イヤホン・ヘッドホン 比較表

  • 5
編集結果をURLで送る

1つ前の編集結果に戻す 編集結果をすべてリセット

移動製品を右に移動
製品を削除
製品を左に移動移動製品を右に移動
製品を削除
製品を左に移動移動製品を右に移動
製品を削除
製品を左に移動移動製品を右に移動
製品を削除
製品を左に移動移動
製品を削除

製品名

MDR-Z300MDR-Z500DJMDR-Z600MDR-Z700DJMDR-Z900HD

メーカー

SONYSONYSONYSONYSONY

製品画像

     

最安価格

価格情報の登録がありません価格情報の登録がありません価格情報の登録がありません価格情報の登録がありません価格情報の登録がありません

ランキング

発売日

-1999/4/10-1999/4/10-

クチコミ件数

8111113245210

評価点数(平均点)

 

満足度

3.36 (6人) 4.44 (19人) 4.36 (22人) 4.45 (24人) 4.02 (40人)

デザイン

3.294.004.054.564.12

高音の音質

2.624.444.094.174.29

低音の音質

3.954.434.324.693.75

フィット感

2.033.674.383.914.33

外音遮断性

3.314.404.084.193.79

音漏れ防止

3.314.483.794.463.68

携帯性

3.883.122.763.333.14

ユーザーレビュー

 

満足度4点以上

満足度: 5

3320円で購入しました。 まずデザインですが、 SONYのロゴが金属っぽくなってたりして 自分とし...続きを読む

満足度: 4

DJじゃなくても使えます。^^ 若干、低音が出てるかな、て感じ。 私はDTMやMTRで使っていますが値段を考...続きを読む

満足度: 5

SONY製ヘッドフォンは MDR-CD3000 MDR-Z900 MDR-Z700DJ MDR-CD900ST MDR-7506(ネオジウム国内仕様) MDR-...続きを読む

満足度: 5

ヘヴィーメタル標準
先日、DENONのDN-HP700 (http://review.kakaku.com/review/20462011047/ReviewCD=416803/)をレビューした...続きを読む

満足度: 5

旧機種(MDR-Z900)からの買い替えですが、 潜在能力は素晴らしい物があります。 音質は素直で解像度は旧...続きを読む

満足度2点以下

満足度: 2

もう買ってから一年以上になりますが、音抜けはお世辞にもいいとは言えず、デザインもチープで華奢。高音は...続きを読む

満足度: 2

僕にはあまりフィットしなかったようです、音質的にはかなり気に入ってるんですが。 長時間、使用してい...続きを読む

満足度: 2

低域がスカスカです。結構故障も多いようです。自分のはたいして使用していたわけでもないのに右側の音が聞...続きを読む

2点以下のレビューコメントは
まだ投稿されていません

満足度: 2

パッドがだめになってしまいました。
購入して2年程度になります。 保管は室内暗所です。オーディオルームなので、湿度が高いわけではありませ...続きを読む

価格推移グラフ

 

グラフの凡例

赤:最安値 青:平均価格
価格変動価格変動価格変動価格変動価格変動

スペック

 

基本仕様

 

タイプ*1help

オーバーヘッド オーバーヘッド オーバーヘッド オーバーヘッド オーバーヘッド

装着方式help

         

構造help

  密閉型(クローズド) 密閉型(クローズド) 密閉型(クローズド)  

駆動方式

ダイナミック型 ダイナミック型 ダイナミック型 ダイナミック型 ダイナミック型

プラグ形状

標準プラグ/ミニプラグ 標準プラグ/ミニプラグ 標準プラグ/ミニプラグ 標準プラグ/ミニプラグ 標準プラグ/ミニプラグ

インピーダンスhelp

  40 Ω 45 Ω 24 Ω  

音圧感度help

  106 db 106 db 107 db  

再生周波数帯域

  10Hz〜25kHz 5Hz〜30kHz 5Hz〜30kHz  

ドライバサイズhelp

30 mm 40 mm 40 mm 50 mm 50 mm

コード種類

         

最大入力

         

充電端子

         

ワイヤレス機能

 

ワイヤレスhelp

         

Bluetoothバージョン

         

連続再生時間

         

充電時間

         

対応コーデックhelp

         

NFChelp

         

NFMI・MiGLO対応help

         

TWS Plus対応

         

マルチペアリング対応help

         

機能

 

リケーブルhelp

         

ノイズキャンセリングhelp

         

ハイレゾhelp

         

マイクhelp

         

外音取り込み

         

音質調整

         

自動電源ON機能

         

自動電源OFF機能

         

防水・防滴性能

         

サラウンドhelp

         

リモコンhelp

         

マグネット連結対応

         

折りたたみhelp

DTS Headphone:Xhelp

         

Dnotehelp

         

サイズ・重量

 

コード長

  3 m 3 m 3 m  

重量

  220 g 260 g 300 g 300 g

1つ前の編集結果に戻す 編集結果をすべてリセット

メモ(全角200文字まで) 【注意】ページが切り替わるとメモは削除されます。メモを残したい場合、『編集結果のURLを表示する』ボタンをご利用ください。

編集結果をURLで送る編集結果を保存したい方は、表示されたURLをブックマーク等してください。

※イヤホン・ヘッドホン項目解説

*1タイプ

  • オーバーヘッド型

    オーバーヘッド型

    ヘッドバンドを頭に載せ耳をはさみこむタイプ。小型で軽量のタイプや、外出時に便利な折りたためるタイプもある。

  • インナーイヤー型

    インナーイヤー型

    耳の穴に軽く押し込むタイプ。付属ヘッドホンはほとんどこのタイプ。オープンエアー型が多く、音漏れしやすい。

  • 耳かけ型

    耳かけ型

    耳にひっかけるタイプ。耳に密着しないため耳への負担は少なめだが、隙間ができやすく音漏れしやすい。

  • カナル型

    カナル型

    耳栓のように、イヤホンを耳の穴の中に押し込むタイプ。密閉感が高く、外部の音が聞こえにくい。

  • オーバーヘッド型

    ネックバンド型

    ハンドを首の後ろからまわしこんで、耳をはさみこむタイプ。オーバーヘッド型より小型のものが多い。

このページの先頭へ