価格.com

自動車・バイク

中古車購入時の、修復歴(修理歴)の見極め方

自動車を買うなら、中古車情報もチェックしておこう。発売時期、走行距離ともにほぼ新車同様のものが、かなりお得に手に入れられるかも。また、すでに製造終了した希少価値の高い車も中古車市場では見つけれれるのも魅力のひとつ。そんな中古車購入の手順を3ステップで解説!

中古車購入時の、修復歴の見極め方

中古車を選ぶ時に大切なチェックポイントが修復歴(修理歴)の有無だ。事故車といった俗称もあるが、正確には修復歴と呼ぶ。修復歴のある中古車は、走行安定性や乗り心地に悪い影響を残している心配がある。修復したことが明らかな中古車は、それを表示することになっている。
水没や雹害を受けていないかにも注意したい。水没の被害に見舞われると、エンジンや電気系統にダメージを受けたり、ホイールベアリングの内部に封入されたグリスが役目を果たさずベアリングを劣化させたりする。中古車が受ける被害にはいろいろなケースが考えられるので、注意して選びたい。

修復歴とは何か

ポイント
  • 事故などによってボディの骨格が修復されると修復歴になる
  • 修復歴のある中古車はそれを表示することになっている

中古車で定義される修復とは、フレームとも呼ばれるボディの骨格の交換や、文字通り修復を行っている車両のこと。エンジンやサスペンションはボディの骨格に取り付けられているから、事故などによって骨格の修復などを行い、強度や剛性が不足していると走行安定性や乗り心地に悪い影響を残すことがある。
従って修復歴のある中古車は商品力が下がり、消費者を保護するために修復歴を表示することになっている。

修復歴を見極めるチェックポイント

ポイント
  • 修復歴の表示を確認する
  • 修復歴の表示がなくても、可能な範囲でチェックしておきたい
  • 修復歴のある中古車を買う時には修復した部分に応じて判断する

修復歴の有無を確認するには、修復歴の表示をチェックする。その上で修復歴がないとされている車両についても、一応の確認作業は行っておきたい。
あるベテランの査定士は、「修復歴は車両全体のたたずまいを見れば分かる」という。「たたずまい」とは抽象的な表現だが、平坦な路面に駐車しているのに、ボディが微妙に傾いていたり歪んで見えたりすることだ。この直感的な印象を手がかりに、車両の各部を精査していくと、修復の形跡が発見されるという。
一般のユーザーがそこまで判断するのは難しいが、ボンネットを開いてフェンダーとボディの接合部は見ておきたい。フェンダーやボンネットを取り付けるボルトに、凹みや錆びがある時は、事故によって交換した可能性が高いからだ。トランクフード、ドアパネルを装着するボルトにも、同様のことが当てはまる。
ナンバープレートの歪みも見ておきたい。接触などによって単純にナンバープレートだけを損傷させる場合もあるが、大きな修理を受けている可能性も残るからだ。
価格の安さに注目して修復歴のある中古車を選ぶなら、どの部分がどの程度の損傷を受けて修復されたのかを確認したい。
サイドメンバーと呼ばれる、車両の前方から後方までを貫通するボディ底面の基本骨格に損傷を受けて修復した車両は、絶対に避けた方が良い。サイドメンバーはフレームとも呼ばれ、これを修復したことは、規模の大きな損傷を受けた証でもあるからだ。
ただしサイドメンバーの修復でも部位がボディ後方の場合は、前方に比べて損傷が軽いことも考えられる。
またボディ前端のクロスメンバー(左右方向に配置された低い部分の骨格)、ラジエターコアサポート(ラジエターが収まる高い部分に左右方向に配置された骨格)の修復にとどまるのであれば、走行安定性に影響を与えないこともあり得る。
修復歴がある中古車の購入を検討する際に重要なのが試乗チェックだ。試乗が可能であれば、平坦路で不規則なボディの揺れを感じないか、ハンドルを軽く保持した状態で直進中に左右どちらかに振られないか、といった点を確認する。症状の出方は速度によって異なる場合もあるので、可能であれば時速80〜100kmを上限に、いろいろな速度域で不自然な挙動が生じないかを確かめたい。

水没車の見分け方

ポイント
  • 車内の臭いやカビに注意する
  • ヒューズボックスなど通常は開かない部分の汚れを確認する
  • シートの下側やトランクスペースに錆びがないかをチェックする
  • エンジンルームも入念に調べる

車両が台風や豪雨の被害に見舞われて水没する場合がある。どの程度まで水に浸かると水没になるかは、クルマのタイプによっても異なる。大径サイズのタイヤを装着して床の高いオフロードSUVは水没しにくく、車高の低いセダンやクーペは水に浸かりやすい。
ホイールとタイヤの半分以上が水に浸かった時は、水没と考えて良いだろう。メカニズムについては、ベアリングやブレーキ、エンジンルームに水が入る。ベアリングはダメージを受け、電装系にも悪影響や錆びが生じやすくなる。いずれも安心して使うには入念なメンテナンスが必要だ。
水没すれば車内の内部にも水が入り、フロアカーペット(車内の床に敷かれた内張り)、シート、ドアの内部などが被害を受ける。
特にフロアカーペットやシートが水に浸かると後に影響が残りやすい。雨水を吸っただけで泥などが付着していなくても、シートと内張りをすべて取りはずして乾燥させねばならない。これを怠ると車内で異臭を放つ。
また仮に乾燥させても、シートの座り心地は水没前に比べると悪化する。
車内の電装系も心配で、パワーウィンドウやシートの電動調節機能などが故障する可能性がある。
そして車内が濡れた状態で放置されると錆も生じる。カーペットの下側に位置するスチールのフロア、シートの脚や内部のスプリングといった金属部分、スペアタイヤが収まるトランクスペースの下側などが痛みやすい。
水没車両か否かを確認するには、車内やエンジンルームの細かな部分までチェックすることが大切だ。シートの脚や下側は、ドアを開いて覗き込むと錆の有無を確認できる。シートの下側は昼間でも暗いので、懐中電灯を持参すると便利だろう。
セダンやクーペのトランクスペースは、床のカーペットをはずすと金属部分が見えることが多く、錆の確認をしやすい。
また通常は開かないヒューズボックス、フタの付いたポケットなども確認する。砂などが入っていれば、水没車両である可能性が高い。ペダルの裏側のデコボコした部分も、あまり掃除はされないから水没の痕跡を残していることがある。
車内のチェックでは嗅覚も働かせる。ウインドーを閉めてカビ臭さなどの異臭に注意したい。エアコンを作動させて内気循環にすると、空調システム内部の臭いもチェックできる。
エンジンルームも必見だ。錆や汚れに注意したい。懐中電灯を使って暗い下側の部分まで確認する。
特に塩分を含んだ海水に浸かると、ボディの底面、サスペンションなどにも錆が生じる可能性が高まる。車内に水没した痕跡を見つけた時は、手間はかかるが下まわりを入念に確認したい。前輪を左右どちらかへ一杯に曲げると、スプリング、ショックアブソーバー、これらを支えるアームやビーム類、ホイールハウスの内側などをチェックできる。

このページの先頭へ

  • 自動車 > 中古車購入ガイド - 価格.com

Copyright c Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止