ボルボの新車情報・自動車カタログ

注目のコンテンツ

ボルボの最近発表・発売された車種

ボルボの人気・注目ランキング

ボルボの最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

ボルボの自動車一覧

販売終了車種を表示

  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • SUV
    コンパクトカー
    セダン
    ワゴン
    クーペ
    オープンカー
    ハイブリッド
  • 400〜499万円
    500〜999万円
    1000万円以上
    価格情報なし・販売終了
  • ア行
    カ行
    サ行
    ナ行
    ハ行

ボルボの新着レビュー

昨今の輸入車では、コンパクトSUV市場が人気で各社個性的なモデルが続々と登場しています。 中でも、一際注目なのが、ボルボの最もコンパクトな「XC40」です。 ボルボのSUVには、「XC60」、そして「XC90」とプレミアくSUVを選択できますが、それらが生み出す世界観とはまったく異なる方向性で開発され、コンパクトでカジュアルであっても引け目を感じない仕上がりを展開したところはさすがボルボです。 今回はそんなXC40の中でもベーシックに近いグレード、「T4 AWD MOMENTUM」をメーカーより広報車をお借りして、ハイウェイ&タウン走行を敢行しました。 アマゾンブルーをベースとするボディは、ルーフやホイールはオプションですが、ホワイトカラーに変更され、アウディQ2のようなカジュアルな印象です。乗りこんでも、インテリアは本革シートではなくファブリック表皮ですが、北欧のセンスを感じさせ、メーター類はXC40全車で12.3インチ・デジタル液晶ドライバー・ディスプレイを標準装備し、センターコンソールには赤外線方式タッチスクリーンを採用した9インチ縦型センターディスプレイでほとんどの設定が可能となっており、ベースモデルであるが一切の手抜きは感じさせません。 街中では、とにかく軽快感ある若々しい走りという印象です。感銘を受けたのはトルクコンバーター式8速ATの制御が素晴らしく、アクセルに足を乗せるとその状況に合わせたギアにセレクトしており、もどかしいことなど皆無。まるで、トランスミッションが、乗り手の心を見透かしているようでした。そのため、いつでも軽快な加速が手に入ります。 全幅1875mmは数値的にはコンパクトとはいえるものではありませんが、ドライバーズシートに腰を降ろすと意外なほどコンパクトに感じます。そのため、細い路地などでも取り回しは良好でした。 最高出力190PS/4700rpm、最大トルク300Nm(30.6kgfm)/1400-4000rpmを発生する直列4気筒DOHC 2.0リッター直噴ターボ“T4”エンジンは十分パワフルでハイウェイでも不満など皆無。T4のエンジンは、T5同様に2.0リッターターボですが、最高出力はT5の252PSに対して190PS、最大トルクはT5の350Nmに対して300Nmに抑えられます。 しかし、トルクは自然吸気エンジンの3L並みを発生しますので、アクセルを軽く踏み込めば、前輪はがっしり路面を噛み、スムーズに加速体制に入ります。ちなみにFF車の車重はAWD車より60kg軽く、このT4モメンタムで1610kg。 トランスミッションをマニュアルモードにして積極的に高回転まで回せば、静粛に保たれたキャビンに心地よいサウンドが響き、コンパクトハッチのような機敏な吹け上がりとともに迅速な追い越し加速が心地よいものです。 「レーン・キーピング・エイド」や「アダプティブ・オートクルーズ・コントロール」がロングクルージングでも疲労を最小限に抑えてくれます。 ボルボの安全神話を全て押し込み、塊感のある引き締まったデザインとカジュアルな印象はボルボではこのクルマだけです。実車はとてもオシャレですので、女性にも積極的に乗ってほしい一台です。

【エクステリア】トールハンマーヘッドライト サイドのプレス等独特の造形 【インテリア】シックで落ち着いた感じ シートの警告センサーが過敏 【エンジン性能】街乗りではトルクパワー十分 高速は試せず 【走行性能】見た目より取り回しは楽 MHEVはアイドリングストップ機能がスムーズ 【乗り心地】ただ硬いという印象、独車に比べると足回りがあと一息、後部座席に乗った家内によると角度がつきすぎなのとシートのホールド感がイマイチとの事 【燃費】 【価格】最初から充実装備 【総評】mhevになり質感アップだが細かな所で詰めが甘く今一息高級感が足りない。

【エクステリア】 ちょっと武骨な面構えだけどスカンジナビアデザインはカッコ良い。 グリルの雰囲気でチョット損してるかな 【インテリア】 かなり良い質感です 【エンジン性能】 パンチはV40の方があった。でも、底力はある。6気筒のフィーリング 【走行性能】 スムーズ&チカラ強い ハイブリッド効果かな? 【乗り心地】 快適な心地 硬くもないしフニャ感も無し 若干硬めかな 【燃費】 そんなに走ってないけど9-10 v40とおなじくらいかな? ハイフリッッドといっても文字通りマイルドなHV 【価格】 国産の500万クラスより値頃感あるとおもいます。 売るときの値落ちはすごいけど 【総評】 そりゃ国産車の方がデキは良いとは思います。でもなんとも言えない魅力があるんですよねー あと、安全に関する姿勢と装備は流石ですね

ボルボの新着クチコミ

  • 返信数0
  • ナイスクチコミ0
  • 2021年5月10日 更新

ドライバープロファイルについての質問です。 3月にXC40を購入しました。キーが2つありますよね。 メインのキーではドライバープロファイルが選択できるのですが、サブのキーではプロファイル3に固定されていて、どのプロファイルもグレーアウトしており変更できません。 購入当初からこの状態だったのかはわかりません。どこかの設定を触ったのかもしれません。 設定−システム−工場出荷時設定にリセット−個人設定をリセット−使用中のプロファイルをリセット をしても固定は解除されませんでした。 ご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教示ください。

  • 返信数18
  • ナイスクチコミ17
  • 2021年5月9日 更新

来月納車予定の者です。 オプションなどはあらかた決定し、最後の最後でコーティングについて悩んでいます。 @約16万のディーラーコーティング(高い方) A約10万のディーラーコーティング(安い方) Bコーティングはせずに、洗車の度に簡易コーティングを自分でやる(ゼロウォーター的なやつ) 正直、Bで充分かなと考えていますが、@またはAを施行された方の感想をお聞きしたいです。施行された先輩方、効果の程はいかがでしょうか?

  • 返信数13
  • ナイスクチコミ7
  • 2021年5月6日 更新

標記件、V40CC T5AWD(MY2017)購入当初から気になっており、V40系も絶版でもう読まれる方もないかもしれませんが、どうも車種もさることながら、採用されている「フラット型」ワイパーの自体の問題では?とも思い、当車種に限らず気になる方に検索されれば、と期待も込め、書き込みしてみます。 VOLVO SELECTで中古購入なのですが、納車前にワイパーブレードは新品交換されると聞いていたところ、割と購入早期からブレードの真ん中らへんにがっつり拭き残しが発生していました。で、申し入れたところ「手違いで交換されてなかった可能性があり、改めて替えさせていただきました」ということで、まあいいか、と安心したのもつかの間、わずか数回の雨天使用でまたほとんど同じ拭き残しが発生。あのあと数回、サービスパスポートで年イチで交換していますが、同様の状況の繰り返しで、そんなものかとあきらめていた状況です。 共通するのは、拭き残しが必ずワイパーのど真ん中周辺一帯、つまりはアームとの固定部を中心とした周辺で起こっていることと、ワイパーの「往路がきれいで復路で残る」(逆だといいんですが…)ということです。最初は「ウインドウガラスがそこだけ凹んでるのか?」とさえ思ってしまったほどですが… ところで、フラット型ですと、ブレードとアームの支持部が、真ん中1か所しかありません。ワイパーを押し付ける圧が中央の固定部分に集中し続けることで、収納状態での「アタリ」の状態などによって、固定部付近のゴムがより早く、強く変形してしまう(クセが付く)か、あるいはゴムの劣化が、強く押し付けられる部分により早期に発生してしまうのでは…との考察に至りました。 フラット型の対として、旧来の形を「トーナメント型」と称するようですが(確かにそんな形ですね)、検索してみるとなんか一点で支えるフラット型のほうが、多点で支えるトーナメント型より面圧が均等、みたいな無茶な説明がされていることがありますが明らかに無理があると思います(フラット+トーナメント で画像検索したらすぐ出てきますが)。本来は構造上のコストダウンがメインでしょうし、しいて言えばブレード全体の厚みが抑えられるので運転席から目立たない、かっこいい、あたりがメリットで、ローコスト品普及の方便、拭きあがりに影響する圧の分布はどうみてもトーナメント型の多点支持のほうが良いに決まってるような気がします。また、とくにV40の運転席側は650mmと、割と最長な部類で、なおさら押し付け圧の均等化も至難の業では、と。 さらに関連しそうなワードで検索してみると、どうも欧州車では、拭き残しより「ビビり」発生でのお悩みを多く見受けるように感じますが、事情は知らねど、フラットワイパーの先行普及も関係するのでは…と思う次第です。「フラット型は高速域での押し付け効果が必要だから欧州車向け…」とかの記述も見かけましたが、欧州だからって年中アウトバーン走ってるわけじゃなし、大都市なんか道は狭いしグネグネだし混んでるし、全然高速じゃない上に、天気も悪い。ただ、こと、こういうところの繊細さに関しては、今も変わらず日本人とは大差があると、仕事してて常々思います。まあそれは個人の感想として。 以上勝手な推測ですし、文章では説明しにくいですが、なんとなく同じようなことが気になっていた、などと共感いただける方がいらしたら、と思いました次第です。それから、V40に適合する、純正のフラットタイプとは違う市販ブレードの情報など、ありましたら…ないですかね。

  • 返信数4
  • ナイスクチコミ6
  • 2021年4月24日 更新

2014年モデルのV40中古を購入検討中です。 同モデルではDENSO製ナビを採用しており、ウェブで地図情報更新可能なようですが、2018年10月以降更新がされていないように見えます。 今後の更新予定はあるのでしょうか。 また、ナビの実際の使い心地をご存知の方がいれば教えて頂けると幸いです。

  • 返信数1
  • ナイスクチコミ4
  • 2021年4月22日 更新

NAVIの地図データが公開されました(2021/2/8)バージョン31676533 https://www.volvocars.com/jp/support/downloads/maps/mca/ri-ben

ボルボの人気中古車ランキング ボルボの中古車

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止