価格.com

ギフト・プレゼント

意味からまなぶ定番おせちメニュー:おせち特集

意味からまなぶ、定番おせちメニュー

おせちの食材はどれも大切な意味を持っています。これらの代表的な食材のいわれを知ると、より味わい深くなるでしょう。

  • 一の重

    祝い肴、口取りをたっぷり盛り付けした
    色鮮やかな段です。

  • 二の重

    海の幸を中心に、
    焼き料理を詰める段です。

  • 三の重

    たっぷりの根菜を煮物に仕上げて、
    いっぱいに詰めます。

  • 与(四)の重

    酢の物、和え物を入れる段。
    おせちにいっそうの彩りを添えます。

  • 五の重

    別名「控えの重」。神様から授かった
    福を詰めるため、空のままで。

量によってはお重の数を減らしてもOK。人数にあわせ柔軟に

5段もおせちを作るのはちょっと大変ですよね。用意にも時間がかかりますし、家族の人数によっては食べきれないかもしれません。
そんな時は、祝い肴と酢の物・和え物、焼き料理と煮物などを一緒にしてしまいましょう。最近は2〜3段にまとめ、「控えの重」は省略するのが主流です。
また、お重が用意できない時は大皿に並べてもOK。華やかに盛り付けましょう。

一の重〜おせちの主役。祝い肴(ざかな)を中心に彩りよく

  • 数の子

    数の子

    たくさんの卵が連なった数の子は、子宝と子孫繁栄の象徴。ニシンの卵なので「二親健在」という意味も。

  • 田作り(ごまめ)

    田作り(ごまめ)

    イワシの佃煮。昔はイワシを畑の肥料にしていたので、「田作り」「五万米」と呼ばれるようになりました。

  • 黒豆

    黒豆

    「まめ」には「勤勉」と「丈夫」2つの意味があります。勤勉に働き、丈夫に暮らせるよう願いをこめて。

  • たたきゴボウ

    たたきゴボウ

    ゴボウのように深く根を張り代々続くように、という意味。たたくのは、身を開いて「開運」を願うためです。

  • 伊達巻

    伊達巻

    くるくると巻かれた様子が書物や掛け軸に見えるため、知識や文化の発達を願う意味があります。

  • 紅白かまぼこ

    紅白かまぼこ

    日の出の形に似た半円形のかまぼこ。紅は「魔よけ」、白は「清浄」の意味を持つおめでたい色です。

  • 栗きんとん

    栗きんとん

    栗は「勝ち栗」と呼ばれる縁起物。金色に輝く様子がお金に見えることから「金団」と書き蓄財を表します。

  • 昆布巻き

    昆布巻き

    「こんぶ」と「よろこぶ」をかけ、喜びいっぱいの年を願います。数の子が付いた「子持ち昆布」もおめでたい。

おせちこぼれ話1

「祝い肴(ざかな)とは?」

祝い肴とは、読んで字のごとく「お祝いの席に出されるお酒の肴」のこと。おせちに欠かせない祝い肴は「三種肴」とも呼ばれ、関東では数の子・田作り・黒豆を指し、 関西では黒豆がたたきゴボウに変わります。おせちが用意できない年でも、この3品は押さえておきたいところですね。

二の重〜焼き物の重。海の幸を豪華に盛り付け

  • エビ

    エビ

    エビは腰が大きく曲がるので、「腰が曲がるまで長く生きられるように」と長寿を願う食材です。

  • ブリ

    ブリ

    ブリは成長の過程で名前が変わる「出世魚」。立身出世を願う時にいただく、縁起の良いお魚です。

  • 鯛

    その名前と「めでたい」をかけて、お祝いの席によく登場する有名なお魚。赤い体色が華やかですね。

おせちこぼれ話2

「おせちの調理方法について」

栗きんとんや伊達巻などはともかく、お魚や根菜などはいろいろな調理方法がありますよね。
おせち料理には5種類の調理方法(生のまま、焼く、煮る、揚げる、蒸す)を取り入れると良いとされていますので、 ここがしっかり網羅されていれば、ご家族が食べやすいように献立を工夫してもOKです。

三の重〜食べ応えたっぷりの煮物を中心に

  • レンコン

    レンコン

    穴の開いたレンコン。のぞけば向こう側がよく見えることから、将来の見通しがきくよう願いを込めます。

  • サトイモ

    サトイモ

    サトイモは、たくさんの小芋がひとつに連なって収穫されます。子孫繁栄を象徴する縁起のよい食材。

  • くわい

    くわい

    ちょっと変わった見た目のくわいですが、大きな芽が出た様子が「めでたい」という意味を持ちます。

おせちこぼれ話3

「おせちの品数、理想は“吉数”」

食材、調理方法など、すみずみまで気配りがされているおせち。 実は、一段に詰める料理の品数にも「縁起が良い」とされている数字があります。5種類、7種類、9種類などの奇数は、 昔から「吉数」とされ、縁起が良いと言われています。少しだけ、注意してみてください。

与の重〜酢の物、和え物の重。箸やすめにもぴったり

  • 紅白なます

    紅白なます

    紅いにんじんと白い大根が、お祝いの水引きに例えられます。根菜なので「しっかり根を張る」の意味も。

  • 菊花かぶ

    菊花かぶ

    菊は邪気を払うと言われ、不老長寿の象徴とされます。唐辛子を中心に乗せればより「花」らしい。

  • ちょろぎ

    ちょろぎ

    ちょろぎは「長老喜」「千世呂木」とも書かれます。どちらも長く生きられるように願う言葉です。

おせちこぼれ話4

「なぜ“四”ではなく“与”?」

昔の人は「言霊(ことだま)」という概念を大事にしていました。言葉には魂が宿り、いずれ実現すると考えていたのです。 四という字は読み方によっては「死」とも読めるため、お祝いの席にはふさわしくありませんでした。そこで「よん」という読みをもとに、おせちの四段目には「与」という字を当てたのです。

まだまだ知りたい、おせちのこと!

おせちには、すみずみにまで昔の人の「思い」が込められていること、感じていただけましたか?
実は、おせちのメニューだけではなく、いただき方や作り方にも、たくさんの意味が込められているんですよ。

すべてを網羅して行う必要はなく、できることだけでOKです。昔の人の思いや願いを感じ取りながら、ひとつひとつ大事に実践していきたいですね。

では、おせちにまつわる風習を、ちょっとだけのぞいてみましょう。

きちんと知りたい、日本のこころ。 おせち特集「おせち」にまつわるQ&A

おせちには、そのひと品ごとにまで昔の人の「思い」が込められていること、感じていただけましたか?実は、おせちのメニューだけではなく、いただき方や作り方にも、たくさんの意味が込められているんですよ。すべてを網羅して行う必要はなく、できることだけでOKです。昔の人の思いや願いを感じ取りながら、ひとつひとつ大事に実践していきたいですね。
三浦康子さん

今回お話をうかがったのは…

三浦康子さん(和文化研究家、ライフコーディネーター)

暮らしを彩る日本文化の情報発信に幅広くたずさわり、テレビ、ラジオ、雑誌、Webなどで活躍中。総合情報サイト・All About「暮らしの歳時記」ガイド、キッズgoo「こども歳時記」ナビゲーター、お正月ニッポンプロジェクト「お正月大学」教授もつとめており、連載多数。著書『粋なおとなの花鳥風月』(中経出版)、監修書『イラストでわかるおうち歳時記』(朝日新聞出版)などがある。

>>公式ホームページ

「ラクしておいしいおせちが食べたい!」お取り寄せ派のあなたに

お取り寄せおせちの選び方2021

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止