ボルボの新車情報・自動車カタログ

注目のコンテンツ

ボルボの最近発表・発売された車種

ボルボの人気・注目ランキング

ボルボの最新ニュース・特集記事

次の15件を表示

価格.com関連サイトの自動車・バイク最新情報

ボルボの自動車一覧

販売終了車種を表示

  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • 1〜20位
  • SUV
    セダン
    ワゴン
    ハイブリッド
    電動自動車
  • 400〜499万円
    500〜999万円
    1000万円以上
  • 英数字
  • 人気順
  • ボディタイプ順
  • 価格帯順
  • 50音順
  • 1〜20位
    21〜40位
  • SUV
    コンパクトカー
    セダン
    ワゴン
    クーペ
    オープンカー
    ハイブリッド
    電動自動車
  • 400〜499万円
    500〜999万円
    1000万円以上
    価格情報なし・販売終了
  • 英数字

ボルボの新着レビュー

昨今の輸入車では、コンパクトSUV市場が人気で各社個性的なモデルが続々と登場しています。 中でも、一際注目なのが、ボルボの最もコンパクトな「XC40」です。 ボルボのSUVには、「XC60」、そして「XC90」とプレミアくSUVを選択できますが、それらが生み出す世界観とはまったく異なる方向性で開発され、コンパクトでカジュアルであっても引け目を感じない仕上がりを展開したところはさすがボルボです。 今回はそんなXC40の中でもベーシックに近いグレード、「T4 AWD MOMENTUM」をメーカーより広報車をお借りして、ハイウェイ&タウン走行を敢行しました。 アマゾンブルーをベースとするボディは、ルーフやホイールはオプションですが、ホワイトカラーに変更され、アウディQ2のようなカジュアルな印象です。乗りこんでも、インテリアは本革シートではなくファブリック表皮ですが、北欧のセンスを感じさせ、メーター類はXC40全車で12.3インチ・デジタル液晶ドライバー・ディスプレイを標準装備し、センターコンソールには赤外線方式タッチスクリーンを採用した9インチ縦型センターディスプレイでほとんどの設定が可能となっており、ベースモデルであるが一切の手抜きは感じさせません。 街中では、とにかく軽快感ある若々しい走りという印象です。感銘を受けたのはトルクコンバーター式8速ATの制御が素晴らしく、アクセルに足を乗せるとその状況に合わせたギアにセレクトしており、もどかしいことなど皆無。まるで、トランスミッションが、乗り手の心を見透かしているようでした。そのため、いつでも軽快な加速が手に入ります。 全幅1875mmは数値的にはコンパクトとはいえるものではありませんが、ドライバーズシートに腰を降ろすと意外なほどコンパクトに感じます。そのため、細い路地などでも取り回しは良好でした。 最高出力190PS/4700rpm、最大トルク300Nm(30.6kgfm)/1400-4000rpmを発生する直列4気筒DOHC 2.0リッター直噴ターボ“T4”エンジンは十分パワフルでハイウェイでも不満など皆無。T4のエンジンは、T5同様に2.0リッターターボですが、最高出力はT5の252PSに対して190PS、最大トルクはT5の350Nmに対して300Nmに抑えられます。 しかし、トルクは自然吸気エンジンの3L並みを発生しますので、アクセルを軽く踏み込めば、前輪はがっしり路面を噛み、スムーズに加速体制に入ります。ちなみにFF車の車重はAWD車より60kg軽く、このT4モメンタムで1610kg。 トランスミッションをマニュアルモードにして積極的に高回転まで回せば、静粛に保たれたキャビンに心地よいサウンドが響き、コンパクトハッチのような機敏な吹け上がりとともに迅速な追い越し加速が心地よいものです。 「レーン・キーピング・エイド」や「アダプティブ・オートクルーズ・コントロール」がロングクルージングでも疲労を最小限に抑えてくれます。 ボルボの安全神話を全て押し込み、塊感のある引き締まったデザインとカジュアルな印象はボルボではこのクルマだけです。実車はとてもオシャレですので、女性にも積極的に乗ってほしい一台です。

購入者です。 【エクステリア】 サイズやテールランプのデザインは大満足。 ただ、クーペ仕様のためややラゲッジが小さいことと、バックミラーで見える範囲が小さいため購入検討者は把握しておいた方が良いと思います。。 使っているうちに慣れるので、不満というほどではないです。 【インテリア】 レザーフリーでありながら十分な質感、座り心地の良さも満足しています。 【エンジン性能】 加速がスムーズで、気づいたらすごいスピードになっています。 高速道路での車線変更での不安は一切ありません。 【走行性能】 加速度に合わせてコーナリングも非常に安定しています。運転アシストも想像以上に安定していて、高速道路では凡そ任せて運転出来ると思います。 【乗り心地】 エンジンの音や振動がなく、走りも安定しているため気持ちよく運転できます。 安全を重視しているものの走りもスポーティな面もあり満足しています。 【燃費】 ガソリンと違うのでまだ比較できていませんが、体感では高速道路移動が多いとやや燃費悪目かもしれません。 最近は高速充電機も埋まってることが多いので、自宅充電できる人におすすめです。 【価格】 絶対値としては高い部類だと思いますが、パッケージとしての価値としては満足しています。 【総評】 はじめてのボルボ、はじめてのEVで、乗り始めて1週間程度ですが、今のところ大満足です

【エクステリア】可愛くて、しかし精悍、不満点は横幅が大き過ぎること、1800までに納めて欲しい。 【インテリア】クリスタルのシフトレバーお気に入り。シートの革が最高。しかしベンチレーションは欲しい。 【エンジン性能】電気と合わせて全く不満はありません。音も静か。クラウンよりエンジン音小さい。 【走行性能】背の高い分、決してスポーティーではありませんが、不安は無いです。 【乗り心地】試乗したXC60の乗り心地には負けますが、少し硬めですが、静寂性が素晴らしいので、かなり良いです。 【燃費】これが思っていたより良いです。長距離を走っても1313-33キロ以上は必ず走ります。 【価格】PHVの中では安い方だと思います。 【総評】日本車のPHVと比べると、電気の走行距離も短いし、補助金の金額も少ないし、ハイオク仕様だし、どうかなと思っていましたが、乗ってみると全てが払拭されました。 この車は、所有している喜びが感じられます、乗っていても楽しいですね。旅行に使うには最高。日本車との大きな違いは、ナビの機能がイマイチです。数年間のボルボのナビよりも良くはなりましたが、アクションが多すぎます。ナビの音声入力はほとんど機能しません。(クラウンのエージェントは素晴らしすぎる)助手席の人の助けが必要です。 安全に関してのセンサー類は素晴らしいです。オートクルーズもとても扱い易いし、ハンドルをきっちりサポートしてくれます。あんまり走ってないのが嬉しいですね。

ボルボの新着クチコミ

  • 返信数16
  • ナイスクチコミ4
  • 2022年7月2日 更新

昨晩初めての電気充電んしたんですが朝起きたら充電されていませんでした。 ディーラーの話しでは、走行直後は、バッテリーが高温になりできない事もあると言われました。 安全のためらしいですが 納得いきません。サービスエリアでもどこでも走行直後に充電ってしますよね。 そんな事ってありますか? コンセントにも問題ないようでした。アースの関係で出来ない事があるらしいですが問題なかったです。 ただ昨日の夜は、充電ケーブルのランプが赤色になっていて何かのエラーメッセージのようにも思います。 初めてのEVでEVの常識がよくわからないです。 確かにスマホも熱くなると機能停止しますが 車もですか?

  • 返信数7
  • ナイスクチコミ29
  • 2022年6月29日 更新

2018年D4インスクリプション(ポールスターインストール済)を4年乗り、走行距離3万キロ。ディーラーでのフルコンディションチェックをしていた車両を売却しました。 手放した理由は実用速度域でのパワーもあり、それなりの速度域でも安定し、そこからのブレーキもしっかり効く性能に満足してましたが、どうしても車に乗せられてしまっている印象が拭い切れなく徐々に乗る頻度が落ちてしまっていました。 4年目の定期点検の際に5年目は入れ替えですかね〜なんて担当営業さんと話をしつつ査定はどのような感じでしょうかと確認したところ、ディーラーでもそれなりの金額が出ていたので、試しに買取業者さんを呼び価格を提示していただいた所、新車購入価格の約65%を提示した買取業者さんが現れた為、即日売却しました。 4年乗って65%残るというのは私の車歴上初めてでした。  現在発売されていないディーゼル車、それに販売終了したポールスターインストールとboweresのオーディオが決め手だったのかも知れません。 次期車両は検討中ですが、年齢的にも50代を目前に控え、世の中は電気自動車に一直線に向かっており、それに抗う車種を選定しており、GRスープラ(6MT)やNISMOフェアレディZ(6MT)やCIVIC typeR(6MT)、BMW M2 Competition(8AT)が候補なのでボルボとは真逆の車種にはなりそうです。 現在、お乗りになられている方、購入検討の方にお伝えしたいことは、とても快適に移動が出来、長距離も楽々、しかもディーゼルだった為、燃料代高騰と言っても軽油なので負担にもならず、そして低燃費&大パワー、故障無し、雪道登坂、猛吹雪でもレーダー大活躍で良いこと尽くめの当たり車種でしたよ。

車に乗るのにロック解除しようとしたら、ロック不動。 仕方がないので、助手席のドアノブのカバーを外して、キーを差し込んでドアを開ける。 エンジンをかけメーターパネルを見ると、全く表示されない。 エアコン不動、オーディオも不動ですが、ウインカーとブレーキランプは問題なし。 ディーラーで見てもらうと、メーター故障の可能性が高く、メーター丸ごと交換で24万円。 別のボルボ専門店に問いあわせると、いくつか搭載されているECUのどれかが故障しているか、途中のケーブル類の損傷が考えられ、修理はケーブル損傷で20万円弱で、ECU交換だと30万円以上とのこと。 同じような経験あるかたいますか?

  • 返信数3
  • ナイスクチコミ3
  • 2022年6月24日 更新

他のモデルはすでにGoogleが搭載されていますが、 v60はいつから対応されるか分かる方いらっしゃいますか? 公式サイトのv60のページの画像は画面がGoogle対応バージョンだったので気になります。

  • 返信数21
  • ナイスクチコミ36
  • 2022年6月19日 更新

PHEVモデルはあまり話題になりませんね。現時点ではGoogleにしろVolvoCarアプリにしろまだまだ発展途上という感じですが、PHEVのポテンシャルに関してはバッテリー増量とモーター強化で俄然魅力を増したと感じ、2022年後期モデルを最近購入しました。が、オールニューのモデルではないこともあるのでしょう、やはり巷での注目度は今一つと感じます。ユーザー数は限られるかも知れませんが、情報を共有できればと思い書き込ませて頂きます。

ボルボの人気中古車ランキング ボルボの中古車

  • ※ 掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。より正確な情報はメーカーのホームページやカタログ、販売店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止