ホーム > テレビ紹介情報 > テレビ朝日 > 林修の今でしょ!講座
テレビ紹介情報

「林修の今でしょ!講座」で紹介された情報

「林修の今でしょ!講座」で紹介されたすべての情報 ( 513 / 1170 ページ )

カリウム

血管を老けさせないというワカメ。血圧の上昇を防ぐカリウムが含まれているが、今が旬の春の生ワカメには、カリウムが一般的なワカメの約60倍含まれているという。一般的なワカメは一度湯通しするため、その間にカリウムが茹で汁に逃げてしまう。

健康長寿はワカメをどのようにして食べているのか。栄養的に理にかなっているワカメ料理ベスト3を紹介した。第3位は「ワカメ×味噌」。大豆イソフラボンには血管を広げる働きがあり、カリウムとともに高血圧を予防する。

第1位は「ワカメ×酢」。酢酸には血圧を上昇させるホルモンを抑える働きがあり、ワカメのカリウムは余分な塩分を排出して血圧を下げる。

なぜヨモギを食べると血管が老けないのか、札幌保健医療大学の荒川義人先生が解説した。ヨモギにはカリウムが含まれており、血管中の塩分を体外に排出して血圧が上がるのを防ぐ。また、ヨモギにはβカロテンも含まれており、心筋梗塞や脳卒中の原因にもなる動脈硬化を防ぐ。ヨモギに含まれるβカロテンの量は、かぼちゃの約1.4倍。

第2位は「ヨモギ茶」。ヨモギ茶は、伊仙町の多くの家庭で作られている。作り方は、ヨモギにお湯を注ぐだけ。お茶にすることでお湯に溶けやすいカリウムが溶け出し、吸収しやすくなるという。

第1位は「天ぷら」。ヨモギに含まれるβカロテンは油に溶けやすいが、天ぷらの衣がβカロテンの流出を止めるだけでなく、油がβカロテンを溶かして体内での吸収率を上げるという。また、天ぷらにすることでヨモギの苦味も和らぐ。


「林修の今でしょ!講座」で紹介されたグルメ情報

ワカメ

血管を老けさせないというワカメ。血圧の上昇を防ぐカリウムが含まれているが、今が旬の春の生ワカメには、カリウムが一般的なワカメの約60倍含まれているという。一般的なワカメは一度湯通しするため、その間にカリウムが茹で汁に逃げてしまう。

なぜワカメにはカリウムが多いのか。ワカメの生産が盛んな地域は、山から流れてくる淡水と海水が混ざりあったところで、ワカメを生産する宮城・南三陸町も海のすぐそばまで山が広がっている。木が多い山の水はミネラルが多く、カリウムが多いワカメが育つという。

健康長寿はワカメをどのようにして食べているのか。栄養的に理にかなっているワカメ料理ベスト3を紹介した。第3位は「ワカメ×味噌」。大豆イソフラボンには血管を広げる働きがあり、カリウムとともに高血圧を予防する。

第2位は「ワカメ×ご飯」。ワカメに含まれるアルギン酸などが、ご飯の糖質の吸収を抑える働きがある。

第1位は「ワカメ×酢」。酢酸には血圧を上昇させるホルモンを抑える働きがあり、ワカメのカリウムは余分な塩分を排出して血圧を下げる。

健康長寿がやっていた血管に良いヨモギの食べ方ベスト3を紹介。第3位は「ヨモギふりかけ」。水で洗った生のヨモギをみじん切りにして、塩を入れて水分が飛ぶまで煎れば完成。トッピングでワカメを入れれば、Wの効果が期待できる。


カリウム

血管を老けさせないというワカメ。特産品としていたワカメを生産している京都・京丹後市で、健康長寿の血管年齢を調べたところ、ほとんどの人の血管年齢が若かった。ワカメに含まれるカリウムが余分な塩分を排出することで、血管年齢を若く保つという。


「林修の今でしょ!講座」で紹介されたグルメ情報

板ワカメ

血管を老けさせないというワカメ。特産品としていたワカメを生産している京都・京丹後市で、健康長寿の血管年齢を調べたところ、ほとんどの人の血管年齢が若かった。ワカメに含まれるカリウムが余分な塩分を排出することで、血管年齢を若く保つという。


「林修の今でしょ!講座」で紹介されたグルメ情報

ワカメ

血管を老けさせないというワカメ。特産品としていたワカメを生産している京都・京丹後市で、健康長寿の血管年齢を調べたところ、ほとんどの人の血管年齢が若かった。ワカメに含まれるカリウムが余分な塩分を排出することで、血管年齢を若く保つという。


ロシア自然科学アカデミー免疫病研究所

食べるだけで内臓脂肪を燃やし、ダイエットの味方になるというアカモク。アカモクは、10月〜3月の冬から春の時期にかけて成長する海藻で、これまではあまり食べる習慣がなく、漂流したアカモクが漁船のスクリューや網に引っかかるため、邪魔者扱いされてきた。しかし現在では、フコイダンの量がモズクの約2倍含まれていることが分かり、注目されている。また、アカモクに含まれているフコキサンチンは、内臓脂肪をエネルギーに変えて燃焼させる。ロシア自然科学アカデミー免疫病研究所の研究によると、体重90kg以上の女性55人にアカモクの成分を16週間摂取してもらったところ、体重が平均で7kg、内臓脂肪が平均で11%減ったという。


いなげや 入谷店

食べるだけで内臓脂肪を燃やし、ダイエットの味方になるというアカモク。アカモクは、10月〜3月の冬から春の時期にかけて成長する海藻で、これまではあまり食べる習慣がなく、漂流したアカモクが漁船のスクリューや網に引っかかるため、邪魔者扱いされてきた。しかし現在では、フコイダンの量がモズクの約2倍含まれていることが分かり、注目されている。また、アカモクに含まれているフコキサンチンは、内臓脂肪をエネルギーに変えて燃焼させる。ロシア自然科学アカデミー免疫病研究所の研究によると、体重90kg以上の女性55人にアカモクの成分を16週間摂取してもらったところ、体重が平均で7kg、内臓脂肪が平均で11%減ったという。


「林修の今でしょ!講座」で紹介されたグルメ情報

アカモク

食べるだけで内臓脂肪を燃やし、ダイエットの味方になるというアカモク。アカモクは、10月〜3月の冬から春の時期にかけて成長する海藻で、これまではあまり食べる習慣がなく、漂流したアカモクが漁船のスクリューや網に引っかかるため、邪魔者扱いされてきた。しかし現在では、フコイダンの量がモズクの約2倍含まれていることが分かり、注目されている。また、アカモクに含まれているフコキサンチンは、内臓脂肪をエネルギーに変えて燃焼させる。ロシア自然科学アカデミー免疫病研究所の研究によると、体重90kg以上の女性55人にアカモクの成分を16週間摂取してもらったところ、体重が平均で7kg、内臓脂肪が平均で11%減ったという。


平敷屋漁港

なぜモズクにはフコイダンが多いのか。沖縄・うるま市のモズク畑を紹介した。モズクは全国各地に生息しているが、全国のスーパーに出回るモズクの約90%は沖縄モズク。沖縄県の海は遠浅で透明度が高く、太陽の光が届きやすいため、モズクも光合成をしっかりと出来て栄養を蓄えられる。その結果、モズクが太く大きく育ち、フコイダンの量も増える。モズクはホースで吸い取って収穫する。


がん

がん細胞にフコイダンを接触させると、がん細胞自体が自滅するという研究結果がある。がん細胞を移植したマウスにフコイダンを混ぜた餌を与えて調査した結果、マウスの生存日数が約2倍になったという。健康な細胞はがん細胞とは性質が違うため、フコイダンの影響を受けることはない。


2021年04月 2021年05月 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
  • 「林修の今でしょ!講座」で紹介されたすべての情報
  • 「林修の今でしょ!講座」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「林修の今でしょ!講座」で紹介された音楽・CD
  • 「林修の今でしょ!講座」で紹介された映画・DVD
  • 「林修の今でしょ!講座」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「林修の今でしょ!講座」で紹介されたグルメ情報
  • 「林修の今でしょ!講座」で紹介された料理レシピ
  • 「林修の今でしょ!講座」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「林修の今でしょ!講座」で紹介された観光・地域情報
  • 「林修の今でしょ!講座」で紹介されたイベント情報
  • 「林修の今でしょ!講座」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する

  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。