ビデオキャプチャの選び方

ご利用案内
ホーム > パソコン > ビデオキャプチャ > ビデオキャプチャの選び方

ビデオキャプチャの選び方

価格.com ユーザーが編集するビデオキャプチャの選び方のガイドです。ビデオキャプチャ選びに必要な基礎知識、用語解説はこちらでチェック!

概要編集する

ビデオキャプチャとは、パソコンに表示された映像を動画ファイルとして取り込み、保存するための機器です。以前はビデオテープに録画された映像を取り込むための製品が中心でしたが、最近では、ビデオカメラやデジタル一眼レフカメラで撮影したフルハイビジョン映像を取り込むことができる製品も増えています。

主なメーカー

最終更新:マハーバリプラム 2014/04/22 13:52:12

選び方のポイント編集する

エンコード方式

エンコード方式にはハードウェアエンコードソフトウェアエンコードの2種類あります。ハードウェアエンコードは、映像のデータ圧縮などをビデオキャプチャに搭載されたエンコード専用LSIによって行います。処理中はCPUに負荷がかからないため、ほかの操作も並行して行うことができます。これに対して、ソフトウェアエンコードは文字通りソフトウェアで処理を行うものです。CPUに大きな負荷がかかるため、ほかの操作ができないほか、CPUの性能が足りなければ、コマ落ちが起きてしまうこともあります。しかし、価格はハードウェアエンコードの製品よりも安いというメリットがあります。

解像度

SD映像の最大解像度は720×480ドット。ハイビジョン映像の最大解像度は1920×1080ドットとなります。最近では、プロ向けモデルで4Kに対応する製品も登場しました。なお、キャプチャした動画でも、後から解像度を変更することができます。

タイプ

内蔵型

PCIスロットもしくはPCI-Express x1スロットに挿入して使用するタイプです。PC内部に収納して使用するので場所を取らないのがメリットです。ただし、デスクトップパソコンのみが対応しており、液晶一体型パソコンやノートパソコンでは利用できません。

外付型

USBで接続する外付けタイプです。

最終更新:マハーバリプラム 2014/04/22 13:40:45

FAQ(よくある質問と回答集)編集する

Q:Mac OSでは利用できませんか?

A:利用できる製品もあります
ビデオキャプチャの大半がWindows OSのみに対応していますが、UBS接続の外付けタイプの一部やThunderbolt接続可能なモデルで対応しています。

最終更新:マハーバリプラム 2014/04/22 13:41:31

用語集編集する

3次元YC分離

水平・上下・時間軸の3次元から、映像信号を輝度信号と色信号を分離する回路のこと。2つの信号にきれいに分離することで、映像の色のにじみやちらつきを抑えることができます。

TBC

アナログVTR再生時の映像の細かな揺れや歪み、色の変動を補正する機能です。

3D-DNR

3次元ノイズリダクション。アナログ映像信号に混在するノイズをデジタル処理で低減する機能で、2次元ノイズリダクションに比べて、元の映像への影響が少ないというメリットがあります。

最終更新:マハーバリプラム 2013/10/02 14:27:20

ビデオキャプチャ トレンド

  • メーカー
  • 価格帯

価格.comにおいて、どのメーカーの製品が売れ筋なのかがわかります。製品選びの参考にしてください。

棒グラフ円グラフ
  • 2019年6月のトレンド情報です

ビデオキャプチャ なんでも掲示板  -ビデオキャプチャに関する話題ならなんでも投稿できる掲示板-

このページの先頭へ