携帯テレビ・ポータブルテレビの選び方

ホーム > 家電 > 携帯テレビ・ポータブルテレビ > 携帯テレビ・ポータブルテレビの選び方

選び方ガイド 自分に最適な製品選びをサポート

「お風呂で使えるものはどれ?」「どういった機能を選べばいいの?」など、携帯テレビ・ポータブルテレビ(以下、ポータブルテレビ)選びの際に浮かぶ疑問を解決できるのが選び方ガイドです。ポータブルテレビ選びに必要な基礎知識、用語解説はこちらでチェックしましょう!

製品選びの前に

携帯テレビ・ポータブルテレビとは

携帯テレビ・ポータブルテレビ
携帯テレビ・ポータブルテレビ

配線不要のモニターでテレビが見られる

防水対応ならお風呂・台所でも視聴可能

ポータブルテレビの魅力は、なんといっても利便性です。モニターにワンセグチューナーを内蔵したタイプであれば野外に持ち出してテレビが見られます。モニターとチューナーが分かれているタイプ(チューナーセパレート)なら、チューナーが置いてある部屋とは別の所で視聴が可能です。なかには、無線LANなどを経由して、チューナーやレコーダーに収録された録画番組を見ることができるものもあります。また、モニターが防水対応であれば、キッチンやお風呂など水回りで、ぬれるのを気にせずにテレビを楽しめます。

このページの先頭へ

携帯テレビ・ポータブルテレビの選び方のポイント

使う場所にあわせて機能をチェック

ポータブルテレビを選ぶ際にまず考えたいのは、主にどこで使用するかということ。お風呂やキッチンなどでの使用を想定しているのであれば、防水対応は必須です。リビングや仕事場が中心というのであれば、それほど防水性能にこだわる必要はありません。

防水テレビ(お風呂使用可)

ぬれた手で操作したり、シャワーがかかったりしても大丈夫!

防水テレビ(お風呂使用可)

お風呂で使用できるよう防水性能を備えています。防水等級も水がかかっても平気なIPX5というレベルから、万一水没させても機器に悪影響の出ないIPX7レベルまで揃っています。付属のリモコンも防水仕様になっているものが多いです。


防水テレビ(お風呂使用可)を探す

チューナーセパレート

チューナーとモニター分離式でアンテナ線がない部屋でも視聴可能

チューナーセパレート

アンテナ線と接続したチューナーと、モニター部分が別々になっているタイプです。チューナーから映像を無線LANでモニターへ転送するので、アンテナ線がない部屋でもテレビを楽しめます。中には、チューナーにハードディスク(以下、HDD)やブルーレイプレーヤーを内蔵し、別室で録画したテレビ番組や映画などのブルーレイソフトを見られるものもあります。

チューナーセパレート製品を探す

受信できるテレビやラジオ放送をチェック

地上デジタル対応

モニターに地上デジタルチューナーを内蔵しているか(チューナー一体タイプ)、チューナーセパレートタイプのチューナーが地上デジタルに対応しているもので、きれいな画質や音質を楽しめます。なお、チューナーはアンテナ線と接続する必要があります。

地上デジタル対応製品を探す

ワンセグ対応

アンテナ接続が不要なタイプです。一般的な地上デジタル放送に比べて画質が劣るため、画面サイズが小さい機器に適しています。




ワンセグ対応製品を探す

BSデジタル対応

BSデジタルの視聴に対応するモデルで、110度CSデジタル放送も見ることができます。チューナー一体タイプとチューナーセパレートタイプともに、視聴にはチューナーをアンテナ線に接続する必要があります。

BSデジタル対応製品を探す

FM/AMチューナー

テレビだけでなく、FM/AMラジオのチューナーが内蔵されているタイプです。ラジオをよく聴く人は確認しておきましょう。




FM/AMチューナー対応製品を探す

便利機能をチェック

タッチパネル

モニターをタッチして操作するタイプです。防水対応になっており、ぬれた手で操作できるものがほとんどです。

タッチパネル対応製品を探す

内蔵HDD録画

チューナーセパレートタイプに多く、チューナー本体にHDDを内蔵しているのでテレビ番組を録画できます。無線LANを経由して、録画した番組をモニターで見ることができます。

内蔵HDD録画対応製品を探す

ブルーレイ・DVD再生

チューナー本体にブルーレイプレーヤーを搭載しているので、ブルーレイメディアやDVDメディアを再生して、映画などを楽しむことができます。

ブルーレイ・DVD再生対応製品を探す

インターネット

無線LAN対応のモニターからインターネットに接続できるものです。防水対応のモニターなら、風呂につかりながら動画サイトやSNSなどを楽しめます。

インターネット対応製品を探す

無線LAN

無線LANを経由して、離れた部屋にあるチューナーやブルーレイレコーダーに収録されている映像を再生できます。

無線LAN対応製品を探す

リモコン

モニターから離れて視聴する際に重宝します。製品によっては別売りの場合もあります。キッチンやお風呂など水回りでの使用を考慮して、防水仕様のものが増えています。

リモコン対応製品を探す

画面サイズ・重量をチェック

画面サイズは、小型のもので数インチ、大型のもので10インチ程度のものが一般的です。基本的に画面サイズが大きいほど重くなります。家庭内での使用がメインであれば10インチ以上の大型サイズでもよいでしょう。反対に、外出の際に持ち出すことが多いのであれば、バッグに収まるサイズを検討してみてください。

電源をチェック

充電池対応(バッテリー内蔵)

モニターに充電池が内蔵されているタイプです。製品のなかには、ハンドルを手回しすることで充電できるというユニークな製品もあります。

充電池対応(バッテリー内蔵)製品を選ぶ

乾電池対応

乾電池を使用するタイプは、災害や突然の停電などで充電ができない場合でも使用できます。乾電池のみの製品のほか、内蔵充電池を備えたものもあります。

乾電池対応製品を選ぶ

コンセント対応

家庭用コンセントから電源を取るので電池切れを気にせず視聴できます。なお、コンセント対応には浴室に取り付けるタイプも含まれていますが、電源を接続するための工事が必要です。

コンセント対応製品を選ぶ

最大電池持続時間

充電池や乾電池でテレビを視聴できる時間です。外出先で長時間視聴する場合は持続時間が長いものを選びましょう。

最大電池持続時間をチェック

このページの先頭へ

携帯テレビ・ポータブルテレビの主なメーカー

パナソニック(Panasonic)

パナソニック(Panasonic)

濡れた手でタッチ操作可能な防水モニターが人気

お風呂やキッチンで使用する場合は防水タイプのモデルが◎。濡れた手でもタッチパネルを操作でき、リモコンも防水。録画機能が付いたモデルやインターネット動画配信サービスを楽しめるモデルが人気です。

パナソニック(Panasonic)製品を探す

ツインバード(TWINBIRD)

ツインバード(TWINBIRD)

日本製の高機能なテレビを
おうちのお風呂に

浴室に直接取り付けるタイプの防水テレビを多く扱っており、製品はすべて日本国内の工場で生産。サイズや価格帯のラインアップも豊富です。スマホの音楽を聴けるモデルもあるので、お風呂で音楽を聴きたい方にも最適です。

ツインバード(TWINBIRD)製品を探す

シャープ(SHARP)

シャープ(SHARP)

片手で楽に持ち運べる
水に強いワイヤレステレビ

防水・撥水設計により水回りはもちろん、好きな場所に持ち運んでテレビ番組を楽しめます。軽量設計なので片手で楽に持ち運ぶことができ、そのままさっと設置できる便利な「スリムハンドルスタンド」が付いています。

シャープ(SHARP)製品を探す

東芝(TOSHIBA)

東芝(TOSHIBA)

美しい映像が広視野角で
楽しめるIPS液晶を搭載

広視野角のIPS液晶を採用し、斜め横からでもきれいな映像を見ることができるので、家族や友人など複数人で見てもみんなが高画質映像を楽しめます。デジタルフォトフレームとして、写真や動画を楽しむこともできます。

このページの先頭へ

FAQ(よくある質問と回答集)

QBSデジタルや110度CSデジタル放送は視聴できますか?
A視聴できるものもあります。
ポータブルテレビにはBSデジタルや110度CSデジタル放送の視聴に対応するものもあります。ただし、それぞれの放送に対応したチューナーとアンテナ(パラボラアンテナ)を用意して放送を受信できる環境を整える必要があります。チューナーセパレートモデルなら、BSデジタルに対応したチューナーから映像をワイヤレスで転送し、モニターで視聴することができます。

このページの先頭へ

このページの先頭へ