す

バックグラウンドビデオ作品を探す

このページの先頭へ

Ultra HD Blu-rayについてもっと知りたい!

Ultra HD Blu-rayとは何なのか、映像性能は具体的にどのくらいアップしたのか、などUltra HD Blu-rayについて詳しい情報をまとめました。新規格の映像をもっと楽しむためのアイテムなども紹介。Ultra HD Blu-rayについてもっとよく理解し、もっと楽しみたい人は必見!

Ultra HD Blu-rayとは?

Ultra HD Blu-rayは、企業団体のBlu-ray Disc Association(BDA)が策定した規格で、基準となるのは4K解像度への対応とHDRの採用、広色域など。このほか、高フレームレートへの対応も必要とされています。また、サウンド面ではオブジェクトベースのサラウンド技術へ対応。オプションの「Digital Bridge」という機能で購入したコンテンツをモバイル機器でも楽しめるようにする、といったことも含まれています。「UHD BD」や「UHD Blu-ray」などと略して表記されることもあります。なお、Ultra HD(UHD)とは、超高精細を意味する「Ultra High Definition」の略で、高解像度の映像規格のことです。画素数が3840×2160の4K画質だけでなく、7680×4320の8K画質もUHDに含まれます。

Ultra HD Blu-rayがスゴい3つのポイント

  • 4K解像度

    従来のBlu-rayで収録できた映像はフルハイビジョン(=2K、1920×1080px)まで。これを4倍(=4K、3840×2160px)に引き上げることで、より高精細な映像が見られるようになっています。また、フレームレートは60p(1秒間に60コマを表示)を実現し、動きも滑らかに表現できます。

  • HDR対応

    Blu-rayでは輝度が最大100nitでしたが、HDRになることで最大1000〜10000nitと大幅に拡大し、表現できる範囲が広くなりました。これまでは黒つぶれや白とびして、何が映っているのかわからなかった部分を、緻密に再現することが可能になっています。

  • 広色域

    Ultra HD Blu-rayでは、広色域も大きな魅力。HDRによってダイナミックレンジが100倍になったことで、世界にある物体色の99.9%をカバーできるように。色域の規格も、従来のPT.709から4K/8K放送向けに策定されたBT.2020という広色域規格になっています。

新拡張規格「HDR10+」でさらなる映像美に期待

Ultra HD Blu-rayのコンテンツや再生機器に採用されるHDR技術でデファクトスタンダードとなっているのが、「HDR10」という規格です。しかし、この規格では、コンテンツに含まれる最大輝度の情報をもとに映像を表示しているため、最大輝度が1000nitに満たない普及価格帯のテレビにおいて、必要以上に暗く見えるシーンがあるといった欠点がありました。これを改善しようとするのが、HDR10を発展させた「HDR10+」という新規格。この規格では、シーン単位で輝度を設定できる仕様にしており、最大輝度のスペックが低いテレビであっても、HDRの映像美を実感しやすくなっています。なお、HDR10+を採用した機種については、すでにパナソニックが2018年のテレビやUltra HD Blu-rayプレーヤーで対応することを発表しています。

テレビ、プレーヤー、ソフト以外に必要なもの/あったら便利なアイテム

Ultra HD Blu-rayを視聴するために、テレビ・プレーヤー・ソフトを揃えたら、最後にHDMIケーブルも必要です。HDMIケーブルの中には、18Gbpsの高速伝送、4K映像伝送、HDR信号の伝送に対応した「プレミアムHDMIケーブル」があり、このケーブルで接続する必要があります。認証済み製品にはロゴが付いているので、それを参考にするのがよいでしょう。また、サウンドバーやホームシアターシステムなど、音響面を強化すれば、映像がより臨場感のあるものとして楽しめるようになります。

専用のプレーヤーは必須ではない?

Ultra HDの映像を視聴するためのわかりやすい手段として、対応Blu-rayプレーヤー/レコーダーの導入がありますが、オンデマンド配信サービスの「ひかりTV」や「Netflix」などが徐々にコンテンツを増やしていく動きがあるため、今後は専用プレーヤーがなくてもUltra HDの映像を存分に楽しめるようになる可能性も大いにあります。また、2016年11月に発売される新型ゲーム機「Xbox One S」でもUltra HD Blu-rayの再生が可能です。

このページの先頭へ

関連アイテム

  • HDMIケーブル

    各機器の接続に必要となるのが4K / Ultra HDの伝送に対応したHDMIケーブル。HDMI Licensingによって認証済みの製品には「プレミアムHDMIケーブル」のロゴが付きます。エレコムなどの大手PC周辺機器メーカーなどからも発売されています。

    関連カテゴリを見る

    関連商品を探す

  • プロジェクタ

    テレビと同じように、プロジェクタでも4K・HDR対応モデルが増えています。テレビではサイズに限界がありますが、プロジェクタを使えば、映画館のような大画面で迫力のある映像を楽しめます。ホームシアターを構築しようと考えている人は検討してみては。

    関連カテゴリを見る

    関連商品を探す

  • ホームシアター スピーカー

    映画などを見るときに映像と同じくらい重要なのが音です。最近のテレビは、搭載しているスピーカーの音質もかなり向上していますが、臨場感のあるサラウンドを楽しむなら、やっぱり本格的なサウンドバーやホームシアターシステムを揃えたほうがよいでしょう。

    関連カテゴリを見る

    関連商品を探す

  • ヘッドホン

    「大音量で映画を楽しみたい!」と思っても、夜間や集合住宅などではなかなかそうもいかないのが現状です。そんなときにあると便利なのがヘッドホン。最近はBluetooth接続でケーブルレスのものも増えていて、視聴する位置が限定されないのもポイントです。

    関連カテゴリを見る

    関連商品を探す

このページの先頭へ

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止