ボルボの新車情報・自動車カタログ

注目のコンテンツ

ボルボの最近発表・発売された車種

ボルボの人気・注目ランキング

ボルボの最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

ボルボの自動車一覧

販売終了車種を表示

  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • 1〜20位
  • SUV
    セダン
    ワゴン
    ハイブリッド
    電動自動車
  • 300〜399万円
    400〜499万円
    500〜999万円
    1000万円以上
  • 英数字
  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • 1〜20位
    21〜40位
  • SUV
    コンパクトカー
    セダン
    ワゴン
    クーペ
    オープンカー
    ハイブリッド
    電動自動車
  • 300〜399万円
    400〜499万円
    500〜999万円
    1000万円以上
    価格情報なし・販売終了
  • 英数字

ボルボの新着レビュー

昨今の輸入車では、コンパクトSUV市場が人気で各社個性的なモデルが続々と登場しています。 中でも、一際注目なのが、ボルボの最もコンパクトな「XC40」です。 ボルボのSUVには、「XC60」、そして「XC90」とプレミアくSUVを選択できますが、それらが生み出す世界観とはまったく異なる方向性で開発され、コンパクトでカジュアルであっても引け目を感じない仕上がりを展開したところはさすがボルボです。 今回はそんなXC40の中でもベーシックに近いグレード、「T4 AWD MOMENTUM」をメーカーより広報車をお借りして、ハイウェイ&タウン走行を敢行しました。 アマゾンブルーをベースとするボディは、ルーフやホイールはオプションですが、ホワイトカラーに変更され、アウディQ2のようなカジュアルな印象です。乗りこんでも、インテリアは本革シートではなくファブリック表皮ですが、北欧のセンスを感じさせ、メーター類はXC40全車で12.3インチ・デジタル液晶ドライバー・ディスプレイを標準装備し、センターコンソールには赤外線方式タッチスクリーンを採用した9インチ縦型センターディスプレイでほとんどの設定が可能となっており、ベースモデルであるが一切の手抜きは感じさせません。 街中では、とにかく軽快感ある若々しい走りという印象です。感銘を受けたのはトルクコンバーター式8速ATの制御が素晴らしく、アクセルに足を乗せるとその状況に合わせたギアにセレクトしており、もどかしいことなど皆無。まるで、トランスミッションが、乗り手の心を見透かしているようでした。そのため、いつでも軽快な加速が手に入ります。 全幅1875mmは数値的にはコンパクトとはいえるものではありませんが、ドライバーズシートに腰を降ろすと意外なほどコンパクトに感じます。そのため、細い路地などでも取り回しは良好でした。 最高出力190PS/4700rpm、最大トルク300Nm(30.6kgfm)/1400-4000rpmを発生する直列4気筒DOHC 2.0リッター直噴ターボ“T4”エンジンは十分パワフルでハイウェイでも不満など皆無。T4のエンジンは、T5同様に2.0リッターターボですが、最高出力はT5の252PSに対して190PS、最大トルクはT5の350Nmに対して300Nmに抑えられます。 しかし、トルクは自然吸気エンジンの3L並みを発生しますので、アクセルを軽く踏み込めば、前輪はがっしり路面を噛み、スムーズに加速体制に入ります。ちなみにFF車の車重はAWD車より60kg軽く、このT4モメンタムで1610kg。 トランスミッションをマニュアルモードにして積極的に高回転まで回せば、静粛に保たれたキャビンに心地よいサウンドが響き、コンパクトハッチのような機敏な吹け上がりとともに迅速な追い越し加速が心地よいものです。 「レーン・キーピング・エイド」や「アダプティブ・オートクルーズ・コントロール」がロングクルージングでも疲労を最小限に抑えてくれます。 ボルボの安全神話を全て押し込み、塊感のある引き締まったデザインとカジュアルな印象はボルボではこのクルマだけです。実車はとてもオシャレですので、女性にも積極的に乗ってほしい一台です。

【エクステリア】 最短納期で購入のため、ディーラーが予約中のホワイトパールを購入。 そのため、オプションも選べませんでした。アルミも19インチでデザインもまあまあ。ブラックルーフは違和感がありましたが、今は気に入ってます。 【インテリア】 今、流行のナビ画面が大きいタイプでナビは見やすくなったが、 画面上からの入力が多く、面倒臭い。温度設定はダイヤルがいいと思います。 【エンジン性能】 V40のT3からの乗り換えなので2000ccの余裕を、感じます。マイルドハイブリッド仕様ですが 車重がそこそこあるので、可もなく不可もなしと言ったところです。 【走行性能】 今のところ、問題ありません。 【乗り心地】 スポーツサスがオプションでついてますが、差がわかりません。 【燃費】 ちょい乗りは8kmくらいで、ドライブは10km/L 【価格】 本体:539万円、オプション:22万円 【総評】 外観もカッコイイし、大きく見えるところは好きです。大きな買い物でしたが、概ね満足しています。妻も運転しますが乗りやすいとの評価です。

【エクステリア】 好みが分かれますが、私は好きです。 【インテリア】 国産車では味わえないシンプルで飽きのこないデザイン。 【エンジン性能】 車重もあるが、一応ターボなのでストレスは感じなかった。 【走行性能】 安定感あり高速はかなり楽です。2.5リッター以上のゆとり感じます。 【乗り心地】 シートがとにかく良い!疲れない。 【燃費】 街乗り7-8 【価格】 中古で込み110 【総評】 レガシィからの乗り換えでしたが、自己満足度は高い車です。どうしてもディーラー整備が必要な場面もあるのである程度の出費は覚悟です。定期点検をキチンと行えば安心して乗れる車です。最低でも補償付きの車、試乗をお勧めします。ヤ○オ○ク等で売りっぱなしの車輌は避けた方が良いです。 車幅があるので一般的な立体駐車場には停めれません。 排気量は2.5を僅かに超えており、税金は一つ高くなります。

ボルボの新着クチコミ

  • 返信数10
  • ナイスクチコミ44
  • 2022年1月17日 更新

エンジン始動時とアイドリングストップ時にしばしば車内の電源が落ちます。数十分持続します。ディーラーはブラックアウトと呼んでいて複数件あることを把握していましたが公表はしていません。配線ではなくソフトウェアの不具合という説明を受けて毎回リセットとアップデートを勧められますがいっこうに改善しません。本国の指示ではこれで改善するはずであるとの一点張りでこれ以外の対応は無く数年間我慢して乗っています。 具体的にはナビが消えます。目的地がリセットされる為、どこかに車を止めて再設定する必要があります。高速道路の料金所で止まった時にブラックアウトがおきるとどのインターチェンジで降りればよいかわからなくなるので最悪です。 ハザードランプやウインカーはライトはつきますが音が無くなり目視しないと、今ウインカーを出しているのかさえかわからず非常に危険です。音楽やラジオもなくなり車内は無音となります。 同様の現象でお困りの方はいないでしょうか? また、何か改善策が見つかった方はおられないでしょうか?

  • 返信数2
  • ナイスクチコミ4
  • 2022年1月11日 更新

初めて投稿します。いつも拝見し皆さんの投稿内容を参考にし楽しんでいます。22型のXC60、B5Inscritionを大事に乗っています。昨日洗車をしましたがブロワーを使ってたところ、フロントライト下の黒いカバー内のセンサーパッキンが半分取れました。焦って慌ててディラーへ行き、取り付けてもらいました。エアーブローで外れるもんなんですかね?また、同じ経験のある方はいらっしゃいますか?その後、走っていて外れないかと不安です。

昨年、2016年式のV40 から2020年式のXC60 に乗り換えました。 とても良い車だと思いますが、ひとつ困ったのが、USB内の楽曲ファイルの探し方でした。 V40の時は、USBにフォルダごと楽曲ファイルを入れておけば、そのままフォルダごとに表示・選択出来て楽曲を再生するのが簡単でした。 XC60では、USBにいれた楽曲ファイルを聴こうとすると、V40の時のように表示されず何だかごちゃごちゃ・・・お困りの方はいませんか? XC60でもV40同様にプレイリストで再生できるというのを偶然知って以来、XC60では、プレイリストを作って楽曲を再生しています。個人的には、聴きたい楽曲を探す時にかなりわかりやすくなった気がします。2021年式のV60に乗っている友人からすごく喜ばれたので、ひょっとしたら私や友人と同じように困っている方がおられるかもと思い、ご紹介することとしました。 私は「PlaylistCreator」というPCソフトを使ってプレイリストを作っているので、これをもとにしてみます。 1.PCにUSBメモリを挿入、PCからUSBメモリに好きな楽曲を入れる。私はアルバムごとのフォルダを、フォルダごとUSBメモリにコピーしています。 2.USBメモリをPCに挿入したまま、PCで、Playlist Creatorを起動する。USBメモリ内の楽曲を入れていき、プレイリストを作成する。私はアルバムごとのフォルダをまるごとUSBメモリからドラッグ&ドロップしてリストを追加しています。 ここでポイント・・・「Playlist creation」内の「Save location」を、PCに挿入したUSBメモリのドライブレターにします。USBメモリがFドライブならF:\というように、です。 3.プレイリスト名を入力して、「.m3u」形式にします。 4.「Create Playlist」ボタンを押すと、USBメモリ内にプレイリストが作られます! 5.楽曲とプレイリストが入ったUSBメモリをXC60のUSB差し込み口に差し込みます。 6.1〜2分待つと、「ライブラリ」の一覧一番右に、「プレイリスト」というのが出てきます!しばらく待たないと出てきませんので、ご辛抱を。 7.「プレイリスト」をタップすると、作成したプレイリストが出てきますので、聞きたいプレイリストを選びましょう♪ XC60でUSBから音楽を聴きたいのにとお困りの方へ、少しでもお役に立てたら幸いです。良かったらおためしを!

  • 返信数1
  • ナイスクチコミ2
  • 2022年1月8日 更新

1月6日契約して参りました。ディーラー行って2日で決定w。というのも、以前の投稿でも噂がありますが、「いよいよ半導体不足で電動テールゲートがなくなりそうで、12月生産分までは確実に着いているが、それ以降はいつなくなるアナウンスがされるか分からない状況だ」とセールスさんに言われましたので、さすがに、この値段で電動テールゲートなしは無いよなと、決心しました。レクサスNXと最終的に2択で迷ったのですが、あっちは、1年以上待ちw。車検切れとか気が変わるどころか、コロナに感染して生きてるかどうかも分からないのにw。 因みに、XC60は、低身長夫婦の為、エアサス希望したので、装備てんこ盛りのしか選べませんでしたが、納期2週間w。 まあ、ルノーとかBMWとかでも、欧州勢は、納期延ばすより機能カットで台数売る方向も実例有りますので、セールスの作戦とも言い切れ無いと思いますので、購入予定の方はご留意を。

  • 返信数18
  • ナイスクチコミ15
  • 2021年12月27日 更新

冬に備えてスタッドレスを購入しました。 調べた(まともな)国産のスタッドレスの中で一番安かったダンロップのWinter Maxx D2にしました。ホイールはユーロテックです。ボルボはPCDがちょっと特殊で選択肢があまりまりませんが、いい感じのインセットのものがありました。私のV60CCはProで19インチのタイヤが標準なのですが、スタッドレスは18インチにしました。純正サイズは以下のサイトで確認できます。 https://wheel-size.jp/size/volvo/v60-cross-country/2019/ ゴムの質が全く違うのでなんとも言えませんが、18インチのスタッドレスの方が足の動きが良いイメージがあります。また、19インチのホイールは非常に重くてしまうのに苦労しました。サマータイヤを軽いホイールで18インチにしても良いかも、とさえ思いました。 2年以内に一本でもパンクしたら4本新品にしてくれる補償付きで17万円弱でした。

ボルボの人気中古車ランキング ボルボの中古車

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止