フォルクスワーゲンの新車情報・自動車カタログ

ランキングから探す
人気・注目ランキング
タイプから探す
SUV
コンパクトカー
ミニバン
セダン
ワゴン
ハイブリッド
電気自動車
価格帯から探す
200〜299万円
300〜399万円
400〜499万円
500〜999万円
関連カテゴリ
中古車検索
自動車保険
車買取・中古車査定
カー用品
車検

注目のコンテンツ

フォルクスワーゲンの最近発表・発売された車種

フォルクスワーゲンの人気・注目ランキング

フォルクスワーゲンの最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

フォルクスワーゲンの自動車一覧

販売終了車種を表示

  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • 1〜20位
  • SUV
    コンパクトカー
    ミニバン
    セダン
    ワゴン
    ハイブリッド
    電気自動車
  • 200〜299万円
    300〜399万円
    400〜499万円
    500〜999万円
  • ア行
    カ行
    タ行
    ハ行
    英数字
  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • 1〜20位
    21〜40位
    41〜60位
  • SUV
    コンパクトカー
    ミニバン
    セダン
    ワゴン
    クーペ
    オープンカー
    ハイブリッド
    電気自動車
  • 200〜299万円
    300〜399万円
    400〜499万円
    500〜999万円
    価格情報なし・販売終了
  • ア行
    カ行
    サ行
    タ行
    ナ行
    ハ行
    ラ行
    英数字

フォルクスワーゲンの新着レビュー

欧州に遅れること約1年、ついに日本仕様のフォルクスワーゲン『ID.4』に日本の公道で試乗が叶いました。 2015年のパリ協定にもっとも早くコミットした自動車メーカーであるフォルクスワーゲン(以下VW)が電動化戦略に前のめりなのは周知の事実で、昨年は「加速ストラテジー」を発表して電動化やデジタル関連技術に180億ユーロ(約2.6兆円)を投資することを表明しました。2030年までに生産からリサイクルまでCO2排出量をマイナス40%、2050年までにカーボンニュートラルを達成するという「Way to zero」を掲げています。 その柱をなすのが、EVを人々により身近なものとするID.シリーズの3/4/5/6/バズ、というラインナップです。中でもID.4はVWのフルEV第1弾。欧州以外にもアメリカや中国で生産される世界戦略車で、日本市場は輸出先としてはもっとも早い導入先のひとつです。 日本仕様は当然、急速充電用にCHAdeMO(チャデモ)と家庭充電用に200Vの給電口を備え、急速充電の速さ目安としては残量警告灯点灯からリチャージして、90kW規格のCHAdeMOなら40分で約80%まで充電可能。しかし何よりVWが強力に整えてきたのは、自社というかグループによる充電ネットワークです。 まず全長4585×全幅1850×全高1640mmの外寸は、VW『ティグアン』に近く欧州Cセグ相当のSUVですが、2770mmというホイールベースはティグアンの2675mmより95mmも長い。でもパッと見にも実車を前にしても、ID.4はティグアンほど大ぶりに見えないところがあります。それもそのはず、ショルダーラインは高いですが空力抵抗はCD値にして0.28と、ID.4の空力は恐ろしく磨き込まれています。 バッテリーモジュールには、冷却水を循環させるフロアプレート状の温度管理システムが組み込まれており、あらゆる状況でバッテリーを約25度の理想的な温度に保とうとします。こればかりは乗り手の使い方や走らせ方次第、個体差も数年後にあるかもしれませんが、いずれ走行中や急速充電時のマネージメントのみならず、日常的にバッテリー寿命をも念頭に温度管理することで兎に角、VWは8年または16万km走行後でも、バッテリー容量が元の70%維持されることを保証しています。 走り出してみました。加速感は、いかにもEVらしい瞬発力より、アクセル踏み込み始めの柔らかさ、その後に続くトルクの安定感と力強さが際立っていた感じです。じつはライトでもプロでも、モーターの定格出力70kWと最大トルク値の310Nmは共通となっており、最高出力を170psと204psのどちらまで引っ張り上げるかプラス、バッテリー容量(=重量)の大小でプロの方が重量が嵩む分、単純な加速感ではライトの方が優るかもしれません。プロの0-100km/h加速は8.5秒と発表されている通り、強烈なものではありませんが、周囲の交通を簡単に置き去りにする加速力は気持ちのいいものです。 登りの合流アプローチみたいな場面でも加速の持続感というか息の長さゆえ、易々と望む速度にのせられます。逆に長い下り坂のようなシーンでも、0.25Gまでは回生システムのみで減速できるため「交通の流れにのる」操り方では滅法、快適です。しかもバンパーtoバンパーでは『ポロ』より優れる有効回転半径10.2mの小回り性ゆえ、街中でもきわめて取り回しやすいのが特徴です。 低重心設計の恩恵で前マクファーソン、後マルチリンクのサスペンションも、固すぎない初期ロールでよく動き、コーナー前半の素直さはいい意味でEVらしくなくスポーティな部分もありました。 リアタイヤがより太い(前235/50R20、後255/45R20)プロは直進安定性を意識したセッティングなのか、コーナー出口でアクセルオンを急ぐと外側へはらもうとする感覚が強く、多かれ少なかれステアリングで押さえ込む必要があります。ドライブモードを「スポーツ」に切り替えても、確かに力強くなりますが劇的にハンドリング特性に大きな差はもたらされず、ステアリングも中立付近の手応えをやや増す程度です。 VW EV世界戦略車である同車。この完成度の高さを是非とも味わって頂きたいものです。EVの時代にもピープルズ・カーの地平に挑むVWの姿が、ID.4で再確認もしくは発見できると思います。

【エクステリア】 モデル末期に差し掛かり、LED等の最新技術をうまく取り込み熟成している。 決して古さを感じさせないところは素晴らしい。 【インテリア】 決して高級感はないが、チープさを感じさせるところはほとんどない。 ナビは正直使いにくいが、Active Info Displayは使い勝手が良い上に見やすさも抜群。 これだけでTech Editionにしてよかったと思える。 【エンジン性能】 街乗り&たまの高速なら十分。DSGの最適化のおかげだと思うが、同じエンジンを積んだPOLOと比較して、ボディが重くなったのにトルクの落ちもなく快適に走ってくれます。 【走行性能】 FR車はもとより、POLOと比較してもハンドリングは若干だるさを感じます。軽いだけで少し遅れて反応するというか。ハンドリング命の人はフラストレーションたまりまくりかも。また、速く走りたい人はGTI以上を選んだほうが良いと思います。 【乗り心地】 シートは柔らかいんですが、なんかうまくフィットしないというか。日本車よりは全然ましですが、競合のフランス車とかとは勝負にならないかも。 【燃費】 よいですね。首都圏ですが、街乗りでリッター15前後走ります。素晴らしいです。 【価格】 末期の限定使用車なので窓日を考えるととても安いです。日本車にはちかない安全装備も満載なのでとてもお買い得でした。 【総評】 若干癖はありますが、非常のお得で良い車だと思います。 家族の車だった(残念ながら、生活スタイルの変化により現在は手放しましたが)のですが、本人は非常に気に入っていて、もっと乗り続けたかったとのことです。

【エクステリア】 タイトルのとおり、サイズ感とくるまのデザインに惹かれて購入しました。国産車でいいと思える車がなく、外車で庶民で手が出せる価格帯の車ということで即決しました。 【インテリア】 内装も洗練されており無駄がない感じが好きです。アンビエントライトのカラー調整機能が気に入っており、夜中の運転は最高の気分になれます。 ただ、ネットで酷評されているナビの性能は褒められる点はありません。また、エアコンの温度調整機能、アイドリングストップのオンオフがディスカバリープロ上からでしか操作できないのはこの車の唯一といってストレスが生じる点と思っています。カープレイはワイヤレス接続可能なところ、iphoneアプリのmapに限りますがヘッドアップディスプレイ上にルート案内がでるのがグッド 【エンジン性能】 車の走りについて詳しくありませんが、Rのついたカーブもきびきび走って楽しいです。 【走行性能】 概ね良好ですが、なによりACCの性能に感動しました。ハンドルのに手をかざしつづける必要がありますが、高速道路やバイパスは本当に完全自動運転です。この車で一番感動したところかもしれません。 【乗り心地】 数時間走りつづける運転はまだですが運転席、同乗者からの後部座席の評価は問題ありません。後部座席は思ったよりは広さがあってよいです。 【燃費】 通勤や1、2時間程度の運転が主で18〜21程度(当方TDI)、なるほどこんなものかといったところ 【価格】 こみこみ400万ちょい、この価格帯で国産車ならパワーシートやスピーカーのグレードアップのオプションを付けれるでしょう。庶民でも手が出せるとはいいましたが、割高感は否めません。 ただ、このデザインとサイズが購入の決めてで、他に選択肢がなかったので満足してます。 【総評】 価格の欄に記載のとおり、この車に出会って他に選択肢が浮かばないほど自分にはまった車です。ハッチバックのちょうどいいサイズ感でありながら上質な空間で運転を楽しめる車、と大満足しております。

フォルクスワーゲンの話題のクチコミ

盛り上がっているトピックをチェック

  • 返信数53
  • ナイスクチコミ66
  • 2023年10月3日 更新

今年の3月にそのディーラーにおいて1号車として契約。その時は店に試乗車がなく、系列会社内の別ディーラーから試乗車を用意してもらい、それに乗って即気に入り、ほぼ衝動買い、5か月で納車です。10年落ち320dツーリングからの乗り換えで、乗りたい車があまりないなと思っていたところ、TVCMを見た妻のひとこと「これいいね」のせいでディーラーに行ってしまったのが。。。白を購入しましたが、後から黒が出た点や、今は15万サポートとのことで、その2点はちょっと残念。ま、それはいいとして、情報交換していただければうれしいと思い、投稿しました。 一昨日の土曜19時引き渡し、明日の火曜日まで休暇を取って乗り回す予定です。営業担当者さん曰く、ならしは不要とのこと。あと気になっていたタイヤはハンコックのシールタイヤ。それと、天井は、やはり暑い。でもエアコンの利きは抜群。 早速不具合かと思った事象が発生しましたので紹介します。Apple CarPlay、Android Autoなんですが、iPhone13とXperia10Vを同時に接続すると左側の接続が優先されるようで、2つ同時接続したり、片方を外しBluetoothにしたりといじっていたときに、突然落ちて、VWのテーマ音も含めウインカー音以外ほとんどの音が出なくなりました。いったん電源消すために外に出て再度起動させても変わらず、買い物で30分後に戻ったら直っていました。直る前にコールセンターに問い合わせていたところ、ディーラーに持っていってくださいとの回答でした。今日はディーラーが休みだったので焦りました。様々な事象データはまだまだ集まっていないようですね。また、リモコンの赤ランプが点滅しっぱなしの事象があり、営業担に聞いてみましたが、原因解明できませんでした。 今、家の車庫において付属のケーブル利用で200V充電中です。東電管内40Aでau電気に契約しています。ソーラーはありません。今後、どの電力会社がお得か考えていきます。なお、1時間に2.5kw〜3kwの表示で3%ほど充電が進んでいました。 それから、本日、PCAのある別のディーラーに寄ってみたところ、登録を一緒に手伝ってもらいました。あす、VW充電カードのほうも届く予定です。どちらも1年間だけ無料ですが、設置数は断然少ないもののPCAのほうが制限が少ないようですので、遠出するときはいろいろなディーラーを回ってみたいと思います。 いろいろと、新しいものや気づき、疑問、質問など投稿していきますので、お付き合いください。

フォルクスワーゲンの人気中古車ランキング フォルクスワーゲンの中古車

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止