習慣化の切り札HITACHI パワーブーストサイクロン PV-BH900G

掃除機 2020/1/15
  • facebook
  • twitter
  • line

習慣化の切り札HITACHI パワーブーストサイクロン PV-BH900G

価格.comにおけるコードレス掃除機の売れ筋メーカーとして2位の実力を誇る日立。そのフラグシップである「PV-BH900G」は使い勝手のよさで主婦層の支持を集めているが、初めて家事に参加する男にとっても最良の相棒となる。その実力をひも解いていこう。

すぐ手に取れる場所に置ける強み

家のことは妻にまかせて男はただ黙って金を稼いでくればいい−−。そんな時代遅れのことを口に出した日には四方八方から集中砲火を浴びること間違いなしの今日このごろ。男も家事をこなす時代ですよ、でないと熟年離婚が待っていますよと脅されるけど、仕事でさまざまなストレスを抱えて帰宅してなお、慣れない家事をこなす気力も体力も残っていない……、そんな家事スキルの低い男性でも簡単にできる家事がある。それは掃除。まずは掃除機を片手に身の回りをきれいにすることから始めてみないか?

今回使ってみたのは、日立のコードレススティッククリーナー「パワーブーストサイクロン PV-BH900G」だ。家事初心者の第一歩にコードレススティッククリーナーを選んだ理由は、お手軽であること。キャニスター型クリーナーで掃除する場合、クローゼットや押し入れから引っ張り出して、電源コードを引き出してコンセントに入れてと、掃除を始めるまでにひと手間があった。しかし、コードレススティックならば、廊下やリビングに出しっ放しにしておき、そのままひょいと持ち上げてすぐに掃除ができる。

PV-BH900Gにはこのようなコードレススティッククリーナーのメリットを生かす工夫が随所に施されている。まずは本体デザイン。スッキリとしたフォルムにより、過度な主張をせずにリビングの隅で静かにたたずむ。カラーバリエーションはシャンパンゴールドとルビーレッドの2種類だが、できれば男っぽいブラック一色モデルも欲しいところだ。まあ、それはないものねだりだし、リビングには妻も娘たちも暮らしているのだから、インテリアに溶け込むカラーがよいのだろう。

HITACHI パワーブーストサイクロン PV-BH900Gを価格.comで購入する

毎日の掃除を習慣化する「軽さ」

本体の質量は1.4kg、ホースとモーター駆動のパワフルスマートヘッドを含めた標準重量は2.0kg。業界最軽量というわけではなく、構えてみるとそれなりの重さを感じる。ただ、スイッチを入れて掃除を始めると、その重さはあまり気にならなくなる。それは、標準装備のパワフルスマートヘッドの力によるところが大きい。まず、強力な回転ローラーの推進力により、ちょっと押すだけでスイスイと走りだし、腕の力をほとんど使う必要がないのだ。さらに、ヘッドの押し引きに同期して開閉する「ダブルシンクロフラップ」が吸引力を維持しながらヘッド内の圧力を自動で調節する。回転ローラーの強力な推進力があるため引くときに若干力を入れる必要があるが、絨毯・カーペットが張り付かないので、ストレスなく掃除ができる。

使用時に腕・手首にかかる負担の少なさは、毎日の掃除には重要なファクターだ。重労働ではすぐにやる気をなくしてしまうが、使用感が軽く疲れないのであれば、「さあ掃除するぞ」と構える必要はない。風呂上がり、歯磨きしながら、スマホで音楽をかけながら、1日5〜10分程度で月曜はリビング、火曜日は廊下と階段、水曜日はキッチンと洗面所、というように、毎日気軽にちょっとずつ掃除することができる。そんな気軽さがPV-BH900Gにある。

毎日仕事から帰ってきて黙々と掃除する夫の、父親の背中を家族に見せることで、父親の威厳が復活するかもしれないし、普段使っていない筋肉を使うので、ちょっとした運動不足の解消にもなるかもしれない。ほら、そう考えると掃除に対する認識が変わってくるだろう?

HITACHI パワーブーストサイクロン PV-BH900Gを価格.comで購入する

かゆいところに手が届くアクセサリー

アタッチメントの豊富さも家事初心者にとってありがたいことである。ブラシ付きで2通りの使い方ができるすき間ブラシ、布団や車のシートなどに使うミニパワーヘッドは他社のクリーナーにも付属するが、日立ならではの特徴的なアタッチメットが2つある。

1つは、ほうきブラシ。ブラシの間に直径5mm程度の細いチューブが6本並んでいるアタッチメントで、これにより、長年気になっていた窓のサッシレールにこびりついた砂をブラシでかき出しながら吸い込むことができた。また、細いチューブでは大きな物体は吸い込めないので、引き出しの掃除にも便利だった。すき間ノズルではコインやクリップも吸い込んでしまいがちだが、ほうきブラシなら引き出しの中の文具はそのままに、細かいホコリだけを吸い取ってくれたのだ。 さらにこれ、自慢のコレクションの掃除にうってつけ。プラモデルやフィギュアの細かいパーツを壊したり吸い込んだりすることなく、複雑なパーツの間にたまったホコリをブラシでやさしくかき出して吸い込むことができるのだ。ギターのヘッドとブリッジ周りも弦がじゃまでホコリを取り除けなかったのだが、これも簡単にきれいにすることができた。

もう1つの便利なアタッチメントがスマートホース。キャニスター型でおなじみの蛇腹ホースだが小型軽量はクリーナー本体と組み合わせるとで、掃除はもっと自由になる。たとえば、カーテン。カーテンは開け閉めするときに静電気が起き、それがホコリを吸い寄せて汚れる。それを重い掃除機で掃除するのは結構大変。ましてや外して洗濯するなんて大事だ。PV-BH900Gなら、右手にクリーナー本体、左手にはミニパワーヘッドやほうきブラシを取り付けたスマートホースを持ち、軽々とカーテンの布地に張り付いたホコリをかき出しながら吸い込むことができる。狭い車の中もスマートホースを使えば自由自在だ。窓枠やエアコンの上部など、普段は目につかない場所もスマートホースがあれば簡単に掃除できる。

こうしてみると、家中を掃除するということがいかに大変かがよくわかる。床だけ掃除機をかけていればいいというものではないのだ。それを毎週末、文句も言わずに黙々と掃除している妻には頭が下がる思いだ。自分が毎日掃除機をかけることで、少しでも妻の負担を軽くできるだろうか。

また、自分が掃除機をかけるようになると、自宅の中のさまざまな状態が見えてくる。畳のほつれ、襖の剥がれや汚れ、廊下のワックスの剥がれといった経年劣化にも目が行くようになり、次はここをきれいにしよう、ここはこうすれば直るかなという思考が働くはずだ。また、汚れだけでなく、家に刻まれた家族の歴史も見えてくる。小さい手の跡、壁の傷、虫ピンの位置。家族とともに歩んできた足跡だ。そんなのを見ていると、わが家への愛着もより強くなり、これまで家を守ってきた妻への愛情も深まる。さあ、PV-BH900Gを持ち、家中をピカピカにして家族愛を高めようではないか。 価格.com

文:近藤克己 写真:大木慎太郎(fort)

HITACHI パワーブーストサイクロン PV-BH900G でこの製品を購入する

HITACHI パワーブーストサイクロン PV-BH900G

本体寸法 スティック時(幅x高さx奥行): 255×1012×308mm
本体寸法 ハンディ時(幅x高さx奥行): 93×197×337mm
質量(本体質量): 2.0kg(1.4kg)
集じん容積: 0.2L
電池: カセット式リチウムイオン電池
最長運転時間: 標準/40分、パワフルスマートヘッド・ミニパワーヘッド非使用時/60分、強/10分
充電時間: 約3.5時間
ヘッド特徴: 自走機能/クルッとヘッド/きわぴたブラシ/からまん機構/水洗い対応 など
アタッチメント: ミニパワーヘッド/2WAYすき間ブラシ/ハンディブラシ/ほうきブラシ/スマートホース など
カラー: シャンパンゴールド / ルビーレッド

価格.comでこの製品を購入する

More Articles

Page Top