こたつの選び方

ホーム > 家電 > こたつ > こたつの選び方

選び方ガイド 自分に最適な製品選びをサポート

こたつ選びでは、「どんな形があるの?」「部屋にちょうどいいサイズがわからない」「ヒーターが出っ張っていないこたつってあるの?」といった疑問が浮かぶものです。そんな疑問を解消できるのが選び方ガイドです。ここでは、こたつ選びの基礎知識や用語などをくわしく解説します。

選び方のポイント

使用人数で形状とサイズを絞り込む

こたつの卓台の代表的な形状には、長方形と正方形、丸形の3種類があります。基本的には好みで選んで問題ありませんが、各形状の特長を押さえておけば、より目的に合った一台を選ぶことができるでしょう。

長方形

長方形

縦横の長さが異なる形状で、大きさやデザインのバリエーションが豊富です。利用する人数が多い場合には、長方形タイプを検討するとよいでしょう。

長方形のこたつを探す

正方形

正方形

縦横の長さが同じ形状。比較的コンパクトな製品が多く、長さが1mを超える製品はほとんどありません。1人暮らしや少人数の家庭に適しています。

正方形のこたつを探す

丸形

丸形

丸型のこたつは、楕円形状のものが多いです。角がない形状を生かして自由に座れるのが魅力です。

丸形のこたつを探す

部屋の広さに応じた最適なサイズを知ろう

畳数 正方形タイプ 長方形タイプ
4.5畳 75×75cm、80×80cm 105×75cm、120×80cm
6畳 90×90cm 120×80cm、135×80cm
8畳 105×75cm、135×85cm、150×90cm
10畳 120×80cm、135×85cm、150×90cm、180×90cm

こたつを選ぶときに重要なのがサイズです。まずは部屋の広さとサイズのバランスを押さえましょう。利用する人数も重要で、一般的な成人男性が余裕をもって座るには、1人あたり60cmの横幅が必要だといわれています。この基準を目安に、最適なサイズのこたつを選択しましょう。また、まん丸な形のこたつは正方形タイプの、楕円形状のこたつは長方形タイプの畳数を目安にしましょう。その際、角がない分天板の面積が小さくなることに注意が必要です。

タイプで選ぶ

ふだんの家族の団らんに用いたり、来客用の暖房器具として使ったり、洋室においたり……。使用するスタイルによっても、選ぶべきこたつは異なります。ここでは、代表的なこたつのタイプについて解説します。

このページの先頭へ

その他の機能をチェック

こたつには、効率よく温めることができる遠赤外線ヒーターを搭載した製品や、ヒーターの出っ張りがないので足元の空間を広く使える製品、テーブルの高さを調節できる製品もあります。用途にあった機能をチェックしてください。

遠赤外線ヒーター

遠赤外線ヒーターは、人体の表面を温めた熱が血液などで体中に運ばれるため、効率よく体の内部まで温める効果をもっています。こたつをメインの暖房器具として、じっくり温まりたい人に向いています。


遠赤外線ヒーター対応の製品を探す

出っ張りなしヒーター

こたつの熱源部の出っ張りがなく、フラットなタイプです。こたつ内の空間を広く使えるので、大人数で使用しても窮屈になりにくいのが特長です。また、出っ張りがない分、出っ張りありのタイプよりもヒーターの面積が広く、こたつ内部を効率よく温めることができる製品もあります。

出っ張りなしヒーター搭載製品を探す

高さ調節

継ぎ脚でこたつのテーブルの脚の高さを調節できる機能です。こたつで食事をしたり、書き物をしたりする場合に、最適な高さに合わせることができます。また、家族の成長に合わせて調整できるのも便利です。


高さ調節対応の製品を探す

このページの先頭へ

FAQ(よくある質問と回答集)

Qカタログに、「消費電力600W」と表示されているのに、1時間あたりの消費電力量が200Whとなっているのはなぜですか?
Aカタログの消費電力は最大出力だからです。
消費電力は、その機器が瞬間的に消費する最大出力量であり、1時間あたりの消費電力量とは一致しません。こたつの場合、空気が冷えた状態から温まるまでは消費電力量が大きくなりますが、その後は、ヒーターを弱めたり、停止をしたりして温度を調整するため、1時間の平均で見た場合の電力量は低くなります。消費電力を抑えるコツは、こたつ内の温度を下げないことです。こたつに出入りする際は、掛け布団を素早く開け閉めすれば温度の低下を防ぐことができます。
Q消費電力量が200Whの場合、1時間あたりの電気代はどれくらいですか?
Aおよそ4円です。
これは東京電力の一般的なプランで計算した場合で、利用している電力会社や契約プランによって異なることもあります。
Q掛け布団と敷き布団のサイズの目安は?
A両方とも、天板より100cm大きいものを選びましょう。
掛け布団は、こたつ本体の天板の長さに加えて、脚の長さ、さらに保温のための余裕をもった長さが必要です。ローテーブルタイプの場合は高さ40cm前後が平均的なので、天板の縦横よりも100cmくらい大きい布団を選びましょう。一方、敷き布団については、好みにあわせて選べば問題ありませんが、片側が天板の長さに加えて100cm程度あると、余裕をもって座れます。

このページの先頭へ

用語集

石英菅ヒーター
ヒーターの種類のひとつです。熱を発するコイルを単純に固定しただけのシンプルな構造ですが、遠赤外線を多く放射し、体を芯から温めます。
ハロゲンヒーター
熱を発するコイルを詰めたガラスに、ハロゲンガスなどを注入したタイプのヒーターです。電源を入れると、すぐに温かくなるのが特長です。
コルチェヒーター
熱を発するコイルを詰めたガラスに、不活性ガスを封入したタイプのヒーターです。速暖性があり、寿命も長期間です。
UV塗装
天板に紫外線を照射することで、表面を硬化させる塗装法です。傷に強いのが特長です。

このページの先頭へ

このページの先頭へ