ハードディスク ケースの選び方

ホーム > パソコン > ハードディスク ケース > ハードディスク ケースの選び方

選び方ガイド 自分に最適な製品選びをサポート

「どんなタイプを選べばいいの?」「接続方式がイマイチわからない」「メーカーの違いは何?」など、ハードディスク ケース(以下、HDDケース)選びの際に浮かぶ疑問を解決できるのが選び方ガイドです。HDDケース選びに必要な基礎知識、用語解説はこちらでチェックしましょう!

製品選びの前に

HDDケースとは何か?

HDDケースとは、内蔵用HDDを外付けHDDとして利用するために用いるアイテムです。使用されているHDDのメーカーがわからない外付けHDDと異なり、自分が好きなメーカーを選ぶことができる安心感があります。また、内蔵用HDDとHDDケースを購入して外付けHDDを"自作"することで、同じ容量の外付けHDDを購入するよりコストを抑えられることもあります。近年普及が進むSSDも規格があえば使用可能で、対応を謳う製品も登場しています。

タイプは主に2種類

HDDケースは、内蔵用HDDをケースに収納するケースタイプと、ケースのスロットにセットする取り付けタイプの2種類に分かれます。そのほか、一時的に外付けHDDとして利用するのに適したケーブルタイプも用意されているので、用途にあわせて選ぶとよいでしょう。

ケースタイプ

携帯性と耐久性が強み

ケースタイプ

HDDを交換する際は取り外しと取り付けに手間がかかるので、データを読み書きしたいHDDがいくつかある場合は複数のHDDを同時に搭載できるモデルを検討するとよいでしょう。

取り付けタイプ

HDDの取り付けや交換が簡単

取り付けタイプ

カセットをはめるように、スロットに内蔵用HDDを取り付けるだけで利用できるタイプです。接続が簡単なためHDDの交換を容易に行え、用途ごとにHDDを入れ替えて使用するといった利用方法にも適しています。ただし、HDDがむき出しになるので、ホコリの侵入や落下時の破損などの懸念もあります。

安価で取り付け簡単なケーブルタイプは一時的な利用に

安価で取り付け簡単なケーブルタイプは一時的な利用に
内蔵用HDDにケーブルを直接取り付けるタイプです。最大のメリットは価格が安いことと取り付けが簡単な点です。ただし、ケーブルはただ差し込むだけで固定されていないので外れやすく、長期間の使用には向いていません。内蔵用HDDを外付けHDDとして一時的に利用する程度にとどめておきましょう。

このページの先頭へ

選び方のポイント

HDDケース選びで、重要なポイントは2つ。「ケースと内蔵用HDDを接続するとき」、「ケースとパソコンを接続するとき」に、それぞれの“接続条件”を満たしておくことです。これを前提に、「その他の機能」を選びましょう。

HDD接続時のポイント 〜内蔵用HDDの仕様・数で選ぶ〜

まずは接続したい内蔵用HDDの仕様をチェックし、内蔵用HDDのサイズやコネクタにあったHDDケースを選びましょう。また、ストレージを構築したい場合は、希望する容量の構築に必要な内蔵用HDDの台数を考え、それらが搭載可能なケースを選ぶようにしましょう。

規格サイズをチェック

HDDサイズをチェック

内蔵用HDDのサイズは、3.5インチと2.5インチの2タイプが主流です。なかには1.8インチや5インチもありますが、数は限られています。HDDケースも同様で、3.5インチ対応と、2.5インチ対応、その両方に対応したもの(2.5/3.5インチ)の3タイプがほとんどを占めています。収納予定のHDDのサイズに対応したケースを選びましょう。

規格サイズで選ぶ

HDDとの接続コネクタをチェック

HDDとのコネクタをチェック

内蔵用HDDのコネクタに対応したHDDケースを選びましょう。内蔵用HDDのコネクタのうち、HDDケースと接続できるのは「SATA」と「IDE」の2種類です。一般的に2006年以降に発売されたHDDはSATAを、それ以前のHDDはIDEのコネクタを採用しているケースが多くなっています。

HDDとのコネクタで選ぶ

搭載するHDD台数をチェック

搭載するHDD台数をチェック

HDDケースには、1個で内蔵用HDDを複数台搭載できるタイプがあり、なかには10台も搭載できるモデルもあります。希望する容量構築に必要なHDDの台数をあらかじめ決めておくことで、HDDケース選びもスムーズに行えます。


HDD搭載可能台数で選ぶ

パソコン接続時のポイント 〜インターフェイスをチェック〜

続いて、HDDケースとパソコンを接続するときに重要となるポイントが接続インターフェイスです。両端末を結ぶインターフェイスの種類は大きく分けて「USB」、「eSATA」の2タイプがあります。お手持ちのPCがどのインターフェイスに対応しているのかあらかじめ確認し、それに対応したHDDケースを選びましょう。

USB

現在、ほとんどのパソコンにUSBポートが搭載されているため、USB接続対応のHDDケースを選んでおけば、まず問題ありません。USB3.0であれば、従来の形式よりも高速でデータ転送が可能です(※パソコン・HDDケースともにUSB3.0対応の場合)。

USB搭載製品を探す

USB3.0搭載製品を探す

eSATA

他の接続形式と比較して、大容量のデータを高速転送できるのが特長。外付けに特化したタイプで、頻繁な抜き差しに耐えるコネクタを採用しています。

eSATA搭載製品を探す

その他の機能をチェック

RAID

複数のHDDを組み合わせて、読み書き速度の高速化やデータの安全性向上を図る技術のことです。一般的に利用されるモードは、複数のHDDにデータを分散して保存する「RAID 0」、2台のHDDへ同じデータを同時に書き込む「RAID 1」です。

RAID搭載製品を探す

冷却ファン

HDDのような精密機器は最適な温度環境の下で作動させる必要があります。できるだけ長持ちさせたい場合には、ケースを冷やす冷却ファンを搭載したモデルを選択すると良いでしょう。


冷却ファン搭載製品を探す

PC電源連動機能

接続したパソコンに連動して、ケース電源のON/OFFを切り換えられる機能です。消費電力を抑えたい場合には、これを搭載したモデルを選びましょう。手動で電源を入れたり、切ったりする手間も省略することができます。

PC電源連動機能搭載製品を探す

電源

家庭用電源を使用するACタイプと、パソコンから電力を確保できるUSBタイプ、さらにその両方が搭載されたUSB/ACタイプの3種類があります。


電源の種類から選ぶ

このページの先頭へ

主なメーカー

玄人志向(クロウトシコウ)

玄人志向

高性能で安い製品が豊富
上級者から高い支持

一部のシリーズを除き、サポートサービスや日本語説明書などを省いてコストを抑えたことで、高性能で安い製品が豊富に揃います。パソコンに詳しい上級ユーザーから高い支持を得ています。

玄人志向製品を探す

センチュリー(CENTURY)

センチュリー

ユニークなネーミングが
特長で初心者にも人気

内蔵用HDDをより手軽に使用できる「裸族シリーズ」など、ユニークなネーミングの製品で有名。使いやすさから、上級ユーザーのみならず、初心者にも人気のメーカーです。

センチュリー製品を探す

ロジテック(Logitec)

ロジテック

初心者向きの製品が豊富
安定した技術力に定評あり

パソコン周辺機器では認知度が高く、技術力に定評があります。上級ユーザーを満足させる多機能の製品だけでなく、低価格のエントリーモデルも豊富。初心者にも使いやすいメーカーです。

ロジテック製品を探す

MARSHAL(マーシャル)

MARSHAL(マーシャル)

ユーザー目線の使いやすさと高いコスパが人気

低価格ながら高品質を強みとする、「ローコストプレミアムシリーズ」が人気のメーカー。安さだけでなく、簡単に着脱できるといった、ユーザー目線のものづくりが特長です。

MARSHAL製品を探す

このページの先頭へ

FAQ(よくある質問と回答集)

QUSBに対応したHDDケースでは、USB3.0とUSB2.0のどちらに対応した製品を買えばいいですか?
Aデータの読み書き速度にこだわるならUSB3.0を選びましょう。
パソコン・HDDケースともにUSB3.0対応であれば、データの読み書きを高速で行えます。ご使用のパソコンにUSB3.0端子がある場合や、近い将来パソコンの買い換えを検討している場合は、USB3.0対応モデルを選ぶとよいでしょう。なお、HDDケースとパソコンのどちらかがUSB3.0非対応の場合でも使用は可能です。ただし、上位規格(USB3.0)が下位規格(USB2.0)に速度を合わせるため、USB2.0の速度での使用となります。

このページの先頭へ

このページの先頭へ