イヤホン・ヘッドホン 比較表

  • 5
編集結果をURLで送る

1つ前の編集結果に戻す 編集結果をすべてリセット

移動製品を右に移動
製品を削除
製品を左に移動移動製品を右に移動
製品を削除
製品を左に移動移動製品を右に移動
製品を削除
製品を左に移動移動製品を右に移動
製品を削除
製品を左に移動移動
製品を削除

製品名

ATH-AD300ATH-AD400ATH-AD500ATH-AD700ATH-AD900

メーカー

オーディオテクニカオーディオテクニカオーディオテクニカオーディオテクニカオーディオテクニカ

製品画像

     

最安価格

価格情報の登録がありません価格情報の登録がありません価格情報の登録がありません価格情報の登録がありません価格情報の登録がありません

ランキング

発売日

2003/10/212003/10/212003/10/212003/10/212004/11/21

クチコミ件数

312519324066

評価点数(平均点)

 

満足度

4.10 (33人) 4.43 (16人) 4.47 (39人) 4.51 (35人) 4.72 (16人)

デザイン

3.684.194.184.113.95

高音の音質

3.564.664.574.584.63

低音の音質

3.072.573.463.714.16

フィット感

4.614.794.644.814.30

外音遮断性

2.132.451.362.422.38

音漏れ防止

1.831.491.121.892.08

携帯性

1.851.761.572.092.12

ユーザーレビュー

 

満足度4点以上

満足度: 5

値段を考えるととても良い
4000円くらいの商品ということを前提に。 デザイン まぁ普通でしょうか。 プラスチック感は少し...続きを読む

満足度: 5

6年使用しての感想
【デザイン】 個人的には好きです。 【高音の音質】 これが最大の売りだと思います。密閉型ヘッドホン...続きを読む

満足度: 5

期待していなかっただけにビックリ!
本日購入しました。 まだエージングもしていないのですが、思った以上のクオリティだったため早速レビュー...続きを読む

満足度: 5

低音にも満足
音は再生環境に依存します。 さすがにiPodでは迫力ある音にはなりませんが 私の場合PCにおいて サウ...続きを読む

満足度: 5

ATH-AD900のレビュー 。
何でSONYとかに行くのか全然分かりません。 あえて、視聴する迄もなく。 ゼンハイザーは別にして、ヘッド...続きを読む

満足度2点以下

満足度: 2

この形のヘッドホンは、手を出したことがないので、このシリーズには価格帯いろいろありますが、この機種を...続きを読む

満足度: 2

全体的に中途半端なモデルだと思う。 価格が価格、しかもオープンエアーモデルなので多くは望めないとして...続きを読む

2点以下のレビューコメントは
まだ投稿されていません

2点以下のレビューコメントは
まだ投稿されていません

2点以下のレビューコメントは
まだ投稿されていません

価格推移グラフ

 

グラフの凡例

赤:最安値 青:平均価格
価格変動価格変動価格変動価格変動価格変動

スペック

 

基本仕様

 

タイプ*1help

オーバーヘッド オーバーヘッド オーバーヘッド オーバーヘッド オーバーヘッド

装着方式help

         

構造help

開放型(オープンエアー) 開放型(オープンエアー) 開放型(オープンエアー) 開放型(オープンエアー) 開放型(オープンエアー)

駆動方式

ダイナミック型 ダイナミック型 ダイナミック型 ダイナミック型 ダイナミック型

プラグ形状

標準プラグ/ミニプラグ 標準プラグ/ミニプラグ 標準プラグ/ミニプラグ 標準プラグ/ミニプラグ 標準プラグ/ミニプラグ

インピーダンスhelp

32 Ω 32 Ω 66 Ω 32 Ω 35 Ω

音圧感度help

96 db 96 db 98 db 98 db  

再生周波数帯域

20Hz〜25kHz 20Hz〜27kHz 10Hz〜30kHz 5Hz〜30kHz 5Hz〜35kHz

ドライバサイズhelp

40 mm 40 mm 53 mm 53 mm 53 mm

コード種類

         

最大入力

         

充電端子

         

ワイヤレス機能

 

ワイヤレスhelp

         

Bluetoothバージョン

         

連続再生時間

         

充電時間

         

対応コーデックhelp

         

NFChelp

         

NFMI・MiGLO対応help

         

TWS Plus対応

         

マルチペアリング対応help

         

機能

 

リケーブルhelp

         

ノイズキャンセリングhelp

         

ハイレゾhelp

         

マイクhelp

         

外音取り込み

         

音質調整

         

自動電源ON機能

         

自動電源OFF機能

         

防水・防滴性能

         

サラウンドhelp

         

リモコンhelp

         

マグネット連結対応

         

折りたたみhelp

         

DTS Headphone:Xhelp

         

Dnotehelp

         

サイズ・重量

 

コード長

3 m 3 m 3 m 3 m 3 m

重量

250 g 230 g 260 g 280 g 250 g

1つ前の編集結果に戻す 編集結果をすべてリセット

メモ(全角200文字まで) 【注意】ページが切り替わるとメモは削除されます。メモを残したい場合、『編集結果のURLを表示する』ボタンをご利用ください。

編集結果をURLで送る編集結果を保存したい方は、表示されたURLをブックマーク等してください。

※イヤホン・ヘッドホン項目解説

*1タイプ

  • オーバーヘッド型

    オーバーヘッド型

    ヘッドバンドを頭に載せ耳をはさみこむタイプ。小型で軽量のタイプや、外出時に便利な折りたためるタイプもある。

  • インナーイヤー型

    インナーイヤー型

    耳の穴に軽く押し込むタイプ。付属ヘッドホンはほとんどこのタイプ。オープンエアー型が多く、音漏れしやすい。

  • 耳かけ型

    耳かけ型

    耳にひっかけるタイプ。耳に密着しないため耳への負担は少なめだが、隙間ができやすく音漏れしやすい。

  • カナル型

    カナル型

    耳栓のように、イヤホンを耳の穴の中に押し込むタイプ。密閉感が高く、外部の音が聞こえにくい。

  • オーバーヘッド型

    ネックバンド型

    ハンドを首の後ろからまわしこんで、耳をはさみこむタイプ。オーバーヘッド型より小型のものが多い。

このページの先頭へ