黒糖 抹茶青汁寒天ジュレ(興和新薬株式会社)

ホーム > ビューティー・ヘルス > 健康食品・サプリメント > 青汁・ケール > 青汁比較 > 黒糖 抹茶青汁寒天ジュレ(興和新薬株式会社)

価格.com編集部員が飲み比べて徹底レビュー 青汁比較

興和新薬株式会社の「黒糖 抹茶青汁寒天ジュレ」を徹底分析! 見た目や作り方から、栄養成分、味わいまで、編集部員10人が実際に飲み比べてレビューしました。人気メーカーの6製品を比較して、あなたにぴったりの青汁を見つけてください!

青汁比較トップへ戻る

飲み比べた青汁一覧
スタンダードな1杯
極の青汁 サントリーウエルネス株式会社
極の青汁サントリーウエルネス株式会社
編集部員のレビューを見る
後味さわやか
ヘルスマネージ大麦若葉青汁 大正製薬株式会社
ヘルスマネージ大麦若葉青汁大正製薬株式会社
編集部員のレビューを見る
さっぱりと飲める
乳酸菌が入った青汁 株式会社世田谷自然食品
乳酸菌が入った青汁株式会社世田谷自然食品
編集部員のレビューを見る
素材の味を楽しむ
やずやの養生青汁 株式会社やずや
やずやの養生青汁株式会社やずや
編集部員のレビューを見る
野菜感トップクラス
健康道場 粉末青汁 サンスター株式会社
健康道場 粉末青汁サンスター株式会社
編集部員のレビューを見る
3時のおやつに◎
黒糖 抹茶青汁寒天ジュレ 興和新薬株式会社
黒糖 抹茶青汁寒天ジュレ興和新薬株式会社
編集部員のレビューを見る
 

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ 興和新薬株式会社

基本情報

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ 興和新薬株式会社

基本データ

主原料 難消化性デキストリン、黒糖、クマイザサほか
価格(税込) 4,320円(1包あたり144円)
定期コースの
価格(税込)
3,888円(1包あたり約130円)
送料 無料
内容量 15g×30包
1包あたりの
カロリー
17.25kcal
特典・備考 定期購入は通常価格より10%OFF

総評

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ 興和新薬株式会社 総評

おやつ感覚で食べられる! 新感覚のジュレ状青汁食物繊維や乳酸菌、植物原料を発酵させたエキスなどを配合し、寒天で固めたジュレ状の青汁。その味わいは、黒糖や抹茶が入っているのでほんのり甘く、おやつ感覚で摂取することができます。青汁初心者が多い編集部員の中でも人気が高く、飲むタイプの青汁が苦手な方に試してほしい商品です。

メーカー公式ショップで詳細をチェック

商品詳細

セット内容
セット内容
箱はかなりコンパクトでじゃまになりませんが、ジュレのため1箱450gとやや重みがあります。
個包装
個包装
スティック状の個包装にジュレが詰まっています。液体が飛び出す可能性があるのでゆっくり開封しましょう。

成分・栄養価

食物繊維を中心に、お腹の環境を整える成分を配合
食物繊維が豊富な北海道産のクマイザサを中心として、乳酸菌や発酵食品など、腸内環境を整える成分がたっぷり配合されています。おいしさにもこだわり、黒糖や抹茶、ココナッツの花蜜など、甘みのある原材料も使用。
  • 難消化性デキストリン

    天然のでんぷんから作られた食物繊維。糖や脂肪の吸収をおだやかにする効果もあります。

  • 黒糖

    カリウムやカルシウムが上白糖に比べ多く含まれているヘルシーな砂糖で、独特の香味を持ちます。

  • ココナッツの花蜜

    別名ココナッツシュガー。ミネラルを豊富に含み、血糖値の上昇がゆるやかな甘味料。

  • クマイザサ粉末

    食物繊維が豊富な生命力あふれる植物。北海道で自生しているものだけを厳選しています。

  • イソマルトオリゴ糖粉
    あめ

    腸内に住む善玉菌の一種であるビフィズス菌の活動を活発化させ、増やす働きを持つ糖分。

  • 寒天

    ほとんどが食物繊維でできた素材。プルッとしたジュレ状にするためにも使われています。

栄養成分 1包(15g)あたり

熱量/17.25kcal、たんぱく質/0.11g、脂質/0g、炭水化物/5.19g、糖質/3.21g、食物繊維/1.98g、食塩相当量/0.04g

味わい

青汁感ゼロ! デザート感覚の味わい
黒糖と抹茶の味の中に、ほのかにフルーティな味わいがあり、青汁の印象は感じませんでした。ジュレ状で、チュルッとしたのどごしのよさも魅力です。ただし、縦に長いので、年配の方はよく噛んだほうが安心です。
黒糖抹茶青汁寒天ジュレ 興和新薬株式会社

レビュー

見た目

個包装が鮮やかな緑色だったので、茶色の中身とのギャップにびっくりしました。でもプルンとしていてかわいいし、開けてそのまま食べられるスティック状というのがいいですね。(30代女性)

このようなタイプの青汁を摂取したことがないので、不思議な感覚だった。見た目だけで考えると、本当に幅広い世代に好まれそう。(30代男性)

青汁というよりは、黒糖がメインなのではないかと思うような茶色だった。食べるまで、青汁だと気づかない人がいても不思議ではない。(40代男性)

におい

抹茶の香りが強いと感じたが、妻に聞いたところ「柑橘系とか紅茶の香り」と言っていたので、人によって感じ方は違いそうだ。甘い香りで悪くない。(40代男性)

開封してすぐに、さわやかな香りがしました。においだけでも、ほかの製品と比べるとダントツで続けられそうです。(20代女性)

「ザ・青汁」が飲みたい人にはおすすめできない。この製品は、「青汁だよ」と教えてもらうまで青汁であることが分からないから。(30代男性)

味

黒糖と抹茶の中にどこかレモンっぽい風味があり、おいしく食べられる。食感は硬めのところてんといったところ。(30代男性)

ジュレ独特の食感のおかげで、楽しみながら食べることができました。喉につまらないように、子どもやお年寄りはよく噛んだ方がよさそう。(30代女性)

フルーティでとてもおいしいですね。この製品は、小腹がすいた時の必需品として持っておきたいです。(20代女性)

全体的な感想

青汁とは思えない味と食感だし、おやつ感覚で毎日続けたい。普通の青汁と違って、水に溶かす作業がいらず、開ければすぐに食べられて手間がないのもいいですね。(20代女性)

手間がかからず、おいしく摂取できるので習慣化するのが難しくなさそう。むしろ食べ過ぎに注意するくらい、好みの味わいだった。(30代男性)

朝寝坊した緊急時の朝食として購入したいレベル。「青汁を摂取するための飲料」としてではなく、「非常食」として家庭に常に用意しておきたいと思った。(30代男性)

メーカー公式ショップで詳細をチェック

このページの先頭へ