価格.com

自動車・バイク

欲しい中古車の調べ方

自動車を買うなら、中古車情報もチェックしておこう。発売時期、走行距離ともにほぼ新車同様のものが、かなりお得に手に入れられるかも。また、すでに製造終了した希少価値の高い車も中古車市場では見つけれれるのも魅力のひとつ。そんな中古車購入の手順を3ステップで解説!

欲しい中古車の調べ方

先の項目でも触れたように、中古車を選ぶ時には、使用目的と予算を決めることが大切だ。そこから自分のニーズに合った中古車のタイプを決める。
さらに予算に応じて年式も割り出し、候補となる車種を挙げて相場をチェックしたい。
その後は、具体的な車両を選定して見積書を入手し、試乗を行い購入の決定をする。

使用目的に合った中古車のタイプを選ぶ

ポイント
  • どのように使うのか、どのようなクルマが好きなのかを考える
  • 使い方や好みに合った中古車のタイプを選ぶ
  • 具体的な車種を想定して、選ぶ中古車を具体的にする

新車の購入にも当てはまる話だが、クルマを選ぶ時は、使用目的と予算を明確にする必要がある。
使用目的については、なるべく多くの条件を挙げたい。購入した中古車が自分の用途に合わないと、ムダな買い物になってしまうからだ。
条件としては、頻繁に乗車する人数、自転車のような大きな荷物を積む必要があるか否か、走るルートは市街地が中心か、それとも高速道路を使った長距離ドライブか、運転の楽しさにこだわるか否か、という具合に好みまで含めて考える。
次は条件に合ったクルマのタイプ(ジャンル)を選ぶ。多人数での乗車や、4名乗車に加えて自転車などを積むならミニバンが便利だ。2名乗車で大きな荷物を積む時は、背の高いコンパクトカーや軽自動車が合理的な場合もある。長距離移動を快適に楽しみたいなら、低重心のセダンやワゴンなどが考えられる。
そしてミニバンならヴォクシー&ノアやセレナ、セダンならマークXやアテンザという具合に、車種についても考えてみたい。

ライフスタイルのイメージ例

「現在は夫婦と子供一人で、将来はもう一人増える。妻も運転し、休日にレジャー等に使用する」

車への要求例

  • 子供が増えるので貨室が広い
  • 妻も運転するのでコンパクト
  • レジャーで遠出するので、走行性能は欲しい

候補のボディタイプ例

  • ミニバン
  • コンパクトなSUV

ボディタイプの説明

軽自動車 コンパクトカー ミニバン SUV ワゴン セダン クーペ オープンカー トラック

予算に応じて年式や走行距離の目安を考える

ポイント
  • 価格.comを参考に予算と使用目的に合った年式や走行距離を調べる
  • 購入してから何年間にわたって使うかを考えて改めて検討する
  • 予算の範囲に収まらない時は、車種を低価格のタイプに見直す

使用目的や好みに合った車種と購入予算が決まったら、具体的にどのような中古車を選べるのか、価格.comの中古車検索を参考に調べてみたい。ボディタイプ・メーカー・車種からも探せるほか、予算(価格帯)からも中古車を探せる。
この時に大切なのは、自分の使い方で想定される1年間の走行距離と、何年間にわたって使うのか、という点だ。例えば、1年間の走行距離が3000kmで、購入後3年程度使えれば良いのなら、7万kmを走った7年落ちの車両でも良いだろう。
しかし1年間の走行距離が1万kmで、購入後5年間にわたって使うなら、理想的には3万km程度走った3年落ち、古くても5万km/5年落ちに抑えたい。そうしないと使っている間に車両の老朽化が目立ってくる心配が伴う。
長く使いたいのに、予算に収まる車両が低年式に限られてしまう場合は、予算を増やすか、選ぶクルマを安価なタイプに見直す必要が生じる。

予算・年式・走行距離で絞り込む

予算と年式と走行距離を絞り込むと以下のような結果になる。
下記検索結果に、自分が好むボディタイプやスペック(機能や定員数など)を追加で絞り込むと欲しい中古車を見つけられる。
例)本体価格:150万円以内、年式:平成24年(2012年)以内、走行距離:5万km以内
https://kakaku.com/kuruma/used/spec/AgeTypeTo=2012/PriceTo=1500000/MileageTo=50000/

条件に合った中古車を具体的に絞り込む

ポイント
  • 3車種ほど候補車種を挙げて、具体的に比較検討する
  • 商談の前段階として、中古車販売店に出向いて実車を確認する
  • ニーズに合った車種と年式を絞り込む

使用目的と予算から、候補となるタイプの車種/年式/走行距離が分かったら、3車種ほど候補車種を挙げてみたい。
商談の前段階として、中古車販売店に出向き、実車を確認することも大切だ。中古車販売店のスタッフに「ちょっと見せてほしい」といえば、ドアやリヤゲートを開けてくれる。車内や荷室の広さを把握できるだろう。
この作業を通じて、選ぶ車種をさらに絞り込み、購入する車種や年式を決定する。

状態を絞り込む

できるだけ新しい状態の中古車を絞り込むためには、発売年である年式をできるだけ最近の年にする。または走行距離が少ないものが表示されるようにする。走行距離が短ければあまり使っていないということになり、おおむね100kmの走行までなら、ほぼ新車と変わらないといえる。

装備品で絞り込む

中古車ではすでに製造済みの中古であるためメーカーオプションが付けられない。また、カーナビ等もオプションで選択することもできない。そのため、必須で付けたいと思っている機能があれば、中古車検索時に指定して絞り込んでおく。

居住地で絞り込む

中古車は1台1台違うため、基本的に販売店に出向かなければならない。つまり、日常的な行動範囲内に販売店がなければならないので、居住している都道府県を検索条件とするとよい。ただし、物件によっては中古車数が少ないので、近隣の行きやすい都道府県も検索対象とするとよい。

絞り込みすぎた場合

上記条件で絞り込んだ結果、登録されている中古車がない場合がある。その場合、条件を絞り込みすぎた結果なので、もう少し古い年式の中古車を探してみたり、装備品を削ってみたりして対象を広げてみるとよい。

お得ポイント 自動車購入がよりお得に、より便利になるサービスのご紹介

このページの先頭へ

  • 自動車 > 中古車購入ガイド - 価格.com

Copyright c Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止