ホーム > テレビ紹介情報 > テレビ朝日 > ザ・スクープスペシャル
テレビ紹介情報

「ザ・スクープスペシャル」で紹介された情報

「ザ・スクープスペシャル」で紹介されたすべての情報 ( 18 / 20 ページ )

C型肝炎

第5福竜丸の被爆報道があった翌日、アメリカは動いた。1954年3月17日駐日大使アリソンは外務省をおとずれ、情報統制を要請した。第5福竜丸の元乗組員の見崎吉男は病床で「一歩間違ったら我々は秘密のヴェールにつつまれて葬られた」と語っている。さらにアメリカはビキニ事件を巡って違法行為は無かったと主張。その後アメリカ側は慰謝料の金額を提示したが、その際、法律上の責任を認めないこと、追加の支払いは行わないことを明記させた。そして翌年鳩山一郎総理はアメリカ側の言い分をのんで政治決着をはかる。乗組員への見舞金は一人平均200万円だった。元乗組員の大石又七さんは「当時はアメリカの言うことに従うのが当然だった」と語る。乗組員は23人中12人が肝臓がんなどで死亡、現在5人が存命で多くがC型肝炎を患う。大石さんもC型肝炎だが日本政府は被爆とは無関係としている。大石さんは乗組員について「悔しい思いで死んでいったと思う」と語った。


肝臓がん

第5福竜丸の被爆報道があった翌日、アメリカは動いた。1954年3月17日駐日大使アリソンは外務省をおとずれ、情報統制を要請した。第5福竜丸の元乗組員の見崎吉男は病床で「一歩間違ったら我々は秘密のヴェールにつつまれて葬られた」と語っている。さらにアメリカはビキニ事件を巡って違法行為は無かったと主張。その後アメリカ側は慰謝料の金額を提示したが、その際、法律上の責任を認めないこと、追加の支払いは行わないことを明記させた。そして翌年鳩山一郎総理はアメリカ側の言い分をのんで政治決着をはかる。乗組員への見舞金は一人平均200万円だった。元乗組員の大石又七さんは「当時はアメリカの言うことに従うのが当然だった」と語る。乗組員は23人中12人が肝臓がんなどで死亡、現在5人が存命で多くがC型肝炎を患う。大石さんもC型肝炎だが日本政府は被爆とは無関係としている。大石さんは乗組員について「悔しい思いで死んでいったと思う」と語った。


東京都立第五福竜丸展示館

第5福竜丸の被爆報道があった翌日、アメリカは動いた。1954年3月17日駐日大使アリソンは外務省をおとずれ、情報統制を要請した。第5福竜丸の元乗組員の見崎吉男は病床で「一歩間違ったら我々は秘密のヴェールにつつまれて葬られた」と語っている。さらにアメリカはビキニ事件を巡って違法行為は無かったと主張。その後アメリカ側は慰謝料の金額を提示したが、その際、法律上の責任を認めないこと、追加の支払いは行わないことを明記させた。そして翌年鳩山一郎総理はアメリカ側の言い分をのんで政治決着をはかる。乗組員への見舞金は一人平均200万円だった。元乗組員の大石又七さんは「当時はアメリカの言うことに従うのが当然だった」と語る。乗組員は23人中12人が肝臓がんなどで死亡、現在5人が存命で多くがC型肝炎を患う。大石さんもC型肝炎だが日本政府は被爆とは無関係としている。大石さんは乗組員について「悔しい思いで死んでいったと思う」と語った。


肝炎

1954年水爆実験ブラボーが行われ、近くで操業していた日本の乗組員23人が被爆した。1954年の1月、静岡県の焼津港を出港した第五福竜丸は延縄漁を行っていた。3月1日投縄開始、東経166度51分、北緯11度53分と漁労日誌に記録が残っている。核実験場であることは知っていたが、米軍が発表していた危険区域の外だったので問題ないと考えていた。現地時間の午前6時45分、第五福竜丸は不思議な光に包まれた。そのとき乗組員の1人が「太陽が西から昇ったぞ」と叫んだという。光が薄れるにつれ、やがて巨大なキノコ雲が出現した。キノコ雲は34000m上がって真っ赤に焼けていたという。その後天候が急変、雨と共に白い粉が降り始めた。所謂「死の灰」である。当直日誌には「2時間後には爆発灰 多数の落下を見る」と記されている。乗組員たちは身の危険を感じてただちにあげ縄を開始、この海域からの脱出を計ったが、その日の夕方に頭痛とか吐き気がしたと話した。頭の毛が抜けたり顔が黒く焼けたり、皮がむけるという症状もあったという。2日後に読売新聞で船員たちの被ばくが報じられた。調査結果では、船から自然界の約5000倍の濃度の放射性物質が検出された。この放射性物質からは27種類の核分裂生成物が検出された。乗組員は23人全員が急性放射能症と診断され病院に収容された。放射能が最も残留していたのは頭髪で、肌も黒く焼けただれたようになった。さらに水揚げされたマグロからも高濃度の放射性物質が検出された。1954年10月の国家安全保障会議報告書ではアメリカ側の狼狽ぶりが示されており、日本への情報工作の強化が必要との記載もある。アメリカ側は、放射能ではなく飛び散ったサンゴの化学作用によるものとせよ、という指令も出している。第五福竜丸の元無線長は1ヶ月後死去。人類初の水爆犠牲者となった。全臓器から放射性物質が検出されたという。死因について日本側は急性放射能症と発表したが、アメリカ側は輸血治療による肝炎であると主張。水爆実験との因果関係を認めようとしなかった。


貧血

1954年水爆実験ブラボーが行われ、近くで操業していた日本の乗組員23人が被爆した。1954年の1月、静岡県の焼津港を出港した第五福竜丸は延縄漁を行っていた。3月1日投縄開始、東経166度51分、北緯11度53分と漁労日誌に記録が残っている。核実験場であることは知っていたが、米軍が発表していた危険区域の外だったので問題ないと考えていた。現地時間の午前6時45分、第五福竜丸は不思議な光に包まれた。そのとき乗組員の1人が「太陽が西から昇ったぞ」と叫んだという。光が薄れるにつれ、やがて巨大なキノコ雲が出現した。キノコ雲は34000m上がって真っ赤に焼けていたという。その後天候が急変、雨と共に白い粉が降り始めた。所謂「死の灰」である。当直日誌には「2時間後には爆発灰 多数の落下を見る」と記されている。乗組員たちは身の危険を感じてただちにあげ縄を開始、この海域からの脱出を計ったが、その日の夕方に頭痛とか吐き気がしたと話した。頭の毛が抜けたり顔が黒く焼けたり、皮がむけるという症状もあったという。2日後に読売新聞で船員たちの被ばくが報じられた。調査結果では、船から自然界の約5000倍の濃度の放射性物質が検出された。この放射性物質からは27種類の核分裂生成物が検出された。乗組員は23人全員が急性放射能症と診断され病院に収容された。放射能が最も残留していたのは頭髪で、肌も黒く焼けただれたようになった。さらに水揚げされたマグロからも高濃度の放射性物質が検出された。1954年10月の国家安全保障会議報告書ではアメリカ側の狼狽ぶりが示されており、日本への情報工作の強化が必要との記載もある。アメリカ側は、放射能ではなく飛び散ったサンゴの化学作用によるものとせよ、という指令も出している。第五福竜丸の元無線長は1ヶ月後死去。人類初の水爆犠牲者となった。全臓器から放射性物質が検出されたという。死因について日本側は急性放射能症と発表したが、アメリカ側は輸血治療による肝炎であると主張。水爆実験との因果関係を認めようとしなかった。


急性放射能症

1954年水爆実験ブラボーが行われ、近くで操業していた日本の乗組員23人が被爆した。1954年の1月、静岡県の焼津港を出港した第五福竜丸は延縄漁を行っていた。3月1日投縄開始、東経166度51分、北緯11度53分と漁労日誌に記録が残っている。核実験場であることは知っていたが、米軍が発表していた危険区域の外だったので問題ないと考えていた。現地時間の午前6時45分、第五福竜丸は不思議な光に包まれた。そのとき乗組員の1人が「太陽が西から昇ったぞ」と叫んだという。光が薄れるにつれ、やがて巨大なキノコ雲が出現した。キノコ雲は34000m上がって真っ赤に焼けていたという。その後天候が急変、雨と共に白い粉が降り始めた。所謂「死の灰」である。当直日誌には「2時間後には爆発灰 多数の落下を見る」と記されている。乗組員たちは身の危険を感じてただちにあげ縄を開始、この海域からの脱出を計ったが、その日の夕方に頭痛とか吐き気がしたと話した。頭の毛が抜けたり顔が黒く焼けたり、皮がむけるという症状もあったという。2日後に読売新聞で船員たちの被ばくが報じられた。調査結果では、船から自然界の約5000倍の濃度の放射性物質が検出された。この放射性物質からは27種類の核分裂生成物が検出された。乗組員は23人全員が急性放射能症と診断され病院に収容された。放射能が最も残留していたのは頭髪で、肌も黒く焼けただれたようになった。さらに水揚げされたマグロからも高濃度の放射性物質が検出された。1954年10月の国家安全保障会議報告書ではアメリカ側の狼狽ぶりが示されており、日本への情報工作の強化が必要との記載もある。アメリカ側は、放射能ではなく飛び散ったサンゴの化学作用によるものとせよ、という指令も出している。第五福竜丸の元無線長は1ヶ月後死去。人類初の水爆犠牲者となった。全臓器から放射性物質が検出されたという。死因について日本側は急性放射能症と発表したが、アメリカ側は輸血治療による肝炎であると主張。水爆実験との因果関係を認めようとしなかった。


吐き気

1954年水爆実験ブラボーが行われ、近くで操業していた日本の乗組員23人が被爆した。1954年の1月、静岡県の焼津港を出港した第五福竜丸は延縄漁を行っていた。3月1日投縄開始、東経166度51分、北緯11度53分と漁労日誌に記録が残っている。核実験場であることは知っていたが、米軍が発表していた危険区域の外だったので問題ないと考えていた。現地時間の午前6時45分、第五福竜丸は不思議な光に包まれた。そのとき乗組員の1人が「太陽が西から昇ったぞ」と叫んだという。光が薄れるにつれ、やがて巨大なキノコ雲が出現した。キノコ雲は34000m上がって真っ赤に焼けていたという。その後天候が急変、雨と共に白い粉が降り始めた。所謂「死の灰」である。当直日誌には「2時間後には爆発灰 多数の落下を見る」と記されている。乗組員たちは身の危険を感じてただちにあげ縄を開始、この海域からの脱出を計ったが、その日の夕方に頭痛とか吐き気がしたと話した。頭の毛が抜けたり顔が黒く焼けたり、皮がむけるという症状もあったという。2日後に読売新聞で船員たちの被ばくが報じられた。調査結果では、船から自然界の約5000倍の濃度の放射性物質が検出された。この放射性物質からは27種類の核分裂生成物が検出された。乗組員は23人全員が急性放射能症と診断され病院に収容された。放射能が最も残留していたのは頭髪で、肌も黒く焼けただれたようになった。さらに水揚げされたマグロからも高濃度の放射性物質が検出された。1954年10月の国家安全保障会議報告書ではアメリカ側の狼狽ぶりが示されており、日本への情報工作の強化が必要との記載もある。アメリカ側は、放射能ではなく飛び散ったサンゴの化学作用によるものとせよ、という指令も出している。第五福竜丸の元無線長は1ヶ月後死去。人類初の水爆犠牲者となった。全臓器から放射性物質が検出されたという。死因について日本側は急性放射能症と発表したが、アメリカ側は輸血治療による肝炎であると主張。水爆実験との因果関係を認めようとしなかった。


頭痛

1954年水爆実験ブラボーが行われ、近くで操業していた日本の乗組員23人が被爆した。1954年の1月、静岡県の焼津港を出港した第五福竜丸は延縄漁を行っていた。3月1日投縄開始、東経166度51分、北緯11度53分と漁労日誌に記録が残っている。核実験場であることは知っていたが、米軍が発表していた危険区域の外だったので問題ないと考えていた。現地時間の午前6時45分、第五福竜丸は不思議な光に包まれた。そのとき乗組員の1人が「太陽が西から昇ったぞ」と叫んだという。光が薄れるにつれ、やがて巨大なキノコ雲が出現した。キノコ雲は34000m上がって真っ赤に焼けていたという。その後天候が急変、雨と共に白い粉が降り始めた。所謂「死の灰」である。当直日誌には「2時間後には爆発灰 多数の落下を見る」と記されている。乗組員たちは身の危険を感じてただちにあげ縄を開始、この海域からの脱出を計ったが、その日の夕方に頭痛とか吐き気がしたと話した。頭の毛が抜けたり顔が黒く焼けたり、皮がむけるという症状もあったという。2日後に読売新聞で船員たちの被ばくが報じられた。調査結果では、船から自然界の約5000倍の濃度の放射性物質が検出された。この放射性物質からは27種類の核分裂生成物が検出された。乗組員は23人全員が急性放射能症と診断され病院に収容された。放射能が最も残留していたのは頭髪で、肌も黒く焼けただれたようになった。さらに水揚げされたマグロからも高濃度の放射性物質が検出された。1954年10月の国家安全保障会議報告書ではアメリカ側の狼狽ぶりが示されており、日本への情報工作の強化が必要との記載もある。アメリカ側は、放射能ではなく飛び散ったサンゴの化学作用によるものとせよ、という指令も出している。第五福竜丸の元無線長は1ヶ月後死去。人類初の水爆犠牲者となった。全臓器から放射性物質が検出されたという。死因について日本側は急性放射能症と発表したが、アメリカ側は輸血治療による肝炎であると主張。水爆実験との因果関係を認めようとしなかった。


「ザ・スクープスペシャル」で紹介されたグルメ情報

マグロ

1954年水爆実験ブラボーが行われ、近くで操業していた日本の乗組員23人が被爆した。1954年の1月、静岡県の焼津港を出港した第五福竜丸は延縄漁を行っていた。3月1日投縄開始、東経166度51分、北緯11度53分と漁労日誌に記録が残っている。核実験場であることは知っていたが、米軍が発表していた危険区域の外だったので問題ないと考えていた。現地時間の午前6時45分、第五福竜丸は不思議な光に包まれた。そのとき乗組員の1人が「太陽が西から昇ったぞ」と叫んだという。光が薄れるにつれ、やがて巨大なキノコ雲が出現した。キノコ雲は34000m上がって真っ赤に焼けていたという。その後天候が急変、雨と共に白い粉が降り始めた。所謂「死の灰」である。当直日誌には「2時間後には爆発灰 多数の落下を見る」と記されている。乗組員たちは身の危険を感じてただちにあげ縄を開始、この海域からの脱出を計ったが、その日の夕方に頭痛とか吐き気がしたと話した。頭の毛が抜けたり顔が黒く焼けたり、皮がむけるという症状もあったという。2日後に読売新聞で船員たちの被ばくが報じられた。調査結果では、船から自然界の約5000倍の濃度の放射性物質が検出された。この放射性物質からは27種類の核分裂生成物が検出された。乗組員は23人全員が急性放射能症と診断され病院に収容された。放射能が最も残留していたのは頭髪で、肌も黒く焼けただれたようになった。さらに水揚げされたマグロからも高濃度の放射性物質が検出された。1954年10月の国家安全保障会議報告書ではアメリカ側の狼狽ぶりが示されており、日本への情報工作の強化が必要との記載もある。アメリカ側は、放射能ではなく飛び散ったサンゴの化学作用によるものとせよ、という指令も出している。第五福竜丸の元無線長は1ヶ月後死去。人類初の水爆犠牲者となった。全臓器から放射性物質が検出されたという。死因について日本側は急性放射能症と発表したが、アメリカ側は輸血治療による肝炎であると主張。水爆実験との因果関係を認めようとしなかった。


読売新聞

1954年水爆実験ブラボーが行われ、近くで操業していた日本の乗組員23人が被爆した。1954年の1月、静岡県の焼津港を出港した第五福竜丸は延縄漁を行っていた。3月1日投縄開始、東経166度51分、北緯11度53分と漁労日誌に記録が残っている。核実験場であることは知っていたが、米軍が発表していた危険区域の外だったので問題ないと考えていた。現地時間の午前6時45分、第五福竜丸は不思議な光に包まれた。そのとき乗組員の1人が「太陽が西から昇ったぞ」と叫んだという。光が薄れるにつれ、やがて巨大なキノコ雲が出現した。キノコ雲は34000m上がって真っ赤に焼けていたという。その後天候が急変、雨と共に白い粉が降り始めた。所謂「死の灰」である。当直日誌には「2時間後には爆発灰 多数の落下を見る」と記されている。乗組員たちは身の危険を感じてただちにあげ縄を開始、この海域からの脱出を計ったが、その日の夕方に頭痛とか吐き気がしたと話した。頭の毛が抜けたり顔が黒く焼けたり、皮がむけるという症状もあったという。2日後に読売新聞で船員たちの被ばくが報じられた。調査結果では、船から自然界の約5000倍の濃度の放射性物質が検出された。この放射性物質からは27種類の核分裂生成物が検出された。乗組員は23人全員が急性放射能症と診断され病院に収容された。放射能が最も残留していたのは頭髪で、肌も黒く焼けただれたようになった。さらに水揚げされたマグロからも高濃度の放射性物質が検出された。1954年10月の国家安全保障会議報告書ではアメリカ側の狼狽ぶりが示されており、日本への情報工作の強化が必要との記載もある。アメリカ側は、放射能ではなく飛び散ったサンゴの化学作用によるものとせよ、という指令も出している。第五福竜丸の元無線長は1ヶ月後死去。人類初の水爆犠牲者となった。全臓器から放射性物質が検出されたという。死因について日本側は急性放射能症と発表したが、アメリカ側は輸血治療による肝炎であると主張。水爆実験との因果関係を認めようとしなかった。


2020年01月 2020年02月 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
  • 「ザ・スクープスペシャル」で紹介されたすべての情報
  • 「ザ・スクープスペシャル」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ザ・スクープスペシャル」で紹介された音楽・CD
  • 「ザ・スクープスペシャル」で紹介された映画・DVD
  • 「ザ・スクープスペシャル」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ザ・スクープスペシャル」で紹介されたグルメ情報
  • 「ザ・スクープスペシャル」で紹介された料理レシピ
  • 「ザ・スクープスペシャル」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ザ・スクープスペシャル」で紹介された観光・地域情報
  • 「ザ・スクープスペシャル」で紹介されたイベント情報
  • 「ザ・スクープスペシャル」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する