USBメモリーの選び方

ホーム > パソコン > USBメモリー > USBメモリーの選び方

選び方ガイド 自分に最適な製品選びをサポート

USBメモリーは、外付けHDDなどと同じように、データを保存するための周辺機器。WindowsやMac OSを搭載するパソコンなら接続するだけで利用でき、本体が小型かつ軽量であるため、持ち運びも容易です。そんなUSBメモリーの選び方を解説します。

USBメモリー選びの前に

USBメモリーの進化

データを保存するという単純な役割のUSBメモリーですが、ここ数年で大幅な進化を遂げました。大容量化や書き込み速度の向上、スマートフォンへの対応など、その進化の内容をまずはチェックしてみましょう。

小型化&大容量化!指先サイズで数十GBも当たり前に

小型USB

技術の進歩により、小型サイズながらも大容量を記憶できるUSBメモリーが当たり前になりました。USBメモリー内のデータ保存を担う部品・フラッシュメモリーの小型化にともない、USBメモリー自体も小型に。また、記憶容量も主流であった2〜4GBから16〜32GBになりました。指先サイズの製品でも、32GB超の容量を実現しています。

スマートフォンとPCの両方に対応

スマートフォンとPCの両方に対応! 端子を2種類搭載したモデルが増加中

USBメモリーの中には、パソコンと接続して使用するためのUSB端子以外に、スマートフォンと接続可能な端子を持ち合わせたモデルもあります。iPhoneのLightning端子やスマートフォンのmicroUSB端子を持ったUSBメモリーであれば、それらと直接接続し携帯電話やスマートフォン内の写真をコピーしたり、データをバックアップしたりできます。

このページの先頭へ

USBメモリーの選び方のポイント

USBメモリー選びでチェックすべき項目

USBメモリー選びでチェックすべき項目

用途に合ったデータ容量を選ぶ

大容量ファイルを読み書きするならUSB3.1 Gen1(USB3.0)以上の規格を

ビジネスで使うならセキュリティ機能は必須

自分にぴったりのUSBメモリーを選ぶには、目的を明確にするのが早道です。たとえば、パソコンとの間でファイルサイズの小さなデータをコピーしたいだけなら、価格重視で選んでも問題ないでしょう。一方で、データのバックアップが目的なら容量を重視すべきですし、大容量の写真や動画をよく扱うのならば、速度に注目すると快適に利用できます。購入前に検討しておくべき要素をチェックしていきましょう。

容量をチェック

自分の用途に応じて、大容量な製品を選ぶかどうかを検討してみましょう。保存可能容量の目安として、32GBの場合、1500万画素の写真で約5800枚、フルHD動画なら約5時間収録可能です。なお、容量32GBの場合数百円の製品が多く販売されており、低価格化がかなり進んでいることがわかります。

容量から選ぶ

転送速度をチェック

大容量のファイルをUSBメモリーで読み書きする場合には、高速でデータ転送できるUSB3.1 Gen1(USB3.0)規格以上のモデルを選びましょう。ただし、データを受け取るパソコン側もUSB3.1 Gen1(USB3.0)に対応している必要があるので注意が必要です。また、同じUSB3.1 Gen1(USB3.0)モデルでもフラッシュメモリーやコントローラーの性能によって読み書き速度が異なるので、製品ページやカタログをチェックしましょう。

USB3.1 Gen1(USB3.0)対応製品を探す

セキュリティ機能をチェック

USBメモリーを持ち歩いて利用することが多い人には、紛失による情報漏洩の危険がともないます。ビジネス用途であればなおさら、内容を暗号化するセキュリティロック対応のUSBメモリーが必須となります。

セキュリティロック対応製品を探す

端子形状をチェック

USB Type-Cは、USB3.1規格で策定されたコネクターで、表裏の区別なく差し込むことが可能な小型の端子です。1本のケーブルで、映像出力と電源供給も行えます。なお、現在一般的なUSB端子はUSB Type-Aです。また、iPhoneやiPadなどを充電器やパソコンにつなぐ際に使用する「Lightningコネクタ」は、Apple社の独自規格です。リバーシブル仕様のため、表裏を気にせずに差し込むことができます。

USB Type-C対応製品を探す
Lightning製品を探す

タイプ・形式をチェック

このページの先頭へ

USBメモリーの人気ランキングはコチラでチェック

USBメモリーの主なメーカー

SANDISK(サンディスク)

SANDISK(サンディスク)

世界でも評価の高いフラッシュメモリーメーカー

フラッシュメモリーの老舗で、SDカードでも有名な世界的に評価が高いメーカー。低価格なモデルからスマートフォン、タブレット、パソコンなどさまざまな端末で使えるモデルなど、ラインアップが豊富です。

SANDISK(サンディスク)製品を探す

キオクシア(Kioxia)

キオクシア(Kioxia)

国内自社生産で信頼感◎のフラッシュメモリー

すべてのUSBフラッシュメモリーを国内で製造しており、安心感は抜群。シンプルで使いやすいタイプを中心に取りそろえており、コストパフォーマンスの高さも評価されています。

キオクシア(Kioxia)製品を探す

バッファロー(BUFFALO)

バッファロー(BUFFALO)

製品ラインアップが豊富な国内メーカー

国内最大級の周辺機器メーカーです。個人向けモデルはカラーバリエーションが豊富で、自分の好みに合わせてチョイスしたり、個性を発揮したりできます。

バッファロー(BUFFALO)製品を探す

HI-DISC(ハイディスク)

HI-DISC(ハイディスク)

シンプルなデザインをラインアップ

シルバー系、ホワイト系のシンプルなデザインの製品を多くラインアップしています。キャップ式タイプの製品では、キャップと本体の両方にストラップホルダーがついている製品もあり、紛失防止に役立ちます。

HI-DISC(ハイディスク)製品を探す

このページの先頭へ

FAQ(よくある質問と回答集)

Qパソコンの端子がUSB2.0だと3.0の製品は使えませんか?
A3.0の転送速度は出ませんが、使用は可能です。
USBメモリーと接続機器のどちらかが3.0でもう片方が2.0の場合も問題無く使用することができます。ただし、転送速度は2.0の能力となりますので、3.0の速度の恩恵は得られません。
Q外付けモバイルHDDと比較してどちらを選べばよいですか?
A手軽さならUSBメモリー、速度と容量なら外付けHDDがよいでしょう。
USBメモリーと似たジャンルの製品に、携帯型外付けHDDがあります。いずれもUSB端子に接続するだけでデータを保存できる便利な機器です。大きな特長として、USBメモリーは軽量かつコンパクト、外付けHDDは200g程度と重いですが、500GB〜3TB程度の大容量モデルがそろっています。使い分けるなら、気軽にデータを持ち運びたい人はUSBメモリー、容量の大きさを求める人は外付けHDDがよいでしょう。
Qファイルフォーマットとは何ですか?
A記憶装置(ストレージ)のデータ保存のルールです。
USBメモリーをはじめ、記憶装置にデータをどのように保存するかをルール付けしたものがファイルフォーマットです。USBメモリーを初期化する際に、どのフォーマットを利用するかを選びます。Windows 10では「NTFS」と「exFAT」の2種類を選択できますが、前者はWindowsのみで、後者はWindowsとMac OSでファイルをやり取りする場合に利用します。

このページの先頭へ

用語集

暗号化
第三者にデータを読み取られないように、一定の法則にしたがってデータの内容をでたらめにすることです。USBメモリーのデータ保護のほか、インターネット通信の内容を盗聴されないようにするためなど、さまざまなシーンで利用されます。暗号化した内容を元に戻すことを「復号化」といいます。
コントローラー
USBメモリーが搭載する部品で、読み書きするデータを制御する司令塔です。コントローラーの性能も、USBメモリーの読み書きの速度を決める一因です。
フラッシュメモリー
データの読み書きを素早く行える軽量な半導体メモリー。通電していなくてもデータを保持できる記憶媒体で、USBメモリーにおいて実際にデータを記憶する部品に使われます。その他にも、カード型のメモリーやSSDなどさまざまな形で利用されています。
USBマスストレージクラス
ドライバー(周辺機器を利用するために必要なプログラム)をインストールすることなく、接続するだけで記憶装置(ストレージ)として認識できる仕組みのことです。

このページの先頭へ

このページの先頭へ