価格.com

自動車・バイク

中古車の走行距離はどれくらいがお買い得?

自動車を買うなら、中古車情報もチェックしておこう。発売時期、走行距離ともにほぼ新車同様のものが、かなりお得に手に入れられるかも。また、すでに製造終了した希少価値の高い車も中古車市場では見つけれれるのも魅力のひとつ。そんな中古車購入の手順を3ステップで解説!

中古車の走行距離はどれくらいがお買い得?

中古車の価格を大きく左右するのが走行距離だ。年式が同じでも、走行距離が伸びた中古車は、劣化の度合いも大きくなって価格が安くなる。逆に走行距離の短い中古車は価格も高い。中古車を購入して1年間にどの程度の距離を走るのか、また購入して何年くらい使うつもりなのか、といった条件を考えて走行距離を選びたい。

走行距離と中古車価格の関係

ポイント
  • 同じ年式でも走行距離が長くなるほど中古車価格は下がる
  • 平均的な使われ方では、おおむね1年間に1万kmを走る
  • 買い物など短距離の移動に使う場合は1年間に2000〜5000km程度の中古車も多い

中古車の価格は、車種やグレード、ボディカラーといった車両の内容に加えて、年式と走行距離が影響を与える。年式は古くなるほど経年劣化が進みやすく、製造年も古くなるからメカニズムや装備の内容も低下する。現行型に比べて、年式の古い先代型であれば価値が下がって当然だ。
走行距離も同様で、走った距離が長くなるほど価格が下がる。長く走れば劣化も進むからだ。車種やグレード、年式が同じでも、走行距離が伸びている中古車は価格が安い。
そして一般的な使われ方は、1年間に1万kmの走行とされている。3年落ちの中古車であれば3万kmの走行だ。
日常的な買い物と週末のドライブ程度であれば、1年間の走行距離が2000〜5000km程度に収まることも多い。価格が少し高まるものの、1年間の走行距離が5000km以下の車両は比較的穏やかに使われており、劣化が生じにくい。
ただし走行距離だけでは判断できない。ユーザーによっては1年間に1000km程度(1か月に約80km)しか走らないケースもあるが、走行距離が伸びなくても経年劣化は進む。仮に走行距離が1万kmで初度登録から10年を経過した中古車があった場合、同じ1万kmでも3年落ちの車両と同列には見られない。一般的には1年間の走行距離が2000〜5000km程度が上質な中古車と考えたい。
ちなみにメーカーが新車に付帯する保証期間は、幅広い部分を保証する一般保証で3年間/6万kmとされ、どちらかを先に満了した時点で保証期間が終了する。エンジン、トランスミッション、サスペンション、ブレーキなど走行性能に大きな影響を与えるメカニズム(交換が想定される消耗品を除く)に付帯される特別保証も5年間/10万kmだ。走行距離が短くても3/5年間を経過すれば保証の期間は終了する。
経過年数に応じて、適正に距離を伸ばした車種が結局は買い得になる。

自分の使い方に応じて走行距離を考えたい

ポイント
  • 1年間に走る距離が5000km以下なら走行距離が伸びた中古車でも問題が生じる可能性は低い
  • 1年間に走る距離が1万kmを超えるユーザーには走行距離が少ない高年式車を推奨する

走行距離は自分の使い方に応じて考えたい。1年間に走る距離が5000km以下なら、走行距離が伸びた中古車でも問題が生じる可能性は低いだろう。
例えば近所に買い物に出かける時に使う程度なら、1年間の走行距離が3000km前後のユーザーも多い。3年間にわたり使っても9000kmだ。さすがに8万kmを超えた中古車は推奨しないが、7万kmであれば3年間使っても8万kmに収まる。6万kmの中古車なら、8万kmを走るまでに、6年以上にわたって使える。
逆に1年間に1万5000kmを走るユーザーは、3年間で4万5000kmを走ってしまう。走行距離が3万km程度に収まる高年式の中古車を選びたい。
一般的なねらい目は、5万kmを走った5年落ちくらいの車両だろう。3年間にわたって使っても、多くのユーザーは走行距離が3万kmくらいだから、5万kmで5年落ちなら不具合に悩まされる可能性が低い。
また5万kmを走った5年落ちくらいの中古車は流通台数も多く、好みに合った車両を見つけやすいメリットもある。

このページの先頭へ

  • 自動車 > 中古車購入ガイド - 価格.com

Copyright c Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止