価格.com

ギフト・プレゼント

おせちの由来・風習:おせち特集

おせちの由来

おせちの由来

「おせち」の語源は、「節供(せちく)料理」といいます。

もともとはお正月だけでなく、桃の節句(3月3日)、端午の節句(5月5日)など、節目の行事ごとに神様へお供えする料理のことでした。
それが長い年月を経て、一年でもっとも重要な「正月の節供料理」を指すようになり、“おせち”と略され、定着していったのです。

おせちには、旬の食材やその土地の特産物、縁起物などがふんだんに盛り込まれます。
それらの持つ力を心身に取り込み、新年の幸せをさずかりましょう。

おせちに入れるもの

おせちに入れるもの

おせちは、日本料理の礎となる「五味 (甘い、塩辛い、辛い、苦い、酸っぱい)」、「五色 (白、黒、黄、赤、青)」、「五法 (生のまま、焼く、煮る、揚げる、蒸す)」を基本に構成されます。

また、使う食材はどれも縁起の良いものばかり。「一年を幸せに過ごせますように」と、願いをこめた料理が重箱に並びます。

数の子、黒豆、エビや昆布巻き…。代表的な食材は知っていても、その意味まで考えたことはあまりないのでは?
ぜひ今年は、ひとつひとつに込められた「思い」も感じながらいただきましょう。

きちんと知りたい、日本のこころ。おせち特集 意味からまなぶ、定番おせちメニュー

「おせち」についての決まりごと

「おせち」についての決まりごと

おせちにまつわる風習には、どれも大切な意味が込められています。
単なる決まりごととしてではなく、そこに込められた「思い」を感じながら実践していきたいですね。

例えば、「お正月には台所の神様もゆっくり休んでほしいから」おせちは大晦日までに完成させます。
また、箸も普段使用しているものではなく、「片側を神様が使い、共に食事ができるように」両側が細く削られた祝い箸を使っていただきましょう。

おせち料理には、ひとつの大きな目的があります。
それは「年神様をお迎えして、みんなで一緒に食事をすることで、新年の幸せを授かる」ということ。年神様とは新年の神様で、正月行事は、年神様を迎えるための行事なのです。
その気持ちさえきちんとこもっていれば、すみずみまで形式に囚われなくても大丈夫ですよ。

きちんと知りたい、日本のこころ。 おせち特集「おせち」にまつわるQ&A

三浦康子さん

今回お話をうかがったのは…

三浦康子さん(和文化研究家、ライフコーディネーター)

暮らしを彩る日本文化の情報発信に幅広くたずさわり、テレビ、ラジオ、雑誌、Webなどで活躍中。総合情報サイト・All About「暮らしの歳時記」ガイド、キッズgoo「こども歳時記」ナビゲーター、お正月ニッポンプロジェクト「お正月大学」教授もつとめており、連載多数。著書『粋なおとなの花鳥風月』(中経出版)、監修書『イラストでわかるおうち歳時記』(朝日新聞出版)などがある。

>>公式ホームページ

「ラクしておいしいおせちが食べたい!」お取り寄せ派のあなたに

お取り寄せおせちの選び方2021

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止