価格.com

自動車・バイク

今が狙い目の中古車は?(車種)

自動車を買うなら、中古車情報もチェックしておこう。発売時期、走行距離ともにほぼ新車同様のものが、かなりお得に手に入れられるかも。また、すでに製造終了した希少価値の高い車も中古車市場では見つけれれるのも魅力のひとつ。そんな中古車購入の手順を3ステップで解説!

今が狙い目の中古車は?(車種)

中古車を購入するなら、フルモデルチェンジを行った車種が狙い目だ。現行型として売られていた中古車は、フルモデルチェンジによって先代型になるから商品価値が下がる。また新型への代替えにより、先代型や先々代型の中古車が市場に多く流通することも、中古車価格を下げる原因になる。従ってモデルチェンジの動向に注意したい。

現在の狙い目車種

ポイント
  • 昨年以降にフルモデルチェンジを受けた、先代型の保有台数が多い人気車種を狙いたい
  • 安さを重視するなら不人気車や不人気なボディカラーなどを検討する手もある

フルモデルチェンジを受けると、それまで現行型として売られていた車種が先代型になる。先代型は中古車であることを意識させるので、ユーザーの購買意欲が下がり、フルモデルチェンジに連動して中古車価格も低下する。
またフルモデルチェンジを受けたことで、先代型や先々代型のユーザーが新型に代替えすると、その車両が中古車市場に数多く流通して中古車価格を下げる効果もある。この場合、中古車市場の流通台数が増えるまでに半年程度を要するから、フルモデルチェンジ以降の相場動向に注目したい。
いずれにしても、フルモデルチェンジを行うと、さまざまな理由で中古車を購入しやすくなるわけだ。
以上の観点から、狙い目の車種は、昨年以降にフルモデルチェンジを受けた保有台数の多い人気車となる。
最近はハイブリッド車、ミニバン、コンパクトカーなど、日本における売れ筋車種のフルモデルチェンジが続いた。欲しいジャンルのクルマがフルモデルチェンジした時には、旧型になった中古車の価格推移をチェックしておくと良いだろう。相場が下がってきた時が購入のチャンスになる。
また安さを重視するなら、不人気なボディカラー、カーナビ非装着車など、中古車として売りにくい車両をねらう手もあるだろう。このあたりは販売店でも教えてくれる。「この中古車は、ボディカラーがブルーでカーナビやアルミホイールも付いていないから、相場よりも安くなっています」という具合だ。
好みに合えばの話だが、デザインなどが受けずに人気を低迷させた車種も、当然ながら価格が安い。「不人気車の不人気色」の割安な中古車を選ぶ方法もあるだろう。

これからフルモデルチェンジを受ける狙い目の車種

ポイント
  • 比較的コンパクトな車種のフルモデルチェンジが続く
  • 保有台数が多く、一新されると中古車価格が下がる

軽自動車やコンパクトカーなどの実用的な車種は、一気に代替えが進むことはないが、1年ほどを費やして少しずつ先代型や先々代型の中古車流通量が増えてくる。
また発売直後には、売れ残った先代型の新車在庫を販売店が登録して、中古車市場に卸すこともある。こういった実質的に未使用の中古車は、当然ながら上質で価格は新車に比べると安い。また未使用中古車が流通することで中古車相場が全体的に下がる効果もあるから、フルモデルチェンジが行われると、その車種の中古車を購入する上では都合が良い状態になる。

このページの先頭へ

  • 自動車 > 中古車購入ガイド - 価格.com

Copyright c Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止