価格.com

ギフト・プレゼント

土産口福論:Vol.004 ヨックモック シガール

vol.004 ヨックモック シガール

ジャンル
洋菓子
賞味期限
製造から60日
産地
東京
用途
会社 / 取引先 / 親・親族 / 友人・知人
  • ヨックモック シガール
  • ヨックモック シガール
  • ヨックモック シガール
  • ヨックモック シガール
  • ヨックモック シガール

こだわりをくるくる巻いて40年、
変わらないおいしさを作り続ける

まるで葉巻のような不思議な形をしたこのお菓子の名前は、「シガール」。これが誕生した1969年当時、普及していた量産型のクッキーは、安価で日持ちのするマーガリンやショートニングを使い、硬く焼き上げたものが中心でした。そんな中『ヨックモック』は、バターをたっぷりと使った繊細なクッキーの量産という常識破りな挑戦をします。しかし、薄く焼き上げたクッキーはもろく、扱うことすら難しい状態でとても販売できませんでした。そこで創始者が考えたのは”巻く”こと。葉巻のようにくるっと巻くことで、軽い口当たりを維持しつつ強度を上げることに成功します。こうして、味も形も常識破りな新しいクッキー「シガール」が誕生。軽い口当たりとバターの深いコクは今までにないリッチな味わいで、老若男女が虜になりました。『ヨックモック』がこだわりを"巻き込んだ"逸品を召し上がれ。

パッケージ

ヨックモック シガール パッケージ

華やかなクッキーとは対照的な落ち着いたデザインの包装

薄い黄色に渋い模様があしらわれた包装紙は、一見すると和菓子でも入っているよう。包装紙を開けると、『ヨックモック』のテーマカラーである深い青のパッケージが現れます。固い素材を使ったしっかりとした箱になっており、繊細なシガールを保護。中身の華やかなクッキーとは対照的な落ち着いたデザインが特徴で、改まった場の手土産にもぴったりです。

ディテール

ヨックモック シガール ディテール

バターをたっぷりと使うことで
深いコクと風味が表現されている

普通、クッキーの原材料で一番多く使われているものといえば小麦粉ですが、『ヨックモック』のシガールはなんとバターが最多。これ以上入れるとお菓子にならない、というギリギリまでバターの配分を増やすことで、高いコクと風味が表現されています。保存やコストを度外視し、おいしさだけを追求した高級クッキーは、老若男女に喜ばれる手土産です。

ヨックモック シガール ディテール

くるっと巻くことで味わえる
サクッとした極上の歯ごたえ

ラングドシャの繊細な口当たりを最大限に引き出すため、創始者は極限まで薄いクッキーを焼き上げました。しかし薄いクッキーはもろく、扱うことすら難しい状態に。試行錯誤の結果、巻くことによって食感はそのままに強度を上げることに成功しました。そうして出来上がったクッキーは、その見た目から"葉巻"を意味する「シガール」と名付けられたのです。

PHOTO:Yukihisa Ishii

このお土産をSNSでシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止