価格.com

自動車・バイク

どっちがお得?ディーラー系中古車店と中古車専門店

自動車を買うなら、中古車情報もチェックしておこう。発売時期、走行距離ともにほぼ新車同様のものが、かなりお得に手に入れられるかも。また、すでに製造終了した希少価値の高い車も中古車市場では見つけれれるのも魅力のひとつ。そんな中古車購入の手順を3ステップで解説!

どっちがお得?ディーラー系中古車店と中古車専門店

中古車の販売店には、中古車を専門に扱う店舗と、新車ディーラーを展開する販売会社が経営する店舗がある。ここではそれぞれの違いについて考えたい。

新車の販売会社が経営する中古車店はサービスが充実

ポイント
  • 新車として扱うメーカーの車種を中心に、比較的高年式の中古車を多くそろえている
  • 修理工場などの設備が充実しているので保証を付帯した車種が多く修理にも応じやすい
  • 新車と同様のディーラーローンが使えて、残価設定を選べる場合もある

新車の販売会社は、自社製品を中心に中古車も扱っている。店舗の形態はさまざまで、新車店舗との併設や、敷地を別に設けている場合などがある。
最近は昔に比べて新車の販売台数が下がり、新車の販売会社にとっても中古車ビジネスが重要になった。そこで下取りした中古車を有効活用するため、自社製の中古車を販売する店舗を充実させている。
重視されるのは効率化だ。新車の販売と引き替えに下取りした自社製の中古車を、オークション(中古車を売買する市場)には流さず中古車展示場に並べる。そうすればオークションの流通コストを節約できる。
さらに1台当たりの粗利が多い高年式の中古車を中心に扱う。低年式車は、たとえ自社が過去に販売した車両でも、オークションで売却することがある。
その結果、新車の販売会社が経営する中古車店には、そのメーカーの高年式車が中心に並ぶ。
また保証を付帯した中古車が多く、認定中古車もそろえる。保証を付帯すれば保証修理が生じるが、新車の販売店には車検を通せる修理工場があるから対応しやすい。
そして新車の販売会社に属しているから、メーカー系列の信販会社が用意するディーラーローンも活用できる。残価設定ローンを使える中古車店もあり、月々の返済額を抑えることが可能だ。
このように新車の販売会社が経営する中古車店では、自社が過去に販売した高年式の中古車をそろえ、保証を充実させるなど新車に近い売り方とサービスを行っている。逆に低年式の格安車、カスタムカーなどは少ない。

中古車専門店は価格が安く、幅広い車両を扱っている

ポイント
  • 幅広いメーカーの中古車を扱っているので、選択肢の幅が広い
  • チューニングカーやドレスアップ車両など個性的な車種に特化した店舗もある
  • 新車の販売会社が経営する中古車店舗に比べると全般的に価格が割安になる

中古車専門店には、いろいろなタイプがある。
最も多く見られるのは、さまざまなメーカーの車種を幅広くそろえる店舗だ。ユーザーにとっては、使い方や予算に合った車種を選びやすい。例えばミニバンやコンパクトカーを買いたい場合、いろいろなメーカーの売れ筋車種を見てまわれるから、選択の幅が広がる。メーカーを限定せず、自分に合った中古車を選びたいユーザーには、中古車専門店が合っている。
また販売されている中古車の年式が幅広く、価格の安い車両も含めて、さまざまな価格帯の中古車を選べることも、新車の販売会社が経営する中古車店とは違う特徴だろう。
そして個性的な車両は、中古車専門店の方が見つけやすい。スポーツカーやSUV、さらに外観のドレスアップやチューニングを施したスポーツカーを中心に扱う中古車販売店は、新車の販売会社が経営する店舗には見られない特色だ。自分が欲しい車種を中心に扱う店舗を選べることも、中古車専門店のメリットになる。

このページの先頭へ

  • 自動車 > 中古車購入ガイド - 価格.com

Copyright c Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止