フォルクスワーゲンの新車情報・自動車カタログ

注目のコンテンツ

フォルクスワーゲンの最近発表・発売された車種

フォルクスワーゲンの人気・注目ランキング

フォルクスワーゲンの最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

フォルクスワーゲンの自動車一覧

販売終了車種を表示

  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • 1〜20位
  • SUV
    コンパクトカー
    ミニバン
    セダン
    ワゴン
    ハイブリッド
  • 200〜299万円
    300〜399万円
    400〜499万円
    500〜999万円
  • ア行
    カ行
    サ行
    タ行
    ハ行
    英数字
  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • 1〜20位
    21〜40位
    41〜60位
  • SUV
    コンパクトカー
    ミニバン
    セダン
    ワゴン
    クーペ
    オープンカー
    ハイブリッド
    電動自動車
  • 200〜299万円
    300〜399万円
    400〜499万円
    500〜999万円
    価格情報なし・販売終了
  • ア行
    カ行
    サ行
    タ行
    ナ行
    ハ行
    ラ行
    英数字

フォルクスワーゲンの新着レビュー

本国より約1年弱遅れての日本導入となったVWティグアンのマイナーチェンジモデルに試乗しました。 2021年5月導入時には後述する特別仕様車を含めた4グレード構成でしたが、その後、最もハイパフォーマンスの「ティグアンR」を投入しています。試乗は快適装備等をバランス良く搭載した「TSIエレガント」。導入時は483万9000円でしたが、この原稿執筆時では491万1000円に価格改定されています。 ボディカラーに関しても導入時に新設定された3色のうち、試乗車は「キングズレッドメタリック」となっています。 ティグアン自体はフォルクスワーゲンのSUVビジネスのコアとなるモデルです。日本法人の発表によればグローバルにおける人気は高く、参考ですが2019年の生産台数は91万926台と毎年増え続けているそうです。 今回のマイナーチェンジではエクステリアの造形変更や最先端のADASの搭載など細かなアップデートが行われていますが、その中で一番驚いたのはこれまで販売の牽引車的モデルであった2L直4ディーゼルターボが廃止され、ガソリンエンジンのみ、但し1.4L直4ターボから1.5L直4ターボに一本化されたことです。搭載する1.5L直4ターボエンジンは1497cc、110kW(150ps)/5000-6000rpmの最高出力と250Nm(25.5kg-m)/1500-3500rpmのスペックを持ち、ACT(気筒休止システム)を搭載します。型式は異なりますが、ポロのR-Lineにも搭載されており、スペックも同じです。 VWのファンでなくても、ディーゼル特有の低速域から発生するトルクの太さは重量のあるSUVにはピッタリのパワートレーンだったはずです。技術適合も含め、今回導入は見送られましたが、これに変わるのが1.5Lエンジン(のみ)と聞くとやはり「非力なのでは」と多くの人が感じることでしょう。もちろん私も同じ気持ちで試乗車に乗り込みました。 くどいようですが、ファイナルギア比なども異なりますが、それでもポロとの車両重量差は300kg以上あります。今回のマイナーチェンジでDSGを6から7速にアップグレードさせることでエンジンをより効率良く使えるようにするなどきめ細かなチューニングされています。 そして公道に出た瞬間、あまりにもボディがスルスルと加速していくことに驚きます。当時、試乗ポイントは山道と高速道路を設定してありましたが、フォルクスワーゲン側もここで走らせても十分以上のパフォーマンスが体験できると自信があったのでしょう。なるほど、ワインディングでもトルクは瞬時に立ち上がり、前述したDSGとのマッチングの良さもプラスして2名+機材(ほぼ1名分)の状態でもアクセルを半分くらいの開度で余裕を持って駆け上がります。 驚いたのはフロント部分の軽さによる回頭性の高さです。2Lディーゼルエンジンよりはもちろんフロント周辺の重量は軽くなっていますが、ステアリングをスッと切り込んだ際の応答遅れの少なさ、特にロール自体も適度に抑えられており、全体的なフットワークは軽快と言う表現がしっくりきます。 また高速道を走行してもADAS制御がレベルアップしていることを体感できました。現在発売されている新型ゴルフ(ゴルフ[)も同様ですが、いわゆるACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)を進化させた「Travel Assit (トラベル アシスト)の制御が非常に上手く、前走車への追従だけでなく、減速時の自然なGの利き方、またレーンキープ性能に関しても満足できるものです。 インフォテインメントシステムに関しても搭載される「Discover Pro」は徐々に日本の市場に向いた設計になってきました。正直、ルート設定などの操作上の階層などの作り方はそこに「文化の違い」を見ることもありますが、通信モジュールを搭載したことで、スマホ側からドアの解錠や施錠なども含めた「We Connect」が使えるようになった点も利便性を高めています。 もしこのナビが気に入らなくてもAppleの「CarPlay」やGoogleの「Android Auto」にも対応していますので、それらも用途に応じて使いこなせば良いでしょう。 インテリアに関しても新型ゴルフ[にも採用されている,パネルにタッチ&スライドするように操作するエアコンパネルも最初は慣れない部分もありましたが、コツはすぐに掴めますし、操作に対する反応も十分と言えるでしょう。 後席に関しても足元&頭上周りも余裕があり、ラゲージの収納力も満足できるものです。 グレードに関しては導入時に設定されていた「TSIファーストエディション」が約40万円高いながらもそれ以上の装備を搭載していました。一部のディーラーではまだ購入できるようです。 ただ、そうは言っても乗り出しで550万円以上のSUVですから、なるべくコスパも重視したいところです。その点ではこの「TSIエレガント」はレザーシートこそオプションですが、前席パワーシートや前後席全てにシートヒーターを内装するなどバランスが取れています。もしオプションの「ハーマンカードン製」のプレミアムオーディオや電動パノラマスライディングルーフが欲しいのであれば、ひとつ上の「R-Line」一択になりますが、その分、乗り出しも600万円前後になりますので、その辺は予算との相談になります。 しかし、今回のティグアンのマイナーチェンジで、「T-Cross」「T-Roc」とセグメントごとの商品が明確になり、よりユーザーニーズにマッチしたことは間違いないでしょう。

【エクステリア】 スッキリしていて普通にかっこいいです。 リアのマフラー周りの処理だけはいただけませんが。 【インテリア】 こちらもスッキリして悪くはありませんが、質感は 今ひとつ。特にシフト周りはプラスチッキーで正直 安っぽくうつるかも。 【エンジン性能】 トルク感もあって気持ちよく走ってくれます。しかも 静か。 【走行性能】 ぎゃんぎゃん踏んでどうこうというより、ゆっくり鷹揚に 乗るのが向いている印象です。 【乗り心地】 ゆったり乗る分にはディーゼルを忘れる静粛さ。ガラガラ 言わないわけではありませんが、ほとんど気になりません。 【燃費】 街乗りでも15km程度は普通に出ます。高速巡航は20kmは 楽にクリア。軽油ですし、良い方じゃないでしょうか。 【価格】 7の発売当初からすれば100万以上の値上がり。まあ高過ぎ ますよね。大衆車と呼ぶのはもはや難しいレベルです。 【総評】 7のハイラインからの乗り換えです。折からの中古車価格高騰を 受け想像以上に下取り価格が付き、また希望グレードが即納可能な 状況だったため、値上げ前に滑り込みで購入いたしました。 先代モデルと比べると収納が減っていたり内装の質が明らかに 落ちている等いただけない部分も多々ありますが、スムーズな 出足に高い静粛性、向上した燃費など走り自体の実力は格段に アップしているように感じました。殊にディーゼル車特有の トルク感溢れる力強い加速は乗っていてかなり心地よいです。 よく言われる物理スイッチ廃止による利便性の低下に関しては、 「不便だけど結構慣れる」というのが本当のところ。操作毎に ちょっと考える作業が必要な感じです。でもエアコンの風量 くらいは物理スイッチでやりたかったですね。カーナビの 地図表示が突然超広域に変わったり、ETCカードが入っていない という表示が頻発するなどの不安定さは褒められたものじゃあり ませんが、このあたりは今後のアップデートに期待です。 細かい話ですが、セルフスタンドで給油しようとするとすぐに スイッチが切れてしまい、満足に給油ができない場合があります。 給油口の形状との関係で、ノズルに跳ね返った油を感知して 満タンと誤認識することによるエラーです。給油時は少し ノズルを浅めに入れるか、グリップを少しゆるくしてやれば この問題は解決します。最初はめちゃくちゃ焦りました。 なんて仕様!

【エクステリア】  現行型は3ナンバー化しましたが,それなりに小回りもききますので扱いやすいです。GPフィットからの乗り換えですが,大きさは気になりません。 【インテリア】  フォルクスワーゲンらしいコンサバティブなデザインです。操作も直感的に分かりやすいです。 【エンジン性能】  R-LINEの1.5evoエンジンは最高です。パワー,トルク,そして燃費がとても良いバランスでまとまっています。 【走行性能】  軽い車重と1.5Lターボ,気持ちの良いDSGの変速。運転していてとても気持ちがいいです。GTIにも惹かれますが,維持費などを考えて,こちらで十分です。 【乗り心地】  後部座席の乗り心地のよさ…これにより妻からの購入許可が出ました。フィットに比べて広さは負けますが,大人4人で快適に長距離移動ができます。 【燃費】  街乗り10から12,郊外14から16,高速17から19。走りを捨てていないガソリンターボとしては優秀だと思います。 【価格】  Bクラスの車と考えて,フィットやヤリスと比較するとかなり割高に感じます。でもまぁ,この内容なら仕方ないですね…。 【総評】  ルーテシアを買おうと思っていましたが,マイナーチェンジにより1.5R-LINEの試乗車がかなり安く入手でき,大満足です。逆にマイナーチェンジ後の1.0evoエンジンには魅力を感じません…。

フォルクスワーゲンの新着クチコミ

  • 返信数3
  • ナイスクチコミ6
  • 2022年8月14日 更新

中古のゴルフ7に乗っていますが、最近、純正オーディオのスピーカーから音が出なくなりました。 カーナビも普通に使え、テレビも映りますが、なぜか音だけが出ません。ごく稀にエンジンを始動すると音が出ることがありますが、エンジンを切るとまた出なくなります。 同じような症状はよくあるのでしょうか? チェックすべき箇所等があれば、教えていただけると助かります。宜しくお願いします。

  • 返信数2
  • ナイスクチコミ2
  • 2022年8月14日 更新

当方、GOLF8に乗って半年になります。 乗り始めた頃、題名の表示が出て、「OK」を押したら、画面が真っ黒になり、動作が止まりました。 そこで、車を停め、少し時間を取ってから、再始動させましたが、画面は黒いままでした。 販社に電話してもわからないので車を持って来て下さいとのことでした。 ちょうど、その時は販社から30km離れていて、カーナビなしで運転するのは何十年ぶりでした。 それからは表題の表示がでたら「キャンセル」を選択します。 トラウマになりましたので。 皆さんはソフトウエアの更新はしていますか。 また、更新の内容はわかりますか。(販社もカスタマーセンターも分からないとのことです) 尚、販社にソフトウエアの更新をお願いすると、有料とのことです。

  • 返信数3
  • ナイスクチコミ2
  • 2022年8月13日 更新

YouTubeを見ていたら、アメリカ(?)のゴルフ8GTIの中央のモニターの左右に物理ダイヤルがあります。 複数の投稿で見られました。 https://youtu.be/kpJ5OGszHMg https://youtu.be/Zvl9I_oAon8 こういう仕様のものがあるんですかね。 あるいは、後付けでしょうか。 アメリカのVWの公式HPのギャラリーを見てもそのようなものが見つかりませんでした。 https://www.vw.com/en/builder.html/__app/golf-gti.app

  • 返信数8
  • ナイスクチコミ22
  • 2022年8月12日 更新

デイタイムランニングランプ(昼間走行灯)が走行中に自動点灯するのは理解しているのですが、 夜パーキングにいれたままライトのスイッチをオフの状態にしても、デイタイムランニングランプ?がついたままになっています。 これは、設定で消したりすることは可能なのでしょうか? 先日、夜のSA・PAで同乗者のトイレ待ちの際にエンジンを付けたまま駐車することがあり、ライトが消えなかったので気になりました。 検索かけてみると常時オフにするなどのコーディング業者しかヒットしなかったので・・・

  • 返信数6
  • ナイスクチコミ4
  • 2022年8月12日 更新

【質問内容、その他コメント】  2018年式を購入しました。時速45km位から発生する、右側ドアミラー付近からのヒュー音に悩んでいます。ドアミラー格納状態では、ヒュー音は聞こえてきません。 ドアミラーカバーとウインカー点灯部との若干の隙間(1ミリにも満たない)が、原因なのかと今のところ判断しています。改善策として、ドアミラーカバーを交換すれば、良いのでしょうか?どなたか教えて下さい。

フォルクスワーゲンの人気中古車ランキング フォルクスワーゲンの中古車

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止