ウェットスーツ 通販 価格比較

ホーム > スポーツ > マリンスポーツ用品 > ウェットスーツ

キーワード検索

関連特集

スニーカー特集:いつでも買えるが大人の基本

スニーカー特集:いつでも買えるが大人の基本

思考錯誤の結果、大人に相応しいのはいつでも買える定番のスニーカーでした!(2021年3月31日掲載)

知らなきゃ損! 初心者向け登山のハウツー

知らなきゃ損! 初心者向け登山のハウツー

ビギナーも、日帰り派も、宿泊派も、これさえ読めば安心の山登り入門ガイド(2021年3月31日掲載)

ウェットスーツ 人気商品ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  • 3ヶ月
  • ※掲載情報は、2022年1月28日 の情報です
  • ※表示されている画像は検索される商品例です。

価格.comマガジン 新着トピックス

価格.comで「ウェットスーツ」を探そう!

「ウェットスーツ」

「ウェットスーツ」はどうして必要なの?

サーフィン、スキューバダイビングなどのマリンスポーツにおいて欠かせないアイテムと言えばウェットスーツ。水温や気温の影響から体温を保持するとともに、衝撃から身体を守る役割があります。一概にウェットスーツと言っても、季節や気温によって着用する素材などを変える必要がありますから、時期や用途に合ったウェットスーツをしっかりセレクトしましょう。

ウェットスーツの種類

フルスーツ

フルスーツ

上下が一体化した、長袖・長ズボンシルエットのウェットスーツです。ワンピースとも呼ばれ、もっともオーソドックスなタイプのスーツ。気温に関係なく1年を通して着用できます。

シーガル

シーガル

腕部分は半袖で、下半身は足首まで覆うウェットスーツ。水温は低いものの、外気が温暖な場合などに向いています。国内では、春先から梅雨辺りまでに着用される場合が多いです。

ロングスリーブスプリング

ロングスリーブスプリング

腕は長袖、下半身はひざ上までのスーツ。秋から冬にかけて使用され、気温が低く水温が高い場所向けです。

スプリング

スプリング

上下が一体化した、半袖、ひざ上丈のウェットスーツです。気温も水温も温かい夏場に着用されることが多いタイプ。

タッパー

タッパー

上半身のみを覆うタイプのウェットスーツです。ノースリーブ、半袖、長袖があり、温かい夏の海に向いています。

素材から選ぶ

身体に密着するウェットスーツは、内部に気泡を含むクロロプレンゴム製の生地を用いて作られていることが多いです。このほかにもさまざまな素材を使用しています。ウェットスーツに用いられる主な素材の種類は下記を参照ください。

「素材から選ぶ」

スキン

クロロプレンの素地が表面に露出したタイプの生地。肌への密着性が高く、水分をほぼ吸収しないという特徴があります。一方で、強度が低く、カラーは黒のみという難点もあります。

ジャージ

スキンの表面にニット生地を貼ったもの。スキンよりも強度が増し、カラーもさまざま。しかし、肌への密着が低く、水分を吸収しやすいため、体温を保持する性能は低めです。

起毛

厚手のニット生地をスキンの表面に貼り付けたタイプのウェットスーツで、現在の主流の素材となっています。体温で温まった水を効率よく保持するため、保温性に優れています。

ウェットスーツに関する質問

役立つ質問&回答がたくさんあります

質問募集中

知りたいことや聞きたいことがあればクチコミ掲示板で質問してみましょう。

Q&Aトップページへ

知りたいことや聞きたいことがあればクチコミ掲示板で質問してみましょう。