ブルーレイプレーヤーの選び方

ホーム > 家電 > ブルーレイプレーヤー > ブルーレイプレーヤーの選び方

選び方ガイド 自分に最適な製品選びをサポート

「Ultra HD Blu-rayって何?」「どういった機能を選べばいいの?」など、ブルーレイプレーヤー選びの際に浮かぶ疑問を解決できるのが選び方ガイドです。ブルーレイプレーヤー選びに必要な基礎知識、用語解説はこちらでチェックしましょう!

ブルーレイプレーヤー選びの前に

ブルーレイプレーヤーのトレンドは、映像のキレイさ向上

最近のブルーレイプレーヤーは、従来よりもっと美しい映像を楽しむための機能や新規格へ対応したものが増えています。映像のキレイさにこだわりたい人なら是非チェックしておきたいポイントが「Ultra HD Blu-ray」と「4Kアップコンバート」です。

注目を集める、次世代高画質規格「Ultra HD Blu-ray」とは?

2016年、次世代高画質規格「Ultra HD Blu-ray」(以下、UHD BD、詳細は下記参照)に対応したソフトが続々と登場しました。これにあわせてUHD BD対応レコーダー/プレーヤーの発表・発売も相次いでいます。「価格.comブルーレイプレーヤーカテゴリ」の売れ筋ランキングでも上位10位以内にUHD BD対応プレーヤーが3製品ランクインしており(2018年9月現在)、映像の画質にこだわったブルーレイプレーヤーが注目され始めています。

Ultra HD Blu-rayとは

4Kに対応したブルーレイディスクの規格

「Ultra HD Blu-ray」とは、「4K画質」「HDR(ハイダイナミックレンジ)」「広色域」に対応することにより映像のキレイさが従来よりも大幅にグレードアップしたブルーレイディスクの次世代規格のことです。フルハイビジョンの約4倍にあたる4K画質の高精細な映像を収録できるほか、これまで最大100nitだった輝度を最大1000〜10000nitへ大幅に拡大した「HDR」に対応し、黒つぶれや白とびも改善されています。表現される色も、世の中に存在する色の99.9%をカバーできるようになり、より鮮やかな色彩表現が可能になりました。ただし、視聴するにはプレーヤーだけでなくテレビやソフトも新規格に対応した性能が要求されるので注意が必要です。Ultra HD Blu-rayについてまとめたページを用意していますので、映像の美しさにこだわりたい人はチェックしてみましょう。

Ultra HD Blu-ray特集をチェックする

従来のフルハイビジョン映像を4K解像度にアップコンバートして再生できるプレーヤーも登場

4Kに満たない解像度のコンテンツを4Kテレビで視聴する際に、4K解像度へと変換してくれる技術を搭載したブルーレイプレーヤーも登場しています。この機能があれば、4Kの解像度に満たない、デジタル放送やDVDのハイビジョン映像、ブルーレイのフルハイビジョン映像などを高精細な4K解像度へと変換してくれ、より高品位な映像を楽しめます。4Kテレビをすでに導入しており、幅広い解像度のコンテンツを高画質で楽しみたい方は、4Kアップコンバート機能を確認しておきましょう。

このページの先頭へ

ブルーレイプレーヤーの選び方のポイント

ブルーレイプレーヤーで再生できるメディアは、ブルーレイディスク(BD)やDVD、CDなどです。ただし、対応しているメディアの種類は製品によって異なりますので、きちんと確認しましょう。また、音楽鑑賞用のオーディオフォーマットや、HDMIや光デジタル音声出力、同軸デジタル音声出力といった接続端子、立体映像を楽しめる3D対応などもチェックしたいポイントです。

対応メディアをチェック−ブルーレイ−

ブルーレイディスク・メディアには、一度だけ記録可能な「BD-R」と、繰り返し書き換え可能な「BD-RE」があり、それぞれに複数の記録層を持つ大容量規格が存在します。

BD-R/BD-R DL

一度だけ書き込みができるタイプで、価格が安いのが特長です。なお、メディアの記録容量は片面1層(BD-R/25GB)、片面2層(BD-R DL/50GB)、片面3層(BD-R XL/100GB)の3種類がありますが、BD-RとBD-R DLの2種類に対応している製品が中心です。

BD-RとBD-R DLをチェック

BD-RE/BD-RE DL

1枚のメディアに繰り返し書き換えができるブルーレイディスクです。記録容量はBD-R/BD-R DLと同じ3種類ですが、BD-REとBD-RE DLの2種類に対応している製品が中心です。書き換えできる回数は1000回程度とされています。

BD-REとBD-RE DLをチェック

対応メディアをチェック−DVD−

DVDメディアはブルーレイディスク・メディアより種類が豊富ですが、ほとんどのブルーレイプレーヤーが全種類のDVDメディアに対応しているので、気にしなくてもよいでしょう。記録容量は片面1層が4.7GB、片面2層が8.5GBとなりますが、片面2層は「DVD-R DL」と「DVD+R DL」だけです。

DVD-R

一度だけ書き込みができるメディアです。価格が安いのでもっとも普及しています。地上デジタル放送の番組をDVDメディアに録画する際に使われる著作権保護技術「CPRM」(※用語集参照)に対応しています。記録容量は4.7GBです。

DVD-R対応製品を探す

DVD+R

DVD-Rと同様に一度だけ書き込みができるメディアですが、「CPRM」には対応していません。記録容量は4.7GBです。




DVD+R対応製品を探す

DVD-RW

約1000回の書き換えが可能なメディアです。「CPRM」に対応している製品もあります。記録容量は4.7GBです。




DVD-RW対応製品を探す

DVD+RW

DVD-RWと同様に約1000回の書き換えが可能ですが、「CPRM」には対応していません。記録容量は4.7GBです。




DVD+RW対応製品を探す

DVD-RAM

約10万回の書き換えに対応しています。メディアは、専用のカートリッジに入ったものと、ディスクだけのものがあります。記録容量は4.7GBです。

DVD-RAM対応製品を探す

DVD-R DL/DVD+R DL

一度だけ書き込みができるメディアです。片面2層式のDVD-RとDVD+Rです。記録容量は通常(4.7GB)の約2倍多い8.5GBとなります。

DVD-R DL対応製品を探す

DVD+R DL対応製品を探す

音楽鑑賞でも使うなら、オーディオフォーマットをチェック

音楽鑑賞でもブルーレイプレーヤーを使いたいというユーザーは、一般的な音楽CDよりも高音質といわれているオーディオフォーマットへの対応をチェックしましょう。メディアにDVDを採用した「DVDオーディオ」と、CDを採用した「SACD」の2種類があります。

DVDオーディオ

高品質の音源を目指して策定されたオーディオフォーマットです。メディアにCDではなくDVDを使っており、最大5.1チャンネルのサラウンド音声を収録することができます。再生にはDVDオーディオ対応のプレーヤーが必要になります。


DVDオーディオ対応製品を探す

SACD

スーパーオーディオCD(SACD)と呼ばれる、次世代CD規格の1つ。CDと同じ大きさの12cmディスクに、CDを大幅に上回るクオリティの音を収録しています。より原音に近い音楽が再生できるとされ、高品質な音源を求めるマニアを中心に人気が高まっています。採用している規格が、一般的なCDとは異なるため、SACDに対応しているプレーヤーでないと再生できません。

SACD対応製品を探す

接続端子をチェック

より高い画質、音質を楽しみたいなら、信号をよりクリアに伝送する接続端子をチェックしましょう。

HDMI端子

映像・音声をデジタル信号で伝送する規格で、多くのデジタル家電で採用されています。デジタル信号を1本のケーブルで伝送できるので、信号の劣化がほとんどありません。





HDMI端子搭載製品を探す

光デジタル音声出力

音声をデジタル信号で伝送するための端子で、ケーブルに光ファイバーを使っています。接続部分(コネクター)の形状には、角型と丸型の2種類があります。なお、ARC(※用語集参照)に対応していないHDMI端子を搭載したテレビと接続する場合、光デジタル接続する必要があります。


光デジタル音声出力端子搭載製品を探す

同軸デジタル音声出力

音声をデジタル信号で伝送するための端子で、コアキシャルともいわれています。光デジタルと異なり、電気信号によって伝送されます。アナログの音声端子と同じ形状のRCA端子(ピンジャック)を用いています。光デジタルよりも音がよいという人もいます。ブルーレイプレーヤーとAVアンプを接続する場合は同軸デジタル音声出力端子をチェックするとよいでしょう。

同軸デジタル音声出力端子搭載製品を探す

3D対応をチェック

ブルーレイディスクに収録された、立体的な3D映像を楽しむことができます。なお、3D映像で再生するためには、3Dに対応したテレビなどが必要になります。

このページの先頭へ

ブルーレイプレーヤーの主なメーカー

パナソニック(Panasonic)

パナソニック(Panasonic)

Ultra HD Blu-rayに国内初対応
こだわりの強いユーザーにも人気

国内初のUltra HD Blu-ray対応プレーヤーを発売し注目を集めました。画質はもちろん、音質もハイレゾ対応と最新技術を惜しみなく取り入れた製品ラインアップです。メディアコンテンツをフルに楽しみたいユーザーを満足させる高品質が魅力です。

パナソニック(Panasonic)製品を探す

SONY(ソニー)

SONY(ソニー)

ハイレゾをBluetooth経由で楽しめる製品をラインアップ

映像だけでなく、音響分野でも高いブランド力を持っています。ブルーレイプレーヤーにおいても、ハイレゾ音源やビデオ音声をBluetooth経由で伝送可能な「LDAC」に対応した製品をラインアップ。「LDAC」対応のBluetoothヘッドホンやワイヤレススピーカーで、ケーブル接続せずに高音質で楽しめます。

SONY(ソニー)製品を探す

パイオニア(Pioneer)

パイオニア(Pioneer)

専用設計や金メッキ端子の採用などで高音質を徹底追求

オーディオ製品で高いブランド力を誇るメーカーの1つです。ブルーレイプレーヤーでは、音質の高さを前面に出しています。音質にこだわった専用設計のパーツを採用し、入出力端子に劣化しにくい金メッキを施した製品もあります。

パイオニア(Pioneer)製品を探す

このページの先頭へ

FAQ(よくある質問と回答集)

Q価格が1万円前後の製品と7万円以上の製品がありますが、何が違うんですか?
A画質や音質を追求するため高品質な部品が使用されるほか、最新鋭機能が搭載される傾向にあります。
ブルーレイプレーヤーは、膨大な数の部品で構成されています。価格が高い製品になるほど画質や音質の高さを追求するため、部品の1つ1つに品質や耐久性の高いものが採用されます。同様に3D対応やUltra HD Blu-ray対応など、最新技術が採用される傾向にもあります。

このページの先頭へ

用語集

4K対応
4K解像度の映像信号出力に対応できるブルーレイプレーヤーがあります。具体的には、Ultra HD Blu-ray規格の再生に対応したものや、解像度が4K未満のコンテンツを4K解像度にアップコンバートして出力できるモデルなどが該当します。
Ultra HD Premium
4K画質やHDRなどに関する一定の基準をクリアしたブルーレイプレーヤーやレコーダー、テレビなどの製品、コンテンツ提供を行う映像配信事業者などに付与されるロゴマーク。メーカーや映画会社などで構成される団体「UHD Alliance」により認証されます。
ARC
Audio Return Channelの略。従来のHDMIケーブルでは、音声は光ケーブルなどを使い別途接続する必要がありましたが、ARC対応HDMI端子であれば、HDMIケーブルだけで接続可能。現在のHDMI端子はほとんどがARC対応となっています。
CPRM
DVDメディア向けの著作権保護技術の1つです。DVDメディアに地上デジタル放送の番組を録画し再生するためには、CPRMに対応したDVDメディアと機器(ブルーレイプレーヤー、ブルーレイ・DVDレコーダー、DVDプレイヤーなど)がそれぞれ必要です。

このページの先頭へ

このページの先頭へ