テレビ紹介情報

「トリハダ[秘]スクープ映像100科ジテン」で紹介された情報

「トリハダ[秘]スクープ映像100科ジテン」2013年6月18日(火)放送内容「トリハダ[秘]スクープ映像100科ジテン」2013年7月30日(火)放送内容

「トリハダ[秘]スクープ映像100科ジテン」 2013年7月16日(火)放送内容

『2時間スペシャル』
2013年7月16日(火) 19:00〜20:54 テレビ朝日
【レギュラー出演】 加藤真輝子 , 石原良純
【ゲスト】 アニマル浜口 , カンニング竹山 , 土田晃之 , 浜口京子 , 重盛さと美
【その他】 三枝理枝子 , 前根明 , 秀島一生
【声の出演】 杉本るみ , 野田圭一 , 戸松遥

伝説の着陸SP

アシアナ航空

サンフランシスコ国際空港で起きたアシアナ航空機の着陸失敗事故。機体は訓練中の副機長が操縦、異常減速に気づかず、女子大生3人が命を落とした。また自動速度維持装置に異常が見つかっていないことから操縦ミスの可能性も指摘されている。一方、機内では骨折した客室乗務員が乗客を救出するという奇跡も起きていた。


サンフランシスコ国際空港

サンフランシスコ国際空港で起きたアシアナ航空機の着陸失敗事故。機体は訓練中の副機長が操縦、異常減速に気づかず、女子大生3人が命を落とした。また自動速度維持装置に異常が見つかっていないことから操縦ミスの可能性も指摘されている。一方、機内では骨折した客室乗務員が乗客を救出するという奇跡も起きていた。


ボーイング747

高度12500mから垂直落下した飛行機の機長の闘いを紹介。1985年2月に台北を旅立ったボーイング747はロサンゼルス行きで、飛行時間は11時間を予定していた。乗客乗員あわせて機には274名が搭乗、機長は飛行時間15000時間を超えるベテランだった。ボーイング747-SPは当時最新鋭のオートパイロットシステムを備えた機体だった。

目的地まであと僅かになったが、この時機体の前には乱気流があった。乱気流は積乱雲の中で空気中に渦が生じて不規則になった気流で、乱気流は事故になりやすい。事実日本国内での大型航空機の事故原因では33件が乱気流と最も多く、コックピットではオートパイロットが速度の上下を繰り返していた。

コックピットには機長と副操縦士を補佐するフライトエンジニアがおり、各種計器と燃料計算を行なっていた。そんな中、機体の4番エンジンに異常が発生。4番エンジンは過去に2回飛行中に停止し再起動されていた。飛行機はエンジンの1つが止まっても残りの3つで飛行できる設計になっており、こうした事態に備えたマニュアルも用意されている。

パイロットたちは機体の高度を下げることを決めた。一方4番エンジンは再起動するも反応がなく、パイロットたちはオートパイロットに判断を委ねることにした。機体には飛行機の傾きを制御するエルロンという補助翼があり、飛行機を左右に旋回させる垂直尾翼「ラダー」もある。しかしオートパイロットはラダーの操作はしないようになっており、エンジンが故障した場合は操縦士が手動でラダーとエルロンの両方を操作するが、オートパイロットはこの時エルロンで傾きを修正しようとしていた。


ボーイング747

高度12500mから垂直落下した飛行機の機長の闘いを紹介。1985年2月に台北を旅立ったボーイング747はロサンゼルス行きで、飛行時間は11時間を予定していた。乗客乗員あわせて機には274名が搭乗、機長は飛行時間15000時間を超えるベテランだった。ボーイング747-SPは当時最新鋭のオートパイロットシステムを備えた機体だった。

目的地まであと僅かになったが、この時機体の前には乱気流があった。乱気流は積乱雲の中で空気中に渦が生じて不規則になった気流で、乱気流は事故になりやすい。事実日本国内での大型航空機の事故原因では33件が乱気流と最も多く、コックピットではオートパイロットが速度の上下を繰り返していた。

コックピットには機長と副操縦士を補佐するフライトエンジニアがおり、各種計器と燃料計算を行なっていた。そんな中、機体の4番エンジンに異常が発生。4番エンジンは過去に2回飛行中に停止し再起動されていた。飛行機はエンジンの1つが止まっても残りの3つで飛行できる設計になっており、こうした事態に備えたマニュアルも用意されている。

パイロットたちは機体の高度を下げることを決めた。一方4番エンジンは再起動するも反応がなく、パイロットたちはオートパイロットに判断を委ねることにした。機体には飛行機の傾きを制御するエルロンという補助翼があり、飛行機を左右に旋回させる垂直尾翼「ラダー」もある。しかしオートパイロットはラダーの操作はしないようになっており、エンジンが故障した場合は操縦士が手動でラダーとエルロンの両方を操作するが、オートパイロットはこの時エルロンで傾きを修正しようとしていた。


ボーイング747

高度12500mから垂直落下した飛行機の機長の闘いを紹介。1985年2月に台北を旅立ったボーイング747はロサンゼルス行きで、飛行時間は11時間を予定していた。乗客乗員あわせて機には274名が搭乗、機長は飛行時間15000時間を超えるベテランだった。ボーイング747-SPは当時最新鋭のオートパイロットシステムを備えた機体だった。

目的地まであと僅かになったが、この時機体の前には乱気流があった。乱気流は積乱雲の中で空気中に渦が生じて不規則になった気流で、乱気流は事故になりやすい。事実日本国内での大型航空機の事故原因では33件が乱気流と最も多く、コックピットではオートパイロットが速度の上下を繰り返していた。

コックピットには機長と副操縦士を補佐するフライトエンジニアがおり、各種計器と燃料計算を行なっていた。そんな中、機体の4番エンジンに異常が発生。4番エンジンは過去に2回飛行中に停止し再起動されていた。飛行機はエンジンの1つが止まっても残りの3つで飛行できる設計になっており、こうした事態に備えたマニュアルも用意されている。

パイロットたちは機体の高度を下げることを決めた。一方4番エンジンは再起動するも反応がなく、パイロットたちはオートパイロットに判断を委ねることにした。機体には飛行機の傾きを制御するエルロンという補助翼があり、飛行機を左右に旋回させる垂直尾翼「ラダー」もある。しかしオートパイロットはラダーの操作はしないようになっており、エンジンが故障した場合は操縦士が手動でラダーとエルロンの両方を操作するが、オートパイロットはこの時エルロンで傾きを修正しようとしていた。


ボーイング747

高度12500mから垂直落下した飛行機の機長の闘いを紹介。1985年2月に台北を旅立ったボーイング747はロサンゼルス行きで、飛行時間は11時間を予定していた。乗客乗員あわせて機には274名が搭乗、機長は飛行時間15000時間を超えるベテランだった。ボーイング747-SPは当時最新鋭のオートパイロットシステムを備えた機体だった。

目的地まであと僅かになったが、この時機体の前には乱気流があった。乱気流は積乱雲の中で空気中に渦が生じて不規則になった気流で、乱気流は事故になりやすい。事実日本国内での大型航空機の事故原因では33件が乱気流と最も多く、コックピットではオートパイロットが速度の上下を繰り返していた。

コックピットには機長と副操縦士を補佐するフライトエンジニアがおり、各種計器と燃料計算を行なっていた。そんな中、機体の4番エンジンに異常が発生。4番エンジンは過去に2回飛行中に停止し再起動されていた。飛行機はエンジンの1つが止まっても残りの3つで飛行できる設計になっており、こうした事態に備えたマニュアルも用意されている。

パイロットたちは機体の高度を下げることを決めた。一方4番エンジンは再起動するも反応がなく、パイロットたちはオートパイロットに判断を委ねることにした。機体には飛行機の傾きを制御するエルロンという補助翼があり、飛行機を左右に旋回させる垂直尾翼「ラダー」もある。しかしオートパイロットはラダーの操作はしないようになっており、エンジンが故障した場合は操縦士が手動でラダーとエルロンの両方を操作するが、オートパイロットはこの時エルロンで傾きを修正しようとしていた。


伝説の着陸SP

ボーイング747

ボーイング747で起きた高度12500mから垂直落下する事故をVTRで再現。エンジンの故障で高度が下がる機内では、機長たちがオートパイロットを解除して手動での操縦を開始。しかしこれによりコントロール不能状態に陥り、機体は急降下。わずか30秒で約2000mも落下し、さらに1〜3番エンジンもパワーダウンした。


伝説の着陸SP

ボーイング747

ボーイング747で起きた高度12500mから垂直落下する事故をVTRで再現。急降下を続ける機体では、パイロットたちが空間識失調に陥っていた。空間識失調は主に航空機のパイロットが一時的に平衡感覚を失う状態で、雲の中では視覚的に目印がなく、バランス感覚が狂いやすくなる。

また機体には空中分解の危機も迫っていた。ボーイング747は2.5Gまでしか耐えることが出来ないが、機体にはこの時7Gもの重力がかかっていた。


ボーイング747

ボーイング747で起きた高度12500mから垂直落下する事故をVTRで再現。急降下を続ける機体では、パイロットたちが空間識失調に陥っていた。空間識失調は主に航空機のパイロットが一時的に平衡感覚を失う状態で、雲の中では視覚的に目印がなく、バランス感覚が狂いやすくなる。

また機体には空中分解の危機も迫っていた。ボーイング747は2.5Gまでしか耐えることが出来ないが、機体にはこの時7Gもの重力がかかっていた。


ボーイング747

ボーイング747で起きた高度12500mから垂直落下する事故についてトーク。前根明は1970年を境にオートパイロットはすごい進歩を遂げたが、オートパイロットの過信が原因で様々な事故が起きたと話す。

浜口京子が飛行機が垂直落下する状況を体感した。


ボーイング747

ボーイング747で起きた高度12500mから垂直落下する事故をVTRで再現。落下を続ける機体は空中分解寸前で、パイロットは雲を縫えて空間識失調で失われていた平衡感覚が回復。水面ギリギリで態勢を立て直すことに成功した。

この時、パイロットは通常5Gのダメージではすぐには動けないが、パイロットは元空軍の戦闘機パイロットで、異常姿勢での操縦で窮地を脱した。


ボーイング747

ボーイング747で起きた高度12500mから垂直落下する事故をVTRで再現。落下を続ける機体は空中分解寸前で、パイロットは雲を縫えて空間識失調で失われていた平衡感覚が回復。水面ギリギリで態勢を立て直すことに成功した。

この時、パイロットは通常5Gのダメージではすぐには動けないが、パイロットは元空軍の戦闘機パイロットで、異常姿勢での操縦で窮地を脱した。


伝説の着陸SP

ボーイング747

ボーイング747で起きた高度12500mから垂直落下する事故をVTRで再現。機体が空中分解した際に、機体から車輪が出たことで空気の流れが変化してブレーキの役目を果たしていた。エンジンの推力が回復したことで機体の姿勢も通常どおりとなり、無事空港への着陸に成功した。


ボーイング747

高度12500mから垂直落下したボーイング747だが無事空港への着陸に成功し、浜口京子は「最後までどんなことがあっても諦めちゃいけない」と述べた。それを聞いたアニマル浜口はリオ五輪まで諦めるなと語った。


「トリハダ[秘]スクープ映像100科ジテン」で紹介されたイベント情報

リオデジャネイロオリンピック

高度12500mから垂直落下したボーイング747だが無事空港への着陸に成功し、浜口京子は「最後までどんなことがあっても諦めちゃいけない」と述べた。それを聞いたアニマル浜口はリオ五輪まで諦めるなと語った。


ラガーディア空港

ニューヨーク・マンハッタンの上空915mで、機体の両エンジンが停止するトラブルが発生。墜落まで残り3分30秒の中、エアウェイズ1549便の機長はハドソン川へ着水する決断をした。

2009年1月15日、ラガーディア空港では雪の影響でエアウェイズ1549便の出発は遅延していた。40分遅れで搭乗が開始されたが、30分後にまさかのトラブルが発生した。


USエアウェイズ

ニューヨーク・マンハッタンの上空915mで、機体の両エンジンが停止するトラブルが発生。墜落まで残り3分30秒の中、エアウェイズ1549便の機長はハドソン川へ着水する決断をした。

2009年1月15日、ラガーディア空港では雪の影響でエアウェイズ1549便の出発は遅延していた。40分遅れで搭乗が開始されたが、30分後にまさかのトラブルが発生した。


伝説の着陸SP

USエアウェイズ

2009年にニューヨーク上空915mで、エアウェイズ1549便の両エンジンが停止したトラブルをVTRで再現。ラガーディア空港からシャーロット空港までの運行する機体は大ベテランのパトリック・ヘンリー機長が担当し、無事離陸に成功。機体の高度は上空915mに達していた。

エアウェイズ1549便が上空915mに達した時、左エンジンから炎が突然噴きだした。飛行中の機体に鳥が衝突し、機体が損傷するバードストライクが発生していた。航空機は片方のエンジンが稼働すれば飛行可能だが、右のエンジンにも鳥が衝突。両エンジンは停止し、墜落まで残り3分30秒となるなかで飛行可能距離は18キロだった。


ラガーディア空港

2009年にニューヨーク上空915mで、エアウェイズ1549便の両エンジンが停止したトラブルをVTRで再現。ラガーディア空港からシャーロット空港までの運行する機体は大ベテランのパトリック・ヘンリー機長が担当し、無事離陸に成功。機体の高度は上空915mに達していた。

エアウェイズ1549便が上空915mに達した時、左エンジンから炎が突然噴きだした。飛行中の機体に鳥が衝突し、機体が損傷するバードストライクが発生していた。航空機は片方のエンジンが稼働すれば飛行可能だが、右のエンジンにも鳥が衝突。両エンジンは停止し、墜落まで残り3分30秒となるなかで飛行可能距離は18キロだった。


シャーロット空港

2009年にニューヨーク上空915mで、エアウェイズ1549便の両エンジンが停止したトラブルをVTRで再現。ラガーディア空港からシャーロット空港までの運行する機体は大ベテランのパトリック・ヘンリー機長が担当し、無事離陸に成功。機体の高度は上空915mに達していた。

エアウェイズ1549便が上空915mに達した時、左エンジンから炎が突然噴きだした。飛行中の機体に鳥が衝突し、機体が損傷するバードストライクが発生していた。航空機は片方のエンジンが稼働すれば飛行可能だが、右のエンジンにも鳥が衝突。両エンジンは停止し、墜落まで残り3分30秒となるなかで飛行可能距離は18キロだった。


ラガーディア空港

2009年にニューヨーク上空915mで、エアウェイズ1549便の両エンジンが停止したトラブルをVTRで再現。バードストライクにより機体は両エンジンが停止し、地上到達まで残り3分30秒と迫っていた。パトリック・ヘンリー機長はマニュアルに従ってラガーディア空港へ引き返そうとするも間に合わないことが発覚。ヘンリー機長はハドソン川に不時着水することを選択した。

バードストライクにより両エンジンが停止したエアウェイズ1549便がハドソン川に着水した実際の映像が流れた。


ラガーディア空港

バードストライクにより両エンジンが停止したエアウェイズ1549便はハドソン川に不時着水した。その他一般人機長はエンジン停止直後に補助動力装置を起動し、計器類が稼働しつつけたことで安全な航行に成功。さらに機長らは正確な飛行距離を計算したことで、墜落するまでに空港まで間に合わないと認識していた。また川に着水する際にも強い衝撃といった危険性があるなか、不時着に成功したのは機長の操縦テクニックだった。


テターボロ空港

バードストライクにより両エンジンが停止したエアウェイズ1549便はハドソン川に不時着水した。その他一般人機長はエンジン停止直後に補助動力装置を起動し、計器類が稼働しつつけたことで安全な航行に成功。さらに機長らは正確な飛行距離を計算したことで、墜落するまでに空港まで間に合わないと認識していた。また川に着水する際にも強い衝撃といった危険性があるなか、不時着に成功したのは機長の操縦テクニックだった。


日本航空

元日本航空の前根は「パイロットは常日頃から緊急時のシミュレーションをしていて、パイロットが助かればお客も助かる」とコメント。また秀島氏によると、飛行機の着水事故は世界でこれまでに3件起きていて、いずれも全員助かっているという。1968年11月に日本航空はサンフランシスコ国際航空の手前の海に着水するも、全員が救出された。


サンフランシスコ国際空港

元日本航空の前根は「パイロットは常日頃から緊急時のシミュレーションをしていて、パイロットが助かればお客も助かる」とコメント。また秀島氏によると、飛行機の着水事故は世界でこれまでに3件起きていて、いずれも全員助かっているという。1968年11月に日本航空はサンフランシスコ国際航空の手前の海に着水するも、全員が救出された。


シャルル・ド・ゴール国際空港

2005年8月にエールフランス358便はシャルル・ド・ゴール国際空港を出発し、トロント国際空港まで飛び立った。天候不良によりトロント国際空港の上空で大気することになり、20分後に待機指示が解除された。だが天候が回復した様子はないなかで、フレデリック・ノウド副操縦士は空港で一番短い滑走路に着陸することになった。さらにこの滑走路の先には15Mの崖があり、1978年にエアカナダの機体が落下事故を起こしていた。

エールフランス358便はトロント国際空港に着陸しようとするも、天候不良で滑走路は滑りやすくなっていた。さらに着陸する滑走路の先には崖があるという危険な着陸を余儀なくされていて、強風で機体維持が不安定となっていた。機体はかろうじて着陸するも、着陸時のスピードを急激に落とす逆噴射のタイミングが遅れたために滑走路をオーバーランする危険性があった。


エールフランス

2005年8月にエールフランス358便はシャルル・ド・ゴール国際空港を出発し、トロント国際空港まで飛び立った。天候不良によりトロント国際空港の上空で大気することになり、20分後に待機指示が解除された。だが天候が回復した様子はないなかで、フレデリック・ノウド副操縦士は空港で一番短い滑走路に着陸することになった。さらにこの滑走路の先には15Mの崖があり、1978年にエアカナダの機体が落下事故を起こしていた。

エールフランス358便はトロント国際空港に着陸しようとするも、天候不良で滑走路は滑りやすくなっていた。さらに着陸する滑走路の先には崖があるという危険な着陸を余儀なくされていて、強風で機体維持が不安定となっていた。機体はかろうじて着陸するも、着陸時のスピードを急激に落とす逆噴射のタイミングが遅れたために滑走路をオーバーランする危険性があった。


2005年8月にエールフランス358便はシャルル・ド・ゴール国際空港を出発し、トロント国際空港まで飛び立った。天候不良によりトロント国際空港の上空で大気することになり、20分後に待機指示が解除された。だが天候が回復した様子はないなかで、フレデリック・ノウド副操縦士は空港で一番短い滑走路に着陸することになった。さらにこの滑走路の先には15Mの崖があり、1978年にエアカナダの機体が落下事故を起こしていた。

エールフランス358便はトロント国際空港に着陸しようとするも、天候不良で滑走路は滑りやすくなっていた。さらに着陸する滑走路の先には崖があるという危険な着陸を余儀なくされていて、強風で機体維持が不安定となっていた。機体はかろうじて着陸するも、着陸時のスピードを急激に落とす逆噴射のタイミングが遅れたために滑走路をオーバーランする危険性があった。


エールフランス便

2005年8月にエールフランス358便はシャルル・ド・ゴール国際空港を出発し、トロント国際空港まで飛び立った。天候不良によりトロント国際空港の上空で大気することになり、20分後に待機指示が解除された。だが天候が回復した様子はないなかで、フレデリック・ノウド副操縦士は空港で一番短い滑走路に着陸することになった。さらにこの滑走路の先には15Mの崖があり、1978年にエアカナダの機体が落下事故を起こしていた。

エールフランス358便はトロント国際空港に着陸しようとするも、天候不良で滑走路は滑りやすくなっていた。さらに着陸する滑走路の先には崖があるという危険な着陸を余儀なくされていて、強風で機体維持が不安定となっていた。機体はかろうじて着陸するも、着陸時のスピードを急激に落とす逆噴射のタイミングが遅れたために滑走路をオーバーランする危険性があった。


シャルル・ド・ゴール国際空港

2005年8月にエールフランス358便はシャルル・ド・ゴール国際空港を出発し、トロント国際空港まで飛び立った。天候不良によりトロント国際空港の上空で大気することになり、20分後に待機指示が解除された。だが天候が回復した様子はないなかで、フレデリック・ノウド副操縦士は空港で一番短い滑走路に着陸することになった。さらにこの滑走路の先には15Mの崖があり、1978年にエアカナダの機体が落下事故を起こしていた。

エールフランス358便はトロント国際空港に着陸しようとするも、天候不良で滑走路は滑りやすくなっていた。さらに着陸する滑走路の先には崖があるという危険な着陸を余儀なくされていて、強風で機体維持が不安定となっていた。機体はかろうじて着陸するも、着陸時のスピードを急激に落とす逆噴射のタイミングが遅れたために滑走路をオーバーランする危険性があった。


2005年8月にエールフランス358便はシャルル・ド・ゴール国際空港を出発し、トロント国際空港まで飛び立った。天候不良によりトロント国際空港の上空で大気することになり、20分後に待機指示が解除された。だが天候が回復した様子はないなかで、フレデリック・ノウド副操縦士は空港で一番短い滑走路に着陸することになった。さらにこの滑走路の先には15Mの崖があり、1978年にエアカナダの機体が落下事故を起こしていた。

エールフランス358便はトロント国際空港に着陸しようとするも、天候不良で滑走路は滑りやすくなっていた。さらに着陸する滑走路の先には崖があるという危険な着陸を余儀なくされていて、強風で機体維持が不安定となっていた。機体はかろうじて着陸するも、着陸時のスピードを急激に落とす逆噴射のタイミングが遅れたために滑走路をオーバーランする危険性があった。


エールフランス

2005年8月にエールフランス358便はシャルル・ド・ゴール国際空港を出発し、トロント国際空港まで飛び立った。天候不良によりトロント国際空港の上空で大気することになり、20分後に待機指示が解除された。だが天候が回復した様子はないなかで、フレデリック・ノウド副操縦士は空港で一番短い滑走路に着陸することになった。さらにこの滑走路の先には15Mの崖があり、1978年にエアカナダの機体が落下事故を起こしていた。

エールフランス358便はトロント国際空港に着陸しようとするも、天候不良で滑走路は滑りやすくなっていた。さらに着陸する滑走路の先には崖があるという危険な着陸を余儀なくされていて、強風で機体維持が不安定となっていた。機体はかろうじて着陸するも、着陸時のスピードを急激に落とす逆噴射のタイミングが遅れたために滑走路をオーバーランする危険性があった。


エールフランス便

2005年8月にエールフランス358便はシャルル・ド・ゴール国際空港を出発し、トロント国際空港まで飛び立った。天候不良によりトロント国際空港の上空で大気することになり、20分後に待機指示が解除された。だが天候が回復した様子はないなかで、フレデリック・ノウド副操縦士は空港で一番短い滑走路に着陸することになった。さらにこの滑走路の先には15Mの崖があり、1978年にエアカナダの機体が落下事故を起こしていた。

エールフランス358便はトロント国際空港に着陸しようとするも、天候不良で滑走路は滑りやすくなっていた。さらに着陸する滑走路の先には崖があるという危険な着陸を余儀なくされていて、強風で機体維持が不安定となっていた。機体はかろうじて着陸するも、着陸時のスピードを急激に落とす逆噴射のタイミングが遅れたために滑走路をオーバーランする危険性があった。


エールフランス便

エールフランス358便はトロント国際空港に着陸しようとするも、天候不良でスピードを落とせずにオーバーランして崖から落下。機体の燃料タンク付近からは火災が発生し、さらに使える出口は1ヶ所のみだった。大爆発や煙で一酸化炭素中毒が予想されるなか、緊急脱出の訓練を重ねてきたその他一般人が避難の指示をとった。


エールフランス358便はトロント国際空港に着陸しようとするも、天候不良でスピードを落とせずにオーバーランして崖から落下。機体の燃料タンク付近からは火災が発生し、さらに使える出口は1ヶ所のみだった。大爆発や煙で一酸化炭素中毒が予想されるなか、緊急脱出の訓練を重ねてきたその他一般人が避難の指示をとった。


シャルル・ド・ゴール国際空港

スタジオには滑走路をオーバーランして崖から落下したエールフランス358便の模型が用意された。機体からは火災が発生し、使える出口は一箇所のみだった。秀島一生は「事情から言えば、絶望的」とコメント。


スタジオには滑走路をオーバーランして崖から落下したエールフランス358便の模型が用意された。機体からは火災が発生し、使える出口は一箇所のみだった。秀島一生は「事情から言えば、絶望的」とコメント。


エールフランス

スタジオには滑走路をオーバーランして崖から落下したエールフランス358便の模型が用意された。機体からは火災が発生し、使える出口は一箇所のみだった。秀島一生は「事情から言えば、絶望的」とコメント。


エールフランス便

スタジオには滑走路をオーバーランして崖から落下したエールフランス358便の模型が用意された。機体からは火災が発生し、使える出口は一箇所のみだった。秀島一生は「事情から言えば、絶望的」とコメント。


エールフランス便

いつ爆発してもおかしくないエールフランス358便、その他一般人は一体どう行動するのか?乗員乗客309名の運命は?


(提供)

伝説の着陸SP

シャルル・ド・ゴール国際空港

滑走路をオーバーランして崖から落下したエールフランス358便の機体からは火災が発生。乗客乗客が安全に脱出できる出口は1ヶ所で、機長と副操縦士は身動きできない状態にあった。脱出まで5分を要するなか、チーフパーサーのその他一般人は乗客らと行動して最後尾の脱出ドアを開扉した。火災発生から120秒後に乗客たちは脱出に成功した。


滑走路をオーバーランして崖から落下したエールフランス358便の機体からは火災が発生。乗客乗客が安全に脱出できる出口は1ヶ所で、機長と副操縦士は身動きできない状態にあった。脱出まで5分を要するなか、チーフパーサーのその他一般人は乗客らと行動して最後尾の脱出ドアを開扉した。火災発生から120秒後に乗客たちは脱出に成功した。


エールフランス

滑走路をオーバーランして崖から落下したエールフランス358便の機体からは火災が発生。乗客乗客が安全に脱出できる出口は1ヶ所で、機長と副操縦士は身動きできない状態にあった。脱出まで5分を要するなか、チーフパーサーのその他一般人は乗客らと行動して最後尾の脱出ドアを開扉した。火災発生から120秒後に乗客たちは脱出に成功した。


エールフランス便

滑走路をオーバーランして崖から落下したエールフランス358便の機体からは火災が発生。乗客乗客が安全に脱出できる出口は1ヶ所で、機長と副操縦士は身動きできない状態にあった。脱出まで5分を要するなか、チーフパーサーのその他一般人は乗客らと行動して最後尾の脱出ドアを開扉した。火災発生から120秒後に乗客たちは脱出に成功した。


シャルル・ド・ゴール国際空港

滑走路をオーバーランして崖から落下したエールフランス358便の機体からは火災が発生。チーフパーサーのその他一般人が指揮をとり、乗客たちは火災発生から120秒後に脱出に成功。その1分後に機体は大爆発した。


滑走路をオーバーランして崖から落下したエールフランス358便の機体からは火災が発生。チーフパーサーのその他一般人が指揮をとり、乗客たちは火災発生から120秒後に脱出に成功。その1分後に機体は大爆発した。


エールフランス

滑走路をオーバーランして崖から落下したエールフランス358便の機体からは火災が発生。チーフパーサーのその他一般人が指揮をとり、乗客たちは火災発生から120秒後に脱出に成功。その1分後に機体は大爆発した。


エールフランス便

滑走路をオーバーランして崖から落下したエールフランス358便の機体からは火災が発生。チーフパーサーのその他一般人が指揮をとり、乗客たちは火災発生から120秒後に脱出に成功。その1分後に機体は大爆発した。


伝説の着陸SP

シャルル・ド・ゴール国際空港

滑走路をオーバーランして崖から落下したエールフランス358便の機体からは火災が発生。チーフパーサーのその他一般人が指揮をとり、乗客たちは火災発生から120秒後に脱出に成功した。ティエリーは高さ4mから湿地に飛び降りても乗客たちは重症にならないと判断し、機体後方にいる客のためにある賭けを取った。


滑走路をオーバーランして崖から落下したエールフランス358便の機体からは火災が発生。チーフパーサーのその他一般人が指揮をとり、乗客たちは火災発生から120秒後に脱出に成功した。ティエリーは高さ4mから湿地に飛び降りても乗客たちは重症にならないと判断し、機体後方にいる客のためにある賭けを取った。


エールフランス

滑走路をオーバーランして崖から落下したエールフランス358便の機体からは火災が発生。チーフパーサーのその他一般人が指揮をとり、乗客たちは火災発生から120秒後に脱出に成功した。ティエリーは高さ4mから湿地に飛び降りても乗客たちは重症にならないと判断し、機体後方にいる客のためにある賭けを取った。


エールフランス便

滑走路をオーバーランして崖から落下したエールフランス358便の機体からは火災が発生。チーフパーサーのその他一般人が指揮をとり、乗客たちは火災発生から120秒後に脱出に成功した。ティエリーは高さ4mから湿地に飛び降りても乗客たちは重症にならないと判断し、機体後方にいる客のためにある賭けを取った。


伝説の着陸SP

エールフランス

滑走路をオーバーランして崖から落下したエールフランス358便の機体からは火災が発生。半分以上の客がまだ機体後方に残っている中、その他一般人は客と協力して脱出ドアの開扉に成功。これにより機体が爆発する直前に、乗客全員が避難できた。


エールフランス便

滑走路をオーバーランして崖から落下したエールフランス358便の機体からは火災が発生。半分以上の客がまだ機体後方に残っている中、その他一般人は客と協力して脱出ドアの開扉に成功。これにより機体が爆発する直前に、乗客全員が避難できた。


(エンディング)

(番組宣伝)

「トリハダ[秘]スクープ映像100科ジテン」2013年6月18日(火)放送内容「トリハダ[秘]スクープ映像100科ジテン」2013年7月30日(火)放送内容

2013年06月 2013年07月 2013年08月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
  • 「トリハダ[秘]スクープ映像100科ジテン」で紹介されたすべての情報
  • 「トリハダ[秘]スクープ映像100科ジテン」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「トリハダ[秘]スクープ映像100科ジテン」で紹介された音楽・CD
  • 「トリハダ[秘]スクープ映像100科ジテン」で紹介された映画・DVD
  • 「トリハダ[秘]スクープ映像100科ジテン」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「トリハダ[秘]スクープ映像100科ジテン」で紹介されたグルメ情報
  • 「トリハダ[秘]スクープ映像100科ジテン」で紹介された料理レシピ
  • 「トリハダ[秘]スクープ映像100科ジテン」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「トリハダ[秘]スクープ映像100科ジテン」で紹介された観光・地域情報
  • 「トリハダ[秘]スクープ映像100科ジテン」で紹介されたイベント情報
  • 「トリハダ[秘]スクープ映像100科ジテン」で紹介された雑学・豆知識