価格.com

自動車・バイク

中古車の試乗は可能?

自動車を買うなら、中古車情報もチェックしておこう。発売時期、走行距離ともにほぼ新車同様のものが、かなりお得に手に入れられるかも。また、すでに製造終了した希少価値の高い車も中古車市場では見つけれれるのも魅力のひとつ。そんな中古車購入の手順を3ステップで解説!

中古車の試乗は可能?

中古車は車両ごとに状態が異なるので、可能であれば試乗してから買いたい。車検期間が満了した「車検切れ」の中古車は、購入時に車検を改めて取るために試乗できないが、車検期間が残っていれば試乗できる。販売店の店員が運転する同乗試乗でも良いからチェックしておきたい。

中古車の試乗は可能なのか

ポイント
  • 試乗の可否は中古車販売店によって異なる
  • 規模の大きな中古車販売店は専用の試乗コースを設けている場合がある
  • 自分で運転できなくても、せめて同乗による試乗は行い、最低限エンジンは始動させる

中古車は車両ごとに状態が異なるから、試乗してから購入したい。しかし実際には、中古車販売店によって試乗の可否が分かれる。
まず展示されている時には車検が切れていて、改めて車検に通してから販売する中古車は、店舗を問わず試乗はほぼ不可能だ。一般公道を走るには車検を通すか、仮ナンバーを申請して取得する必要があり、自賠責保険にも加入せねばならない。そうなると手間とコストを要するために試乗は難しい。
中古車販売店によって試乗の可否が分かれるのは、車検期間が残っている車両だ。一般公道を走れるから試乗も可能なはずだが、断わる販売店が少なくない。
断わる理由はさまざまだが、最も多いのは交通事故の危険だ。中古車販売店に展示されている中古車は、コスト低減のために任意保険に加入していないことが多い。従って試乗しているドライバーの過失で交通事故が発生すると、多額の損害賠償請求が生じてしまう。この負担を避ける目的で試乗を断るケースがある。
また中古車販売店の多くは敷地内に中古車を詰め込んでいるから、車両を公道まで引き出すのに手間が掛かることも多い。バッテリーが上がっていて、エンジンの始動に手間取る中古車もある。
こういった理由で試乗を断わる中古車店が少なくないが、前述のように中古車は車両によってすべて状態が異なる。中古車展示場でエンジンを始動させた程度では、不安が伴って納得しにくい。
そこで試乗できるように中古車販売店を説得する。車両の準備が必要だから、試乗したい時は予め問い合わせておくことが大切だ。
大手の中古車販売店には、敷地内に専用の試乗コースを設けているところもあって試乗が気軽に行える。
また仮に試乗を断わられた時でも、同乗試乗が行えないか尋ねてみたい。助手席に座っていても、エンジンなどのノイズや振動、乗り心地は把握できるからだ。まったく試乗しないのに比べれば、安心感が高まり購入しやすくなる。
同乗試乗を含めて、まったく車両を動かせない時でも、せめてエンジンは始動させたい。安定してアイドリングをするか、その時に異音が発生しないかを確認する。アイドリングさせながら、エアコン、オーディオ、パワーステアリング、パワーウィンドウ、ランプ類といった装備も作動させる。装備の作動状態によって、メンテナンスを受けているか否かも予想できるからだ。装備に不具合が発見された時は、納車前に中古車販売店の負担で修理してもらえるか否かも確認する。

試乗の方法と注意点

ポイント
  • 試乗車に付帯される保険の内容を確認する
  • 万一、事故が発生した時の対処方法も聞いておく
  • 試乗は走り慣れた道を車両のチェックを行いながら十分に注意して運転する

試乗が可能な場合は、まず中古車に付帯された保険の内容を確認したい。自賠責保険しか加入していないと、車両に生じた損害を保険で修理することができないからだ。
万一、事故が発生した時の損害賠償の方法も確認しておく。この時に不安を感じたら、自分で運転せずに同乗試乗に変更しても良いだろう。
試乗の仕方は、店舗の周辺をひとまわりする程度だ。15分から20分程度にとどまるが、把握できる内容は多い。
まず店舗から車道に出る時に通過する段差では、ショックの伝わり方と異音に注意する。段差では足まわりに負担がかかるので、サスペンションの確認に適している。乗り心地は走行中もチェックできるから気を配りたい。
公道に出たら加速するが、この時にはエンジン回転が上昇する時の滑らかさとノイズを確認する。公道に出た直後の低回転域(1500回転前後)から、周囲のクルマの流れに乗る3000回転くらいまでは、ATの作動を含めてギクシャクしないか注意して試乗したい。
巡航状態に入ったら、安全な範囲内でアクセルを少し深く踏み増して加速する。この時にはATが自動的にキックダウンするなど変速されることがあり、ショックが生じやすい。
交差点が近づいて速度を下げる時は、ブレーキの踏み具合と減速の仕方、異音が生じないかを確かめる。右左折する時はハンドルの操舵に違和感がないか確認したい。
そして販売店に戻ったら、後退しながら車庫入れも行う。ATレバーをR(リバース/後退)レンジに入れた時に引っ掛かりが生じないか、Rレンジに入れている時に異音や気になる振動はないか、といった点を確認する。後方の視界や取りまわし性も分かる。

このページの先頭へ

  • 自動車 > 中古車購入ガイド - 価格.com

Copyright c Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止