ペンタブレットの選び方

ホーム > パソコン > ペンタブレット > ペンタブレットの選び方

選び方ガイド 自分に最適な製品選びをサポート

ペンタブレットとは?

ペンタブレット(ペンタブ)とは、パソコンと接続したタブレットの上を専用のペンでなぞることで、カーソル(ポインタ)の移動や描画などを行える機器です。マウスよりも正確で繊細な操作ができるため、パソコンでのイラスト作成や絵画制作などで使われます。機種によってはペンの筆圧や傾きを感知できる機構が内蔵されており、力の入れ具合やペンの傾きに応じた線の太さや色の濃淡を表現できます。

ペンタブレットの選び方のポイント

選び方のポイント

手元を見ながら書きたい人は液タブ
価格を安く抑えるなら板タブを選ぶ

ペンタブには、描き込む部分に液晶ディスプレイを搭載し、パソコン画面だけでなくペンタブ上でも描いた線を確認できる「液タブ」(液晶型タブレット)と、液晶は非搭載で描いた線はパソコンの画面上で確認するタイプがあります。後者は液タブに対して「板タブ」と呼ばれます。手元を見ながら描きたい場合は液タブを選びましょう。板タブは慣れが必要ですが、価格を抑えることができます。なお、液タブのなかにはパソコンとの接続なしに作業ができるものも存在します。

絵画など腕で大きく描くなら入力範囲は大きめを
マンガなど手先の描画が中心なら小さめでもOK

ペンを操作して入力を行う範囲の大きさは操作性に大きく関わる要素です。絵画のように腕全体を大きく動かす描き方をするなら入力範囲も大きめのものがよいでしょう。一方、マンガなどのように手首を使って細かく手先で描くのがメインであれば入力範囲は小さくて大丈夫です。

製品を探す

このページの先頭へ

機能・スペックをチェック

製品の細かな仕様までじっくりと吟味して選びたい人は、各機能でできることやスペック項目の意味を理解することでより選びやすくなります。製品選びで重要な項目を以下で詳しく解説していきますので、自分にぴったりな製品探しに役立ててください。価格.comでは、これらの項目を使って製品を絞り込むことが可能です。

筆圧レベルをチェック

感知できる筆圧の細かさのレベルは数値で示されており、数字が大きいほど細かな筆圧の強弱を読み取れます。

入力範囲をチェック

実際にペンを操作して入力を行う範囲を表します。液タブの場合はこの大きさがほぼ液晶ディスプレイと等しくなるので使い勝手をイメージしやすいでしょう。一方、板タブの場合はパソコンのモニターサイズに対して入力範囲が小さいと少しの動きが大きい描画になり、逆にモニターに対して入力範囲が大きいと手を大きく動かす必要があるため、適切なバランスの大きさを選ぶ必要があります。一般的にバランスがよいとされるサイズの目安を表にまとめているので参考にしてみるのもよいでしょう。

入力範囲で絞り込む

ペンタブレットの入力範囲目安
ディスプレイサイズ 入力範囲目安
〜15インチ 幅:150mm程度、奥行き:100mm程度
15〜24インチ 幅:200mm程度、奥行き:150mm程度
24インチ〜 幅:300mm程度、奥行き:200mm程度

※感覚には個人差があるため、あくまで目安としてご参照ください。

このページの先頭へ

FAQ(よくある質問と回答集)

Qパソコンとワイヤレスで接続できるタブレットはありますか?
A各社からBluetoothなどに対応したワイヤレスのモデルが発売されています。
専用のワイヤレスレシーバーをパソコンのUSB端子に接続するタイプと、Bluetoothで接続するタイプがあります。
Q液晶ペンタブレットとはどのようなものですか?
A板型のタブレットとディスプレイが一体化したタイプのペンタブレットです。
板タブではパソコンのディスプレイを見ながら作業をしますが、液晶ペンタブレットではタブレット自体がディスプレイになるのでより直感的な操作が可能になります。
Qタブレットのサイズは大きければ大きいほどよいのでしょうか?
A大きいほど細かなペンの入力を認識できるといえますが、その分広いスペースが必要になります。
大きなペンタブレットは、価格が高い、長い線を引くためにペンを大きく動かさないといけない、スペースが必要といったこともありますが、細かなところまで描き込めるという大きなメリットがあります。一方、小さなペンタブレットは、ペンを少し動かすだけで線が引ける、小さくて持ち運びに便利といったメリットがありますが、細かいところは描きにくくなります。用途や使い方にあわせて選ぶとよいでしょう。
Qビジネスタイプのペンタブレットとはどのようなものですか?
A明確な定義はありませんが、ビジネスの現場で使用することを想定した機能が搭載されています。
具体的には、持ち運びに便利な薄型・軽量ボディに加え、録音機能やパワーポイントなどでプレゼンを行う際にタブレットを使って書き込んだ文字やカットをそのまま保存できる機能などがあります。

このページの先頭へ

このページの先頭へ