シュレッダーの選び方

ご利用案内
ホーム > 家電 > シュレッダー > シュレッダーの選び方

シュレッダーの選び方

価格.com ユーザーが編集するシュレッダーの選び方のガイドです。シュレッダー選びに必要な基礎知識、用語解説はこちらでチェック!

概要編集する

紙を細断する事務機器や家庭向け機器の「シュレッダー」は、不要になった紙に書かれた個人情報などの内容がわからないように切り刻むことができます。複数の細断の方式があるほか、紙以外のものを細断できるものもあるので、用途にあわせて選ぶようにしましょう。

最終更新:ビューティフル・フライト 2014/09/10 11:37:49

選び方のポイント編集する

サイズで選ぶ

シュレッダーには、床に置く大型のタイプから卓上タイプのものまでさまざまなサイズのものがあります。設置場所や使う場所に最適なサイズの機種を選びましょう。

最大投入幅で選ぶ

投入口の幅を確認します。処理をしたい紙のサイズに合わせて、投入できる幅のものを選ぶようにします。

細断形状で選ぶ

紙を細断する際の主な形状には次のようなものがあります。目的に応じて選ぶようにしましょう。

形状 特徴
ストレートカット(千切り) 基本的なタイプの1つで、縦に切るだけの形式。縦に切るだけなので、カットした紙が復元されやすくなるため、機密保持力は低くなります。また、クズゴミがかさ張り、ゴミの量が多くなってしまいます。
クロスカット(さいの目切り)最も普及しているタイプで、ストレートカットに加えて、一定間隔ごとに横にも切る方式です。
スパイラルカット2mm四方にカットしていく高性能な細断方式で、機密保持能力に優れています。明光商会の製品で採用されています。
ダイヤカット切りくずが横に長いひし型になる細断方式で、切り刻まれた紙片からの復元が困難で、機密保持能力が高くなります。紙片が非常に細かく、ゴミがかさ張りにくい点もポイントです。
ヌードルカット紙を一方向にうどん状に細断するタイプ。細断スピードが速いのが特長ですが、機器によって細断される幅が異なります。また、縦書きの紙を縦方向に細断すると、文字が切れずにそのまま残ってしまうおそれがあるので注意が必要です。

細断サイズで選ぶ

細断後の紙片の大きさで選びます。紙片のサイズが小さくなるほど、機密保持能力は高くなります。

最大投入枚数で選ぶ

紙を1回で細断できる枚数です。一般に高価な機種ほど処理できる枚数が多くなります。一般家庭で使用する場合は、5〜10枚程度であれば十分でしょう。

ゴミ箱容量で選ぶ

細断した紙くずを溜めておくゴミ箱の容量が小さい場合は、中に溜まるゴミをこまめに捨てる必要があります。多くの紙を処理するのなら、容量が大きい機種を選んでおくのが無難です。

細断速度で選ぶ

細断速度が速いものほど、短い時間で処理することが可能になります。処理する紙の量が多い場合は、速度の速い機種を選びましょう。

静音性で選ぶ

紙を細断する際に、大きな騒音が発生します。住宅状況や小さな子供がいる場合など環境に考慮して、運転音・作動音を確認しましょう。運転音が60dB(デシベル)以下であれば比較的静かと言えます。

その他機能で選ぶ

機能 特徴
メディア細断機能 CDやDVDなどのディスクを細断・破砕できる機能。
オートフィード(自動送り)機能 セットされた複数枚の紙を、順々に自動でカッター部分へ送り込むトレー。通常、一度にシュレッダーで処理する際には、最大投入枚数分の束に分けて投入する必要がありましたが、この機能があれば自動で紙送りをし、細断してくれます。
リバース機能 故障を防ぐ機能の1つで、紙が詰まった際に刃を逆回転させて紙を戻すことができます。

主なメーカー

コクヨ
コクヨ

トレー式のダストボックスを採用したスタンダードな「S-tray」シリーズはデスクトップタイプ、デスクサイドタイプ、ゴミ箱兼用タイプ、マルチシュレッダーがラインアップしています。静かなモーターを採用した静音性と安全性を強化した設計も特徴です。

ほかにも、本体が縦に伸縮し、使わない時はコンパクトに収納可能な「S-float」シリーズや、スリムでコンパクトなサイズ・デザインとインテリア性の高いカラーバリエーションを揃えた「RELISH pix」シリーズもあります。

最終更新:ビューティフル・フライト 2015/07/23 14:40:51

FAQ(よくある質問と回答集)編集する

Q.シュレッダーでクレッジットカードなどのカード類は細断できますか?

A.プラスチックカード対応をうたっている機種であれば細断可能です
ただし、使い方を間違えると故障の原因になるので、取り扱い説明書をよく確認して使いましょう。

Q.ホッチキスの針が付いた書類を細断できますか?

A.一部の機種では、ホッチキスの針がついたままの書類を投入することが可能です
ただし、一度に細断できる枚数は、取り扱い説明書などに記載されている規定の細断枚数より少なくなります。対応していない場合は、故障の原因となる場合があるので、ホッチキスの針は必ず取り除いてください。

最終更新:ビューティフル・フライト 2014/09/10 11:39:19

シュレッダー トレンド

  • メーカー
  • 価格帯

価格.comにおいて、どのメーカーの製品が売れ筋なのかがわかります。製品選びの参考にしてください。

棒グラフ円グラフ
  • 2019年6月のトレンド情報です

シュレッダー なんでも掲示板  -シュレッダーに関する話題ならなんでも投稿できる掲示板-

このページの先頭へ