スバルの新車情報・自動車カタログ

注目のコンテンツ

スバルの最近発表・発売された車種

スバルの人気・注目ランキング

スバルの最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

スバルの自動車一覧

販売終了車種を表示

  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順

スバルの新着レビュー

「名前以外は全て新しい」。いきなりですが、このキャッチコピーは某国産メーカーで大ヒットしたモデルのもの。 「他メーカーのコピー出してどうすんだよ」と思わずツッコミが入りそうですが、約5年ぶりにフルモデルチェンジを行ったSUBARU XVの最上位グレード(取材時:理由は後ほど)である「2.0i-S EyeSight」に試乗すると、ひしひしとその進化を感じるのです。 XVは元々、先々代のインプレッサをベースにSUVテイストを加えたモデル。初代となるGH型は車高もインプレッサと同じで正直「なんちゃって感」もありましたが、2代目(GP型)からは最低地上高のアップや専用エクステリアなどを採用することで一気にヒットモデルの仲間入りを果たしました。 3代目(GT型)は2018年4月に登場、社名が株式会社SUBARUに変わってからの最初の記念すべきモデルでもあります。 少々話は脱線しましたが、XVの魅力はそのボディサイズにあります。都市部でも扱いやすく、それでいて高速走行時の安定性、さらにSUVに求められる乗員&荷室の広さや使い勝手なども非常にバランスが良いのが特徴です。 基本的な考えとしてはヒットした2代目のコンセプトを継承し、ブラッシュアップしたものと考えて良いでしょう。 搭載するパワートレーンは2.0&1.6Lの水平対向4気筒DOHCにリニアトロニック(CVT)を組み合わせたもの。2L車のみエンジンに直噴機構が搭載されます。 まずXVの良さは乗り込む瞬間にわかります。最低地上高が上がっていることで当然シートポジションも高くなります。スッとお尻を落とした位置にシートがある・・・こんな感じでしょうか。日々乗り降りするクルマゆえに、この感覚はとても楽に感じるものです。個人的には腰痛持ちで背が低いこともあり、地面からシートまでが低いクルマだと腰をかがめて乗るようなスタイル、一方大型のSUVなどでは「よっこらしょ」と乗り込む感じはそれなりに身体へ負担がかかります。その点でもXVの乗降性は高得点が与えられるものなのです。 インテリアは基本インプレッサと共通で細部の質感を微妙に変化させている点で多少ではありますが差別化を図っています。 またいつも感じるのがSUBARU車の「おもてなし感」言い換えれば装備の充実ぶりには感心します。最上級グレードということもありますが、運転席&助手席の8ウェイパワーシートと両席シートヒーターが装着されています。これらは最上位グレードのみ標準装備ですが、1.6L車の“Lグレード”などでもオプションで「ブラックレザーセレクション」を選べば装着することができます。 もちろんその分、出費は増えるわけですが、このクラスのクルマの中にはパワーシートやシートヒーターも「運転席だけ」というモデルは少なくありません。その点、SUBARUは「標準または選択の自由」を残してくれている点でも選ぶ価値は十分にあります。 肝心の走りの方ですが、そのフィーリングは新たに採用されたSGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)による部分が大きいと感じました。最近のクルマの特徴にシャシーやプラットフォームを最適化することで走りの質感を向上させる。メーカーによっては“体幹”という表現を使うケースもありますが、SGPを採用したXVはとにかくサスペンションがスムーズに動きます。同時にボディがロールした時なども不可解(余分)な動きがうまく抑制されることで加減速、またはコーナーに侵入から脱出するまでの動きに一体感があることは誰が乗ってもわかるほどハッキリしたレベルに仕上げています。 また今回とは別の機会に雪道、特に滑りやすい坂道(ほとんど泥濘地)を試乗しましたが、新搭載の「X-MODE」の効果は絶大です。もちろん限界はありますが、モードオフ時では登坂できなかった路面もオン状態でスルスルと登れますし、下り坂ではヒルディセントコントロールのおかげで安心して降りることができた点も追記しておきます。 一方で少し気になるのがCVTの制御です。現行インプレッサが登場した際も前述したSGPの良さなどは十分感じることができましたが、CVTに関しては(特に)フル加速時における独特の「回転は上がるけど車速が気持ちにシンクロしない」感覚はもう少し煮詰めて欲しいところです。正直に言えば、SUBARUは将来CVTをやめてコンベンショナルな多段式ATに戻してほしいのです。燃費&環境性能はもちろん大事ですが、マツダがCVTではなく6ATを採用することで走りの良さをアピールしたようにSUBARU車にもレスポンスに優れた多段式ATの復活を期待したいのです。 さて、最後にADAS(先進安全装備)の領域ですが、やはりアイサイト(Ver.3)が標準装備されている点は安全面での大きなアドバンテージになります。事故は起きない方がいいに決まっていますが、普段使いでもACC(アダプティブクルーズコントロール)は全車速対応の追従機能付きなので渋滞時などでのストレスは大幅に解消されます。 また最近特に注目が集まっている「車両後退時」や「車線変更時」における事故を未然に予防する警戒支援システム、SUBARUでは「スバルリアビーグルディテクション」として設定していますが、これを含む「アドバンスドセイフティパッケージ」はメーカーオプションとして絶対装着をオススメします。 最後にこの原稿を書いている間にXVにも新型フォレスター同様、「e-BOXER(いわゆるマイルドハイブリッド)搭載モデル」が追加されることが発表されています。価格差はまだ見えてきませんが、もしXVを真剣に購入しようというのであれば、これが搭載する「Advance」を見てからでも遅くないと思います。

【エクステリア】 デザインはかっこよいです。車幅は若干広くなりますが、最小回転半径がレヴォーグの5.5mに比べてフォレスターだと5.4mになるので取り回しは更に良くなりそうだと期待しています。 一方高さ制限のある立体駐車場にはもう停められなくなるので平面駐車場探しが忙しくなりそうです。 【インテリア】 ナッパレザーのブラウンにしました。新型レヴォーグで不便だった液晶タッチパネルでの操作からエアコンやシートヒーターが物理ボタンになる事で運転時の安全性確保に繋がります。AVHも物理ボタンでワンタッチ操作できるのは便利です。 スバルが全車種にこれから展開するであろうタッチパネル操作だとAVHの設定に毎回数クリック必要です。またシートヒーターやエアコンも操作感が悪いので運転中だとよそ見が増えてしまうデメリットがありました。 液晶コックピットに地図表示がないのが新型レヴォーグからフォレスターへ乗り換えする部分で残念に思います。一方通行の把握が楽でした。まあここにスマホのナビを置いておけば解決できそうです。 【エンジン性能】e-BOXERは走行するとすぐにバッテリーが溜まり始めます。一方で駐車場で停車すると3時間もすれば溜まったバッテリーは解放されて再出発時にEVモードには中々なりません。バッテリー残量が停車時点のまま残れば良いのですが恐らくバッテリー劣化目的なのかもしれません。 これからの時代、ますますスバルは低燃費技術の開発に力を入れないと周回遅れになりそうです。 【走行性能】レヴォーグとあまり変わりません。 【乗り心地】 新型レヴォーグと比べて明らかに視界良好のため運転が楽しいです。視界の低さやフロントウィンドウの形状でここまで運転しやすさに影響するとは思っていませんでした。 【燃費】 納車からもう少しで1ヶ月未満ですが市街地走行のため8km/hです。より長距離を走る機会が増えれば10km/hは超えるはず。運転中の瞬間燃費表示は発進時のみ10km/hを下回りますがある程度速度が出始めると15km/h前後にはなります。 【価格】 新型レヴォーグは購入総額が470万円ほどかかりました。今回は400万以下に収まりましたので満足です。ただ新型レヴォーグは高値で売らないと、去年の5月納車で既に乗り換えなので負債が(笑) 【総評】 スバルの売りであるアイサイトXは使えませんが、高速道路利用時でも動作条件が整っているのに稀にアイサイトXが動作しない点やカーブ制御が現状だとふらふらしている点を踏まえると、カーブ自動減速を犠牲にしてアイサイト・ツーリングアシストに戻るのは仕方が無いかなと感じます。 強化された最新のアイサイトのため一般道路での安全性は犠牲にならず、そこは安心しています。

【エクステリア】 ホイール、フロントグリルなどを黒にすることにより、引き締まって見えます。このグレードでしか選べないWRブルーととてもマッチしてます。 【インテリア】 赤の差し色で統一されててかっこいいです。個人的には、もう少しSTIエンブレムがあれば、なおよかったです。 【エンジン性能】 2リッターNAなので、街中では特にパワー不足を感じません。 【走行性能】 CVTが少し、もっちゃりしますね。 【乗り心地】 この車の肝ですが、専用設計のダンパーが本当いい仕事をしてます。街中での乗り心地、カーブでの踏ん張り、相反することが高度にバランスされていて、意のままに操れます。全くノーストレスです。人車一体とはこのことです。 【燃費】 スバルなので、期待はしてません。 【価格】 乗り心地など、トータルで考えたら、バーゲンプライスです。特にFF。 【総評】 車を買い替えるにあたり、さまざまな車を試乗しましたが、乗った瞬間、いい車に乗ってる感がしました。STIというら名前からすると、足ががちがちのイメージがありますが、ま逆です。すごくジェントルに走らせる方ができ、運転てこんなに楽しいんだと、今更ながら再確認させられました。 (再レビュー) 購入後、1年経ったので再度レビューします。 1年点検の際に、新型WRX GT-Hを試乗させてもらいましたが、ボディーのがっちり感、エンジンパワー、CVTのダイレクト感、インテリアの質感などは比べるべくもないですが、直進安定性やハンドルのびしっとした感じなどはインプレッサスポーツもなかなかのものだと思いました。 1年も乗ると、その車の欠点ばかりが見えてくると思いますが、こと走りに関してはほぼ不満はないです。CVTなので出足のもっちゃり感はあると思いますが、ある程度スピードに乗ったときの段がない加速は、水平対向エンジンのせいかもしれませんが、非常にスムーズで、す〜っと気持ちよく車を走らせてくれます。また、この車の肝ですが、SFRDダンパーが本当いい仕事をしれくれてます。街中では乗り心地がソフトですが、カーブではふんばり、狙ったとおりに走ることができます。ハンドルの微調整がほんと、この車になってしなくなりました。ボディーもレボーグとかWRXに比べると、そこまで剛性は高くないと思いますが、この車の足回りやキャラ的に適度が緩さがある方が逆に良いかなと思ったりします。全体的に良いところでバランスがとれてるなと思います。 1点大きな不満があるのがシートです。電動式で微調整はできるんですが、ランバーサポートがないので、腰痛がでやすいと思います。それと、ヘッドレストが固すぎるので、頭が前にいき、肩が凝ります。常に猫背で運転してる感じです。ヘッドレストがもう少し後ろまでいけばよいのですが。。いまだにベストポジションを見つけることができません。レカロに変えた方がいいのかな〜って思ってます。

スバルの話題のクチコミ

盛り上がっているトピックをチェック

今日スバルへ行きソルテラの見積りへ ET-HSタイプでムーンルーフのオプションつけて740万の見積でした 補助金85万使って655万 この見積りをみて、頭によぎったのが【テスラモデルY】と【アウデイQ4e-tron】 共に、+100万以内でどちらも購入圏内かと・・・(モデルYは?ですが) 現在フォレスターに乗っており、乗り換え予算700万くらいで、電気自動車上記3車種が候補になりました。 電気で考えているので、レクサスNX等は候補から外れています。 また、bz4Xもサブスク縛りなので外しています。 また、現在のフォレスターの<車体大きさ><積荷量>に惚れ込んでいます。 今の<車体大きさ><積荷量>と同じくらいの車種を探しています。 この3択であるなら、どう思われますか? また、700万出すなら、絶対あの車の方が良いよ!ってのがあれば教えてください! 追伸 スバルディーラー帰りに、レガシーアウトバック見ましたが、エエ車ですね 500万くらいで買えるなら、これもありかなと思ってしましました。 車は、目移りしますね(笑)

  • 返信数27
  • ナイスクチコミ72
  • 2022年5月18日 更新

契約時の納車予定日が過ぎましたが、 なかなか納車されず、すこし不安になっています。 みなさんはどうですか、納車されましたか? プライバシーに影響のない範囲で、契約時期や 納車時期、予定など教えていただきたいです。

スバルの人気中古車ランキング スバルの中古車

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止