「Pocket WiFi 203Z」「Pocket WiFi GL09P」実機レビュー

ホーム > モバイルデータ通信 > モバイルWi-Fiルーター比較 > 「Pocket WiFi 203Z」「Pocket WiFi GL09P」実機レビュー

4Gと LTEに対応した「Pocket WiFi 203Z」(SoftBank)、「Pocket WiFi GL09P」(イー・モバイル)

ソフトバンクモバイルのPocket WiFi(ポケットWiFi)「Pocket WiFi 203Z」が登場。ソフトバンクモバイルの「SoftBank 4G」(AXGP方式、2.5GHz帯)とイー・モバイルの「EMOBILE LTE」(FDD-LTE方式、1.7GHz帯)の2つの高速データ通信に対応するのが特徴だ。通信速度は、「SoftBank 4G」接続時が下り最大110Mbps、「EMOBILE LTE」接続時は下り最大75Mbpsとなる。両社の3Gネットワーク(ソフトバンクモバイルは1.5GHz帯、イー・モバイルは1.7GHz帯)もサポートするなど、マルチネットワーク対応のモバイルWi-Fiルーターだ。

なお、イー・アクセスからも「Pocket WiFi 203Z」と同等の機能を持つ「Pocket WiFi GL09P」が発売されている。今回は「Pocket WiFi 203Z」(以下「203Z」)を調査した。

ソフトバンクモバイルの「SoftBank 4G」とイー・モバイルの「EMOBILE LTE」という2つの高速データ通信に対応した「Pocket WiFi 203Z」

サイズ・重さ

「203Z」のサイズは、W110.2×D18.7×H67.7mm、重量はバッテリー込みで約168g。モバイルWi-Fiルーターとしては大きくて重い。5000mAhの大容量バッテリーを搭載しているためだが、カバンに入れておく分には荷物になることはないサイズと重さだ。ボディカラーはブラックのみ。前面は光沢のあるピアノブラックで高級感のある仕上がりだ。ディスプレイは、1.4インチのカラー液晶で、接続状況などの情報を確認できる。本体の充電は、付属のACアダプターを使うか、パソコンと接続して行う。

インターフェイスは、上側面にUSIMカードスロット、microSDカードスロット、ディスプレイの消灯・点灯用の「INFOボタン」、下側面にmicroUSBと電源スイッチを搭載する。左側面にはスマートフォンなどへの給電に利用するUSBを備える。

  • 大容量バッテリーを搭載するため、重量は約168gとモバイルWi-Fiルーターとしては重い部類に入る。ディスプレイは1.4インチのカラー液晶を採用する
  • 付属のACアダプターで充電可能。パソコンとUSB経由で接続しても充電できる
  • 上側面に上側面にUSIMカードスロット、microSDカードスロット、ディスプレイの消灯・点灯に利用する「INFOボタン」を搭載。microSDカードスロットカバーを開けると、「リスタートボタン」が現れる
  • 下側面に充電などに利用するmicroUSBと電源スイッチを備える

操作性

最初にUSIMカードを本体に挿入する。挿す向きと表裏に気を付けて、カチッと音がするまで押し込めばよい。電源スイッチをオンにすると、「Welcome」という文字の後に、ソフトバンクモバイルのロゴが表示され、しばらくすると起動する。電源を入れてから接続が完了するまでは、35秒ほどかかる。「203Z」は、モバイルWi-Fiルーターでは珍しく、カラーの液晶を搭載する。1.4インチと小型だが、カラーということで非常に見やすい。電波状態や接続中のデバイスの数だけでなく、SSIDとパスワードの確認、データ通信量の上限設定、ソフトウェアの更新など各種操作が端末単体でできるのもポイント。ただし、ディスプレイの視認性は高いが、表面が光沢処理されているので、屋外での映り込みは気になる。

  • 電源スイッチを押すと、ディスプレイに「Welcome」の文字が表示され起動する
  • メイン画面が表示されてから、数秒でインターネットに接続される。起動さえすれば、すぐにネットに接続できる
  • カラー液晶だが、背景は黒、文字や線は白のコントラストの高い配色で視認性が高い。選択エリアなどがブルーとなる
  • 日差しの強い屋外だと、表面の光沢処理の影響で映り込みが気になる。角度を調整すれば見えるが、室内に比べると視認性は下がる

操作はタッチキーで行う。キーは「戻る」「上」「下」「Enter」の4つで、操作に迷うことはないだろう。タッチに対する反応もスムーズで、操作しやすい。パスワードの数字などは、「上」「下」キーで入力できる。

各種操作はディスプレイ横のタッチキーで行う

初期設定

USIMカードを挿入して、一通り操作を覚えたら、パソコンやタブレット端末などの無線LAN搭載デバイスと接続する。同時接続数は最大14台。SSIDは「203Za-」から始まる文字列で、パスワードは数字と英語からなる8ケタに設定されている。SSIDとパスワードは、本体の裏側に記されているが、さらに、ディスプレイでも確認可能だ。

USIMカードを本体に挿入
  • Windows 7パソコンの場合は、「ワイヤレスネットワーク接続」を開き、SSIDを選択する
  • パスワードを入力すれば接続は完了だ

「203Z」は、公衆無線LANや自宅の無線LANに接続して、インターネットを利用する「インターネットWi-Fi」機能を搭載している。また、「ソフトバンクWi-Fiスポット」の暗証番号を登録しておけば、エリア内に入ると自動で接続が切り替わるので、手間もかからない。これらの機能の設定や暗証番号の登録がルーター単体でできるのも「203Z」の特徴だ。

データ通信量の上限設定も可能だ。上限に対して、どれだけデータ量が発生しているかをホーム画面に表示しておくこともできる。1か月の通信量が7GBを超えると通信速度が制限されるので、日々、データ通信量を確認できるのは便利だ。

「203Z」単体で「インターネットWi-Fi」機能のオン・オフが可能。「ソフトバンクWi-Fiスポット」の暗証番号の入力もできる
データ通信量の上限設定もできる。設定したデータ量に対して、どれほど利用しているかをホーム画面に表示できる

起動時間・スタンバイモード

電源を入れてから接続が完了するまでの時間は、前述の通り、およそ35秒。モバイルWi-Fiルーターとしては標準的な時間だ。バッテリーのスタミナがあるので、電源をオフせずに、待受状態で運用するのが実用的だろう。

バッテリー容量は5000mAhで、連続通信は約14時間、連続待ち受けは約900時間。大容量バッテリーを搭載しているだけあって、電池の持ちはモバイルWi-Fiルーターの中ではトップクラスだ。フル充電すれば、1日中使えるだろう。Dropbox経由で電子書籍を閲覧したり、インターネットでWebをチェック、SNSのチェックなどを1時間30分ほどしたところ、フル充電から90%に減った。電源の表示が10%刻みなので、実質はどれだけ減っているかは判断が難しいが、スペックに近い時間は動作しそうだ。なお、本体には目立った省電力機能はないが、パソコン経由でスリープ時間を設定できる。

パソコン経由でスリープ時間を設定できる

機能拡張

5000mAhという大容量バッテリーを活かして、スマートフォンの充電ができる。モバイルWi-Fiルーターでありながら、モバイルバッテリーとしても使えるのだ。約1450mAhのバッテリーを内蔵するスマートフォンに給電した場合、電池残量警告が出た状態から約1.7時間でフル充電可能。モバイルバッテリーを持ち歩く必要がなくなり、日々の荷物も減らせる便利な機能だ。緊急時にも重宝するだろう。ただし、充電にはケーブルが必要なので忘れずに持ち歩きたい。

microSDカードスロットも搭載する。最大32GBまでのmicroSDカード/microSDHCカードが利用できる。USBメモリのようにファイルの保存先として活用できるほか、HTTP共有も可能。NASのように接続しているパソコン同士でファイルを共有できる。

  • 5Vを出力できる給電機能を搭載。スマートフォンなどを充電できる
  • microSDカードスロットを搭載し、「203Z」をUSBメモリ代わりに使える。HTTP共有もサポートしており、NASとしても利用できる
【ソフトバンク】Pocket WiFi 203Z + ソフトバンク回線 【イー・モバイル】Pocket WiFi GL09P + イー・モバイル回線

Pocket WiFi 203Zをチェック

Pocket WiFi GL09Pをチェック

※ Pocket WiFi 203Z と Pocket WiFi GL09P は、ベースモデルが同様のものとなっております。

モバイルWi-Fiのレビュー

Pocket Wi-Fi 203Z
Pocket Wi-Fi GL09P
(SoftBank / イー・モバイル)

>Pocket Wi-Fi 203Z/Pocket Wi-Fi GL09P実機レビュー

Mobile Slim
(UQ WiMAX)

Mobile Slim実機レビュー

URoad-Aero
(UQ WiMAX)

URoad-Aero実機レビュー

AtermWM3800R
(UQ WiMAX)

AtermWM3800R実機レビュー

ULTRA WiFi 4G 102HW
(SoftBank)

ULTRA WiFi 4G 102HW実機レビュー

Pocket WiFi LTE GL04P
(イー・モバイル)

Pocket WiFi LTE GL04P実機レビュー

ULTRA WiFi 4G 101SI
(SoftBank)

ULTRA WiFi 4G 101SI実機レビュー

Pocket WiFi LTE GL01P
(イー・モバイル)

Pocket WiFi LTE GL01P実機レビュー

AtermWM3600R
(UQ WiMAX)

AtermWM3600R実機レビュー