価格.com

家電

体脂肪計・体重計の選び方

体脂肪計・体重計の選び方

  • BC-332L
  • UC-421BLE
  • HAKARU En YS-8258
  • インナースキャンデュアル RD-914L
  • エクリア HCS-S01

日々の体調管理のために、自宅で簡単に自分の体の状況を知ることができる「体重計」や「体脂肪計」「体組成計」。ここでは、それぞれの機器の違いや特長を解説。さらに、健康管理、ダイエット、トレーニングなど、目的に合った製品の選び方を紹介します。

タイプを選ぶ

一般的に「体重計」と総称されるものは、「体重計」「体脂肪計」「体組成計」の3タイプに大別できます。ここでは、それぞれの機器の特性や、どのようなデータを測定できるのかを解説します。

測定方法で選ぶ

体重計は機器に乗るだけで重さを測定できますが、体組成計のなかには、両足で測定するタイプと両手両足で測定するタイプの2種類があります。

両足で測定

両足で測定

体重計の場合は機器に乗れば単純に重さだけ測定できます。体組成計の場合は素足(両足)で機器の上の乗り、体重のほか、体脂肪などの数値も同時に測ります。体組成計には体のさまざまなデータを計測できる機種が増えています。

両足測定対応製品を探す

両手両足で測定

両手両足で測定

両手と両足を使って微弱な電流により体内組成を計測するタイプです。全身はもちろん、両腕、両足、体幹部など、部位別の皮下脂肪や骨格筋率などを計測できる機種もあります。

両手両足測定対応商品を探す

計測可能な項目から選ぶ

体脂肪計や体組成計は、体重のほか、体脂肪率や内臓脂肪、BMI、基礎代謝量(BMR)、筋肉量、体年齢、体水分率、推定骨量などの細かな項目を測定できます。データから「体脂肪が多い」「筋肉量が少ない」など、体の状態を把握し、健康維持やダイエットなどの目的に役立てましょう。

目的から選ぶ

さまざまな機能を搭載した体組成計は、ダイエットや筋力アップ、健康維持など幅広い目的で役立ちます。これまで説明した機能のうち、ニーズによってどのように活用すると便利なのか、いくつかの例を紹介します。

ダイエット

ダイエット

ダイエットを目的にする場合には、「無駄な脂肪が減り、基礎代謝が上がっている」など、複数の測定データを参考にすることで無理のないダイエットを行うことができます。そのため、シンプルに体重だけを計測できる体重計ではなく、体脂肪や内臓脂肪、基礎代謝を測定できる機器を選ぶとよいでしょう。減らす体重量の目標を設定できたり、体重が減っていると液晶にマークが出てモチベーションが保てたりと、メーカーごとにさまざまな機能を搭載した製品がラインアップされています。

体重×基礎代謝量(BMR)×内臓脂肪×体脂肪計測対応製品を探す

筋力アップ

筋力アップ

筋力アップを目的にする人は「筋肉量」を計測できる機器を選びましょう。特に体を動かすための「骨格筋」は体を鍛えるほどに量が増えるため、数値の変動は運動の成果が出ているかどうかを判断する指標になります。また、特定の部位を鍛えたいのであれば、腕や足、体幹部の部位別で、皮下脂肪や骨格筋率などを計測できる機種もあります。そのほか、メーカーによっては、専用の計算式を用いて測定結果を算出する「アスリートモード」を搭載したタイプもあります。

体重×筋肉量計測対応製品を探す

健康管理

健康管理

健康管理を目的にする場合には、体重以外の項目も計測できる製品を選ぶことで、さまざまな数値から多角的に健康状態を把握することが大切です。中でも内臓脂肪は、生活習慣病との関係が深いといわれているため、内臓脂肪レベルが測定できる製品を選ぶとよいでしょう。また、日本肥満学会の肥満度判断基準では、BMIの数値が18.5〜25未満を普通体重と定めています。そのため、BMIを計測できると、自分が基準に対して「太っているのか、やせているのか」を知ることができます。

体重×内臓脂肪×BMI対応製品を探す

体重計・体組成計の主なメーカー

タニタ(TANITA)

インナースキャンデュアル RD-914L

乗るだけで計測できる「体脂肪計」を開発したメーカー

世界で初めて「家庭用体重計」と「乗るだけで計測できる体脂肪計」を開発したメーカーです。脂肪量や筋肉量など、体格の個人差による計測値への影響を低減したアスリートむけのハイスペックモデルや、全身と5つの部位ごとの筋質点数測定する「脈拍測定機能」など豊富な機能を搭載したモデルが人気です。

タニタ(TANITA)の製品を探す

オムロン(OMRON)

カラダスキャン HBF-227T

手軽に測定データの確認・管理が行える製品が充実

体温計「けんおんくん」などのヘルスケア製品を手がけるメーカーです。乗るだけで過去の測定データから個人を推定し、測定を開始する自動認識機能を備えたモデルや、専用アプリに測定データを転送することで体重や測定データを簡単に確認・管理できるモデルなど、使い勝手のよいラインアップが充実しています。

オムロン(OMRON)の製品を探す

パナソニック(Panasonic)

EW-FA24

「ごほうびキラキラ」マークなど、ユニークな機能が魅力

健康・美容家電を多く手掛けるパナソニックは、基礎代謝量を同年代の人の数値と比べる機能や、体重が減ると液晶に「ごほうびキラキラ」マークが表示される機能、測定中の体のふらつき具合を測定する「体幹バランス年齢」機能など、ユニークな機能搭載の製品がラインアップされています。

パナソニック(Panasonic)の製品を探す

ドリテック(DRETEC)

BS-171

木目柄をプリントした、ぬくもりのある製品をラインアップ

ナチュラウッドやダークウッドの木目柄プリントを取り入れた体重計や体組成計を展開するメーカーです。リビングや洗面所でなどの暮らしの風景になじむ、ぬくもりのある製品が揃っています。

ドリテック(DRETEC)の製品を探す

エレコム(ELECOM)

エクリア HCS-FS01X

コンピューター周辺機器メーカーが手掛ける高機能な製品を展開

コンピューター周辺機器を得意とするメーカーで、Wi-Fi通信機能を搭載した高機能な体組成計「ECLEAR APP」などを展開しています。筑波大学との産学連携により、正確な内臓脂肪レベルの測定を実現した「エクリア HCS-FS01XBU」などが人気です。50グラム単位の精密な測定も可能です。

エレコム(ELECOM)の製品を探す

機能やスペックについてもっと詳しく

登録人数

登録人数

1台の体重計・体脂肪計・体組成計で、複数のユーザーの測定データ情報を登録できるものがあります。登録人数は4人から、最大10人まで対応する製品があり、家族全員分のデータを登録するなら、その人数に対応したモデルを選ぶのがよいでしょう。なかには機器に乗るだけで、自動でユーザーを識別できるタイプもあります。

4人対応の製品を探す

5人対応の製品を探す

6人以上対応の製品を探す

測定可能な単位

HAKARU petippo YS-204

体重の測定数値は100g単位が一般的ですが、なかには50g単位まで計測できる高精度測定タイプもあります。ダイエットや子供の成長など、わずかな体重の変化を知りたい場合は50g単位まで計測できる製品を選ぶとよいでしょう。

測定精度50g対応の製品を探す

スマホとの連携方法

スマホとの連携方法

最近は、スマートフォンのアプリと連携して、測定データの記録や管理を行うことが可能な製品が増えています。スマートフォンとの通信方式はWi-Fi対応、Bluetooth対応など異なるため、購入前に確認しておきましょう。

Wi-Fi対応

Bluetooth対応

よくある質問と回答集

活動量計は消費カロリーを、体組成計は体脂肪率など体内の組成を計測します。

活動量計とは、日常生活の消費カロリーを計測する機器です。歩数だけでなく、センサーなどで動きの強さを判定して、異なる運動や活動に対してもより詳細な消費カロリーを推測します。一方、体組成計は、体内を組成する脂肪や筋肉、骨量などの割合を計測する機器です。

微弱な電流を流すことで測定します。

脂肪は電気を通しにくい性質があります。そのため、脂肪が多いと流れる電気が少なく、脂肪が少ないと流れる電気が多くなります。体脂肪計では、主にこの原理を応用して、脂肪率を推測しています。

あくまで「目安」としてください。

家庭用の体組成計で、メーカーごとに誤差があるのは事実です。また、同じ計測器でも測定する時間帯によっても数値が変化します。それゆえ、家庭用の機器はあくまで目安と捉えるのが原則。長期間継続して測定することで、数値の変化を把握し、傾向を捉えることに意義があると考えて使用することが重要です。

小型〜大型向けのペット用体重計があります。

一般的な体重計でも、50g単位で体重測定できるものや、1回目と2回目に測定した重さの差を表示する機能がある機種などを活用してもいいでしょう。

アナログはシンプル。デジタルは多様性があります。

アナログ式の体重計は体重を量ることしかできませんが、電池交換が不要で、構造もシンプルであるため価格が手頃なこともメリットです。デジタル式は、測定履歴を記録したり、さまざまな項目が測定できたりするなど機能が充実していることが魅力です。

ページの先頭へ戻る

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止