ホーム > テレビ紹介情報 > イベント情報
テレビ紹介情報

テレビ番組で紹介された情報

[RSS] テレビ番組で紹介されたイベント情報

テレビ番組で紹介されたイベント情報 ( 105907 / 105907 ページ )

テレビ番組で紹介されたイベント情報

W杯バレーボール 2019

バレー日本代表の石川真佑さん、黒後愛さん。強豪・下北沢成徳高校の先輩後輩だった頃から、ずっと密着してきた。愛さんは高校時代、チームを春高2連覇に導き、自身もMVPを受賞した。卒業後はVリーグの名門チームへ入り、最優秀新人賞に輝き、最年少で日本代表に選ばれた。真佑さんは、男子バレー日本代表の石川祐希選手の妹として高校入学時から話題に。高3ではキャプテンとしてチームをインターハイと国体2冠に導いた。卒業後は愛さんと同じ実業団、日本代表入り。デビュー戦のW杯では強豪ロシア相手に20得点。エース愛さんの穴を埋める活躍で

バレー日本代表の石川真佑さん、黒後愛さん。高校時代、愛さんの不在時にエースを引き継いだ真佑さん。公式戦で負けたことのないチームに敗北。愛さんは「何を考えているのか分かんない人がチームプレーするのが一番難しい」と声をかけ 愛さんは感情をあらわにプレーしてきた 愛さんが高校卒業 3年生の追い出し試合では、感情をあらわに新チームを引っ張る真佑さん。


テレビ番組で紹介されたイベント情報

クライマックスシリーズ

7月までの日程が発表されたプロ野球。古田はジャイアンツとスワローズの試合をほっともっとフィールド神戸でやるのは珍しいと話した。移動の幅が大きいパ・リーグは6連戦が中心に。古田はゲーム差が急激に動くので後半が特に楽しみと話した。リーグ3連覇を目指す西武の辻監督に古田がインタビュー。一昨年のクライマックスシリーズでは悔し涙も見せた監督に話を聞いた。


テレビ番組で紹介されたイベント情報

ヒュークリック杯棋聖戦

解説者が芸術作品と言っていた一手3六銀。歩の外側から攻めており気が付きにくい一手で人間では思い浮かばない、最後まで差がつかなかった勝負だったとスタジオで解説。竜王戦に19歳22日で挑戦した羽生善治九段など一時代を築いた大棋士はタイトル挑戦も獲得も早い。2003年渡辺五段(当時)が王座戦五番勝負で羽生四冠(当時)に挑戦。渡辺五段はタイトル奪取に王手だったがそこから連敗し奪取ならず。第五局終局直前、渡辺五段の一手で羽生四冠(当時)の指が震え盤上に駒を置けない状況になり「羽生を震えさせた男」と知られるように。藤井七段の相手・渡辺明三冠は現在棋王など3つのタイトルを保持、風貌から「魔太郎」の異名を持っている。藤井七段との対局に向けて将棋史に残る戦いに出場することにやりがいを感じているなどと意気込みを語った。渡辺三冠は新型コロナの影響でスケジュールが密という不安要素があり大崩れしないというのが目標とも話している。藤井七段とは去年2月に対局しており藤井七段が勝利している。当時の渡辺三冠のブログでは弱点が見当たらないが苦戦する将棋もあるはずなので次回までに研究したいと話していた。今年は普段と同じ将棋会館で多く対局が組まれることから藤井七段は落ち着いて将棋が指せるのではと杉本八段は推測。


テレビ番組で紹介されたイベント情報

棋聖戦決勝トーナメント挑戦者決定戦

4日に永瀬二冠に勝利し、藤井七段がタイトル挑戦の最年少記録を31年ぶりに更新した。あすから、史上最年少のタイトル獲得を目指し、渡辺棋聖との五番勝負に挑む。17歳10か月20日で挑戦する。加藤一二三九段はおめでとうなどと祝福した。文本塾長は、全国のファンが待ち望んでいたことなどとコメントした。棋聖戦は、1962年から行われている将棋の8大タイトルのひとつだ。杉本は、藤井七段の強運を感じるなどとコメントした。藤井七段について、杉本は集中力が素晴らしいなどと話した。去年11月、王将戦挑戦者決定リーグ戦に挑戦したが、挑戦権を獲得できなかった。4月10日を最後に対局が中断となり、自宅に巣ごもりして将棋と向き合ったという。杉本は、自分を見つめ直したことで、家で一回り成長できたなどとコメントした。巣ごもり中は、永瀬二冠とオンラインで将棋をするなどしていたという。今回藤井七段が勝った永瀬二冠は、軍曹と呼ばれるほどストイックだ。2、3年前から、藤井七段は永瀬二冠とマンツーマンで特訓をしていた。出会って1分で対局するなど徹底的なやり方で行っていた。永瀬二冠が驚いた一手は、54手目の3六銀だったという。解説者も善悪を超越しているなどと話していた。

解説者うなる 「芸術の一手」 「3六銀」で勝利呼び込む。


テレビ番組で紹介されたイベント情報

「王将戦」挑戦者決定リーグ戦

4日に永瀬二冠に勝利し、藤井七段がタイトル挑戦の最年少記録を31年ぶりに更新した。あすから、史上最年少のタイトル獲得を目指し、渡辺棋聖との五番勝負に挑む。17歳10か月20日で挑戦する。加藤一二三九段はおめでとうなどと祝福した。文本塾長は、全国のファンが待ち望んでいたことなどとコメントした。棋聖戦は、1962年から行われている将棋の8大タイトルのひとつだ。杉本は、藤井七段の強運を感じるなどとコメントした。藤井七段について、杉本は集中力が素晴らしいなどと話した。去年11月、王将戦挑戦者決定リーグ戦に挑戦したが、挑戦権を獲得できなかった。4月10日を最後に対局が中断となり、自宅に巣ごもりして将棋と向き合ったという。杉本は、自分を見つめ直したことで、家で一回り成長できたなどとコメントした。巣ごもり中は、永瀬二冠とオンラインで将棋をするなどしていたという。今回藤井七段が勝った永瀬二冠は、軍曹と呼ばれるほどストイックだ。2、3年前から、藤井七段は永瀬二冠とマンツーマンで特訓をしていた。出会って1分で対局するなど徹底的なやり方で行っていた。永瀬二冠が驚いた一手は、54手目の3六銀だったという。解説者も善悪を超越しているなどと話していた。


テレビ番組で紹介されたイベント情報

R-1ぐらんぷり

Boseさんは「人ではなく、作品を評価してくれるから良い」と直太朗さんは話し、バカリさんのライブに行った時も長文で細かくをくれるのだという。それに関してBoseさんは、自分がやってほしいからと話した。「自分の中にある好きなものを、その人にしか出来ない感じで表現しているのが羨ましい」とBoseさんは直太朗さんの「どこもかしこも駐車場」という曲を褒め。バカリさんは「知らない曲だから聞かしてみろよ」と乱暴に振った。直太朗さんは流されるまま「どこもかしこも駐車場」を披露した。それを聞いたBoseさんは「めちゃいいでしょ」と興奮していたが、直太朗さんは「歌ってる時に話すのやめてもらっていいすか」とBoseさんにつっこんだ。Boseさんは、「同じ歌詞を何度も展開させ、スゴイ歌唱力でできている、歌唱力ギャグ」と分析。バカリさんは「お笑いにも同じフレーズで押すものがある、それに近い」と述べ、それにBoseさんが「升野くんの擬音で話すネタに似ている」と加え、それを聞いた直太朗さんが「ちょっとやってみろよ」と先程の意趣返しした。バカリさんは「音楽は感心できるからいいけど、お笑いはこういうとき辛い。滑るリスクがある」と笑った。それに対し直太朗さんとBoseさんは「音楽も滑る」と解説。「客が望んでいる曲と、アーティストが歌いたい気分の曲は必ずしも一致しない」とのこと。ネタ番組などでは、バカリさんは新ネタを披露するか有名なネタをやるか、いつも慎重になるという。初めてピン芸人になってからテレビ露出となったR-1ぐらんぷり決勝では、予選までウケてたネタをやるか、尖った過激なネタをやるか迷ったのだという。また、出世作となったトツギーノはやり尽くしたために結婚する友人にあげてしまったという。それを聞いた2人は「『さくら』や『今夜はブギー・バック』」を捨てるのと一緒と述べた。バカリさんは「たとえお客さんが求めたとしても、観たことあるからもう笑わない」と話し、それに対し直太朗さんは「何度も聞かれてる『さくら』も毎回コレで最初で最後だと思って歌ってる。じゃないとお客さんは「知ってる曲聞けた」ぐらいにしか思ってもらえないのだという。


テレビ番組で紹介されたイベント情報

W杯アジア2次予選

新型コロナの影響で中断していたNBAは7月31日再開が決定。八村塁が所属するウィザーズを含む22チームで再開。移動による感染リスク軽減のためフロリダ州の1箇所で無観客開催となる予定。そして、アジアサッカー連盟は延期されていたWカップアジア2次予選を10月から再開する方針を示した。日本も4試合行われる予定で来年3月に最終予選の開始を目指す。


テレビ番組で紹介されたイベント情報

埼玉県ジュニア体操競技選手権大会

名物応援団長は、自分が受け継ぐと藏之助さんが語る。藏之助さんは、体操の選手だ。伸身宙返り2回ひねりを成功させている。2018年の埼玉県ジュニア体操競技選手権大会では個人・団体で2冠となっている。祖父はメダルを観て喜んでくれたという。応援は人の背中を押す。祖父の応援デビューは女子バレーボール。自分の動きを観て、おじいちゃんを思い出して欲しいという。世界中を笑顔で幸せにするという。祖父よりも長生きするのが目標だとのこと。


テレビ番組で紹介されたイベント情報

ソウル五輪

名物応援団長は、自分が受け継ぐと藏之助さんが語る。藏之助さんは、体操の選手だ。伸身宙返り2回ひねりを成功させている。2018年の埼玉県ジュニア体操競技選手権大会では個人・団体で2冠となっている。祖父はメダルを観て喜んでくれたという。応援は人の背中を押す。祖父の応援デビューは女子バレーボール。自分の動きを観て、おじいちゃんを思い出して欲しいという。世界中を笑顔で幸せにするという。祖父よりも長生きするのが目標だとのこと。


テレビ番組で紹介されたイベント情報

名物応援団長は、自分が受け継ぐと藏之助さんが語る。藏之助さんは、体操の選手だ。伸身宙返り2回ひねりを成功させている。2018年の埼玉県ジュニア体操競技選手権大会では個人・団体で2冠となっている。祖父はメダルを観て喜んでくれたという。応援は人の背中を押す。祖父の応援デビューは女子バレーボール。自分の動きを観て、おじいちゃんを思い出して欲しいという。世界中を笑顔で幸せにするという。祖父よりも長生きするのが目標だとのこと。


  • テレビ番組で紹介されたすべての情報
  • テレビ番組で紹介された本・コミック・雑誌
  • テレビ番組で紹介された音楽・CD
  • テレビ番組で紹介された映画・DVD
  • テレビ番組で紹介されたレストラン・飲食店
  • テレビ番組で紹介されたグルメ情報
  • テレビ番組で紹介された料理レシピ
  • テレビ番組で紹介されたホテル・温泉旅館
  • テレビ番組で紹介された観光・地域情報
  • テレビ番組で紹介されたイベント情報
  • テレビ番組で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する
  • 日本テレビ
  • テレビ朝日
  • TBS
  • テレビ東京
  • フジテレビ