花セレモニーの一日葬プラン 葬儀費用

一日葬葬儀社 : 花セレモニー

「花で送る一日葬」

花屋直営の花セレモニーが花いっぱいで送るさいたま市内の公営式場で行う一日葬です。節約を希望される方や、無宗教の方に適した葬儀です。

一日葬
このプランの葬儀費用

332,922

ご利用地域での対応可否と費用をCHECK!

式場や開催日等により、価格は変動する場合がございます。詳細については、見積りをご依頼の上、各葬儀会社へお問い合わせください。プランに含まれる具体的なサービス内容(飲食・送迎等)は、プランにより異なりますのでご注意ください。

花セレモニーの一日葬に含まれているもの

ご依頼・ご安置


寝台車 ※1

寝台車 ※1

50kmまで含む

安置

安置

4日間まで無料 以降一律5,500円

枕飾り一式

枕飾り一式

線香・ローソク

線香・ローソク

ドライアイス

ドライアイス

3日まで含む 以降6,600円/1日

防水シーツ

防水シーツ

※1 「寝台車」項目の距離は次の区間から算出します。【車庫(車両の出発地) → ご遺体のある施設(病院など) → 安置場所】

ご依頼・ご安置の際に気をつけたいこと

病院の霊安室にはご遺体を長時間安置することはできません。そこでまずは搬送先(自宅または安置ができる施設)を決める必要があります。葬儀社には「搬送」のみを依頼することも可能ですので、病院から紹介される葬儀社を活用しても良いでしょう。
ただし慌てている時に「葬儀の契約(依頼)」をすることはトラブルの元です。必ず「まだお葬式をどの葬儀社に依頼するか検討している。搬送のみお願いしたい。」という旨を伝えましょう。そうすることで、安置した後、落ち着いた状態でお葬式を依頼する葬儀社を決めることができます。

手続き・ご納棺


役所・火葬場手続き

役所・火葬場手続き

お棺

お棺

布張り棺

仏衣一式

仏衣一式

棺用布団

棺用布団

納棺の儀式

納棺の儀式

手続き・ご納棺の際に気をつけたいこと

亡くなった後にする手続きのうちいくつかのものは期限が定められています。葬儀の準備や大切な方の死の直後で慌ててしまいがちですが、急ぐ必要があるものとそうでないものを分け、必要最小限のものを落ち着いて用意しましょう。
『死亡届』『火葬許可申請書』の提出は「役所・火葬場手続き」に含まれており、ほとんどのケースで葬儀社が代行します。不明な点がある場合にはすぐにプロである葬儀社の担当者に相談しましょう。

告別式


ご遺影写真

ご遺影写真

造花額を用意

祭壇設営費用

祭壇設営費用

花祭壇を用意

位牌・野位牌

位牌・野位牌

お別れの花

お別れの花

お別れ花束・焼香花・看板下花

祭壇用供物

祭壇用供物

看板類

看板類

式場使用料

式場使用料

さいたま市公営式場使用料25,000円まで含む※民間式場の場合別途(64,000円〜169,000円)

運営管理スタッフ

運営管理スタッフ

担当1名/スタッフ1名

お別れの儀式

お別れの儀式

会葬礼状

会葬礼状

50枚まで含む

受付事務用品

受付事務用品

50名様分含む

焼香設備

焼香設備

司会進行

司会進行

1日間

火葬・法要


寝台車・霊柩車 ※2

寝台車・霊柩車 ※2

50kmまで含む(式場と火葬場が併設されている施設を利用の場合は寝台車不要のため、38500円値引き)

火葬場利用料

火葬場利用料

7,000円まで含む(さいたま市内公営料金相当額)

納骨器・骨壷

納骨器・骨壷

後飾り祭壇

後飾り祭壇

※2「寝台車・霊柩車」項目の距離は次の区間から算出します。【車庫(車両の出発地) → 安置場所 → 火葬場】

ご依頼・ご安置の際に気をつけたいこと

火葬場には民営と公営があり、公営のほうが料金は安いことが多いようです。ただ公営の場合、火葬場を運営している自治体の住民が優先になったり、自治体の住民以外は料金が高くなることもあります。

花セレモニーの一日葬に追加できるオプション

即返し・返礼品1人

即返し・返礼品1人

3,024円〜

食事(精進落とし)1人

食事(精進落とし)1人

3,888円〜

※1:「寝台車」項目の距離は次の区間から算出します。車庫(車両の出発地)→ご遺体のある施設(病院など)→安置場所
※2:「寝台車・霊柩車」項目の距離は次の区間から算出します。車庫(車両の出発地)→安置場所→火葬場
車庫(車両の出発地)はご利用の葬儀社により異なります。詳細なお見積りを希望される場合は、一括お問い合わせの【ご要望・ご質問】欄をご活用ください。
「病院などのご遺体のある施設」と「安置予定場所」の情報を添えてご質問いただくと、より正確なお見積りが可能です。

このページの先頭へ