日経225先物のご紹介

ホーム > 投資・資産運用 > 日経225先物比較 > 日経225先物のご紹介

日経225先物取引のメリット(大阪証券取引所Webサイトより引用)

少ない資金で大きな取引ができる

日経225先物では日経平均株価の1,000倍(日経225miniは100倍)の値段の取引を行うことになります。

例えば、日経平均株価が16,000円の場合1,600万円(日経225miniは160万円)の取引をするわけです。といっても、株式投資のように取引金額と同じ資金が必要なわけではありません。先物取引ではその取引額に応じた証拠金を証券会社に預けることになります。

ただ、その場合でも利益は1,600万円(日経225miniは160万円)を運用しているのと同じ効果がありますので少ない資金(証拠金)で大きな取引ができるわけです。

個別銘柄の選択が不要

日経225先物取引は基本的に日経平均株価に連動して動きます。

日本を代表する225銘柄で構成される株価指数が対象なので、株式投資のように財務分析や銘柄選択などの作業は必要ありません。

倒産リスクを避けることができる

個別銘柄に投資した場合には、その企業が倒産した場合のリスクも考慮しておく必要があります。これに対して、日経225先物取引は株価指数を対象としているので、倒産リスクを避けることができます。

「金利」や「貸株料」が必要ない

日経225先物取引は、信用取引をおこなうときに考慮しておかなければならない、「金利」や「貸株料」は必要ありません。

相場の下落時でも利益を追求できる

日経225先物取引は、相場の上昇時には買いから、下落予想時には売りからスタートできますので、相場の下落時にも利益を追求することが可能です。

日経225先斧取引 損益早見表

日経225先物を以下の条件(※)で取引した場合の損益です。
※数量: large 1枚、手数料: 1枚あたり片道270円

  • 買建ての場合
  • 売建ての場合
    先物価格(転売)
14500 14000 13500 13000 12500 12000








15000 \-501,080円 \-1,001,080円 \-1,501,080円 \-2,001,080円 \-2,501,080円 \-3,001,080円
14500 \-1,080円 \-501,080円 \-1,001,080円 \-1,501,080円 \-2,001,080円 \-2,501,080円
14000 \399,136円 \-1,080円 \-501,080円 \-1,001,080円 \-1,501,080円 \-2,001,080円
13500 \799,136円 \399,136円 \-1,080円 \-501,080円 \-1,001,080円 \-1,501,080円
13000 \1,199,136円 \799,136円 \399,136円 \-1,080円 \-501,080円 \-1,001,080円
12500 \1,599,136円 \1,199,136円 \799,136円 \399,136円 \-1,080円 \-501,080円
12000 \1,999,136円 \1,599,136円 \1,199,136円 \799,136円 \399,136円 \-1,080円
11500 \2,399,136円 \1,999,136円 \1,599,136円 \1,199,136円 \799,136円 \399,136円
11000 \2,799,136円 \2,399,136円 \1,999,136円 \1,599,136円 \1,199,136円 \799,136円
10500 \3,199,136円 \2,799,136円 \2,399,136円 \1,999,136円 \1,599,136円 \1,199,136円
10000 \3,599,136円 \3,199,136円 \2,799,136円 \2,399,136円 \1,999,136円 \1,599,136円
    先物価格(買戻)
14500 14000 13500 13000 12500 12000








15000 \399,136円 \799,136円 \1,199,136円 \1,599,136円 \1,999,136円 \2,399,136円
14500 \-1,080円 \399,136円 \799,136円 \1,199,136円 \1,599,136円 \1,999,136円
14000 \-501,080円 \-1,080円 \399,136円 \799,136円 \1,199,136円 \1,599,136円
13500 \-1,001,080円 \-501,080円 \-1,080円 \399,136円 \799,136円 \1,199,136円
13000 \-1,501,080円 \-1,001,080円 \-501,080円 \-1,080円 \399,136円 \799,136円
12500 \-2,001,080円 \-1,501,080円 \-1,001,080円 \-501,080円 \-1,080円 \399,136円
12000 \-2,501,080円 \-2,001,080円 \-1,501,080円 \-1,001,080円 \-501,080円 \-1,080円
11500 \-3,001,080円 \-2,501,080円 \-2,001,080円 \-1,501,080円 \-1,001,080円 \-501,080円
11000 \-3,501,080円 \-3,001,080円 \-2,501,080円 \-2,001,080円 \-1,501,080円 \-1,001,080円
10500 \-4,001,080円 \-3,501,080円 \-3,001,080円 \-2,501,080円 \-2,001,080円 \-1,501,080円
10000 \-4,501,080円 \-4,001,080円 \-3,501,080円 \-3,001,080円 \-2,501,080円 \-2,001,080円

日経225先物取引のリスクについて

日経225先物の値段は、対象となる日経平均株価(日経225)の値動きにより変動します。元本および利益は保証されておりません。相場の変動によっては証拠金以上の損失が発生する可能性があります。また日経225先物取引は少額の証拠金で取引が可能ですので、大きな利益が期待できる一方で、予想に反して相場が動いた場合、損失が大きくなる可能性があります。

日経225先物と日経225miniの違いについて

日経225先物、日経225miniともに日経平均株価(日経225)を投資対象としていますが、取引単位が異なります。 日経225先物では日経平均株価の1,000倍の値段の取引を行うことになりますが、miniでは100倍の取引を行います。 また、『呼び値』や『限月』も違っているので、両方の特徴を確認しておきましょう。

参考サイト

日経225先物(日本取引所グループ) | 日経平均株価(日本経済新聞社インデックス事業室)

先物取引基本情報

銘柄 日経225先物 日経225先物mini
取引単位 指数の1,000倍
(日経平均株価が16,000円の場合は、1,600万円)
指数の100倍
(日経平均株価が16,000円の場合は、160万円)
呼値 10円 5円
取引時間
日中取引:8:45〜15:15 ナイト・セッション:16:30〜翌5:30
限月 3月、9月のうち直近3限月と、
6月、12月のうち直近10限月を加えた計13限月
3月、9月のうち直近3限月と、
6月、12月のうち直近10限月、およびそれ以外の月の直近3ヶ月を加えた計16限月