シボレーの新車情報・自動車カタログ

タイプから探す
クーペ
オープンカー
価格帯から探す
500〜999万円
1000万円以上
お役立ち情報・コンテンツ
スペック検索
自動車購入ガイド
自動車の取得・維持費
関連カテゴリ
中古車検索
自動車保険
車買取・中古車査定
カー用品
車検

注目のコンテンツ

シボレーの最近発表・発売された車種

シボレーの人気・注目ランキング

シボレーの最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

シボレーの自動車一覧

販売終了車種を表示

  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • SUV
    コンパクトカー
    ミニバン
    セダン
    ワゴン
    クーペ
    オープンカー
  • 500〜999万円
    1000万円以上
    価格情報なし・販売終了
  • ア行
    カ行
    サ行
    タ行
    ハ行

シボレーの新着レビュー

アメリカを代表するパフォーマンスカーであるシボレー・コルベットがフルモデルチェンジを受け、7代目モデルが登場した。クーペとコンバーチブルの2種類のボディに、標準仕様とZ51仕様の2種類のチューニングを施したV型8気筒 6200ccエンジンを搭載する。 コルベットにはGM日本が大磯ロングビーチ駐車場をベースに開催した試乗会に出席し、用意された広報車両に試乗した。試乗車はともにクーペモデルだったが、標準車とZ51の両方に乗ることができた。 コルベットの伝統ともいえるロングノーズの外観デザインは、今回のモデルにもしっかり受け継がれている。ボディパネルはカーボンファイバー製のエンジンフードを始め、軽量な複合素材を使ったフェンダーやドアなど、スチールパネルでは描けないような独特のラインを描いている。 ボディにはさまざまな空力パーツが装備されているが、これらはモータースポーツシーンからフィードバックされたものも多い。 インテリアにもカーボン素材が使われるほか、アルミやハンドメイドのレザー素材などによって、独特のタイトなコクピット空間が作られている。日本向けに専用のカーナビがオプション設定されたのは大いに歓迎される。 フルフレームのシャシーは従来のモデルから踏襲したものだが、素材はアルミ製として軽量化を図ったほか、カーボン素材も使うことで大幅な軽量化と前後均等重量配分を実現するなど、新時代のスポーツモデルにふさわしいクルマに仕上げられている。 コルベットというと直線では速いがワインディングではどうも、そんなイメージのあるクルマだった。でも最近は、ルマンを始めとするモータースポーツシーンでの活躍目立つようになり、またニュルブルクリンクでも走行テストを重ねるなど、直線での速さにとどまらない走りのパフォーマンスを見せるようになっている。 今回のC7は正にそうしたクルマで、さまざまな走行シーンで走りのパフォーマンスを発揮する本格的なFRスポーツへと変身を遂げている。 エンジンの動力性能は標準仕様が339kW/624N・mの実力で、Z51は342kW/630N・mを発生する。数値的にはわずかな違いしかないが、実際に走らせた印象には大きな違いがあった。Z51にはエンジン以外の部分にもいろいろと手が加えられていて、オンロードだけでなくサーキット走行も楽しめるような仕様に仕上げられているからだ。 標準仕様は6速AT車で、Z51がパフォーマンスを発揮しやすいギアレシオを採用した7速MT車だったこともあるが、Z51は格段に高いパフォーマンスを備えている。その走りは正に豪快そのものだ。 標準仕様のAT車でも十分に豪快な加速を実現する。いかにもコルベットらしい加速フィールは標準仕様車でも味わえる。ラフにアクセルを開けば背中を押されるような加速である。 箱根ターンパイクなどを走ると、コーナリング時の安定感というか、踏ん張りの良さも相当なレベルにある。ワイドトレッドのほか、Z51には進化した仕様のマグネティックライドが装備され、さらにミシュランのスーパースポーツタイヤなどがワインディングでの走りの性能に貢献している。速く走らせてもしっかり路面をグリップしながらコーナーを抜けていく安心感がある。 新しいコルベットはこれまでのモデルに対してとても大きな進化を遂げたモデルだと思う。新素材の採用や新開発のパワートレーンなど、いろいろな面で新しくなっているからだ。クーペの6速AT車で929万円、Z51の7速MT車では1088万2000円と、価格も半端ではなく高くなったが、進化の幅を考えたら、納得モノの価格である。

【エクステリア】 とにかく、かっこいい!! 【インテリア】 サングラス等、小物の置場にも困る程収納が無い。 BOSEのサウンドが素晴らしい。 大音量でも音が割れず、めっちゃ良い音でドライブが一段と楽しくなる。 これだけでも選ぶ価値がある。 【エンジン性能】 まだ、慣らし中のため4000回転までだが、動力性能に不満は無い。 慣らしが終わり、全開にして見ました。 ターボですが、ドッカンターボと違いすごくスムーズに回ります。直ぐに法定速度に達してしまいあまり回せません。 【走行性能】 トルクフルで見た目より軽快に走る。 直進安定性や剛性感も良い感じ。 ワインディングも車体の大きさの割りに良く回ります。 【乗り心地】 予想外に良い。 硬さはあるが、しなやかさも備わってる。 かなり荒れた道では、ダイレクトに揺れが伝わってくるが、普通の舗装面ならベンツ同様に這うような乗り心地になる。 【燃費】 今のところ、リッター10Km位で、パワーを考えると良い感じ。 【価格】 微妙、エンジンパワーを考えると安いと思うが、先進安全機能が無い事を考えると、安いとも言えない。 運転の楽しさと安全とを天秤にかけるような感じです。 【総評】 気持ち良く走れる点は大満足。 一方、ベンツ からの乗り換えなので、安全性を考えるとちょっと不安。 先進安全機能が加われば最高に良い車になると思う。 ベンツ は、移動の為のものとしては最高ですが、ドライブを楽しむにはカマロの方が楽しいです。

2015年に2009年式のmwのVセレクションを買って約3年が経過したので感想を書きます 見た目は古いワゴンRを大きくしてデカいエアロとデカいグリルをつけただけのつまらないデザインですが、最近のバカデカいグリルを付ける流行に偶然当たってる車なので古さは少し軽減されてますがやはりデザインは外装、内装とも古いです 乗り心地は正直悪いです 例えるなら軽バンよりはマシ程度で衝撃をぜんぜん吸収してくれませんが幸いシートが大きく厚みもあるシートなのでなんとか三年乗ってます 固いバネなのでバイパスや高速での直進安定性はまずまずです しかしタイヤサイズが小さいので首都高などカーブがキツい高速はカーブ手前でしっかり速度を落とさないと危ないです 遮音性もダメです雨音が車内にバリバリ入ってきます旧世代の軽自動車みたいです(笑) 燃費はエアコン付けない時でリッター15km、エアコンを付けるとリッター13〜14kmです 古い車ですが車体が軽いのでぼちぼちです シートが前後繋げて仮眠ができるのがベリーグッドです\(^o^)/ 正直、旧世代の車なので不満は多いですが、中古でコミコミで20万〜40万円出せば買えるので足+ちょっと遠出するくらいなら十分です 遠出する際にはしっかり点検と整備してから出かけると安心です

シボレーの新着クチコミ

  • 返信数4
  • ナイスクチコミ1
  • 2021年3月15日 更新

【困っているポイント】ルームミラーの真ん中のボタンを押してしまったらナビが消えてウインカーの音が消えました。その後4秒間隔でピー音が鳴り続けます。ある間隔で止まるのですがまた、鳴りはじめます。バッテリーを5分ほど外してみたのですがなおりません。直しかたをご存じのかた助けてください。宜しくお願い致します。 【使用期間】 中古車で納車1週間です。 【利用環境や状況】 【質問内容、その他コメント】

ほとんど情報出回ってませんが、ディーラーからの情報は ・右ハンドルの生産は開始している ・仮予約600台から本予約は300台 ・予定より少ないからか、予約自体はまだ受付中 ・5月から配車予定が1ヶ月遅れの6月から配車 ・月60台配車が50台配車に減少 正直コロナで22年や23年納車だと思っていたので現在本予約完了しているみなさんには今年中に行き渡りそうでよかったです。

  • 返信数8
  • ナイスクチコミ50
  • 2020年1月19日 更新

東京オートサロン2020では、来場した購入予定者に対する商談の為、予価が提示されましたね。それによるとエントリーモデルとなる2LTが1180万円で、上位グレードの3LTは1400万円との事。1000万円を切ったら嬉しいと思っていましたが、米国に比べ2LTが約1.6倍、3LTが約1.8倍(円ドル相場を110円として計算)。 日本仕様として右ハンドルを用意する姿勢にも感動していましたし、何より米国での価格に衝撃を受けていましたので、日本での価格にも期待をしていましたが、違った意味で衝撃を受けました。 消費税が10%になった事を考えても、今後も円高傾向は続くと思います。 正式な発売日までに、GM様には今一度ご検討を頂きたいと思いますが、皆様いかがでしょうか。? トランプさんも日本でGM車が売れる事を望んでいると思いますが、米国仕様に比べ、あまりにも高すぎる設定では、良いものも売れないと思います。 C8はMR化したものの、日常使いにも配慮された車です。是非、日本メーカーにもガツンと衝撃を与える戦略的な価格設定をお待ちしております。

  • 返信数11
  • ナイスクチコミ32
  • 2019年12月14日 更新

https://news.kakaku.com/prdnews/cd=kuruma/ctcd=7010/id=86498/?lid=myp_notice_prdnews つらたん(´・ω・`) そこまで大きく変更するなら全く別のシリーズとして出せばよいのに… FRにはFRの良さがあるわけで

  • 返信数2
  • ナイスクチコミ1
  • 2019年6月12日 更新

車検から帰ってきて変な感じです。 まず、軽く踏み込むだけでずい!って前に出てたぐらいのトルクが無くなりました。 それと加速時に、ディーゼルターボのダンプのようなシャララララって加速音(シーケンシャルターボっぽい)がV8のドドドドに限れて聞こえるようになりました。 謎です。失火してるのかな? 今回の整備はエキマニ交換と車検用必須整備程度です。 何か思い当たる節がございましたらアドバイスください。

シボレーの人気中古車ランキング シボレーの中古車

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止