テレビ紹介情報

「朝だ!生です旅サラダ」で紹介された情報

「朝だ!生です旅サラダ 〜番組開始から25周年!藤井フミヤが列車で兄弟旅&新ガールズ〜」 2018年4月7日(土)放送内容「朝だ!生です旅サラダ 〜田中圭が春の伊豆で温泉&海釣り堪能!ゴーギャンが愛した島〜」 2018年4月21日(土)放送内容

「朝だ!生です旅サラダ」 2018年4月14日(土)放送内容

『内藤剛志が小豆島で絶景&グルメ!タヒチで究極の(秘)リゾート』
2018年4月14日(土) 08:00〜09:30 テレビ朝日
【レギュラー出演】 神田正輝 , 向井亜紀 , 勝俣州和 , 三船美佳 , ラッシャー板前 , ヒロド歩美 , 広瀬未花
【ゲスト】 内藤剛志
【その他】 坂田ちえ , 藤原孝誠 , 藤原美里 , 藤原伊吹 , 藤原蓮 , 川宿田好見 , 藤本秀徳 , 山本康夫 , 佐野カズミ , 古田敦也 , 小田都由 , 上野一芳 , 神野二男 , ジュリー・ラカサニョ

(オープニング)

CM

(オープニング)

CM

俺のひとっ風呂

「朝だ!生です旅サラダ」で紹介された本・コミック・雑誌

「俺のひとっ風呂 厳選50湯」発売中のお知らせ。

「俺のひとっ風呂 厳選50湯」発売中のお知らせ。

「旅サラダ 勝俣州和の俺のひとっ風呂 厳選50湯 (扶桑社ムック)」

Amazon.co.jp


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたレストラン・飲食店

sakata sweet

熊本空港に近い西原村を訪問。阿蘇根子岳を望む露天風呂があるという。その前に訪れた「sakata sweet」は地元食材を使ったスイーツ店。震災の被害が大きかった西原村にはいまでも多くの人が家を建てられず仮設住宅で暮らす。村を元気にしようとスタッフの坂田さんを中心にお店をオープン。地元の方々が毎日おいしいスイーツを作っている。看板メニューは手づくりのマーマレードジャムを練り込んだシフォンケーキ。すべて手づくりのために数量に限りがある。


熊本空港

熊本空港に近い西原村を訪問。阿蘇根子岳を望む露天風呂があるという。その前に訪れた「sakata sweet」は地元食材を使ったスイーツ店。震災の被害が大きかった西原村にはいまでも多くの人が家を建てられず仮設住宅で暮らす。村を元気にしようとスタッフの坂田さんを中心にお店をオープン。地元の方々が毎日おいしいスイーツを作っている。看板メニューは手づくりのマーマレードジャムを練り込んだシフォンケーキ。すべて手づくりのために数量に限りがある。


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報

シフォンケーキ マーマレード味

熊本空港に近い西原村を訪問。阿蘇根子岳を望む露天風呂があるという。その前に訪れた「sakata sweet」は地元食材を使ったスイーツ店。震災の被害が大きかった西原村にはいまでも多くの人が家を建てられず仮設住宅で暮らす。村を元気にしようとスタッフの坂田さんを中心にお店をオープン。地元の方々が毎日おいしいスイーツを作っている。看板メニューは手づくりのマーマレードジャムを練り込んだシフォンケーキ。すべて手づくりのために数量に限りがある。


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報

阿蘇アスパラ

南阿蘇村ではこの時期おすすめの野菜「阿蘇アスパラ」がある。ブランド野菜として全国で大人気で、4月は収穫の最盛期。27cmになると根本から切って収穫。とれたてのアスパラをさっそくごちそうに。豚肉巻きも一緒に炭でアスパラをじっくり焼き上げ、いただくことに。普通のアスパラは紫色のタグがつけられているが、阿蘇アスパラは目立つようにピンクのタグ付がされている。


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報

スイカ

南阿蘇村ではこの時期おすすめの野菜「阿蘇アスパラ」がある。ブランド野菜として全国で大人気で、4月は収穫の最盛期。27cmになると根本から切って収穫。とれたてのアスパラをさっそくごちそうに。豚肉巻きも一緒に炭でアスパラをじっくり焼き上げ、いただくことに。普通のアスパラは紫色のタグがつけられているが、阿蘇アスパラは目立つようにピンクのタグ付がされている。


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報

メロン

南阿蘇村ではこの時期おすすめの野菜「阿蘇アスパラ」がある。ブランド野菜として全国で大人気で、4月は収穫の最盛期。27cmになると根本から切って収穫。とれたてのアスパラをさっそくごちそうに。豚肉巻きも一緒に炭でアスパラをじっくり焼き上げ、いただくことに。普通のアスパラは紫色のタグがつけられているが、阿蘇アスパラは目立つようにピンクのタグ付がされている。


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報

パイナップル

南阿蘇村ではこの時期おすすめの野菜「阿蘇アスパラ」がある。ブランド野菜として全国で大人気で、4月は収穫の最盛期。27cmになると根本から切って収穫。とれたてのアスパラをさっそくごちそうに。豚肉巻きも一緒に炭でアスパラをじっくり焼き上げ、いただくことに。普通のアスパラは紫色のタグがつけられているが、阿蘇アスパラは目立つようにピンクのタグ付がされている。


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報

アスパラの豚肉巻き

南阿蘇村ではこの時期おすすめの野菜「阿蘇アスパラ」がある。ブランド野菜として全国で大人気で、4月は収穫の最盛期。27cmになると根本から切って収穫。とれたてのアスパラをさっそくごちそうに。豚肉巻きも一緒に炭でアスパラをじっくり焼き上げ、いただくことに。普通のアスパラは紫色のタグがつけられているが、阿蘇アスパラは目立つようにピンクのタグ付がされている。


月廻り温泉館

日替わり温泉「月廻り温泉館」は震災の影響で入れなかったが、今回は露天風呂が復活。露天風呂からは根子岳が望める。泉質はアルカリ性単純温泉。


入湯料

日替わり温泉「月廻り温泉館」は震災の影響で入れなかったが、今回は露天風呂が復活。露天風呂からは根子岳が望める。泉質はアルカリ性単純温泉。


阿蘇アスパラガス&シフォンケーキと焼き菓子

熊本県を旅してきた勝俣州和はシフォンケーキがプレーンや抹茶の味もあるが本当に美味しかったことなど述べた。また、「阿蘇アスパラガス&シフォンケーキと焼き菓子」を5名様にプレゼント。応募の案内をした。応募受付は正午まで。


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報

シフォンケーキ

熊本県を旅してきた勝俣州和はシフォンケーキがプレーンや抹茶の味もあるが本当に美味しかったことなど述べた。また、「阿蘇アスパラガス&シフォンケーキと焼き菓子」を5名様にプレゼント。応募の案内をした。応募受付は正午まで。


(春の小豆島を巡る)

高松港

高松港から小豆島に向かった内藤さんだが、出向してから1時間で土庄港に到着した。到着した内藤さんは懐かしいけど道を忘れてしまったと話していた。


土庄港

高松港から小豆島に向かった内藤さんだが、出向してから1時間で土庄港に到着した。到着した内藤さんは懐かしいけど道を忘れてしまったと話していた。


こううん駅

香川県にある小豆島は周囲が126kmで2万7000人が暮らしていて、古くは瀬戸内海の要所として栄えていた。内藤さんは寒霞渓ロープウェイに乗ったことがないのだといい、寒霞渓をまず目指した。寒霞渓はおよそ1300万年前の火山活動で堆積した岩が雨風で侵食されてできたもので、出発してから5分ほどでの到達となる。そして展望台からの景色は眼下に広がる街並をのぞむことができる。


寒霞渓ロープウェイ

香川県にある小豆島は周囲が126kmで2万7000人が暮らしていて、古くは瀬戸内海の要所として栄えていた。内藤さんは寒霞渓ロープウェイに乗ったことがないのだといい、寒霞渓をまず目指した。寒霞渓はおよそ1300万年前の火山活動で堆積した岩が雨風で侵食されてできたもので、出発してから5分ほどでの到達となる。そして展望台からの景色は眼下に広がる街並をのぞむことができる。


迷路のまち

内藤さんは道に迷ってしまったが、この入り組んだ道は迷路のまちとも呼ばれていて、元々は海賊の侵入を防ぐためにこのような作りになったと言われている。ここからは塔が見えたものの、土地が入り組んでいて少しづつ進んでいった。そして高台に立つ西光寺に到着すると、誓願ノ塔を見ることが出来た。ここから迷路のまちを見下ろすと街並は家の方向がバラバラになっていて、島の人達はかくれんぼにもってこいの町だと話していた。

内藤さんは小豆島の旅について、家が三叉路でランダムに立っていて迷路みたいになっていると迷路のまちについて振り返っていて、大阪城の石垣にも使われた石についてはあれを切って運ぶのも大変とスタジオでは話されたが、これは島から転がり落とした石を大阪に運んだ後は水路を使って運んだのだという。そしてオリーブ牛は脂がさっぱりしていて1kgは食べられると内藤さんは振り返っていた。


西光寺

内藤さんは道に迷ってしまったが、この入り組んだ道は迷路のまちとも呼ばれていて、元々は海賊の侵入を防ぐためにこのような作りになったと言われている。ここからは塔が見えたものの、土地が入り組んでいて少しづつ進んでいった。そして高台に立つ西光寺に到着すると、誓願ノ塔を見ることが出来た。ここから迷路のまちを見下ろすと街並は家の方向がバラバラになっていて、島の人達はかくれんぼにもってこいの町だと話していた。


誓願ノ塔

内藤さんは道に迷ってしまったが、この入り組んだ道は迷路のまちとも呼ばれていて、元々は海賊の侵入を防ぐためにこのような作りになったと言われている。ここからは塔が見えたものの、土地が入り組んでいて少しづつ進んでいった。そして高台に立つ西光寺に到着すると、誓願ノ塔を見ることが出来た。ここから迷路のまちを見下ろすと街並は家の方向がバラバラになっていて、島の人達はかくれんぼにもってこいの町だと話していた。


大阪城

小豆島町企画財政課の川宿田さんは小豆島では花崗岩が有名と話していて、ここの良質な花崗岩から大阪城の石垣が作られていて、大阪城石垣石切丁場跡などもあった。砕石が途中で終わっているものもあり、川宿田さんはのみで岩にひびを入れて鉄の道具を入れると岩を割ることができると話していて、途中で中止になった理由については大阪城を作るのに十分な量の石が取れたことで、砕石が中止になったためで、その時の残りが跡地に残されていると話していた。また、石切場で最も大きい八人石は重さが85トンもあるという。

内藤さんは小豆島の旅について、家が三叉路でランダムに立っていて迷路みたいになっていると迷路のまちについて振り返っていて、大阪城の石垣にも使われた石についてはあれを切って運ぶのも大変とスタジオでは話されたが、これは島から転がり落とした石を大阪に運んだ後は水路を使って運んだのだという。そしてオリーブ牛は脂がさっぱりしていて1kgは食べられると内藤さんは振り返っていた。


小豆島町企画財政課

小豆島町企画財政課の川宿田さんは小豆島では花崗岩が有名と話していて、ここの良質な花崗岩から大阪城の石垣が作られていて、大阪城石垣石切丁場跡などもあった。砕石が途中で終わっているものもあり、川宿田さんはのみで岩にひびを入れて鉄の道具を入れると岩を割ることができると話していて、途中で中止になった理由については大阪城を作るのに十分な量の石が取れたことで、砕石が中止になったためで、その時の残りが跡地に残されていると話していた。また、石切場で最も大きい八人石は重さが85トンもあるという。


大阪城石垣石切丁場跡

小豆島町企画財政課の川宿田さんは小豆島では花崗岩が有名と話していて、ここの良質な花崗岩から大阪城の石垣が作られていて、大阪城石垣石切丁場跡などもあった。砕石が途中で終わっているものもあり、川宿田さんはのみで岩にひびを入れて鉄の道具を入れると岩を割ることができると話していて、途中で中止になった理由については大阪城を作るのに十分な量の石が取れたことで、砕石が中止になったためで、その時の残りが跡地に残されていると話していた。また、石切場で最も大きい八人石は重さが85トンもあるという。


屋形崎 夕日の丘

内藤さんがこの旅で楽しみにしていたのは小豆島を代表とするスポットの「屋形崎 夕日の丘」で、ここからの夕日を楽しむとその後ろでは綺麗に月が見えていて、太陽と満月の姿を楽しんでいた。


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたレストラン・飲食店

夕食は小豆島の人気店・ヒコスでいただくことにしたが、内藤さんは「スペシャルコース」を選んだが、「イイダコと筍の炊合せ」はあっさりしていて美味しいのだといい、「いかなごの南蛮漬」は大きいいかなごをつかっていて、味が詰まっていた。他にも「お作り盛り合わせ」や「舌平目のオリーブ焼き」・「小豆島そうめん」など様々なメニューが運ばれていたが、最後に出てきたのは「オリーブ牛のステーキ」で名物のオリーブ牛を絶妙な火加減で焼いていて、内藤さんはさっぱりしているのに肉の旨味があり、肉を食べる気持ちが前向きになると話していた。

 (割烹・小料理)

「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報

スペシャルコース

夕食は小豆島の人気店・ヒコスでいただくことにしたが、内藤さんは「スペシャルコース」を選んだが、「イイダコと筍の炊合せ」はあっさりしていて美味しいのだといい、「いかなごの南蛮漬」は大きいいかなごをつかっていて、味が詰まっていた。他にも「お作り盛り合わせ」や「舌平目のオリーブ焼き」・「小豆島そうめん」など様々なメニューが運ばれていたが、最後に出てきたのは「オリーブ牛のステーキ」で名物のオリーブ牛を絶妙な火加減で焼いていて、内藤さんはさっぱりしているのに肉の旨味があり、肉を食べる気持ちが前向きになると話していた。


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報

オリーブ牛

夕食は小豆島の人気店・ヒコスでいただくことにしたが、内藤さんは「スペシャルコース」を選んだが、「イイダコと筍の炊合せ」はあっさりしていて美味しいのだといい、「いかなごの南蛮漬」は大きいいかなごをつかっていて、味が詰まっていた。他にも「お作り盛り合わせ」や「舌平目のオリーブ焼き」・「小豆島そうめん」など様々なメニューが運ばれていたが、最後に出てきたのは「オリーブ牛のステーキ」で名物のオリーブ牛を絶妙な火加減で焼いていて、内藤さんはさっぱりしているのに肉の旨味があり、肉を食べる気持ちが前向きになると話していた。

内藤さんは小豆島の旅について、家が三叉路でランダムに立っていて迷路みたいになっていると迷路のまちについて振り返っていて、大阪城の石垣にも使われた石についてはあれを切って運ぶのも大変とスタジオでは話されたが、これは島から転がり落とした石を大阪に運んだ後は水路を使って運んだのだという。そしてオリーブ牛は脂がさっぱりしていて1kgは食べられると内藤さんは振り返っていた。


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報

夕食は小豆島の人気店・ヒコスでいただくことにしたが、内藤さんは「スペシャルコース」を選んだが、「イイダコと筍の炊合せ」はあっさりしていて美味しいのだといい、「いかなごの南蛮漬」は大きいいかなごをつかっていて、味が詰まっていた。他にも「お作り盛り合わせ」や「舌平目のオリーブ焼き」・「小豆島そうめん」など様々なメニューが運ばれていたが、最後に出てきたのは「オリーブ牛のステーキ」で名物のオリーブ牛を絶妙な火加減で焼いていて、内藤さんはさっぱりしているのに肉の旨味があり、肉を食べる気持ちが前向きになると話していた。


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報

イイダコ

夕食は小豆島の人気店・ヒコスでいただくことにしたが、内藤さんは「スペシャルコース」を選んだが、「イイダコと筍の炊合せ」はあっさりしていて美味しいのだといい、「いかなごの南蛮漬」は大きいいかなごをつかっていて、味が詰まっていた。他にも「お作り盛り合わせ」や「舌平目のオリーブ焼き」・「小豆島そうめん」など様々なメニューが運ばれていたが、最後に出てきたのは「オリーブ牛のステーキ」で名物のオリーブ牛を絶妙な火加減で焼いていて、内藤さんはさっぱりしているのに肉の旨味があり、肉を食べる気持ちが前向きになると話していた。


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報

いかなご

夕食は小豆島の人気店・ヒコスでいただくことにしたが、内藤さんは「スペシャルコース」を選んだが、「イイダコと筍の炊合せ」はあっさりしていて美味しいのだといい、「いかなごの南蛮漬」は大きいいかなごをつかっていて、味が詰まっていた。他にも「お作り盛り合わせ」や「舌平目のオリーブ焼き」・「小豆島そうめん」など様々なメニューが運ばれていたが、最後に出てきたのは「オリーブ牛のステーキ」で名物のオリーブ牛を絶妙な火加減で焼いていて、内藤さんはさっぱりしているのに肉の旨味があり、肉を食べる気持ちが前向きになると話していた。


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報

舌平目

夕食は小豆島の人気店・ヒコスでいただくことにしたが、内藤さんは「スペシャルコース」を選んだが、「イイダコと筍の炊合せ」はあっさりしていて美味しいのだといい、「いかなごの南蛮漬」は大きいいかなごをつかっていて、味が詰まっていた。他にも「お作り盛り合わせ」や「舌平目のオリーブ焼き」・「小豆島そうめん」など様々なメニューが運ばれていたが、最後に出てきたのは「オリーブ牛のステーキ」で名物のオリーブ牛を絶妙な火加減で焼いていて、内藤さんはさっぱりしているのに肉の旨味があり、肉を食べる気持ちが前向きになると話していた。


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報

いかなごのくぎ煮

夕食は小豆島の人気店・ヒコスでいただくことにしたが、内藤さんは「スペシャルコース」を選んだが、「イイダコと筍の炊合せ」はあっさりしていて美味しいのだといい、「いかなごの南蛮漬」は大きいいかなごをつかっていて、味が詰まっていた。他にも「お作り盛り合わせ」や「舌平目のオリーブ焼き」・「小豆島そうめん」など様々なメニューが運ばれていたが、最後に出てきたのは「オリーブ牛のステーキ」で名物のオリーブ牛を絶妙な火加減で焼いていて、内藤さんはさっぱりしているのに肉の旨味があり、肉を食べる気持ちが前向きになると話していた。


ヤマロク醤油

小豆島は江戸時代から始まる醤油の名産地で今でもおよそ20の醤油蔵が並んでいるが、映画で内藤さんは醤油屋さんの主人を演じたこともあり、撮影でお世話になったことのあるヤマロク醤油を訪れたが、ここは未だに昔ながらの木桶を使った天然醸造で醤油を作っていて、熟成中のおけの中では汲み出しが行われていた。これをなめてみるともろきゅうに良さそうだと話していた。さらに、週末だけ売られている「卵かけご飯」を頂いたが、5代目の山本さんは醤油をご飯にかけて食べるのがいいと話していて、内藤さんは3つの醤油から再仕込醤油を選び、まずそのままでいただくと笑顔になり、あまりかき混ぜずに卵かけご飯をいただくとまろやかさを味わえるという。


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報

卵かけご飯

小豆島は江戸時代から始まる醤油の名産地で今でもおよそ20の醤油蔵が並んでいるが、映画で内藤さんは醤油屋さんの主人を演じたこともあり、撮影でお世話になったことのあるヤマロク醤油を訪れたが、ここは未だに昔ながらの木桶を使った天然醸造で醤油を作っていて、熟成中のおけの中では汲み出しが行われていた。これをなめてみるともろきゅうに良さそうだと話していた。さらに、週末だけ売られている「卵かけご飯」を頂いたが、5代目の山本さんは醤油をご飯にかけて食べるのがいいと話していて、内藤さんは3つの醤油から再仕込醤油を選び、まずそのままでいただくと笑顔になり、あまりかき混ぜずに卵かけご飯をいただくとまろやかさを味わえるという。

内藤さんは懐かしくて温かいと小豆島の話していた。また、スタジオでは内藤さんが甘えている表情が新鮮だったと言う声があがっていた。また、卵かけご飯は三位一体になっていて、香りもご飯も楽しめると話していた。


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報

再仕込醤油

小豆島は江戸時代から始まる醤油の名産地で今でもおよそ20の醤油蔵が並んでいるが、映画で内藤さんは醤油屋さんの主人を演じたこともあり、撮影でお世話になったことのあるヤマロク醤油を訪れたが、ここは未だに昔ながらの木桶を使った天然醸造で醤油を作っていて、熟成中のおけの中では汲み出しが行われていた。これをなめてみるともろきゅうに良さそうだと話していた。さらに、週末だけ売られている「卵かけご飯」を頂いたが、5代目の山本さんは醤油をご飯にかけて食べるのがいいと話していて、内藤さんは3つの醤油から再仕込醤油を選び、まずそのままでいただくと笑顔になり、あまりかき混ぜずに卵かけご飯をいただくとまろやかさを味わえるという。


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報

きゅうり

小豆島は江戸時代から始まる醤油の名産地で今でもおよそ20の醤油蔵が並んでいるが、映画で内藤さんは醤油屋さんの主人を演じたこともあり、撮影でお世話になったことのあるヤマロク醤油を訪れたが、ここは未だに昔ながらの木桶を使った天然醸造で醤油を作っていて、熟成中のおけの中では汲み出しが行われていた。これをなめてみるともろきゅうに良さそうだと話していた。さらに、週末だけ売られている「卵かけご飯」を頂いたが、5代目の山本さんは醤油をご飯にかけて食べるのがいいと話していて、内藤さんは3つの醤油から再仕込醤油を選び、まずそのままでいただくと笑顔になり、あまりかき混ぜずに卵かけご飯をいただくとまろやかさを味わえるという。


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報

もろきゅう

小豆島は江戸時代から始まる醤油の名産地で今でもおよそ20の醤油蔵が並んでいるが、映画で内藤さんは醤油屋さんの主人を演じたこともあり、撮影でお世話になったことのあるヤマロク醤油を訪れたが、ここは未だに昔ながらの木桶を使った天然醸造で醤油を作っていて、熟成中のおけの中では汲み出しが行われていた。これをなめてみるともろきゅうに良さそうだと話していた。さらに、週末だけ売られている「卵かけご飯」を頂いたが、5代目の山本さんは醤油をご飯にかけて食べるのがいいと話していて、内藤さんは3つの醤油から再仕込醤油を選び、まずそのままでいただくと笑顔になり、あまりかき混ぜずに卵かけご飯をいただくとまろやかさを味わえるという。


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたレストラン・飲食店

創業50年を迎えた木原食堂は店主の佐野カズミさんが1人で切り盛りしているが、ここでは黒い色をしたおでんを内藤さんは見つけていて、筋と卵がおすすめなのだという。これは小豆島の醤油で煮込んだものとなっていて、色は黒いが濃い口の醤油なので見た目よりも甘いのが特徴となっていて、定食のおすすめは「メバルの煮付け定食」で、メバルは今が一番脂が乗っていておふくろの味になっているといい、ワカメの茎なども楽しんで実家のような居心地を楽しんでいた。

 (定食・食堂、おでん)

「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報

おでん

創業50年を迎えた木原食堂は店主の佐野カズミさんが1人で切り盛りしているが、ここでは黒い色をしたおでんを内藤さんは見つけていて、筋と卵がおすすめなのだという。これは小豆島の醤油で煮込んだものとなっていて、色は黒いが濃い口の醤油なので見た目よりも甘いのが特徴となっていて、定食のおすすめは「メバルの煮付け定食」で、メバルは今が一番脂が乗っていておふくろの味になっているといい、ワカメの茎なども楽しんで実家のような居心地を楽しんでいた。


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報

メバルの煮付け定食

創業50年を迎えた木原食堂は店主の佐野カズミさんが1人で切り盛りしているが、ここでは黒い色をしたおでんを内藤さんは見つけていて、筋と卵がおすすめなのだという。これは小豆島の醤油で煮込んだものとなっていて、色は黒いが濃い口の醤油なので見た目よりも甘いのが特徴となっていて、定食のおすすめは「メバルの煮付け定食」で、メバルは今が一番脂が乗っていておふくろの味になっているといい、ワカメの茎なども楽しんで実家のような居心地を楽しんでいた。


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報

わかめの茎

創業50年を迎えた木原食堂は店主の佐野カズミさんが1人で切り盛りしているが、ここでは黒い色をしたおでんを内藤さんは見つけていて、筋と卵がおすすめなのだという。これは小豆島の醤油で煮込んだものとなっていて、色は黒いが濃い口の醤油なので見た目よりも甘いのが特徴となっていて、定食のおすすめは「メバルの煮付け定食」で、メバルは今が一番脂が乗っていておふくろの味になっているといい、ワカメの茎なども楽しんで実家のような居心地を楽しんでいた。


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報

わかめ

創業50年を迎えた木原食堂は店主の佐野カズミさんが1人で切り盛りしているが、ここでは黒い色をしたおでんを内藤さんは見つけていて、筋と卵がおすすめなのだという。これは小豆島の醤油で煮込んだものとなっていて、色は黒いが濃い口の醤油なので見た目よりも甘いのが特徴となっていて、定食のおすすめは「メバルの煮付け定食」で、メバルは今が一番脂が乗っていておふくろの味になっているといい、ワカメの茎なども楽しんで実家のような居心地を楽しんでいた。


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報

メバル

創業50年を迎えた木原食堂は店主の佐野カズミさんが1人で切り盛りしているが、ここでは黒い色をしたおでんを内藤さんは見つけていて、筋と卵がおすすめなのだという。これは小豆島の醤油で煮込んだものとなっていて、色は黒いが濃い口の醤油なので見た目よりも甘いのが特徴となっていて、定食のおすすめは「メバルの煮付け定食」で、メバルは今が一番脂が乗っていておふくろの味になっているといい、ワカメの茎なども楽しんで実家のような居心地を楽しんでいた。


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報

創業50年を迎えた木原食堂は店主の佐野カズミさんが1人で切り盛りしているが、ここでは黒い色をしたおでんを内藤さんは見つけていて、筋と卵がおすすめなのだという。これは小豆島の醤油で煮込んだものとなっていて、色は黒いが濃い口の醤油なので見た目よりも甘いのが特徴となっていて、定食のおすすめは「メバルの煮付け定食」で、メバルは今が一番脂が乗っていておふくろの味になっているといい、ワカメの茎なども楽しんで実家のような居心地を楽しんでいた。


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたレストラン・飲食店

内藤さんは懐かしくて温かいと小豆島の話していた。また、スタジオでは内藤さんが甘えている表情が新鮮だったと言う声があがっていた。また、卵かけご飯は三位一体になっていて、香りもご飯も楽しめると話していた。

 (定食・食堂、おでん)

「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報

小豆島産醤油

内藤さんは懐かしくて温かいと小豆島の話していた。また、スタジオでは内藤さんが甘えている表情が新鮮だったと言う声があがっていた。また、卵かけご飯は三位一体になっていて、香りもご飯も楽しめると話していた。


ヒロドが行く!日本縦断コレうまの旅

Yahoo!JAPAN ライフマガジン

Yahoo!JAPAN ライフマガジンで「コレうまの旅」連載中のお知らせ。

Yahoo!JAPAN ライフマガジンで「コレうまの旅」連載中のお知らせ。


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたレストラン・飲食店

東京・麻布にある「ピッコロ グランデ」は神田正輝行きつけのお店ということで特別に取材許可をもらった。まずいただいたのが季節限定の「ホワイトアスパラガスのパルメザンチーズ焼き 生ハムのせ」。「スパゲッティアッラビアータ」はたっぷりのにんにくとトマトで和えた本格アラビアータ。芸能人にもファンが多い。

 (イタリアン)

「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報

ホワイトアスパラガスのパルメザンチーズ焼き 生ハムのせ

東京・麻布にある「ピッコロ グランデ」は神田正輝行きつけのお店ということで特別に取材許可をもらった。まずいただいたのが季節限定の「ホワイトアスパラガスのパルメザンチーズ焼き 生ハムのせ」。「スパゲッティアッラビアータ」はたっぷりのにんにくとトマトで和えた本格アラビアータ。芸能人にもファンが多い。


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報

スパゲッティアッラビアータ

東京・麻布にある「ピッコロ グランデ」は神田正輝行きつけのお店ということで特別に取材許可をもらった。まずいただいたのが季節限定の「ホワイトアスパラガスのパルメザンチーズ焼き 生ハムのせ」。「スパゲッティアッラビアータ」はたっぷりのにんにくとトマトで和えた本格アラビアータ。芸能人にもファンが多い。


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報

トマト

東京・麻布にある「ピッコロ グランデ」は神田正輝行きつけのお店ということで特別に取材許可をもらった。まずいただいたのが季節限定の「ホワイトアスパラガスのパルメザンチーズ焼き 生ハムのせ」。「スパゲッティアッラビアータ」はたっぷりのにんにくとトマトで和えた本格アラビアータ。芸能人にもファンが多い。


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報

にんにく

東京・麻布にある「ピッコロ グランデ」は神田正輝行きつけのお店ということで特別に取材許可をもらった。まずいただいたのが季節限定の「ホワイトアスパラガスのパルメザンチーズ焼き 生ハムのせ」。「スパゲッティアッラビアータ」はたっぷりのにんにくとトマトで和えた本格アラビアータ。芸能人にもファンが多い。


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたレストラン・飲食店

「参鶏湯料理 グレイス」は王貞治さんをはじめとした多くのスポーツ選手や有名人に愛されているサムゲタンのお店。オーナーが本場韓国で修行した味をそのまま守り続けている。

「参鶏湯料理 グレイス」のサムゲタンがプレゼントに選ばれた。スタジオでは出演者らが試食。ヒロド歩美が「美容にも健康にも良い」ことなど述べていた。今回はこのサムゲタンを5名様にプレゼント。応募の案内をした。応募受付は正午まで。


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報

参鶏湯

「参鶏湯料理 グレイス」は王貞治さんをはじめとした多くのスポーツ選手や有名人に愛されているサムゲタンのお店。オーナーが本場韓国で修行した味をそのまま守り続けている。


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたレストラン・飲食店

炭火焼肉 東海亭

ヒロド歩美が「サンデーLIVE!!」で共演している古田敦也さんへ電話。焼肉店の「東海亭」を紹介してもらった。おすすめは松阪牛。古田さんがいつも注文している「ハラミタレ」、赤身のうま味と柔らかみを楽しめる「カイノミタレ」


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報

松阪牛

ヒロド歩美が「サンデーLIVE!!」で共演している古田敦也さんへ電話。焼肉店の「東海亭」を紹介してもらった。おすすめは松阪牛。古田さんがいつも注文している「ハラミタレ」、赤身のうま味と柔らかみを楽しめる「カイノミタレ」


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報

松阪牛 ハラミ タレ

ヒロド歩美が「サンデーLIVE!!」で共演している古田敦也さんへ電話。焼肉店の「東海亭」を紹介してもらった。おすすめは松阪牛。古田さんがいつも注文している「ハラミタレ」、赤身のうま味と柔らかみを楽しめる「カイノミタレ」


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報

松阪牛 カイノミ タレ

ヒロド歩美が「サンデーLIVE!!」で共演している古田敦也さんへ電話。焼肉店の「東海亭」を紹介してもらった。おすすめは松阪牛。古田さんがいつも注文している「ハラミタレ」、赤身のうま味と柔らかみを楽しめる「カイノミタレ」


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報

サムゲタン

「参鶏湯料理 グレイス」のサムゲタンがプレゼントに選ばれた。スタジオでは出演者らが試食。ヒロド歩美が「美容にも健康にも良い」ことなど述べていた。今回はこのサムゲタンを5名様にプレゼント。応募の案内をした。応募受付は正午まで。


CM

(LIVE 鹿児島・南さつま市)

「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報

薩摩甘照

鹿児島県南さつま市からの中継。薩摩甘照は1個400ほどもする高級フルーツトマト。糖度は8以上で、中にはスイカと同じくらい甘いものもある。実の密度が高く、濃厚な味がする。普通のトマトが水に浮くのに対し、薩摩甘照は沈む。規定の大きさになるまでLED照明の下で育て、温度も一定に保つ。太陽の光は天気によって加減が変わるが、LEDだとずっと同じ条件で育てられるため、天気に左右されず苗のうちから元気な体が作れる。皮が厚いので文字と書くこともでき、「旅サラダ 祝25年」のメッセージが書かれていた。試食したラッシャーさんは「凄くジューシーで味が濃い」とコメントした。


LED照明

鹿児島県南さつま市からの中継。薩摩甘照は1個400ほどもする高級フルーツトマト。糖度は8以上で、中にはスイカと同じくらい甘いものもある。実の密度が高く、濃厚な味がする。普通のトマトが水に浮くのに対し、薩摩甘照は沈む。規定の大きさになるまでLED照明の下で育て、温度も一定に保つ。太陽の光は天気によって加減が変わるが、LEDだとずっと同じ条件で育てられるため、天気に左右されず苗のうちから元気な体が作れる。皮が厚いので文字と書くこともでき、「旅サラダ 祝25年」のメッセージが書かれていた。試食したラッシャーさんは「凄くジューシーで味が濃い」とコメントした。


CM

(LIVE 鹿児島・南さつま市)

「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報

薩摩甘照

JA南さつま TEAM・みなみ姫がトマト料理を作った。薩摩甘照を使ったトマトジュースは濃厚で、飲むというよりも食べている感じ。薩摩甘照の天ぷらはベーコンとチーズを巻き、イタリア風に仕上げてある。ラッシャーさんは「火を通すと更に味が深くなる」とコメント。ケーキハウス sinの神野さんはトマトのケーキを作った。薩摩甘照に関する情報は鹿児島高槻電器工業まで。


JA南さつま

JA南さつま TEAM・みなみ姫がトマト料理を作った。薩摩甘照を使ったトマトジュースは濃厚で、飲むというよりも食べている感じ。薩摩甘照の天ぷらはベーコンとチーズを巻き、イタリア風に仕上げてある。ラッシャーさんは「火を通すと更に味が深くなる」とコメント。ケーキハウス sinの神野さんはトマトのケーキを作った。薩摩甘照に関する情報は鹿児島高槻電器工業まで。


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報

砂丘ラッキョウ

JA南さつま TEAM・みなみ姫がトマト料理を作った。薩摩甘照を使ったトマトジュースは濃厚で、飲むというよりも食べている感じ。薩摩甘照の天ぷらはベーコンとチーズを巻き、イタリア風に仕上げてある。ラッシャーさんは「火を通すと更に味が深くなる」とコメント。ケーキハウス sinの神野さんはトマトのケーキを作った。薩摩甘照に関する情報は鹿児島高槻電器工業まで。


ケーキハウス sin

JA南さつま TEAM・みなみ姫がトマト料理を作った。薩摩甘照を使ったトマトジュースは濃厚で、飲むというよりも食べている感じ。薩摩甘照の天ぷらはベーコンとチーズを巻き、イタリア風に仕上げてある。ラッシャーさんは「火を通すと更に味が深くなる」とコメント。ケーキハウス sinの神野さんはトマトのケーキを作った。薩摩甘照に関する情報は鹿児島高槻電器工業まで。


鹿児島高槻電器工業

JA南さつま TEAM・みなみ姫がトマト料理を作った。薩摩甘照を使ったトマトジュースは濃厚で、飲むというよりも食べている感じ。薩摩甘照の天ぷらはベーコンとチーズを巻き、イタリア風に仕上げてある。ラッシャーさんは「火を通すと更に味が深くなる」とコメント。ケーキハウス sinの神野さんはトマトのケーキを作った。薩摩甘照に関する情報は鹿児島高槻電器工業まで。


CM

旅サラダガールズ

公式インスタグラム


ザ ブランド

タヒチ島から専用機で20分、テティアロア島は12の小島からなる環礁の島。飛行場のある島が丸ごとホテルの敷地になっている。かつてタヒチの王族が避暑地にしていた場所に建てられた最高級リゾートは、アメリカの人気旅行雑誌で「世界のベストリゾート」第1位に選ばれた。35棟のヴィラは全て自然に溶け込むようにデザインされている。ウェルカムシャンパンやマカロン、フルーツも用意されている。 室内は洗練されながらも大人の雰囲気。部屋にはプールも付いており、目の前には透明度の高い遠浅の海が広がり、サンゴ礁を色鮮やかな魚達が泳いでいる。

ホテル内はオールインクルーシブ。食事やアクティビティの料金など、全て宿泊代に含まれている。広瀬さんはアウトリガーカヌーを体験した。

自然が残る島を自転車で散策。ホテルの中に養蜂場があり、レストランなどで使われる蜂蜜を作っている。ヤシやミキミキなど、島の花の蜜から作られており独自の味わいがある。

島の奥には世界中のセレブが絶賛するスパがある。鳥の巣のような木でできた建物の中で、古くからタヒチに伝わるモノイオイルを使ったトリートメントを体験できる。モノイオイルは日焼けケアなど肌にいいと言われている。

ディナーはパリの2つ星レストランが監修するフレンチ。前菜はフランス産のカニを使った料理。バジル、ニンジン、コリアンダーなど細かく刻んだ野菜をマリネした大根で巻き、特製のイカスミソースをあしらって完成。蟹の旨味と酢漬けされた大根のバランスが絶妙。メインは牛テールのパルマンティエ黒トリュフ風味。パルマンティエとはフランスの伝統料理。牛テールの上にじゃがいものピューレ、黒トリュフを乗せ、凝縮したトリュフの煮汁と赤ワインから作ったソースを絡めて頂く。とても濃厚で噛めば噛むほど肉の旨味が広がる。


コンデナストトラベラー

タヒチ島から専用機で20分、テティアロア島は12の小島からなる環礁の島。飛行場のある島が丸ごとホテルの敷地になっている。かつてタヒチの王族が避暑地にしていた場所に建てられた最高級リゾートは、アメリカの人気旅行雑誌で「世界のベストリゾート」第1位に選ばれた。35棟のヴィラは全て自然に溶け込むようにデザインされている。ウェルカムシャンパンやマカロン、フルーツも用意されている。 室内は洗練されながらも大人の雰囲気。部屋にはプールも付いており、目の前には透明度の高い遠浅の海が広がり、サンゴ礁を色鮮やかな魚達が泳いでいる。


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介された観光・地域情報

1ベッドルームヴィラ

タヒチ島から専用機で20分、テティアロア島は12の小島からなる環礁の島。飛行場のある島が丸ごとホテルの敷地になっている。かつてタヒチの王族が避暑地にしていた場所に建てられた最高級リゾートは、アメリカの人気旅行雑誌で「世界のベストリゾート」第1位に選ばれた。35棟のヴィラは全て自然に溶け込むようにデザインされている。ウェルカムシャンパンやマカロン、フルーツも用意されている。 室内は洗練されながらも大人の雰囲気。部屋にはプールも付いており、目の前には透明度の高い遠浅の海が広がり、サンゴ礁を色鮮やかな魚達が泳いでいる。


アウトリガーカヌー

ホテル内はオールインクルーシブ。食事やアクティビティの料金など、全て宿泊代に含まれている。広瀬さんはアウトリガーカヌーを体験した。


ヤシ

自然が残る島を自転車で散策。ホテルの中に養蜂場があり、レストランなどで使われる蜂蜜を作っている。ヤシやミキミキなど、島の花の蜜から作られており独自の味わいがある。


ミキミキ

自然が残る島を自転車で散策。ホテルの中に養蜂場があり、レストランなどで使われる蜂蜜を作っている。ヤシやミキミキなど、島の花の蜜から作られており独自の味わいがある。


モノイオイル

島の奥には世界中のセレブが絶賛するスパがある。鳥の巣のような木でできた建物の中で、古くからタヒチに伝わるモノイオイルを使ったトリートメントを体験できる。モノイオイルは日焼けケアなど肌にいいと言われている。


ヴァルア ポリネシアン スパ

島の奥には世界中のセレブが絶賛するスパがある。鳥の巣のような木でできた建物の中で、古くからタヒチに伝わるモノイオイルを使ったトリートメントを体験できる。モノイオイルは日焼けケアなど肌にいいと言われている。


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたレストラン・飲食店

レミュティネ

ディナーはパリの2つ星レストランが監修するフレンチ。前菜はフランス産のカニを使った料理。バジル、ニンジン、コリアンダーなど細かく刻んだ野菜をマリネした大根で巻き、特製のイカスミソースをあしらって完成。蟹の旨味と酢漬けされた大根のバランスが絶妙。メインは牛テールのパルマンティエ黒トリュフ風味。パルマンティエとはフランスの伝統料理。牛テールの上にじゃがいものピューレ、黒トリュフを乗せ、凝縮したトリュフの煮汁と赤ワインから作ったソースを絡めて頂く。とても濃厚で噛めば噛むほど肉の旨味が広がる。


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報

フランス産トゥルトーの前菜

ディナーはパリの2つ星レストランが監修するフレンチ。前菜はフランス産のカニを使った料理。バジル、ニンジン、コリアンダーなど細かく刻んだ野菜をマリネした大根で巻き、特製のイカスミソースをあしらって完成。蟹の旨味と酢漬けされた大根のバランスが絶妙。メインは牛テールのパルマンティエ黒トリュフ風味。パルマンティエとはフランスの伝統料理。牛テールの上にじゃがいものピューレ、黒トリュフを乗せ、凝縮したトリュフの煮汁と赤ワインから作ったソースを絡めて頂く。とても濃厚で噛めば噛むほど肉の旨味が広がる。


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報

牛テールのパルマンティエ 黒トリュフ風味

ディナーはパリの2つ星レストランが監修するフレンチ。前菜はフランス産のカニを使った料理。バジル、ニンジン、コリアンダーなど細かく刻んだ野菜をマリネした大根で巻き、特製のイカスミソースをあしらって完成。蟹の旨味と酢漬けされた大根のバランスが絶妙。メインは牛テールのパルマンティエ黒トリュフ風味。パルマンティエとはフランスの伝統料理。牛テールの上にじゃがいものピューレ、黒トリュフを乗せ、凝縮したトリュフの煮汁と赤ワインから作ったソースを絡めて頂く。とても濃厚で噛めば噛むほど肉の旨味が広がる。


CM

旅サラダガールズ

「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたイベント情報

アルティメットラグーンツアー

12の小島からなる環礁の島、テティアロアは野生動物の宝庫。半日かけて生き物を観察する人気のツアーに出発。手付かずの島でヤシガニなど を探した。


ブラックチップシャーク

12の小島からなる環礁の島、テティアロアは野生動物の宝庫。半日かけて生き物を観察する人気のツアーに出発。手付かずの島でヤシガニなど を探した。


オカヤドカリ

12の小島からなる環礁の島、テティアロアは野生動物の宝庫。半日かけて生き物を観察する人気のツアーに出発。手付かずの島でヤシガニなど を探した。


ヤシガニ

12の小島からなる環礁の島、テティアロアは野生動物の宝庫。半日かけて生き物を観察する人気のツアーに出発。手付かずの島でヤシガニなど を探した。


エア タヒチ ヌイ

広瀬さんは「自然も人も優しくて、神秘的な空間にいることができる」とコメント。今回紹介したタヒチへの旅は、唯一の直行便があるエア タヒチ ヌイがお勧め。来年2月に新しい機体を導入し、これまで以上に快適なタヒチへの旅を楽しめる。


エア タヒチ ヌイ ホームページ


(エンディング)

アスパラガス&焼き菓子

プレゼント応募番号の表示。

プレゼント応募番号の表示。


「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報

サムゲタン


(番組宣伝)

CM

「朝だ!生です旅サラダ 〜番組開始から25周年!藤井フミヤが列車で兄弟旅&新ガールズ〜」 2018年4月7日(土)放送内容「朝だ!生です旅サラダ 〜田中圭が春の伊豆で温泉&海釣り堪能!ゴーギャンが愛した島〜」 2018年4月21日(土)放送内容

2018年03月 2018年04月 2018年05月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
  • 「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたすべての情報
  • 「朝だ!生です旅サラダ」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「朝だ!生です旅サラダ」で紹介された音楽・CD
  • 「朝だ!生です旅サラダ」で紹介された映画・DVD
  • 「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたグルメ情報
  • 「朝だ!生です旅サラダ」で紹介された料理レシピ
  • 「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「朝だ!生です旅サラダ」で紹介された観光・地域情報
  • 「朝だ!生です旅サラダ」で紹介されたイベント情報
  • 「朝だ!生です旅サラダ」で紹介された雑学・豆知識