スバルの新車情報・自動車カタログ

注目のコンテンツ

スバルの最近発表・発売された車種

スバルの人気・注目ランキング

スバルの最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

スバルの自動車一覧

販売終了車種を表示

  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順

スバルの新着レビュー

「名前以外は全て新しい」。いきなりですが、このキャッチコピーは某国産メーカーで大ヒットしたモデルのもの。 「他メーカーのコピー出してどうすんだよ」と思わずツッコミが入りそうですが、約5年ぶりにフルモデルチェンジを行ったSUBARU XVの最上位グレード(取材時:理由は後ほど)である「2.0i-S EyeSight」に試乗すると、ひしひしとその進化を感じるのです。 XVは元々、先々代のインプレッサをベースにSUVテイストを加えたモデル。初代となるGH型は車高もインプレッサと同じで正直「なんちゃって感」もありましたが、2代目(GP型)からは最低地上高のアップや専用エクステリアなどを採用することで一気にヒットモデルの仲間入りを果たしました。 3代目(GT型)は2018年4月に登場、社名が株式会社SUBARUに変わってからの最初の記念すべきモデルでもあります。 少々話は脱線しましたが、XVの魅力はそのボディサイズにあります。都市部でも扱いやすく、それでいて高速走行時の安定性、さらにSUVに求められる乗員&荷室の広さや使い勝手なども非常にバランスが良いのが特徴です。 基本的な考えとしてはヒットした2代目のコンセプトを継承し、ブラッシュアップしたものと考えて良いでしょう。 搭載するパワートレーンは2.0&1.6Lの水平対向4気筒DOHCにリニアトロニック(CVT)を組み合わせたもの。2L車のみエンジンに直噴機構が搭載されます。 まずXVの良さは乗り込む瞬間にわかります。最低地上高が上がっていることで当然シートポジションも高くなります。スッとお尻を落とした位置にシートがある・・・こんな感じでしょうか。日々乗り降りするクルマゆえに、この感覚はとても楽に感じるものです。個人的には腰痛持ちで背が低いこともあり、地面からシートまでが低いクルマだと腰をかがめて乗るようなスタイル、一方大型のSUVなどでは「よっこらしょ」と乗り込む感じはそれなりに身体へ負担がかかります。その点でもXVの乗降性は高得点が与えられるものなのです。 インテリアは基本インプレッサと共通で細部の質感を微妙に変化させている点で多少ではありますが差別化を図っています。 またいつも感じるのがSUBARU車の「おもてなし感」言い換えれば装備の充実ぶりには感心します。最上級グレードということもありますが、運転席&助手席の8ウェイパワーシートと両席シートヒーターが装着されています。これらは最上位グレードのみ標準装備ですが、1.6L車の“Lグレード”などでもオプションで「ブラックレザーセレクション」を選べば装着することができます。 もちろんその分、出費は増えるわけですが、このクラスのクルマの中にはパワーシートやシートヒーターも「運転席だけ」というモデルは少なくありません。その点、SUBARUは「標準または選択の自由」を残してくれている点でも選ぶ価値は十分にあります。 肝心の走りの方ですが、そのフィーリングは新たに採用されたSGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)による部分が大きいと感じました。最近のクルマの特徴にシャシーやプラットフォームを最適化することで走りの質感を向上させる。メーカーによっては“体幹”という表現を使うケースもありますが、SGPを採用したXVはとにかくサスペンションがスムーズに動きます。同時にボディがロールした時なども不可解(余分)な動きがうまく抑制されることで加減速、またはコーナーに侵入から脱出するまでの動きに一体感があることは誰が乗ってもわかるほどハッキリしたレベルに仕上げています。 また今回とは別の機会に雪道、特に滑りやすい坂道(ほとんど泥濘地)を試乗しましたが、新搭載の「X-MODE」の効果は絶大です。もちろん限界はありますが、モードオフ時では登坂できなかった路面もオン状態でスルスルと登れますし、下り坂ではヒルディセントコントロールのおかげで安心して降りることができた点も追記しておきます。 一方で少し気になるのがCVTの制御です。現行インプレッサが登場した際も前述したSGPの良さなどは十分感じることができましたが、CVTに関しては(特に)フル加速時における独特の「回転は上がるけど車速が気持ちにシンクロしない」感覚はもう少し煮詰めて欲しいところです。正直に言えば、SUBARUは将来CVTをやめてコンベンショナルな多段式ATに戻してほしいのです。燃費&環境性能はもちろん大事ですが、マツダがCVTではなく6ATを採用することで走りの良さをアピールしたようにSUBARU車にもレスポンスに優れた多段式ATの復活を期待したいのです。 さて、最後にADAS(先進安全装備)の領域ですが、やはりアイサイト(Ver.3)が標準装備されている点は安全面での大きなアドバンテージになります。事故は起きない方がいいに決まっていますが、普段使いでもACC(アダプティブクルーズコントロール)は全車速対応の追従機能付きなので渋滞時などでのストレスは大幅に解消されます。 また最近特に注目が集まっている「車両後退時」や「車線変更時」における事故を未然に予防する警戒支援システム、SUBARUでは「スバルリアビーグルディテクション」として設定していますが、これを含む「アドバンスドセイフティパッケージ」はメーカーオプションとして絶対装着をオススメします。 最後にこの原稿を書いている間にXVにも新型フォレスター同様、「e-BOXER(いわゆるマイルドハイブリッド)搭載モデル」が追加されることが発表されています。価格差はまだ見えてきませんが、もしXVを真剣に購入しようというのであれば、これが搭載する「Advance」を見てからでも遅くないと思います。

丸目インプ納車されてから7ヵ月経過しての感想 【エクステリア】GDBの中では人気がないと言われてる丸目ですがかっこいいというより愛嬌がある。色はもちろんオタクブルー。 【インテリア】セダンだけど内装は安っぽく中は狭い。後部座席は車中泊で160cmの自分がギリ足伸ばして寝れる程度。 【エンジン性能】低速トルクがなく発進がシビアだが慣れれば多少は問題ない。あと不等長エキマニ特有のドロドロ音(ボクサーサウンド)がたまらん。 追記:発進でアクセルを少ししか煽らず中途半端にクラッチをつなぐと平地でも簡単にエンストするのでクラッチは大胆にクラッチ減らさない程度につないだ方がいい。 【走行性能】アクセル踏み込んだ時のドカンとくる爆発的な加速は病みつきになる。ただ、前所有のNBロドスタとは性格が全然違い、フルタイム4WDで加速はとても速く高速道路やパイパスで安定力があるが小回りが利かなく曲がらない。 追記:タイヤがネオバのAD08Rなのでグリップ力はある。 【乗り心地】ブリッツの車高調履いているが足は固い 追記:純正のモモステが40cmぐらいあってかなり重いので疲れやすい 【燃費】ゆっくり走れば10くらいはいくが踏み込むと半分くらいまで燃費が落ちる。 追記:給油ランプ点灯し始めるとあと9ℓほど残っているというサインです 【価格】涙目・̝鷹目の中古相場が平均200万を超えてる中、丸目は120万くらいと結構お手軽な価格です。10万キロ以上だと100万行くか行かないかぐらいです。 【総評】(追記:女ウケ皆無の派手な見た目ですが)運転がとてもおもしろくて飽きない車です

【エクステリア】 おおらかで飽きの来ないデザインでかっこいいと思います。 【インテリア】 高級感はあまりありませんが、シンプルで機能的な内装です。スイッチ類も使い易く皮シートもまずまず。走行中の視界も良好です。 革シートは、ベンチレーション機能が無いので正直夏は暑いです。 【エンジン性能】 2500ccのNAですが、エコモードでも十分走ります。静かで良く回りストレスフリーな高性能エンジンだと思います。乗るのが楽しいです。少しだけ聞こえるボクサーサウンドもジェントルでいいですね。 【走行性能】 意のままに走ってくれます。自分の運転がうまくなったような感覚で、大きさを感じずとても乗りやすいです。さらにAWD&Xモードであらゆる路面で安心して走れます。また、アイサイトが素晴らしい。手放せなくなりました。 【乗り心地】 堅すぎず柔らかすぎす、足も良く動き非常に良いです。初期型ですが乗り心地が悪いと思ったことはありません。スタブレックスライド恐るべし。案外小回りもききます。 【燃費】 普段街乗り&たまに長距離で燃費計で10.5でした。良い方でしょう。 【価格】 外車などと比較したらバーゲンプライスなのではないでしょうか?安全装備や快適装備も標準で一通りそろっています。 【総評】 いろいろなメーカーのSUV系やワゴンをかなり試乗し、車に詳しい友人の意見なども参考にし購入しました。最初はちょっと大きいかなぁ?と不安もありましたが購入して大正解でした。スバルの技術の結晶で、乗ってみてわかるとてもバランスの良い車です。メーカーへのイメージが180度変わりました。海外メーカーのSUVやビッグワゴン等を検討している方も試乗してみてはいかがでしょうか?今更ですが、車はやはり基本性能が大事だということをアウトバックに乗ってからあらためて気づきました。ディーラーの方の対応も良く、愛車として長く快適に乗れる希少な車だと思います。おすすめです! 丸3年5万キロを乗りましたが乗り心地がさらに良くなってきたように感じます。また、大人4人でゴルフに行きますが4バッグ+荷物も積みこみ可能です。(多少コツはいりますが)まさに万能カーですね。 ※A型6年目の追記   乗り換えも考えながら、いろいろな車に試乗させてもらいましたが、なかなかこれだという買い替えを決断させる車が見当たりませんでした。そのぐらい、つくづくトータルバランスが良い車だと思います。(500万以上出せば良い車はいろいろありますが)  燃費は乗り方にもよりますがリッター9キロ程度で思ったより伸びませんがレギュラー仕様が救いです。  6年間での修理は、お約束のドアミラーモーター交換とオートバックドア異音ぐらいで、走りに関わる部分は一切ありません。走行距離が10万キロ近くになりますが、エンジンはさらに絶好調で良く回ります。やはり定期的なオイル交換は大事ですね。  5年目で、オプショングリルとホイールアーチモール、ブラックのカーゴステップパネルを装着しさらに迫力が増したと思います。(自己満足ですね)  またフレキシブルドロータワーバーも装着し、少し乗り心地が固くなったような気がしますが、反面直進安定性が向上し高速道路が乗りやすくなったと思います。  6年目を迎えタイヤが消耗していたので、オールテレーンタイヤとブラックポリッシュの社外ホイールを装着しドレスアップもほぼ完了しました。キャンプを始めたのでこれからも益々活躍してもらおうと思っています。  今まで、同じ車をあまり長く乗ったことはありませんでしたが、アウトバックはオンオフ問わずちょうど良いバランスの万能カーで、とても気に入っています。 まだまだ乗り続けたいと思いますが万が一弱ってきたら、中古になってしまいますが今までのパーツを流用し、後期型もありだと考えています。  新型も出そうですが、BSもまだまだ現役でおすすめです。まさに愛車となったアウトバックを大事に乗り続けたいと思います。

スバルの話題のクチコミ

盛り上がっているトピックをチェック

  • 返信数19
  • ナイスクチコミ99
  • 2021年5月12日 更新

初めまして。 人生で初のスバル車で何回も試乗して家族を説得しつつ購入した車で概ね満足してますが わからない事が1つあります。 先月の末に納車されてそのまま別の所でキーパーコーティング(Wダイヤモンドキーパー)を 施工してもらったんですが前後4枚のサイドシルに謎の雨染み?が出来るようになりました。 洗車しても消えずそのまま残っていて触るとザラザラのような艶消?状態です。 初めて出来た時にコーティングしてもらったところで見たところ原因がわからないと言われて とりあえずその部分だけ軽研磨をかけて再度コーティングを施工してもらい、その時は綺麗に治ったので 安心しましたがまた同じ状態になったら確認させて下さいと言われそのまま帰りました。 その4日後くらいに雨が降り次の日に確認するとまた同じところに謎の雨染みがありました。 再度確認してもらうも、コーティングをした溶剤の残りではないこと、施工に間違いはないということで ディーラーに確認してくださいと言われて来週ディーラーで確認してもらうんですがこの雨染みは結局 なんなんでしょうか? コーティング屋さんが言うにはドアの水抜き部分と一致するのでドアの内側に塗ってある防錆剤が雨または洗車時の水と反応して雨染みになっていると思います。ただこれは普通の雨染みではないのでコーティングの上に乗っていても簡単には 落ちないので根本をどうにかするしかないと言われました… やはりディーラーで確認してもらうのが一番なのでしょうか?ただその際どのように聞いたらよろしいですか? 読みづらくて申し訳ないですが何か知ってらっしゃること同じ症状の方がいましたら教えてほしいです。よろしくお願いします。

コロナ禍のため、あまり遠出ができていませんが、それでも楽しく乗っているインプレッサの感想です。 所有しているのは、2018年B型の2.0i-S(AWD)です。 とにかく所有しているインプレッサをとても気に入っていて、時間がたっぷりあるGWに自分が思っていることをダラダラと書いてますので、適当に読んでいただければ幸いです(^_^; 今のインプレッサは2台目で、1台目は先代の2015年・1.6i-L Proudエディション(FF・アイサイト無)でした。 ただ走ればいいやと思って購入しましたが、走りが気持ちよくて3年で3万キロ以上を走り、車検時に今のインプレッサを買い替えました。 今度は、どうせあれこれ欲しくなるだろうと思い、機能ほぼ全部のせの2.0i-Sにして、アイサイトセイフティプラス(運転支援、視界拡張)を追加しました。 このインプレッサについて私が思っている@デザイン(外装・内装)、Aアイサイト、B走り(街乗り・高速)、C燃費の4つについて書きたいと思います。 @デザイン (外装) 真後ろからの見た目を除いて、全てかっこいいと思っています。 特に前も後ろも斜め少し上からの見た目がかっこいい。 フロント真正面の見た目は、フロントグリルがもう少し大きくてもいいんじゃないかと思いますが、現行型の横一文字に広がったロアグリルよりはフォグランプと分離したB型のロアグリルが気に入っています。 アルミホイールは、C型2.0i-Sのホイールデザインが好きですが、B型も悪くないです。 アルミ削り出し部分の少ない現行型の2.0i-Lやアドバンスのホイールは、自分にとってはイマイチです。 一般的にはスポーティーな印象があるのかもしれませんが。 真後ろからの見た目は、ナンバープレート周辺の手抜き感があっていただけません。何かが足りない印象です。 かといって、テールゲートガーニッシュもちょっと違うかな・・・。 あと、真横から見たフォルムは、抜群に格好いいです。 完璧ではありませんが、他社、他のスバル車の中でも一番格好いいと自分で思っているので、とにかく満足です。 これが、長く付き合いたいと思える一番の理由かもしれません。 (内装) 可も不可もなくといった感じです。 メーター類のデザインは、先代レヴォーグのデザインだったら良かったのになぁ。 シフト、ドアノブ周りの素材の安っぽさは否めません。 また、シートも長く座っていて疲れるということはありませんが、もう少し固めが自分は好きです。(デザインの話じゃないですが・・・) Aアイサイト 他社の自動運転支援を使ったことがないのでなんとも言えませんが、ACCでの高速走行はとにかく楽です。 ロングドライブの負担が大幅に軽減します。渋滞時の減速はとても自然です。 のんびり走りたいときなど、本当に重宝します。 出口やカーブでの減速は勝手にはしてくれないので、扱いに注意が必要です。 アクティブレーンキープは、ハンドルの戻し方がカクカクするので、個人的にはあまり気に入っていません。 ただ、夜間、片側1車線の高速道路を走行する際には、安心感が増します。 それから、プリクラッシュブレーキについては、お世話にならないように注意して運転していますが、万が一のとき少しは助けてくれるのだろうという安心感はあります。 B走り (街乗り) 低速で走行する街乗りの走りは、ふつーで、楽しいと思うことは特にありません。 また、パフォーマンスパーツは何もつけていませんが、沿道の店に出入りするときなど、直角に曲がるときは車体がねじれる感じがあり、もうすこしガチッとしてほしいなと思います。フレキシブルタワーバーをつけて変わることがあるならつけてみたいですが。 また、青信号での走り出しの感じは、iモードだと、とてももたつきを感じます。 マニュアルモードにして意図的にローからのスタートにしても駄目です。 ただ、これはSモードにすると随分変わります。 燃費を気にして普段はiモードにしていますが、Sモードにすると割とスッと走り出します。 個人的には、街乗りもSモードのほうが気持ちよく走れると思います。 (高速) 高速走行はとても気持ちいいです。 合流や追い越し時はSモードにしますが、とてもパワーを感じます。 2リッターあると、90-100km/hも余裕もって走れるので、気持ちよく走れます。 しかし、アクセルに対する反応は少しタイムラグを感じるので、もう少し敏感に反応してほしいというのが正直なところ。 C燃費 最初から気にしていませんが、たまに遠出の走り方だと、平均11.5kmです。 先代の1.6i-L(FF)は、遠出が多かったのですが、平均で18km、高速では20km以上も出ていました。 こればっかりは仕方がないですね。 長くなりましたが、以上が私の感想です。 完璧ではないですが、長く付き合えそうなお気に入りの愛車です。

スバルの人気中古車ランキング スバルの中古車

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止