価格.com

格安SIMカード

格安SIMカード比較|MVNO・キャリア24社

価格.com キャリア・格安SIM 24 社のプランをまとめて探す

SIMカード比較

格安SIMカードを特徴から探す

音声通話SIMプラン ピックアップ

格安SIMカードの人気ランキング

価格.com限定キャンペーン・特典

格安SIMカード プラン検索

格安SIMカードの評判・利用レポート

  • 楽天モバイル

    楽天モバイル|Rakuten UN-LIMIT VI 1GB〜使い放題 楽天回線 音声通話SIM

    【総評】
    やはりプラチナバンド導入が求められます。 少しの位置が変わっただけでかなりの快適度が変わります。 あと1年ほどすれば改善されるか期待。【データ量】
    現在無料期間のため使い倒していますが、AU回線80%くらい接続されています。 本格的に使いだすと場所によってはAU回線5GBを超えるかもしれません。

    【インターネットの速度・つながりや
    続きを読むすさ】
    基地局の近いエリア以外は楽天回線につながらずまた切り替わり AU →楽天 もなかなかギクシャクし、その間は画面真っ白に…  1分ほどして再読み込みで表示され楽天回線につながったらスムースな読み込みは実感  されます。 電車などの移動時にはこのような感じであり、基地局がそばにある場所ではすごく快適

    【通話】
    特に不便はない通話状態でこれで無料通話なら言うことなし

    【手続き・設定の簡単さ】
    エクスペリアよりi phone XR への機種変更時も即開通出来楽でした。

    【サポート】
    使っていません

  • OCN モバイル ONE

    OCN モバイル ONE|1GB docomo回線 音声通話SIM

    【総評】
    OCNモバイルONEならではの、バッテリーの減りが早いという問題はありますが、新しい端末かつ大容量バッテリーのものを選べば、大した問題ではないと感じます。総合的にとても満足です。ぜひお勧めします。【データ量】
    自宅のWi-Fiを利用することが多く、ウェブサイトの閲覧やLINE程度なので、データ量は少なくて問題なし。安さが凄い。

    【インターネット
    続きを読むの速度・つながりやすさ】
    全く問題ありません。時間帯による不便さも感じません。

    【通話】
    通話品質・つながりやすさ共に、問題ありません。アプリ使用が不要というのも非常に楽です。

    【手続き・設定の簡単さ】
    他のクチコミで相当ややこしいのかと想像していましたが、拍子抜けするほど簡単でした。

    【サポート】
    購入前にチャットで問い合わせたところ(チャットボットではない)、分かりやすく教えていただき、クーポンまでいただきました。

  • ワイモバイル(Y!mobile)

    ワイモバイル(Y!mobile)|シンプルM 15GB SoftBank回線 音声通話SIM

    【総評】
    通信料金が安い上にヤフープレミアム会員が自動で付帯するためヤフーショッピングを始めとする様々なサービスが使えるのでとてもオトクである。【データ量】
    家ではWi-Fiを使用するため、モバイル通信のデータ使用量は月10GB程度。15GBあれば十分なのでちょうど良いプランである。

    【インターネットの速度・つながりやすさ】
    5Gのエリアが広がってきており
    続きを読むとてもサクサク繋がる。

    【通話】
    プレフィックス番号を付与して通常の電話としてかけるだけなので通話の安定性に問題はありません。ワイモバイルの通常料金の半額で通話ができるのでお得です。

    【手続き・設定の簡単さ】
    ネットで簡単に手続きが可能な上配送もスムーズだった。

    【サポート】
    特段困ったことがないので使っていません。

  • 楽天モバイル

    楽天モバイル|Rakuten UN-LIMIT VI 1GB〜使い放題 楽天回線 音声通話SIM

    【総評】
    まだ始まったばかりの会社で地下や山の中等は電波が届かないが、DoCoMo回線のExciteモバイルを災害時や故障時の相互補完にしており、使い勝手がとてもいい。感謝しています。音声二回線(内かけほ1)+高速1GB・200kbpsバースト付きの低速3.66GBが使えて495円。最高です。その内に完全かけほプランが出来、OCNモバイルOne並みの
    続きを読む料金があれば利用したい。3GB〜20GBまでの間にもういくつかの料金をもうけた方がいいかと思います。3GB、6GB、10GB等。【データ量】
    普段は光wifiのもとで利用。外出中は文字が中心でwebニュース・Facebook・ライントーク・radikoでニュースを聴く・たまにバーコードPayをする程度。日に100MBも使うことはないが。たまに出張や旅行にいくが3GB程あれば十分。時に海外にもいくので、2GBの高速通信枠や追加容量、その後の低速通信はありがたいし、国内への電話も無料で本当に助かります。何より楽天リンクで通話がフリーで年老いた親との連絡が容易になり本当に感謝しています。

    【インターネットの速度・つながりやすさ】
    土日の19時〜21時は混雑するらしくたまに楽天リンクの品質が落ちる程度。wifiに繋げば問題はないし、メリットを考えればこれくらいのことはどうということはない。

    【通話】
    年老いた親がいるので、かけ放題で無料の楽天Linkは本当にありがたい。都内なので電波状況は比較的に良く、音質もそこそこにいい。昔のアナログ・ムーバーみたいな感じ。少なくともLine通話よりは断然いい。と言っても土日の19時〜21時くらいの時間帯は混雑しており、品質が落ち、切れることもあるが、光wifiにきりかえると全く問題はない。PHS並みの音質の良さも期待できる。

    【手続き・設定の簡単さ】
    eSimを申し込んだのに、フリーズの後物理Simを申し込んだことになり、その後が大変だった。

    【サポート】
    中古の楽天ミニを手に入れ、eSimで申し込んだのにもかかわらず、フリーズした後結果何故か物理Simを申し込んだことになってしまった。直ぐに電話で訂正をしたが、散々またされたあげくたらい回しにあい、繋がったかと思えばもう出荷したので戻せず、受け取り拒否にしてくれという指示にしたがったらさぁ大変。受け取り拒否の荷物が戻っていないだの、担当部箇所は別会社になっていてまだ確認が出来ないだの、責任者不在状態。結果eSimが入るまで一か月半もかかり期間中7人が担当したが、解決してあげようと真剣に取り組んだのは僅か。何かの間違いがあってトラブルがあったらどうにもならないのが現状。

  • OCN モバイル ONE

    OCN モバイル ONE|10GB docomo回線 データSIM

    【総評】
    駄目。バッテリーが1.5倍で消費している。異常。端末の寿命を減らす、エコじゃない。【データ量】
    良い。個人の使用量に応じたデータ量が用意されている。

    【インターネットの速度・つながりやすさ】
    かなり良い。不満がなかった。ahamoより速度が出ていることがあったので良かった。

    【通話】


    【手続き・設定の簡単さ】
    結構面倒。初心者には無理。サイトとプランを
    続きを読むシンプルにしないと駄目。

    【サポート】


  • 楽天モバイル

    楽天モバイル|Rakuten UN-LIMIT VI 1GB〜使い放題 楽天回線 音声通話SIM

    【総評】
    今の接続品質だと、無料期間でサブ回線ならいいですが、有料とかメイン回線としてはちょっとためらわれます。状況が改善しなければ、無料期間終了後は、毎月1GB未満通信用のSIMとして一応持っておこうと思いますが、メインで使うことはないでしょう。【データ量】
    1年間はデータ量制限なく無料なので、満足しています。

    【インターネットの速度・つながりやすさ】
    続きを読む屋外では安定してつながっていますが、都心オフィス(高層階)だと窓際に行かないと繋がりません。フロア中央の会議室に入ると繋がらず。 また、そこそこ大きな駅前で意外に繋がらないことがあります。 サブ回線だから良いですが、メインとしてはちょっと… ただ、つながる範囲はじわじわと広くなっているので、無料期間が終わるまでに安定することを期待。

    【通話】
    一応アプリは入れていますが、いつまで使うかわからないので、電話は使っていません。

    【手続き・設定の簡単さ】
    開通までは簡単でしたが、特典(ポイントバック)を受けるためにはいくつかの手続きを踏む必要があるのを忘れそうになりました。

    【サポート】
    チャットでサポートを受けられますが、お返事いただけるまで時間がかかります。チャットのメッセージを送って、忘れた頃に返事が来て、の繰り返し。電話で待たされるよりはマシですが…

体験レポート募集キャンペーン

格安SIMの体験レポート(口コミ・評判)を投稿して頂いた方の中から
抽選で10名様に1,000円分のポイントプレゼント!

レポートを書く

格安SIMカードの基礎知識まとめ

格安SIMカードとは?

格安SIMカードの概要

SIMカードというICチップをスマホ等に挿して、低価格でネットや通話を利用できるサービスのことを格安SIMと呼んでいます。
「MVNO」と呼ばれるSIMのサービスを提供している事業者は、docomo・auなどの大手携帯キャリアから回線を借りているため、低価格でも通信エリアはキャリアと同じです。

SIMカードにはどんな種類がある?

SIMカードには、「音声通話機能付きSIMカード」と「データ通信専用SIMカード」の2種類があります。
スマートフォンで通話もネットも使いたい方は「音声通話機能付きSIMカード」を選びましょう。ほとんどのプランがMNP(番号ポータビリティ)に対応しているため、現在利用している電話番号をそのまま引き継げます。ネットのみ利用したい方は「データ通信専用SIMカード」を選びましょう。

格安SIMは携帯大手キャリアと比べていくら安くなる?

携帯キャリアと音声通話SIMの料金比較

携帯大手キャリアと比べて、格安SIMには毎月の携帯代を大幅に節約できるプランが多数あります。毎月の料金の差が大きいため、通話をしない人であれば年間数万円を節約できます。しかし、格安SIMは、月額料金に通話料が含まれていないケースが多く、通常の通話料は22円/30秒と割高です。通話が多い方は通話アプリやかけ放題・通話定額オプションを利用し、通話料を抑えましょう。

※2018年4月25日時点の税込料金です。また、別途ユニバーサルサービス料がかかります。
※1 価格.com格安SIMカードカテゴリ掲載の5分の通話かけ放題オプションの平均価格
※2 価格.com格安SIMカードカテゴリ掲載の音声通話SIM 5GBプランの平均価格

格安SIMのメリット・デメリットは?

格安SIMのメリットとしては月額料金が安くなる・最低利用期間が短い・今の電話番号を引き継げるなどがあげられます。
一方、デメリットとしてキャリアメールが使えなくなる・携帯キャリアでの製品保証がなくなる・オンラインでの申し込みが主になるなどがあげられます。

メリット

月額料金が安くなる

携帯大手キャリアと比較して毎月の携帯代を大幅に節約できるプランが多数あります。

最低利用期間が短い

格安SIMの多くは、携帯キャリアのような「2年縛り自動更新」ではありません。音声通話SIMは、ほとんどのプランが最低利用期間12か月程度で、12か月後はいつ解約しても違約金がかかりません。

今の電話番号を引き継げる

MNPに対応しており、携帯キャリアで使用していた電話番号がそのまま使えます。

回線の品質はキャリアと同じ

インターネット・通話の回線は、MVNOがキャリアから借りて提供しているため同じです。もちろん、インターネット・メール・アプリ・SMS・動画などの機能も利用できます。

デメリット

キャリアメールは使えない

携帯キャリアを解約すると、キャリアメール(〜@docomo.ne.jp、〜@ezweb.ne.jp、〜@softbank.ne.jp)は使えません。格安SIMユーザーの多くはフリーメール(〜@gmail.com、〜@yahoo.co.jpなど)を利用しています。

製品保証がなくなる

現在の端末をそのまま利用する場合、携帯電話会社が提供している端末保証がなくなり、メーカー保証のみになります。Apple社の製品は、キャリア/格安SIM関係なくAppleのサポートが受けられます。

店舗が少ない

携帯キャリアと比較すると、店舗の数が少ない事業者が多いため、サポートは電話やメール中心です。SIMカードの挿入などの初期設定を自分で行う必要があります。

その他注意点

速度にばらつきがある?

MVNOは、docomoやauなどの携帯キャリアから回線を借りてサービスを提供しています。価格.comの格安SIMカード利用レポートでは、速度が遅い、時間帯によって速度にばらつきがあるなどのレポートがあるものの、月額料金が安い兼ね合いで満足している方が多いようです。

通話料金が高い?

格安SIMは、月額料金に通話料が含まれていないケースが多く、通常の通話料は22円/30秒と割高です。通話が多い方は通話アプリやかけ放題・通話定額オプションを利用し、通話料を抑えましょう。

MVNOとは?

MVNOの概要

格安SIMカードを提供している事業者は、docomo、auなどの携帯キャリアから電波インフラを借りて通信を行っています。このように電波インフラを他の企業から借りて、独自のサービスを提供する企業のことを「MVNO」(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者)と呼びます。プロバイダとして有名なOCN、BIGLOBE、家電量販店のビックカメラ、ヤマダ電機など様々な企業がMVNOとしてサービスを提供していますが、いずれもdocomoやauなどの携帯キャリアから回線を借りてサービスを提供しています。

格安SIMカードの人気料金プラン

格安SIMのおすすめの選び方は?

格安SIMカードの月額料金は、データ量によって決まります。データ量は1GB未満からデータ量無制限までの多彩な選択肢がありますが、格安SIMカード利用者の66.1%が毎月3GB未満のデータ量で利用しており、3GB前後のデータ量のプランに人気が集中しています。自分が毎月利用しているデータ量を元に、適切なプランを選びましょう。
また、通信速度は、大きく分けて高速(75Mbps以上)と低速(0.2Mbps前後)の2種類のタイプがあります。携帯キャリアと同じくらいの速度を求める場合は、通信速度75Mbps以上の高速プランを選びましょう。

価格.com 格安SIM・大手携帯キャリア 満足度ランキング2020の「格安SIM 利用データ容量」より

※ 当サイトに掲載している情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。

※ 掲載情報には価格.com格安SIMカード比較に参画する事業者が提供するPR情報が含まれています。

※ 各種割引や特典は事業者より提供されます。お申し込みの際は事業者による注意事項や規約等をよくご確認の上お手続きください。

※ SIMプランの動作確認済み端末や端末の通信制限(SIMロック)については、通信事業者またはご購入店にてご確認ください。

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止