価格.com

投資・資産運用

コパ・コーポレーションのIPO上場・初値予想情報まとめ

コパ・コーポレーション
  • 東証マザーズ 7689
  • 上場日 2020年6月24日
2020年6月26日 更新
検討中に追加

コパ・コーポレーションとは?

実演販売を利用した商品卸売等を手掛ける企業です。自社の役職員及び業務委託先として実演販売士を擁しています。販売商品は掃除用クロス「パルスイクロス」、コーティングフライパン・包丁等「スーパーストーンバリアシリーズ」、かかと角質削り・爪磨き等「5セカンズシャインシリーズ」等。チャネル別販売実績はTV通販38.1%、ベンダー販売27.5%等となっています。4月に上場延期した経緯があります。

期待度 3 (株式会社フィスコ)
上場日 6月24日
抽選申込期間 6月8日〜6月12日申込期間終了
価格 2,000円
抽選申込に必要な資金 18.5万円〜20.0万円 仮条件(1,850円〜2,000円) x 1単元(100株)
初値 4,530 +126.5
当選本数 7,130本
取り扱い証券会社 野村證券大和証券SBI証券東海東京証券マネックス証券 など7社

コパ・コーポレーションのIPOの買い方

コパ・コーポレーションのIPOの購入には、証券会社(野村證券大和証券SBI証券東海東京証券マネックス証券 など7社)での抽選申込に参加する必要があります。この抽選申込に参加するには、事前に口座開設が必要です。口座開設には1-2週間を要する場合がありますので、IPOスケジュールの抽選申込期間を確認の上、早めに口座開設を完了しておきましょう。

IPOスケジュール

項目の説明
仮条件決定日/抽選申込期間
証券会社が提示する価格帯(仮条件)が決定する日が仮条件決定日です。その後、抽選申込期間中(ブックビルディング期間)に申し込みを行う必要があります。
公開価格決定日/購入申込期間
公開価格決定日に、実際に投資家が購入する価格(公募価格)が決定します。この価格が決定したら、購入申込期間中に「購入の意思表示」を行う必要があります。
払込日
購入には、払込日までにその証券会社の口座に必要な金額が入れておく必要があります。(詳細は各証券会社でご確認下さい。)
上場日
株式市場で売買できるようになる日です。上場して最初についた価格、初値がつきます。
仮条件決定日 6月4日
抽選申込期間 6月8日〜6月12日
公開価格決定日 6月15日
購入申込期間 6月16日〜6月19日
払込日 6月23日
上場日 6月24日
  • ※証券会社よりスケジュールが異なる場合があります。

IPO価格・予想

項目の説明
想定仮条件/仮条件/公募価格
サイト内では価格の前に、"想"と記載しているのが「想定仮条件」(株式会社フィスコ分析によるレンジ予想)、"仮"と記載しているのが「仮条件」となり、特に記載がないものが「公募価格」となります。

「仮条件」とは、投資家が購入する価格(公募価格)を決めるため、証券会社が提示する価格帯のことです。この価格を基にブックビルディング(需要申告)が行われ、実際に投資家が購入する価格、公募価格が決定されます。
抽選申込に必要な資金
「仮条件」の価格帯を基に、売買できる最少株数である「1単元」を申し込む場合に必要な資金を算出したものです。多くの銘柄は1単元が100株となっており、IPO株購入に最低限必要な資金の目安となります。
初値/初値騰落率/初値売り利益
「初値」とは上場して最初についた価格のことです。「初値売り利益」は初値で売った場合に得られる利益の額を算出したもので、「初値騰落率」は公募価格に対する上昇・下落を率で表したものです。
想定仮条件レンジ/予想PER -
予想取引レンジ/予想PER 1,500円〜3,000円
仮条件 1,850円〜2,000円
抽選申込に必要な資金 18.5万円〜20.0万円 仮条件(1,850円〜2,000円) x 1単元(100株)
公募価格 2,000円
初値 4,530
初値騰落率 +126.5
初値売り利益 253,000円 (初値 4,530円 - 公募価格 2,000円) x 1単元(100株)
  • ※想定仮条件および予想取引レンジは2020年6月4日時点の情報です。

IPO当選株数

項目の説明
公募株/売出株/OA/当選株数
「公募株」とは、IPOで新規に発行される株のことです。また「売出株」とは、大株主などが保有する既に発行されている株で、IPOで売出される株のことをいいます。「OA(オーバーアロットメント)」は、需要の状況に応じ、証券会社が売出す株のことで、証券会社の裁量によるため、実施されない場合もあります。
想定公開規模
IPOによって市場から調達される金額規模のことで、上場規模の目安としても利用されます。
1単元
売買できる最少株数のことです。多くの銘柄は1単元が100株です。投資には1単元に株価をかけた金額が必要となります。
当選本数
当選株数を1単元で割った数で、当選本数の多い少ないの目安となります。抽選状況・抽選方法により当選本数は異なる場合がありますので、あくまでも目安としてご利用ください。
上場時発行済 2,720,000株(予定)
公募 320,000株
売出※OA含む 393,000株
売出 300,000株
OA 93,000株
当選株数 713,000株
想定公開規模 10.4億円〜11.8億円 (OA含む)
1単元 100株
当選本数 7,130本

コパ・コーポレーションのIPO銘柄分析・初値予想情報

投資のポイント

株式会社フィスコ
「実演販売」企業の4月上場延期からの再挑戦案件。会社予想ではコロナ流行の影響は限定的 期待度 3 (株式会社フィスコ)

先般は4/2の上場を発表し、その後延期を決めた経緯があります。その際の仮条件は2,350円〜2,600円で、今回は価格水準を引き下げ、公開株式数を減らしての再挑戦となります。TV通販の好調により前期は2ケタ増収増益と業績の伸びが大きいです。高成長企業として評価されるだけでなく、インフルエンサーとして活躍する実演販売士が増えていることから話題性もあります。公開規模は荷もたれ感のない水準です。吉村泰助社長とその資産管理会社が発行済株式の97.5%を保有しており、既存株主の売りは出にくいと考えられますが、6/24は同社を含め3社同時上場となるため、初値買い分散の影響を強く受ける可能性があります。また、今期は微増収・減益予想で、「実演販売」のイメージからも新型コロナウイルス流行の影響に対する警戒感が先行しやすいでしょう。ただ、近年、TV通販やインターネット通販が好調に推移しており、新型コロナ流行の影響は限定的と同社ではみています。なお、インターネット通販の増加に伴い代金決裁手数料等の費用がかさみます。今期予想PERは10倍程度で、類似企業として挙げた生活用品卸を大きく下回っています。

  • ※ 2020年6月5日時点の情報です。

事業の詳細

同社は設立以来、「やさしさと感動を売って、人々に笑顔を与える」という経営理念のもと、実演販売を柱として生活用品を中心とした商品(掃除用クロス「パルスイクロス」、コーティングフライパン・包丁等「スーパーストーンバリアシリーズ」、かかと角質削り・爪磨き等「5セカンズシャインシリーズ」等)を販売してきました。同社は実演販売関連事業の単一セグメントですが、主にTV通販、ベンダー販売、インターネット通販、セールスプロモーション、デモカウの5つの販売チャネルにより販売を行っています。TV通販では、番組を通して視聴者へ広く訴求することができるため広告宣伝効果が大きく、また放送時間が最長で1時間と長く、深堀して説明できるので商品の使用価値をアピールしやすいという特徴があります。ベンダー販売では、広く消費者へ訴求することはできない反面、消費者にとっては量販店の店員に商品の評判を聞くことができ、実際の商品を手に取った上で購入できるという特徴があります。デモカウでは、“デモンストレーション×買う”をコンセプトとして、直営店舗「デモカウ」及びECサイト「デモカウ」にて商品を販売しています。

コパ・コーポレーションの業績情報

業績推移

決算期 売上高 伸び率 経常利益 伸び率 純利益 伸び率
2017/3 2,165百万円 - 194百万円 - 126百万円 -
2018/3 2,503百万円 15.6% 265百万円 36.2% 187百万円 48.9%
2019/3 3,506百万円 40.1% 475百万円 79.5% 320百万円 70.8%
2020/3 5,605百万円 59.8% 863百万円 81.4% 561百万円 75%
2021/3予 5,607百万円 - 699百万円 ▲19% 457百万円 ▲18.5%
2019/12 3Q 4,296百万円 - 740百万円 - 484百万円 -

事業のコメント

2021年3月期の業績は、売上高が前期比ほぼ横ばいの56.0億円、経常利益が同19.0%減の6.9億円の見通しとなっています。同社ではインテリア系商品の体圧分散効果がある「Gゼロクッション」等の商品が売上をけん引しています。また収益向上を維持するべく売れ筋商品や季節商品の安定した在庫確保を行い、積極的に営業活動を行った結果、売上高は堅調に推移しています。なお、同社の事業においては、TV通販及びインターネット通販の売上割合が高くなっており、2019年3月期においてそれぞれ38.1%及び26.2%を占めています。このことから新型コロナウイルスによる販売への影響は現時点では限定的とみられます。

コパ・コーポレーションの会社情報

基本情報

所在地 東京都渋谷区恵比寿南二丁目23番7号
代表者名 代表取締役社長 吉村 泰助(昭和43年8月18日生)
設立 平成10年10月21日
資本金 1200万円(令和2年5月25日現在)
従業員数 29人(令和2年4月30日現在)
事業内容 実演販売を利用した商品卸売等
HP https://www.copa.co.jp/

株主構成

株主名 保有株数 保有シェア
吉村 泰助 1,440,000株 60%
エンパワーフィールド株式会社 700,000株 29.2%
株式会社チョイズ 200,000株 8.3%
コパ・コーポレーション従業員持株会 60,000株 2.5%
合計 2,400,000株 100%
コパ・コーポレーションのIPOが申し込める証券会社は? 取り扱い証券会社を見る
IPO最新アナリスト・レポート
証券会社(ネット証券)比較
関連カテゴリ
価格.com限定 お得なキャンペーン・特典実施中!
IPO初値上昇ランキング
このIPOへの申し込みは? IPO取り扱い証券会社を見る

このページの先頭へ

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止