価格.com

自動車・バイク

自動車にかかる税金

自動車にかかる税金

自動車にかかわるさまざまな税金。しかもその納付先も国税、都道府県税、市町村税と複雑で、支払いの時期もまとまってはいません。自動車を所有、運転するために知っておきたい、税の知識をわかりやすく解説します。

税金は自動車が走るために使われる

自動車を走らせるにはさまざなま整備が必用です。道路を作り、維持管理する。信号や標識を設置する…。これらの公共サービスを受けるために、自動車には税金がかけられています。しかしこうしたサービスは「これは自動車のため」「これは別」と分けることが難しいものです。そこで一部が道路財源として一般道路建設費用に当てられる他、広く行政サービスに要する費用として使われています。

名義人は納税の義務がある

自動車には所有者がいます。自動車税は所有者に課税されます。しかしローンなどで所有権が留保されている自動車も少なくありません。そこで自動車の名義登録人が納税者となっています。

税額は自動車によって違ってくる

自動車には何種類もの税金がかけられています。そのため、税の種類によって税額の区分が違います。また「エコカー減税」のように環境に配慮した自動車への免税措置があります。所有する自動車の種類と、それにかかる税額は納税通知書に明示されています。

課税のタイミングは3つ

何種類もあって複雑な自動車の税金ですが、課税のタイミングがおおよそ3回。まず購入時、そして毎年4月、最後に車検時です。中古車の場合購入時の税負担を前所有者とどう分割するか等は、販売店などの判断で違ってきます。

支払いがラクな自動車関係の税金

仕組みが複雑な自動車の税金ですが、支払いは思いの外簡単です。納税通知書を持って金融機関、コンビニ等で支払うもの、また購入時や車検時に他の経費とともに支払うもの。どれも面倒はありません。

税金一覧

自動車にかけられる税金には以下のものがあります。一律に課税されるもの、車種や重量で違うものなど、課税の基準はそれぞれに違います。

自動車税・軽自動車税

総排気量によって、毎年所有者にかかる税金です。新車、中古車の区別はありません。

自動車重量税

自動車の区分(種類)重さに応じてかけられる税金です。制定時は道路特定財源でしたが、現在は普通税になっています。

自動車取得税

文字通り自動車を購入(取得)した購入者にかけられる税金で、都道府県に納付される地方税です。納税は取得時の1回限りです。

自動車の消費税・相続税・贈与税

自動車も商品。売買には消費税がかかります。また高額な自動車は動産として課税の対象となります。

エコカー減税

排出ガス性能、燃費性能に優れた自動車に対し、自動車重量税と自動車取得税を減免する「エコカー減税」、自動車税、軽自動車税を軽減する「グリーン化特例」という特例措置があります。同様の中古車に関しては「中古車特例」という特例措置が自動車取得税に適用されます。

このページの先頭へ

Copyright c Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止