価格.com

投資・資産運用

スポーツフィールドのIPO上場・初値予想情報まとめ

スポーツフィールド
  • 東証マザーズ 7080
  • 上場日 2019年12月26日
2020年1月6日 更新
検討中に追加

スポーツフィールドとは?

スポーツ人財の採用支援サービス「スポナビ」「スポナビキャリア」等、スポーツ人財に特化した採用支援事業を展開しています。2019年3月の「スポナビ合同就職セミナー」では出展企業数がのべ430社、参加体育会学生数がのべ6,100名を超えました。また、2020年3月新卒で5,300名以上の学生を770社以上の企業に紹介しています。同社はスポーツ人財に特化しているという点で個人投資家の関心を集めそうです。

期待度 3 (株式会社フィスコ)
上場日 12月26日
抽選申込期間 12月11日〜12月17日申込期間終了
価格 2,730円
抽選申込に必要な資金 25.7万円〜27.3万円 仮条件(2,570円〜2,730円) x 1単元(100株)
初値 8,500 +211.4
当選本数 3,470本
取り扱い証券会社 SMBC日興証券SBI証券松井証券マネックス証券岩井コスモ証券 など9社

スポーツフィールドのIPOの買い方

スポーツフィールドのIPOの購入には、証券会社(SMBC日興証券SBI証券松井証券マネックス証券岩井コスモ証券 など9社)での抽選申込に参加する必要があります。この抽選申込に参加するには、事前に口座開設が必要です。口座開設には1-2週間を要する場合がありますので、IPOスケジュールの抽選申込期間を確認の上、早めに口座開設を完了しておきましょう。

IPOスケジュール

項目の説明
仮条件決定日/抽選申込期間
証券会社が提示する価格帯(仮条件)が決定する日が仮条件決定日です。その後、抽選申込期間中(ブックビルディング期間)に申し込みを行う必要があります。
公開価格決定日/購入申込期間
公開価格決定日に、実際に投資家が購入する価格(公募価格)が決定します。この価格が決定したら、購入申込期間中に「購入の意思表示」を行う必要があります。
払込日
購入には、払込日までにその証券会社の口座に必要な金額が入れておく必要があります。(詳細は各証券会社でご確認下さい。)
上場日
株式市場で売買できるようになる日です。上場して最初についた価格、初値がつきます。
仮条件決定日 12月10日
抽選申込期間 12月11日〜12月17日
公開価格決定日 12月18日
購入申込期間 12月19日〜12月24日
払込日 12月25日
上場日 12月26日
  • ※証券会社よりスケジュールが異なる場合があります。

IPO価格・予想

項目の説明
想定仮条件/仮条件/公募価格
サイト内では価格の前に、"想"と記載しているのが「想定仮条件」(株式会社フィスコ分析によるレンジ予想)、"仮"と記載しているのが「仮条件」となり、特に記載がないものが「公募価格」となります。

「仮条件」とは、投資家が購入する価格(公募価格)を決めるため、証券会社が提示する価格帯のことです。この価格を基にブックビルディング(需要申告)が行われ、実際に投資家が購入する価格、公募価格が決定されます。
抽選申込に必要な資金
「仮条件」の価格帯を基に、売買できる最少株数である「1単元」を申し込む場合に必要な資金を算出したものです。多くの銘柄は1単元が100株となっており、IPO株購入に最低限必要な資金の目安となります。
初値/初値騰落率/初値売り利益
「初値」とは上場して最初についた価格のことです。「初値売り利益」は初値で売った場合に得られる利益の額を算出したもので、「初値騰落率」は公募価格に対する上昇・下落を率で表したものです。
想定仮条件レンジ/予想PER -
予想取引レンジ/予想PER 2,800円〜7,000円
仮条件 2,570円〜2,730円
抽選申込に必要な資金 25.7万円〜27.3万円 仮条件(2,570円〜2,730円) x 1単元(100株)
公募価格 2,730円
初値 8,500
初値騰落率 +211.4
初値売り利益 577,000円 (初値 8,500円 - 公募価格 2,730円) x 1単元(100株)
  • ※想定仮条件および予想取引レンジは2019年12月9日時点の情報です。

IPO当選株数

項目の説明
公募株/売出株/OA/当選株数
「公募株」とは、IPOで新規に発行される株のことです。また「売出株」とは、大株主などが保有する既に発行されている株で、IPOで売出される株のことをいいます。「OA(オーバーアロットメント)」は、需要の状況に応じ、証券会社が売出す株のことで、証券会社の裁量によるため、実施されない場合もあります。
想定公開規模
IPOによって市場から調達される金額規模のことで、上場規模の目安としても利用されます。
1単元
売買できる最少株数のことです。多くの銘柄は1単元が100株です。投資には1単元に株価をかけた金額が必要となります。
当選本数
当選株数を1単元で割った数で、当選本数の多い少ないの目安となります。抽選状況・抽選方法により当選本数は異なる場合がありますので、あくまでも目安としてご利用ください。
上場時発行済 881,600株(予定)
公募 65,600株
売出※OA含む 281,400株
売出 236,200株
OA 45,200株
当選株数 347,000株
想定公開規模 8.8億円〜9.5億円 (OA含む)
1単元 100株
当選本数 3,470本

スポーツフィールドのIPO銘柄分析・初値予想情報

投資のポイント

株式会社フィスコ
スポーツ人財に特化した、IPOでは依然根強い人気のある人材サービス関連株。業績成長率の高さは評価材料 期待度 3 (株式会社フィスコ)

株式市場で人材サービス関連株の人気は一服した感があるものの、10/29マザーズ上場で教育融合型人材紹介サービスのジェイック<7073>は公開価格比+117.3%という初値を付けました。企業における人手不足を背景に、IPOでは人材サービス関連株の人気が根強いです。同社はスポーツ人財に特化しているという点で個人投資家の関心を集めそうで、業績成長率の高さは評価材料となるでしょう。公開規模も比較的小さく、今年のマザーズIPOで公開規模が10億円未満だった14社の公開価格に対する初値騰落率は平均+139.6%に上ります。さらに2019年最後のIPOとなるため、いわゆる「掉尾の一振」に期待した買いも入るでしょう。例年、最後のIPOは初値を飛ばす傾向があり、2018年はリンク(現シノプス<4428>)が+112.8%という初値を付けました。2019年12月期は売上高が前期比28.3%増の19.4億円、経常利益が同79.1%増の2.0億円と増収増益の見通しとなっています。顧客企業数及び成約数(イベント出展社数や内定承諾学生数など)の増加等で売上高が伸び、積極採用による人件費の増加を吸収します。

  • ※ 2019年12月9日時点の情報です。

事業の詳細

同社グループは、同社及び子会社1社で構成されています。主としてスポーツ人財採用支援事業を展開しており、子会社では営業支援事業、人財紹介事業、採用アウトソーシング事業も併せて展開しています。同社が行っているスポーツ人財採用支援事業は、事業セグメントは単一ですが、新卒事業部門と中途事業部門とに区分できます。前者は現役体育会学生、後者は過去にスポーツ・競技経験のある社会人経験者や引退したプロ・アマチュアアスリートを対象としています。また、事業は大きく新卒者向けの「イベント事業」、新卒者向けの「人財紹介事業」、既卒者向けの「人財紹介事業」の3つに分類され、これらの事業を通じ、スポーツ人財と、スポーツ人財を採用したい企業とをマッチングさせています。なお、同社は体育会学生や既卒社会人等の求職者、自社の役職員を、人材(Human Resource)ではなく、人財(Human Capital)であると考えています。スポーツ人財は優れたポテンシャルを持つ投資対象であり、社会にとって、取引先の顧客企業にとって、また同社にとって財(たから)であるという想いを込めて、同社における正式な表記としています。

スポーツフィールドの業績情報

業績推移

決算期 売上高 伸び率 経常利益 伸び率 純利益 伸び率
2015/12 415百万円 - - - - -
2016/12 670百万円 61.4% - - - -
2017/12 1,101百万円 64.4% - - - -
2018/12 1,506百万円 36.8% - - - -

連結業績推移

決算期 売上高 伸び率 経常利益 伸び率 純利益 伸び率
2017/12 1,106百万円 - 60百万円 - 41百万円 -
2018/12 1,516百万円 37% 113百万円 89.3% 72百万円 77.4%
2019/12予 1,946百万円 28.3% 204百万円 79.1% 127百万円 74.4%
2019/9 3Q 1,587百万円 - 330百万円 - 213百万円 -

事業のコメント

2019年12月期の業績は、売上高が前期比28.3%増の19.4億円、経常利益が同79.1%増の2.0億円と増収増益の見通し。主力事業となる体育会学生の就職支援サービスは、安定した求職者の確保が奏功し、順調に業績を伸長。新卒者向けイベント事業では、イベント開催数、企業ブース数、平均単価についていずれも増加しており、新卒者向け人財紹介事業における成約数も増加しました。既卒者向け人財紹介においても、WEB経由及び社員紹介による登録求職者、営業人員増加による企業紹介案件数が増加。通期計画に対する第3四半期末時点における進捗率は、売上高15.8億円で81.5%、経常利益3.3億円で161.7%です。

スポーツフィールドの会社情報

基本情報

所在地 東京都新宿区市谷本村町3番29号 FORECAST 市ヶ谷 4F
代表者名 代表取締役 篠崎 克志(昭和57年7月13日生)
設立 平成22年1月5日
資本金 1030万円(令和元年11月21日現在)
従業員数 新規上場会社195人 連結会社200人(令和元年9月30日現在)
事業内容 スポーツ人財の採用支援サービス「スポナビ」、「スポナビキャリア」等、スポーツ人財に特化した採用支援事業
HP https://www.sports-f.co.jp/

株主構成

株主名 保有株数 保有シェア
篠崎 克志 312,000株 38.2%
加地 正 160,000株 19.6%
森本 翔太 160,000株 19.6%
伊地知 和義 160,000株 19.6%
永井 淳平 24,000株 2.9%
合計 816,000株 100.0%
スポーツフィールドのIPOが申し込める証券会社は? 取り扱い証券会社を見る
証券会社(ネット証券)比較
関連カテゴリ
価格.com限定 お得なキャンペーン・特典実施中!
IPO初値上昇ランキング
このIPOへの申し込みは? IPO取り扱い証券会社を見る

このページの先頭へ

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止