BMWの新車情報・自動車カタログ

タイプから探す
SUV
コンパクトカー
ミニバン
セダン
ワゴン
クーペ
オープンカー
ハイブリッド
電動自動車
価格帯から探す
300〜399万円
400〜499万円
500〜999万円
1000万円以上
お役立ち情報・コンテンツ
スペック検索
自動車購入ガイド
自動車の取得・維持費
関連カテゴリ
中古車検索
自動車保険
車買取・中古車査定
カー用品
車検

注目のコンテンツ

BMWの最近発表・発売された車種

BMWの人気・注目ランキング

BMWの最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

BMWの自動車一覧

販売終了車種を表示

  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順

BMWの新着レビュー

2019年8月に発表・発売を開始したBMWのエントリーモデルである1シリーズ。今回販売の中心になるであろう「118i Play」に試乗しました。 3世代目となる新型ですが、最大のニュースはこれまで頑なに守ってきた駆動方式をFRからFFに切り替えたことにあります。 「駆け抜ける歓び」を標榜するBMWにおいて、旧型までの1シリーズのハンドリングの素直さはファンだけでなく多くの人からも評価されてきました。実際、新型が出る前に旧型のラストとなる在庫を狙って購入する人も見かけたほどです。 FFに変更した理由はこのクラスに求められる居住性や快適性を重視するとFF化は最も速効性があるからでしょう。またFFに関してはMINIからのパワートレーン他をキャリーオーバーできるので、その点でも圧倒的に生産効率を上げることができます。 それでもFFのネガが気になる人も多いはず。筆者も事前に最後のFR(F20型)となる118dに試乗し、改めてその素直なハンドリングに惚れ惚れしてしまったほどです。 その前にFF化によって得られたメリットをおさらいしてきましょう。 基本的なサイズに大きな差はありません。個人的には日本の道路事情を鑑(かんが)みると全幅はなるべく短い方が良いと考えています。 旧型の1765mmに対し、新型は1800mmまで拡大してしまいましたが自分の中ではギリギリ許容できるサイズです。最小回転半径も旧型より数値的には増えましたが実際の取り回しではそれほど目くじらを立てるレベルではなく及第点というところです。 その分というわけではありませんが、後席の乗降性や足元の余裕、さらにラゲージの容量増大やサブトランクの設定など使い勝手は向上しています。本来ホイールベースが20mm短くなったので居住性の点ではどうかと思いましたが、その点ではパワートレーンの配置位置やドライブシャフトを持たないFF化のメリットも出ています。 試乗グレードの118iには旧型にも設定していた1.5L直3DOHCターボをリファインして搭載します。旧型とは駆動方式が異なりますし、8速ATから7速DCTに切り替えたことはそれほど気にしなくて良いと思います。 全体的な乗り心地はマイルドで誰もが快適に走れるセッテイングとなっています。もちろんよりスポーティな仕様を求めるのであれば同じ118iでも「M Sport(413万円)」も設定されています。 ただ今後BMWがこのクラスを拡販していくのであれば、従来のハンドリングに強いこだわりがある層だけでなく、女性層やファミリー層も取り込んでいかなければなりません。その点ではこの「Play」の足回りは誰もが満足できる万能とも言るセッティングです。 パワー的にも決して速いというよりは必要十分+αと言った感触です。この辺のスムーズな加減速フィールはDCTによる部分も大きいでしょう。 そして何より気になる駆動方式の違いによるハンドリングですが、ことアンダーステアに関しては新搭載の「ARB」が効果的に利いているようです。ARB自体は日本のBMWとしては初の搭載になりますが、従来のDSCに頼らずエンジンコントロールユニット側でスリップ状況を検知する機能です。要はドライバーが電子デバイスの恩恵にあずかっていることすら気がつかないほどにスムーズにコーナーを走ることができます。 純粋なFRと電子制御化されたFF、前述したようにこだわりの強い人であればそれでも気になるかもしれません。ただ基本的にクルマを動かすという考えに関してBMW側のブレはないと思います。多くの人がより楽しく走ることができる環境を手に入れられた点は評価していいと思います。 またBMWと言えばオプションが豊富で何でも付けてしまうと車両価格もそれなりに上がってしまいますのでその点では注意が必要です。 それでもカーナビを含めた最先端のテレマティクスサービスである「iDriveナビゲーションパッケージ」はまず必ずチョイスすることをオススメします。この中には10.25インチのディスプレイを2つ備えた「BMWライブコックピット」やテレマティクス機能である「BMWコネクテッドドライブプロフェッショナル」などが満載です。内容から考えてもこれを選ばないというのはあり得ないでしょう。 ただ昨今話題になっている音声認識によるコントロールですが、過大な期待は禁物です。1シリーズの場合も「OK、BMW」が発話トリガーになっていますが、何でもできるわけがなく、また個人差によって反応は異なりますのでこれはディーラーで実車で試してみることをオススメします。 最後にこの原稿を書いている間に欧州ではディーゼルモデルの最上位である「120d」が3月に発売されることが発表されています。もし日本にディーゼルモデルが導入されればそれなりの売り上げも見込めますし、旧型のディーゼルオーナーからの乗り換えやダウンサイザーへの取り込みにも有利になります。 日本は全くの未定ですし、もし導入するとしても1年はかかるはずですので、ただ「待ち」というのも無責任ですが興味のある人は追いかけてみる価値はあると思います。 メルセデス・ベンツAクラスやVWゴルフなども含めこのセグメントのハッチバックモデルはまた活気づいてきました。その点でも最新先進装備も含む1シリーズのベストグレードはこの「Play」です。

BMW740i 良い車でした。 エクステリア・・☆☆☆☆☆文句なしの外観。カッコいい以外の言葉なし。見れば見るほど惚れ惚れする。 インテリア ・・☆☆☆☆☆シンプルイズベスト、最近の車のデザインとしては地味だが、飽きが来ない。 エンジン性能・・☆☆☆☆☆シルキー6言わずもがな高性能。うっとりする滑らかさは一級品。 走行性能  ・・☆☆☆☆☆ステアリングフィールはこのクラスでもかなりクイックで、結構レーシー。日本の道路事情では、扱いきれない勿体なさが有る。 乗り心地  ・・☆☆☆☆☆アクティブステアリング、エアサス、フラッグシップならではの乗り心地。本革シートの質感等も一歩抜きん出ていると思う。長距離移動で疲れなかったのは初めての経験だった。 燃費    ・・☆☆☆☆☆直6の3Lガソリンターボにして流石に街乗りでは5〜6程度だが、長距離の高速移動では、驚愕の数字が出る。70L満タンで走行持続距離が1100qと出た時は驚いた。 実際、本当に近い距離を走る事が出来たのには驚き。 価格    ・・☆☆☆☆☆このクラスのこの装備にしてこの価格。それなりの満足感が得られる。 総評 国産ばかりを乗り続け、初めての外車にして初めてのBMW、故障や不具合の信用が今一なかったのだが、3年乗った感想としては、エアコンの不具合が一回有ったのみで、それ以外はほぼ皆無。 多少の誤作動は、愛嬌程度。 毎日の運転が楽しくて、国産車と比べると高速走行時の乗り心地の良さや、走りの楽しさの意味を教えてくれる存在となった。 最近の外車がこれほど良いとは・・・BMしか知らないが、次もBMが良いと思い乗り換えの車もX5に決めたほど。 ある意味失敗。いきなり外車のフラッグシップに乗っちゃったからか、国産車がチープに見えてしまう。 おもてなしの装備や機能は、国産車は軽自動車から充実してるけど、乗り味や乗り心地は、こっちを知ってしまうと、他に比べる物がない。 運転していて幸せな気分になれるなんて事は、30年以上運転してきて初めての経験だった。 国産車を乗り継いでいた時は、すぐ自分好みにしたくて気に入る様にチューニング等していたが、この車は微塵にも思う事が無かった。 安心感も尋常じゃなく、今まで感じた事のない不思議な感覚がある。 出会ったディーラーも良く、担当になってくれた営業マンとの相性もすこぶる良い様だし、とても良い車を作るメーカーだと思う。もうBM以外は乗れません。

【エクステリア】 長いノーズと程よい高さの腰までの流麗なラインがスポーティーなかんじでとても気に入ってます。 【インテリア】 流行のタッチパネルでもなく、機能的で操作性の良い押しボタンスイッチの数々。派手さや豪華さはありませんが、シックで落ち着いています。 【エンジン性能】 音:車外で聞くと、さすがにガラガラと特有のディーゼル音は耳にさわりますが、車内に乗り込むと音は気にならないレベルになります。 フィーリング:トルク感があり、加速も申し分なし。伸びも国内の一般道+高速の範囲内…+αの領域まで…十分すぎるレベルです。通常のComfortモードでも十分ですが、それでもタルいと思うたらモード切替でSportモードにすれば問題なし。ディーゼルゆえ振動はあるものの、逆にそれが昨今出来が良すぎて希薄になりがちなエンジンの存在感を感じさせてくれます。(とは言いつつ最近『シルキー6』に興味アリ) 【走行性能】 とにかくハンドルを握ってわかる車がギュッと詰まったような感覚、直進を走るときのビシッと芯の定まったブレの無さ、緩めのコーナーに切り込んでスッと入っていくときの気持ち良さ。これがBMWがハンドリングマシンと言われる所以かと納得させられました。 【乗り心地】 自分で(見た目のカッコよさ重視で)選んだとはいえ、Mスポーツゆえに足回りとブレーキ周りが主張強めの設定。加えてメーカー指定のランフラットタイヤ。特有のゴロゴロコツコツ感に、ちょっとブレーキの効かせ方が国産車と違って難しいかなと思ったり。本音を言うと点検の代車で乗ったF30 320iのどノーマル設定に16インチタイヤの方が、クセが無く自然ととても運転しやすいなと。 あくまで自分ひとりで運転がメインなので後席はわかりませんが…後席はちょっと狭めで乗り心地はさほど良くないのかなと。 【燃費】 毎日の通勤で15km(市街地オンリー)で13.5km/L〜。それでいて油種は軽油なので、財布に優しい。 得意な高速での長距離ともなれば易々と20km/L近くいきます。 【価格】 F30前期型で大変お買い得でした。(ただ買ってからさらに調べてみて後期型がよかったな、とか5シリーズもいいなとか思い始めた今日この頃。。。) 【みなさん気になるであろう不具合】 今のところ突然止まったりとか、走れなくなったりといった重大な故障はなし。 ただ何点か気になる点 ・購入後1年点検で確認された、EGRバルブ取り付け部の隙間からの冷却水漏れとその凝固←これって韓国で火災になってリコールになったやつですよね?メーカーさんきちんと最後まで無償修理交換とか面倒見なくていいの?大丈夫?って思ったり。とりあえず都度割り箸とかで削ぎ落としてます。バルブ取り外してパーツクリーナーで綺麗にすればOK?(ディーラー点検では緊急性はないものの、有償による交換推奨。) ・寒い冬場に「車線逸脱警告使用不可」のアラームが出がちです。 【総評】 V36スカイラインで車人生をはじまり、新技術に興味がわきノートePower NISMOに。 またエンジンが恋しくなりV37を検討。試乗で天下のメルセデスのエンジンを積んだ200gtに期待して乗ってみたものの、エンジン音・振動・フィーリングが全く好みに合わず断念。(純内燃機関車が欲しかったのでハイブリッドは対象外。) そこでいつもスカイラインや同クラスの国産車がベンチマークとする「BMW 3シリーズ」を思いつき、試乗してみたら…やられました。 これが「走りが良い」とか「ハンドリングが良い」ってやつかと。車好きといわれる人たちがドイツ車を絶賛するのが分かりました。 車体の剛性感が高く、ハンドリングとエンジンの気持ち良さ、その気になれば速くて、パドルでマニュアル風に遊べて、燃費も良く、高速長距離では必要十分な追従型クルコンでラクもできる。ヤル気十分なときでもちょっとズル(楽)したいときでも、どちらにも対応できる、デキる子です。すっかりBMWやドイツ車のファンです。

BMWの新着クチコミ

  • 返信数3
  • ナイスクチコミ1
  • 2022年1月28日 更新

去年の11月に全世界のidrive7に対してリモートソフトウェアアップデートが行われるというニュースを見たのですが、 今の所、私のX3には音沙汰ないみたいです。(2020/3納車) https://bmwf30.net/1/3116 ちょうど法定点検があったのでディーラー担当者に聞いたら、同じX3でも細かくマイナーチェンジされているので 個体によるので詳しいことはわからないとのことでした。 3シリーズなどではidriveメニューにremote software upgradeのような項目がありアップデートを検索できたり、 my BMWアプリにソフトウェアアップデート確認の項目のようなものがあるらしいのですが、少なくとも私の車では 該当項目は無いみたいで、購入から今の所、1度もアップデートは飛んできていないと思います。 まあ別になにか困ってるわけではないのですが、ニュースによるとADASのアップデートやAlexa対応があるようで どうせなら使ってみたいとか思ってます。 なにかご存じの方、X3で飛んできた方っていますか?

  • 返信数3
  • ナイスクチコミ2
  • 2022年1月28日 更新

iPhoneで車の施錠ができますか? セダンのほうはできるみたいだけど、ツーリングワゴンのほうはどうでしょうか? よろしくお願いします。

  • 返信数5
  • ナイスクチコミ2
  • 2022年1月23日 更新

昨年の秋にサマータイヤ交換時期が来ておりますとディーラーからDMが、届いたのですが 現在は、スタッドレスタイヤに変えており3月頃取り外しの時期に買い換えを検討しているのですがX-LINEの純正サイズ245/50R19のオールシーズンタイヤがラインナップが見当たらないのですが245/45R19とか235/50R19を純正'245/50R19のアルミホイールに装着は出来るものでしょうか?お詳しい回答おねがいします。

  • 返信数25
  • ナイスクチコミ30
  • 2022年1月23日 更新

2015年式 F31Mスポーツを所有しております。 子供が大きくなり、キャンプやスキーに行く機会が増え、道中に悪路があると底を擦ることが増えて来ました。 そこで非Mスポーツ程度に車高を上げたいと考えていますが、どのような方法があるでしょうか。尚、タイヤ交換時期なのでインチダウンも視野に入れております。 よろしくお願い致します。

  • 返信数1
  • ナイスクチコミ7
  • 2022年1月16日 更新

530i Mスポーツの価格がセダン880万円に対しツーリングは845万円でツーリングの方が安いんですね。 通常はセダンに比べツーリングの方が高い傾向があるので不思議です。

BMWの人気中古車ランキング BMWの中古車

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止