価格.com

家電

衣類乾燥機の選び方

衣類乾燥機の選び方

  • 乾太くん RDT-80 [都市ガス]
  • KD-60C
  • NH-D503
  • DE-N60WV
  • 乾太くん RDT-52SA [都市ガス]
  • SR-ASD025W

「どんなタイプを選べばいい?」「毛布も乾かせる?」「メーカーの違いは何?」など、衣類乾燥機を選ぶ際に浮かぶ疑問を解決できるのが選び方ガイドです。衣類乾燥機に必要な基礎知識をチェックし、最適な製品を選びましょう。

2022/6/23 更新

製品選びの前に

乾燥方式の違い

衣類乾燥機の乾燥方式は、電気とガスの2種類です。各方式によって乾燥速度や設置工事の有無などが異なるため、求める性能や設置環境にあったタイプを選びましょう。

選び方のポイント

必要な容量をチェックしよう

必要な容量をチェックしよう

衣類乾燥機を選ぶ際には、乾かしたい衣類の量に適した容量の製品を選びましょう。乾燥機の容量は、洗濯機の洗濯容量よりも小さい傾向にあります。そのため、こまめに少量を洗濯する場合を除いて、1度の洗濯に対し乾燥機を複数回稼動する必要があります。乾燥機の容量が大きければ、乾燥機を稼動する回数を減らせます。ちなみに、一般的な目安として衣類乾燥機の容量に対して7〜8割程度の洗濯物量で乾燥させるのが効率よいといわれています。なお、1人あたりの洗濯物量の目安は1.5kg/日とされています。

容量から選ぶ

サイズに合った設置スペースを確認しよう

容量と同様に確認しておきたいのが、設置スペース(幅、高さ、奥行き)です。容量に応じて、本体サイズはある程度決まりますが、設置予定の場所に収納可能なサイズかどうか事前に確認しておきましょう。設置方式は、専用ラックを使って洗濯機の上部に設置するのが一般的ですが、床置き用のタイプもあります。また、工事が必要なガス式の場合は、ガス管の配管スペースなども考慮する必要があります。

高さ

奥行き

あると便利な機能で選ぼう

衣類乾燥機には「服を乾かす機能」以外に、毛布に適した乾燥ができる「毛布乾燥」をはじめ、「シワ取り」「タイマー」「ヒーター乾燥」「温風乾燥」などの便利な機能を搭載した製品があります。サイズや容量などの基本的な項目をチェックしたら、必要な機能の有無で製品を選ぶとよいでしょう。

毛布乾燥

毛布乾燥

過乾燥などにより毛布の暖かさを損なわないように、最適な条件で乾燥してくれる機能です。

毛布乾燥搭載製品を探す

シワ取り機能

シワ取り機能

衣類のシワを取りながら乾燥させる機能です。アイロンがけがより楽になります。

シワ取り機能搭載製品を探す

タイマー

タイマー

指定した時間に乾燥機を稼動させたり、運転を終了させたりする設定ができる機能です。

タイマー搭載製品を探す

ヒーター乾燥

NH-D503

乾燥時にヒーターを使った温風で乾燥させる機能です。衣類をふんわりと乾燥させたり、急速に乾かしたりできます。

ヒーター乾燥搭載製品を探す

温風乾燥

DE-N60WV

外気を取り込み、風を当てて乾燥させる機能です。熱に弱い繊維の乾燥や、干し時間を短縮させたい場合に適しています。

温風乾燥搭載製品を探す

主なメーカー

リンナイ(Rinnai)

乾太くん RDT-80 [都市ガス]

ガス式乾燥機の代表格

ガス式乾燥機を代表するメーカー。ガス式ならではの速乾性の高さが魅力です。「乾太くん」シリーズを中心に豊富な製品ラインアップを展開。人気モデルの「乾太くん RDT-80」は、一度に大容量(8kg)の洗濯物を乾燥できるほか、ガスならではのパワフルな温風で生乾き臭の原因菌を除去します。

リンナイ(Rinnai)製品を探す

日立(HITACHI)

DE-N60WV

高齢者や機械が苦手な人も安心の操作性

日立の乾燥機は容易な操作性が魅力です。パネルのボタンを押すだけの簡単操作で、高齢者や機械が苦手という人でも安心。乾燥終了後、取り出すまでに約5分ごとに送風運転を行い、衣類のふんわり感を保つ「ふんわりガード」など機能も充実しています。

日立(HITACHI)製品を探す

パナソニック(Panasonic)

NH-D503

ユーザー目線の充実した機能が魅力

「洗濯、乾燥は夜間に済ませたいけれど、機械音が気になる」という人にうれしい静音設計モデルや、ドラム内の温度を75度まで高めることで除菌効果を向上させたモデルなど、充実した機能を搭載した製品を展開するパナソニック。左右開き対応モデルは、ドアの開閉方向を変更できるため、置き場所を選ばず引っ越しのときでも安心。パナソニックの衣類乾燥機は、ユーザー目線で考えられた使い勝手のよい機能が魅力です。

パナソニック(Panasonic)製品を探す

東芝(TOSHIBA)

ED-608

独自の花粉フィルター搭載モデルが人気

東芝の乾燥機は、小さな粒子もとらえる独自の「花粉フィルター」を搭載したモデルが人気です。衣類についた花粉を90%以上除去できるというフィルターは花粉症に悩む人にはうれしい限り。そのほか、からんだ衣類をほぐして乾燥させる「からみまセンサー」や、ヒーターのパワーと風量を高めて乾燥時間を短縮する「ターボ乾燥」など、便利な機能も搭載されています。

東芝(TOSHIBA)製品を探す

よくある質問と回答集

洗濯後でも衣類乾燥機で絶対に乾燥させないでください。

油分が付着した衣類やタオルなどを乾燥させた場合、残っている油分が熱風で酸化し、発熱し、自然発火する危険があります。通常の洗濯でも油分が完全に落ちない場合があるため、洗濯後であっても、油分が付着した衣類やタオルを衣類乾燥機で絶対に乾燥させてはいけません。

容量に対して7〜8割程度の洗濯物で乾燥させることです。

洗濯物を容量ぎりぎりまで入れると、乾燥機に負担をかけてしまいます。容量の7〜8割程度で乾燥させるのが効率よいといわれています。

メーカー純正の専用の台でないと設置できません

また、組み合わせる洗濯機も同一メーカーでないとサイズが合わない場合もあるので、洗濯機と同じメーカーを選ぶようにしましょう。

ページの先頭へ戻る

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止