シトロエンの新車情報・自動車カタログ

タイプから探す
SUV
コンパクトカー
ミニバン
電動自動車
価格帯から探す
200〜299万円
300〜399万円
400〜499万円
お役立ち情報・コンテンツ
スペック検索
自動車購入ガイド
自動車の取得・維持費
関連カテゴリ
中古車検索
自動車保険
車買取・中古車査定
カー用品
車検

注目のコンテンツ

シトロエンの最近発表・発売された車種

シトロエンの人気・注目ランキング

シトロエンの最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

シトロエンの自動車一覧

販売終了車種を表示

  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • SUV
    コンパクトカー
    ミニバン
    セダン
    ワゴン
    オープンカー
    電動自動車
  • 200〜299万円
    300〜399万円
    400〜499万円
    価格情報なし・販売終了
  • ア行
    カ行
    サ行
    ハ行
    英数字

シトロエンの新着レビュー

シトロエンの7人乗りミニバンである「グランドC4スペースツアラー」に試乗しました。 10秒でわかるこのクルマの特徴は @日本風ミニバンとは一線を画するオシャレなデザイン Aボディサイズに対し、広い室内と高い積載性 B2Lクリーンディーゼルターボのゆとりある走り を3つのポイントとして挙げました。 元々グランドC4スペースツアラーは2014年に日本で発売を開始した「C4ピカソ」の2代目にあたります。 導入当初は5人乗りの「C4ピカソ」と7人乗りの「グランドC4ピカソ」でしたが、2018年9月の大型改良で5人乗りは廃止、車名を「グランドC4スペースツアラー」に変更し、ADAS(先進運転支援システム)の充実や待望の2Lクリーンディーゼルターボを採用し、現在は「シャイン ブルーHDi」というモノグレードで販売を継続しています。 昨今のシトロエンはベルランゴやC3エアクロスSUVに代表される独創的なデザインが高く評価され販売も好調です。同じグループのプジョーブランドとの差別化もうまく行われています。 最新モデルほどではありませんが、それでも大型改良でエクステリアデザインは同じトレンドを組み込み、インテリアは全体の質感が大きく向上しています。まさにひと目見てシトロエンのクルマであるアピアランスは十分にまとっているわけです。 室内は国産に代表されるような「よっこらしょ」と乗り込むタイプのミニバンと大きく異なり、乗降性にも優れています。また視界も広く、特にフロントウインドウの縦方向が長く、停止時でもすぐ真上の信号が確認できるほどです。過去、旧型のC3には「ゼニスウインドウ」と呼ばれる独創的なフロントガラスが採用されていましたが、機能的にはこれに近いと言えます。もちろんスライディングバイザーにより直射日光を遮断することもできます。 インパネにはダッシュボード上部に12インチのパノラミックスクリーン、下部にはナビやAV機能などを表示&操作できる7インチのタッチスクリーンが搭載されています。 各機能を効率良く振り分けていますが、機能によっては階層や切り替えが少し面倒な部分もあります。 一方で過去のシトロエン車(プジョー車も)に搭載されていたカーナビ(AV)関連の機能はAppleのCarPlayやGoogleのAndroid Autoに対応するようになったことで十分な性能を手に入れました。またもっと本格的なカーナビが欲しいというニーズに対しても現在はディーラーオプションで専用カーナビ(ベースはカロッツェリアの楽ナビ)が用意されています。 筆者的にはCarPlayに高機能なナビアプリ、有償であれば「カーナビタイム」、無償であれば「Yahoo!カーナビ」を活用すれば十分と考えます。ちなみに純正カーナビの価格はETCユニットとのセットで26万1690円と高めです。ゆえにまずこのコネクト機能を使ってみて、納得できないようであれば、後からディーラーオプションで装着するというのもひとつの選択肢です。 そして注目すべきは寸法からはイメージできないほどゆとりのある室内と積載性の高さです。 2&3列目の席は全て独立した構造で3列目を格納した場合でも実測で奥行きは約1m、2列目を倒した際は1900mmを超える奥行きが確保できます。また開口部の高さも800mm超え、横幅も1100mmを超えますのでかなり大きな荷物、また試しに用意した中型犬用のドッグケージも余裕で積載できました。 標準装備されるパノラミックガラスルーフは2列目の乗員が開放感を得ることができます。一方で3列目シートはあくまでも非常用と割り切った方が賢明でしょう。 搭載するパワートレーンは前述したように2L直4のディーゼルターボです。日本市場ではマツダがクリーンディーゼルを積極展開していますが、1660kgの車両重量に対し、163ps&40.8kg-mのスペックは十分すぎるほどです。 パワフルというわけではありませんが、多人数乗車時でも高速道路への合流も極めてスムーズに行えます。アクセルで速度コントロールもしやすいので最終的にドライビングにおける疲れも少ないです。 またディーゼルのメリットであるランニングコストも高速走行を含めた燃費は19.8km/Lと優秀、さらに軽油ですから当然日々の支払いを抑えることが出来ます。 一方でADASに関しては細かなアップデートによりACCやレーンキープアシストなども標準装備化されるようになりました。ただ、国産のハイレベルなモデル比べるとその“効き具合”は少しゆるく感じます。 乗り心地に関してはシトロエン車でよく言われる「魔法の絨毯(じゅうたん)」とまではいきませんが、それでも乗り心地は良く、特にコーナリング時にゆっくりとしたロールを伴いつつ、しっかりと1本筋が通ったような接地感は見事です。ライバル車として想定されるフォルクスワーゲン ゴルフトゥーランのキビキビしたハンドリングとはちょうど対極にあるのかもしれません。 車両本体価格は425万円、ナッパレザーパッケージ装着車は464万円と高めに感じるかもしれませんが、このオプションには電動パワーシートやシートヒーターなども装着されていますので、リセールバリューの点では期待できます。 グランドC4スペースツアラーの中古車はこの原稿執筆段階で全国に20台弱しかありません。であれば、選ぶとしたら現状では新車一択。画一的な“日本型ミニバン”ではなく、日々のライフシーンを演出できる点でも大きな魅力と言えます。

【エクステリア】 文句無しです。 個性的で振り返って見てもらえます。 【インテリア】 お洒落なフランス車です。 【エンジン性能】 非常に乗りやすいセッティングです。 踏めばちゃんと加速します。 【走行性能】 ちょっと柔らかめなセッティングなので気を使います。 ロールとピッチングが油断すると大きめかも・・・。 しかしラインは外しません。 【乗り心地】 プジョー2008からの乗り換えです。 同じようなコンセプトですがプジョーよりソフトです。 【燃費】 気にしたことはありませんが13は走っていると思います。 【価格】 欧州車にしては安い価格設定ですが国産車と比較すると高いかも知れません。 【総評】 内外装とも個性的で所有感が高いです。 走りも燃費も静粛性も高く満足しています。 ラゲッジスペースの下に収納があって驚きました。

2021年モデルのシャインを買いました。新車で2か月乗った印象です 【エクステリア】基本、この車を買う人はこの形に惚れて買うんじゃないでしょうかね。 ま、好みの問題ですけど、私は大好きです。日本車のコンパクトカーはどうも買う気が出ないです。 特にガンダムのような形は無理ですので、強いて言うとマツダデザインは好きです。 【インテリア】マイチェン前とあまり変わってないのですが、それなりにチープさがないのはうまいと思う。お金かけるところにかけているというか。上手く安いパーツを使っているというか。 【エンジン性能】よく回りますし、ターボのパワーは感じます。十分ですね。踏んだら踏んだだけ出る感じでレスポンスもいいです。下の方のトルクは強さを感じます。 【走行性能】ディーラーによると、マイチェン前からすると、だいぶ1−2速、2−3速のショックは改善したそうですが、それでも少しあります。あとはトランスミッションに学習機能があるそうですので期待しています。これも味だと思えるところが仏車です。このシフトアップ時のショックより気になるのがエンブレの強さです。2速で引っ張りすぎている設定のせいか、アクセルがニュートラルの状態で走ると、結構きついエンブレがかかりますし、ブレーキとのバランスが難しくて、最終的に止まるときに、カックンになりやすい。私はそれも味だと思ってますが。 【乗り心地】これは最高でしょう。素晴らしいと思います。日本のコンパクトカーのような軽さを感じない、どっしりとしていて静粛性も高く、買う人の多くがここに惚れこむんだと実感できます。 ホイルベースが長く(その分小回りは効かない)安定性、直進性がはっきりとわかる。文句なしです。 【燃費】マイチェン前からは15%良くなったとのことです。気にしてはいませんが、短距離の街乗りばかりだと9Km−10Kmくらいかな。おまけにハイオクですから、燃費重視の人にはお勧めできません。 【価格】初期投資という意味では、それほど高い車ではないですが、メンテナンスはやっぱり外車ですのでそれなりに単価が高い。でももう一台アウディQ5に乗ってるんで、それと比べるとすごく安いです。日本車と比べると勝てないです。 【総評】前に乗ってたフィアットもうそうだったのですが、あらゆる難を許せるだけの特徴・個性があります。スペックをドライに見るような方は、似たような値段+アルファでマツダ3やヴエゼルやCHRが買えますのでスペック比べたら絶対に乗れません。日本車以外に選択肢がなくなると思います。装備や安全機能は日本車からすると落ちますし、小物やペットボトル入れるのも苦労するし、燃費もそこそこでランニングコストも割高。でも所有する喜びがあります。日本車にはない乗り心地とか、エクステリアとか。おフランスという、それだけで嬉しくなるような所有感覚。 価値観の問題なので良い/悪いはないでしょう。トラブルですが色々な車屋さんに聞いてみたところ、今は英国(レンジローバーとか)の方が圧倒的に怖いそうです。PSAはかなり進化して今はほとんど問題ない。ただし電装系(走りに直接関係ないところ)は細かい難はあります。 私の車は外れではないようですが、それでもメインモニターの表示がおかしくなったことはあります。リセットしたら治る程度。

シトロエンの新着クチコミ

  • 返信数2
  • ナイスクチコミ6
  • 2021年6月11日 更新

外車の故障率が高めなのが当然のことですが、DS3 クロスバックの故障率はどうでしょうか? フランス車もシトロエンは高い一方、プジョーはかなり低めになっていますが。

  • 返信数5
  • ナイスクチコミ3
  • 2021年5月24日 更新

2017型、セントジェームスバージョン、ナビは純正パイオニアです。Galaxy21 5Gへ機種変更後、USBケーブルでアンドロイドオートは2日程は繋がったのですが、3日目突然繋がらなくなり、スマホのソフトを一度アンインストール。車繋がり履歴も消去し、再インストール。再度USBで繋ぐも反応無し。 ソフトが更新さるたのか。 因みにブルーテゥースは繋がります。 USBはと云うと、全機種2Galaxy10を返却前に再起動し試しましたが、繋がらず。因みにスマホのUSBをスマホ同士繋げてテスト。問題ありません。車の方は?USBに反応したりしなかったりの状況です。 同じ様な状況の方はいらっしゃいますでしょうか。 打開策があれば、ご教授いただけると幸いです。 宜しくお願い致します。

超音波センサーが、パンパー周りにいくつも付いている様に思うのですが、駐車時なとごく低速で走行中に、音などで、障害物までの距離を感じることは可能でしょうか?あるいは、ある程度の速度のケースにか働かないので、コーナーセンサー的には使えないのか?お教えいただけると幸いです。

  • 返信数4
  • ナイスクチコミ3
  • 2021年3月27日 更新

購入検討中ですが、後部座席を倒した際の荷室奥行寸法はどれくらいでしょうか?

  • 返信数8
  • ナイスクチコミ55
  • 2021年3月20日 更新

31年で、24台の車に乗ってきました、ドイツ、イギリス、フランス、イタリア、アメリカ、スウェーデン、もちろん日本、 沢山の車の中でも上位に入るほど完成度は高く、ミッションがギクシャクするコメントがありますが、全く感じません、アルファロメをなどは、少しクセがありますが、最近のフランス車は、全く国産に負けず劣らず、価値観は十分、愛車と呼べます! 国産ばかり人ほどぜひ所有してみてください、愛車を愛おしくかんじますよ、10万円ほど3年から5年に延長保証できます、半年所有しましたが、まだ初期トラブルすらありせん、メンテナンスも最近では、オートバックスなどでも行ってくれますし、街の自動車屋さんでもだいぶいじれる車屋が増えました、安心して乗れますよ! こんな可愛いフレンチな車が買い易すなった世の中に感謝ですね、ライズやヤリスも良いですが、かぶらない満足度も是非! 残念なところは、助手席に肘掛けがない所ですね、ディラーオプションで付けれると、良いのですが、、、、

シトロエンの人気中古車ランキング シトロエンの中古車

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止