「Aterm WM3800R」実機レビュー

手のひらの中にすっぽり納まってしまうくらい、小さく、軽い。「Aterm WM3800R」(UQ WiMAX)

WiMAX対応の人気モバイルWi-Fiルーター「Aterm WM」シリーズに、待望の新端末が登場。WM3600R」から小さく軽く、コンパクトになりつつ、新たに有機ELディスプレイを搭載するなど操作性が向上。最大250時間の長時間待機など、パワフルな新機能も搭載する 「Aterm WM3800R」の魅力を徹底調査した。

手のひらにすっぽり収まるコンパクトサイズ。軽量で持ち運びがまったく苦にならない

サイズ・重さ

サイズは、W89.6×D52×H12.8mm、重量80g。前モデル「Aterm WM3600R」のW95×D70×H12.8mm、重量110gに比べて、体積も大幅なサイズダウンが図られている。「Aterm WM3600R」が名刺ケースサイズなら、「Aterm WM3800R」は名刺よりもさらにコンパクト。手のひらの中にすっぽり納まってしまうくらい、小さく、軽い。

  • 横に並べるとコンパクトなのがよくわかる
  • 体積は60ccで、前モデルと比べるとかなりコンパクト。並べて見ると違いは歴然。三分の二ほどのサイズに収まっている
  WM3800R WM3600R
面積 46.8cm2 66.5cm2
体積 60cc 85cc
重量 80g 110g
前モデルとサイズ比較

サイズが小さいとどうしてもバッテリー性能が気になるが、「Aterm WM3800R」は連続通信可能時間が最大8時間。最大10時間使える「Aterm WM3600R」と比べても十分にパワフル。常時接続可能な状態での連続待受時間は最大20時間で、WiMAXエリア外に移動してインターネット接続が切れると、自動的にWi-Fiもオフになるなど、電力の無駄を省く工夫がされている。さらに、使用時に約5秒で復帰する休止モードでは、なんと最大250時間もの連続待機が可能。このパワフルなバッテリーを生かして、今回新たにスマートフォンにUSB給電できる機能も追加された。

付属のUSB給電ケーブルを使用して、「iPhone 5」約1回分の充電が可能。初期設定では、電池容量全体の20%(設定変更でさらに増やすことも可能)に達すると、自動的に給電がストップする

さらにインターフェースも進化している。「Aterm WM3600R」にもあった「電源」と「SET」の2つのボタンに加えて、新たに単色の有機ELディスプレイを搭載。電波の受信状況やバッテリー残量など、端末の現在の状態がわかりやすくなっただけでなく、ディスプレイに表示される案内に従って、各種設定操作もより簡単にできるようになっている。

  • 左サイドには、スマートフォンへの給電も可能なmicroUSB端子と専用クレードル用の接続端子を搭載
  • 右サイドには、コンパクトサイズだからこそあるとうれしい、ストラップホールも備えている
前面にはいざというときに設定を工場出荷時の状態に戻せる、リセットホールも用意されている

カラーはピンク、ブラック、ホワイトの3色で、前面と背面に同系色の異なる色を組み合わせた、2トーンの落ち着いたデザインが特徴となっている。

カラーは3色

操作性

端末同士が互いにボタンを押すことで複雑なセキュリティ設定を簡単に済ませられる、「らくらく無線スタート」や「WPS」といった規格に対応している。有機ELディスプレイによって、WiMAXの受信状況やバッテリー残量の詳細が、より詳しくわかるようになっただけでなく、これらの設定操作もさらに簡単にできるようになった。

「SET」ボタンを押すたびにメニューが切り替えられるしくみで、ほかにもWiMAXと公衆無線LANサービスの接続先切り替えや、ファームウェアのバージョン確認などが可能。さらにファームウェアのバージョンアップもディスプレイに通知され、指示に従って操作するだけで更新することができる。いちいちパソコンにつながなくても、手軽にバージョンアップができて便利だ。

アンテナは5段階表示で、電波の強弱がわかりやすい。バッテリー残量も1%単位で把握できる

また、ディスプレイだけでなく「電源」「SET」ボタンも、背後から浮かび上がるようにLEDライトが発光する仕様で、電源のオン、オフ、待受中(点滅)といった状態がとてもわかりやすい。明るい屋外でも目立つため、休止状態にしたつもりが電源が入ったままだったという、うっかりミスの防止にもなりそうだ。

電源ボタン背後の見やすいLEDランプで、オン、オフの状態を確実に把握することができる

初期設定

有機ELディスプレイに端末の状態や設定の指示が表示されるため、初期設定も直感的に行うことができる。端末が利用中のWiMAXサービスに登録されていない場合は「回線未契約」とわかりやすく表示されているので、「SET」ボタンを長押しして登録しよう。この作業は初回起動時にのみ必要なもので、以降は電源を入れるだけで、自動的にWiMAXにつながるようになる。

一方、パソコンやタブレット、スマートフォンなどの端末を「Aterm WM3800R」につなぐための接続設定も、とても簡単だ。やり方は複数あるが、パソコンでWindows 7以降のOS、またはMacを使用している場合は、パスワード入力の手間がなくあっという間に設定できる「WPS」をおすすめしたい。まず、「Aterm WM3800R」の「SET」ボタンで、「らくらく無線/WPS」を表示して長押し。「指示に従いSET長押し」と表示された状態で、パソコン側のWi-Fiのリストから該当するSSIDを選び、「SET」ボタンをさらに長押しするだけでいい。

「Aterm WM3800R」のプライマリSSIDは、パスワードとともに背面に記載されている

タブレットやスマートフォンでは、「Google Play」や「App Store」から入手できる、「AtermらくらくQRスタート」を利用しよう。アプリをインストール、起動して、同梱のQRコードにかざすだけで、設定が完了する。設定画面を開く手間さえないため、設定というものに苦手意識のある人も、簡単につなげられるのがうれしい。もし外出先などで同梱のQRコードを持っていない場合も、ブラウザからアクセスできる「クイック設定Web」で、QRコードを自動生成できるので安心だ。

  • 「クイック設定Web」から簡単にQRコードを自動生成。パソコンの画面上から読み取ることができる
  • QRコードを読み込むだけで、暗号化されたセキュアな接続設定が簡単にできる

起動時間・スタンバイモード

「Aterm WM3800R」は連続通信時間が最大8時間、連続待受時間が最大20時間と、コンパクトな外観からは想像できない、パワフルなバッテリーを搭載している。加えて休止モードを備えており、使用しないときに休止しておけばバッテリーをほとんど消費せずに待機することができる。

休止モードは電源オフ時とは異なり、使いたいときにわずか5秒で復帰することができる。この機能は前モデル「Aterm WM3600R」にも搭載されていたが、「Aterm WM3800R」では休止状態で待機できる時間が、約170時間から約250時間へと大幅にアップした。休止モードへの切り替え、さらに復帰 も、専用アプリ「Aterm WiMAX Tool」から操作することが可能。「Aterm WM3800R」がバッグの中にあっても、スマートフォンやタブレットからリモート操作できるのが便利だ。

なお、専用アプリ「Aterm WiMAX Tool」ではこのほか、WiMAXと公衆無線LANサービスの接続先切り替えやファームウェアの更新の通知、インターネットにつながるかどうかチェックする通信テスト、「クイック設定Web」の管理者パスワード設定といった機能が利用できる。「Aterm WM3800R」ではスマートフォンとの連携が強化され、アプリからさまざまな操作ができるようになっている。

電波状況や電池残量もひと目でわかる、専用アプリ「Aterm WiMAX Tool」は、「Google Play」や「App Store」から入手することができる

機能拡張

WiMAXのほか、公衆無線LANサービスへも接続することができる。公衆無線LANスポットでは通常、1アカウントにつき1台の端末しか接続できないが、「Aterm WM3800R」を中継すれば、パソコンとタブレット、タブレットとスマートフォンというように、複数の機器での同時接続が可能になる。

UQ Wi-Fiのほか、Wi2 300/プレミアム、BBモバイルポイント、ホットスポット、livedoor Wireless、ケーブルTV Wi-Fiなど、複数のサービス事業者に対応。ブラウザからアクセスできる「クイック設定Web」で、ログインに必要なユーザーID、パスワードを登録できる。サービスを複数登録しておくこともでき、複数受信できるエリアでは電波の強いサービスを選んで自動的に接続するしくみだ。

またこのほか「Aterm WM3800R」には、オプションで専用のクレードルが用意されており、これを使用することで、有線LANにも接続することができる。自宅のホームWi-Fiルーターとしても使用できるだけでなく、旅行時などホテルの部屋の有線LANをWi-Fi化するのにも便利。最大10台まで同時に接続できるので、家族や友達とも回線をシェアすることが可能だ。

  • オプションの専用クレードルでは、microUSBケーブルを抜き差しする手間なく、手軽に充電ができる
  • 背面には有線LANポートを備える。「Aterm WM3800R」に合わせてサイズもコンパクトなので、持ち運びしやすい

前モデルと仕様・機能比較

前モデル「Aterm WM3600R」との仕様・機能を比較表でまとめたので参考にしてほしい。

WM3800R 前モデル「WM3600R」
機種画像
動作時間 連続通信
8h

10h
連続待受
20h(WLAN)

25h
待機時間
250h

170h
サイズ 装置
約89.6×52×12.8mm(60cc)

約95×70×12.8mm(85cc)
カラー ブラック/ホワイト/ピンク ブラック/シルバー/ピンク
有機ELディスプレー
スマホ給電
リモート起動
スマホアプリ(Android)
らくらくQR(設定Web)
公衆無線LAN
ワイヤレスゲート、ケーブルTV、Wi-Fi
スマホアプリ
通信テスト
クレードルオプション(有線LAN)
モバイルWi-Fiのレビュー

Pocket Wi-Fi 203Z
Pocket Wi-Fi GL09P
(SoftBank / イー・モバイル)

>Pocket Wi-Fi 203Z/Pocket Wi-Fi GL09P実機レビュー

Mobile Slim
(UQ WiMAX)

Mobile Slim実機レビュー

URoad-Aero
(UQ WiMAX)

URoad-Aero実機レビュー

AtermWM3800R
(UQ WiMAX)

AtermWM3800R実機レビュー

ULTRA WiFi 4G 102HW
(SoftBank)

ULTRA WiFi 4G 102HW実機レビュー

Pocket WiFi LTE GL04P
(イー・モバイル)

Pocket WiFi LTE GL04P実機レビュー

ULTRA WiFi 4G 101SI
(SoftBank)

ULTRA WiFi 4G 101SI実機レビュー

Pocket WiFi LTE GL01P
(イー・モバイル)

Pocket WiFi LTE GL01P実機レビュー

AtermWM3600R
(UQ WiMAX)

AtermWM3600R実機レビュー