テレビ紹介情報

「池上彰のニュースそうだったのか!!」で紹介された情報

「池上彰のニュースそうだったのか!! 〜緊急生放送!安倍総理辞任でこれからどうなる?〜」 2020年8月29日(土)放送内容「池上彰のニュースそうだったのか!! 〜新型コロナで見えてきた「日本の問題」〜」 2020年9月19日(土)放送内容

「池上彰のニュースそうだったのか!!」 2020年9月5日(土)放送内容

池上彰のニュース解説 これくらいは知っておこう!!

ツイッター

警察官が黒人男性を銃撃するなど、同じような事件が起きているアメリカ。池上彰は、一般人にも銃の携帯が認められているアメリカでは、警察官が身の危険を感じたら発砲する場合もあると話した。


ジョンズ・ホプキンス大学

最近の中国の新型コロナ感染者数は9月3日に33人と少なくなっていて、日常生活を取り戻し、景気も回復しつつある。


Fortune

米経済誌が発表している世界企業番付500で、中国124社、日本53社、アメリカ121社と、中国がアメリカを抜いて初めて1位に躍り出た。また、科学力でも中国は急成長していて、科学論文の発表数では長年アメリカが世界一だったが、現在は中国が1位となっている。池上彰は、中国は科学技術に莫大な金を投資し、世界中から科学者を引き抜いていることが背景にあるという。また、中国は2035年までに中国標準を世界標準にしたいという野望を持っていて、世界にルールや規格のない分野で中国の技術が認められれば経済効果が大きいとして、GPSやドローン、5Gなどのハイテク製品を世界に売り込んでいるのだという。


ウォルマート

米経済誌が発表している世界企業番付500で、中国124社、日本53社、アメリカ121社と、中国がアメリカを抜いて初めて1位に躍り出た。また、科学力でも中国は急成長していて、科学論文の発表数では長年アメリカが世界一だったが、現在は中国が1位となっている。池上彰は、中国は科学技術に莫大な金を投資し、世界中から科学者を引き抜いていることが背景にあるという。また、中国は2035年までに中国標準を世界標準にしたいという野望を持っていて、世界にルールや規格のない分野で中国の技術が認められれば経済効果が大きいとして、GPSやドローン、5Gなどのハイテク製品を世界に売り込んでいるのだという。


トヨタ自動車

米経済誌が発表している世界企業番付500で、中国124社、日本53社、アメリカ121社と、中国がアメリカを抜いて初めて1位に躍り出た。また、科学力でも中国は急成長していて、科学論文の発表数では長年アメリカが世界一だったが、現在は中国が1位となっている。池上彰は、中国は科学技術に莫大な金を投資し、世界中から科学者を引き抜いていることが背景にあるという。また、中国は2035年までに中国標準を世界標準にしたいという野望を持っていて、世界にルールや規格のない分野で中国の技術が認められれば経済効果が大きいとして、GPSやドローン、5Gなどのハイテク製品を世界に売り込んでいるのだという。


CM

池上彰のニュース解説 これくらいは知っておこう!!

CM

池上彰のニュース解説 これくらいは知っておこう!!

ファーウェイ

アメリカと中国がもめており、中国企業が開発した動画共有アプリ「Tik Tok」をアメリカでは使用禁止にするという。日本では1000万人、アメリカでは1億人のユーザーがいると言われているTik Tokだが中国のスパイ活動に使われるかもしれないとアメリカが主張し大きなニュースになっている。中国には「国家情報法」という法律があり政府への情報提供が義務付けられているという。位置情報から政府機関の人物を特定されるのではないかと懸念。またアメリカ政府は国内企業に対しファーウェイへの輸出規制などを行っているという。


マイクロソフト

アメリカと中国がもめており、中国企業が開発した動画共有アプリ「Tik Tok」をアメリカでは使用禁止にするという。日本では1000万人、アメリカでは1億人のユーザーがいると言われているTik Tokだが中国のスパイ活動に使われるかもしれないとアメリカが主張し大きなニュースになっている。中国には「国家情報法」という法律があり政府への情報提供が義務付けられているという。位置情報から政府機関の人物を特定されるのではないかと懸念。またアメリカ政府は国内企業に対しファーウェイへの輸出規制などを行っているという。


CM

(提供)

CM

池上彰のニュース解説 これくらいは知っておこう!!

ファーウェイ

トランプ大統領はアメリカ企業が「Tik Tok」を買収すれば禁止にしないと考えを改めたが、売却で儲けたお金を米国に払うよう要求した。トランプ大統領はTik Tok運営会社に米国事業の売却を命令したが、運営会社は「根拠がない」と主張し米政府を提訴。未だ収集が付かない状況が続いている。日本でも地方自治体が使用停止する動きもありアメリカの動向次第では日本でも使えなくなる可能性もあるという。アメリカと中国はスパイ疑惑を巡り総領事館を閉鎖するなど関係が悪化しており、トランプ大統領が中国を叩くことで人気を回復をしているという話もある。


マイクロソフト

トランプ大統領はアメリカ企業が「Tik Tok」を買収すれば禁止にしないと考えを改めたが、売却で儲けたお金を米国に払うよう要求した。トランプ大統領はTik Tok運営会社に米国事業の売却を命令したが、運営会社は「根拠がない」と主張し米政府を提訴。未だ収集が付かない状況が続いている。日本でも地方自治体が使用停止する動きもありアメリカの動向次第では日本でも使えなくなる可能性もあるという。アメリカと中国はスパイ疑惑を巡り総領事館を閉鎖するなど関係が悪化しており、トランプ大統領が中国を叩くことで人気を回復をしているという話もある。


毎日新聞

トランプ大統領はアメリカ企業が「Tik Tok」を買収すれば禁止にしないと考えを改めたが、売却で儲けたお金を米国に払うよう要求した。トランプ大統領はTik Tok運営会社に米国事業の売却を命令したが、運営会社は「根拠がない」と主張し米政府を提訴。未だ収集が付かない状況が続いている。日本でも地方自治体が使用停止する動きもありアメリカの動向次第では日本でも使えなくなる可能性もあるという。アメリカと中国はスパイ疑惑を巡り総領事館を閉鎖するなど関係が悪化しており、トランプ大統領が中国を叩くことで人気を回復をしているという話もある。


CM

池上彰のニュース解説 これくらいは知っておこう!!

池上彰のニュースそうだったのか!!番組ホームページ


(番組宣伝)

CM

「池上彰のニュースそうだったのか!! 〜緊急生放送!安倍総理辞任でこれからどうなる?〜」 2020年8月29日(土)放送内容「池上彰のニュースそうだったのか!! 〜新型コロナで見えてきた「日本の問題」〜」 2020年9月19日(土)放送内容

2020年08月 2020年09月 2020年10月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
  • 「池上彰のニュースそうだったのか!!」で紹介されたすべての情報
  • 「池上彰のニュースそうだったのか!!」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「池上彰のニュースそうだったのか!!」で紹介された音楽・CD
  • 「池上彰のニュースそうだったのか!!」で紹介された映画・DVD
  • 「池上彰のニュースそうだったのか!!」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「池上彰のニュースそうだったのか!!」で紹介されたグルメ情報
  • 「池上彰のニュースそうだったのか!!」で紹介された料理レシピ
  • 「池上彰のニュースそうだったのか!!」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「池上彰のニュースそうだったのか!!」で紹介された観光・地域情報
  • 「池上彰のニュースそうだったのか!!」で紹介されたイベント情報
  • 「池上彰のニュースそうだったのか!!」で紹介された雑学・豆知識