価格.com

自動車・バイク

中古車購入時に必要な諸費用・税金とは?

自動車を買うなら、中古車情報もチェックしておこう。発売時期、走行距離ともにほぼ新車同様のものが、かなりお得に手に入れられるかも。また、すでに製造終了した希少価値の高い車も中古車市場では見つけれれるのも魅力のひとつ。そんな中古車購入の手順を3ステップで解説!

中古車購入時に必要な諸費用・税金とは?

中古車の購入でも、新車と同様に諸費用がかかる。この内訳は税金、自賠責保険料、販売店の代行手数料に大別される。また、車検の残存期間のない中古車では、車検費用や自動車重量税も必要になる。

中古車を買う時に納める税金

ポイント
  • 自動車取得税は中古車の残価率に基づいた取得価格に応じて納める
  • 登録車(小型/普通車)の自動車税は月割りで納める。軽自動車税は購入の翌年度から納める
  • 自動車重量税は、車検の残存期間がある時は納めなくて良い

自動車の取得税は、取得価格が50万円以上の車両について納める。取得価格が50万円を下まわる車両は免税で納める必要がない。
取得価格は中古車の残価率に基づいて決められ、売買される中古車の価格とは異なる。
自動車税は登録車の場合、登録の翌月から年度末(3月)までの税額を月割りで納める。3月に登録した時は納税せず、4月に郵送される納税通知に従って納める。
また軽自動車税は小額なので、届け出(軽自動車は登録ではなく届け出になる)を行った翌年度から納める。従って届け出時に納める必要はない。
自動車重量税は、車検を取得した時に次の車検までの税金が前払いされているから、購入時に車検の残存期間がある場合は納めない。
ただし車検期間を満了した(車検切れの)中古車を購入し、改めて車検を取り直す時は、次に車検を受ける時までの重量税を納める。

中古車を買う時に納める自賠責保険料とリサイクル料金

ポイント
  • 自賠責保険料は、車検の残存期間がある時には残存期間に応じて支払う
  • リサイクル料金も別途支払う

自賠責保険料は、車検の残存期間がある場合、その期間に応じた保険料を支払う。1年後に車検期間が満了する車両を購入する場合は、1年分を支払うことになる。
またリサイクル料金に相当する金額も支払ってリサイクル券を引き継ぐ。リサイクル料金を支払って入手したリサイクル券は、車両と併せて譲渡されることになっているからだ。なおリサイクル料金は、メーカー・車種・エアコンやエアバッグなどの装備品によって料金が異なるが、おおよそ7,000〜18,000円程度となる。

リサイクル料金の出典(環境省)

販売店の代行手数料

ポイント
  • 納車前点検費用などの項目と金額に注意する
  • 同価格帯の中古車の見積もりを複数の店舗から取り寄せて比べると、
    店ごとの違いが分かりやすい

中古車の購入で注意したいのは、販売店の代行手数料だ。納車前点検といった項目で計上することが多い。複数の項目を設けて、多額の法定外諸費用を徴収するケースもあるので注意が必要だ。仮に中古車の価格が安くても、法定外諸費用が高額になると、当然ながら高い買い物になってしまう。
このあたりを確認するには、複数の店舗で見積りを取得して、法定外諸費用の金額を比べると良いだろう。
同じ車種で、同価格帯の中古車の見積りを複数の店舗から取り寄せると、違いが分かりやすい。諸費用の比較を行い、さらに明細をしっかりと販売店に確認した上で、購入する中古車を決める手もあるだろう。
なお車検の残存期間にも注意したい。車検の残存期間のない車検切れの車両を購入すると、車両価格に加えて車検の費用も上乗せされる。この中には乗用車で2年分の自動車重量税と自賠責保険料も含まれるから、車検期間は長くなるが諸費用が大幅に高まってしまう。逆に車検期間が残っている車両であれば、車検費用を節約できるメリットがある。

このページの先頭へ

  • 自動車 > 中古車購入ガイド - 価格.com

Copyright c Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止