ホーム > テレビ紹介情報 > テレビ朝日 > はい!テレビ朝日です
テレビ紹介情報

「はい!テレビ朝日です」で紹介された情報

「はい!テレビ朝日です」で紹介されたすべての情報 ( 368 / 368 ページ )

「はい!テレビ朝日です」で紹介された音楽・CD

Samba de manha

テーマ曲:松任谷正隆「Samba de manha」


乙女の碑

2019年8月25日に放送された、「史実を刻む -語り継ぐ“戦争と性暴力”-」のダイジェスト映像を紹介する。1931年に満州事変が勃発。日本政府は中国東北部に満州国を建国し、開拓団の移住を閣議決定。補助金を村に出すなど、積極的に移住を進めた。これにより、およそ27万人が入植した。岐阜県・旧黒川村からは600人余りが、満州国の陶頼昭(とうらいしょう)へ渡った。それが、黒川開拓団だった。しかし、1945年のソ連侵攻の後、関東軍が敗走した為、開拓団は置き去りにされてしまい、ソ連兵や現地住民の略奪に遭った。その為、黒川開拓団はソ連軍に、警護や食料の提供を依頼した。しかし、その見返りに、女性を差し出すように求められて、黒川開拓団はこれに応じた。当時、性接待を務めた女性たちが、当時の辛い思い出を語った。女性たちの犠牲により、黒川開拓団の多くは帰国できた。しかし、帰国後の彼女たちを待ち受けていたのは、ねぎらいではなく誹謗中傷だった。その為、この事実は長い間、封印されてきた。しかし去年11月、「乙女の碑」の横に、性暴力の負の歴史が碑文として刻まれた。当時、性接待を務めた女性が、「そういう歴史があった事を伝えていかなきゃならん」などと話した。先月の映画祭、「戦争の記憶と記録を語り継ぐ映画祭2021」で、この映像作品が上映された後に、関係者たちと高校生たちのトークイベントが開催された。高校生たちの中には、関係者たちの話を聞いて、涙を流す者もいた。また、テレビ朝日のディレクターが、このような歴史を伝える事の大切さについて話した。


「はい!テレビ朝日です」で紹介されたイベント情報

戦争の記憶と記録を語り継ぐ映画祭2021

スタジオで番組レギュラー陣が、今日の内容の説明をした。2019年に、テレビ朝日のドキュメンタリー番組「テレメンタリー」で、「史実を刻む -語り継ぐ“戦争と性暴力”-」という映像作品が放送された。この映像作品は、「アメリカ国際フィルム・ビデオ祭」のドキュメンタリー歴史部門で、シルバースクリーン賞を受賞した。また、この映像作品は、先月に開催された映画祭、「戦争の記憶と記録を語り継ぐ映画祭2021」でも上映された。上映の後には、高校生と関係者のトークイベントも開催された。そこで今日は、その映像作品のダイジェスト映像と、そのトークイベントのダイジェスト映像を送る。

2019年8月25日に放送された、「史実を刻む -語り継ぐ“戦争と性暴力”-」のダイジェスト映像を紹介する。1931年に満州事変が勃発。日本政府は中国東北部に満州国を建国し、開拓団の移住を閣議決定。補助金を村に出すなど、積極的に移住を進めた。これにより、およそ27万人が入植した。岐阜県・旧黒川村からは600人余りが、満州国の陶頼昭(とうらいしょう)へ渡った。それが、黒川開拓団だった。しかし、1945年のソ連侵攻の後、関東軍が敗走した為、開拓団は置き去りにされてしまい、ソ連兵や現地住民の略奪に遭った。その為、黒川開拓団はソ連軍に、警護や食料の提供を依頼した。しかし、その見返りに、女性を差し出すように求められて、黒川開拓団はこれに応じた。当時、性接待を務めた女性たちが、当時の辛い思い出を語った。女性たちの犠牲により、黒川開拓団の多くは帰国できた。しかし、帰国後の彼女たちを待ち受けていたのは、ねぎらいではなく誹謗中傷だった。その為、この事実は長い間、封印されてきた。しかし去年11月、「乙女の碑」の横に、性暴力の負の歴史が碑文として刻まれた。当時、性接待を務めた女性が、「そういう歴史があった事を伝えていかなきゃならん」などと話した。先月の映画祭、「戦争の記憶と記録を語り継ぐ映画祭2021」で、この映像作品が上映された後に、関係者たちと高校生たちのトークイベントが開催された。高校生たちの中には、関係者たちの話を聞いて、涙を流す者もいた。また、テレビ朝日のディレクターが、このような歴史を伝える事の大切さについて話した。


「はい!テレビ朝日です」で紹介されたイベント情報

アメリカ国際フィルム・ビデオ祭

スタジオで番組レギュラー陣が、今日の内容の説明をした。2019年に、テレビ朝日のドキュメンタリー番組「テレメンタリー」で、「史実を刻む -語り継ぐ“戦争と性暴力”-」という映像作品が放送された。この映像作品は、「アメリカ国際フィルム・ビデオ祭」のドキュメンタリー歴史部門で、シルバースクリーン賞を受賞した。また、この映像作品は、先月に開催された映画祭、「戦争の記憶と記録を語り継ぐ映画祭2021」でも上映された。上映の後には、高校生と関係者のトークイベントも開催された。そこで今日は、その映像作品のダイジェスト映像と、そのトークイベントのダイジェスト映像を送る。


テレビ朝日

スタジオで番組レギュラー陣が、今日の内容の説明をした。2019年に、テレビ朝日のドキュメンタリー番組「テレメンタリー」で、「史実を刻む -語り継ぐ“戦争と性暴力”-」という映像作品が放送された。この映像作品は、「アメリカ国際フィルム・ビデオ祭」のドキュメンタリー歴史部門で、シルバースクリーン賞を受賞した。また、この映像作品は、先月に開催された映画祭、「戦争の記憶と記録を語り継ぐ映画祭2021」でも上映された。上映の後には、高校生と関係者のトークイベントも開催された。そこで今日は、その映像作品のダイジェスト映像と、そのトークイベントのダイジェスト映像を送る。

2019年8月25日に放送された、「史実を刻む -語り継ぐ“戦争と性暴力”-」のダイジェスト映像を紹介する。1931年に満州事変が勃発。日本政府は中国東北部に満州国を建国し、開拓団の移住を閣議決定。補助金を村に出すなど、積極的に移住を進めた。これにより、およそ27万人が入植した。岐阜県・旧黒川村からは600人余りが、満州国の陶頼昭(とうらいしょう)へ渡った。それが、黒川開拓団だった。しかし、1945年のソ連侵攻の後、関東軍が敗走した為、開拓団は置き去りにされてしまい、ソ連兵や現地住民の略奪に遭った。その為、黒川開拓団はソ連軍に、警護や食料の提供を依頼した。しかし、その見返りに、女性を差し出すように求められて、黒川開拓団はこれに応じた。当時、性接待を務めた女性たちが、当時の辛い思い出を語った。女性たちの犠牲により、黒川開拓団の多くは帰国できた。しかし、帰国後の彼女たちを待ち受けていたのは、ねぎらいではなく誹謗中傷だった。その為、この事実は長い間、封印されてきた。しかし去年11月、「乙女の碑」の横に、性暴力の負の歴史が碑文として刻まれた。当時、性接待を務めた女性が、「そういう歴史があった事を伝えていかなきゃならん」などと話した。先月の映画祭、「戦争の記憶と記録を語り継ぐ映画祭2021」で、この映像作品が上映された後に、関係者たちと高校生たちのトークイベントが開催された。高校生たちの中には、関係者たちの話を聞いて、涙を流す者もいた。また、テレビ朝日のディレクターが、このような歴史を伝える事の大切さについて話した。


「はい!テレビ朝日です」で紹介された音楽・CD

Samba de manha

テーマ曲:松任谷正隆「Samba de manha」


東京都現代美術館

今日は、「GENKYO 横尾忠則 [原郷から幻境へ、そして現況は?]」について特集する。これは、10月17日まで東京都現代美術館で開催されている美術展。アナウンサーの桝田沙也香が、その会場を訪れた。そして、この美術展の企画監修者である、南雄介さんに話を聞いた。この美術展には、横尾忠則の1960年代〜2021年までの、600点以上の作品が展示されている。2人が中を見て回り、非常に多くの作品を鑑賞した。南雄介さんが桝田沙也香に、それらの作品について解説して、桝田沙也香が感想を語った。また、それらの作品が所蔵されている美術館も、併せて紹介された。近年の作品が展示されているコーナーには、初公開される新作も展示されている。2人がそのコーナを見ていた時に、横尾忠則が展示を確認に来て、「ここ(近年エリア)に来て、絵が下手くそになっちゃった」などと話した。

寺崎貴司、八木麻紗子がスタジオで、ここまでのVTRの感想を話し合った。また、横尾忠則の作品の「画家の自画像」などについて話し合った。最後に改めて、「GENKYO 横尾忠則 [原郷から幻境へ、そして現況は?]」は、10月17日まで東京都現代美術館で開催中だと告知した。


馬の博物館

今日は、「GENKYO 横尾忠則 [原郷から幻境へ、そして現況は?]」について特集する。これは、10月17日まで東京都現代美術館で開催されている美術展。アナウンサーの桝田沙也香が、その会場を訪れた。そして、この美術展の企画監修者である、南雄介さんに話を聞いた。この美術展には、横尾忠則の1960年代〜2021年までの、600点以上の作品が展示されている。2人が中を見て回り、非常に多くの作品を鑑賞した。南雄介さんが桝田沙也香に、それらの作品について解説して、桝田沙也香が感想を語った。また、それらの作品が所蔵されている美術館も、併せて紹介された。近年の作品が展示されているコーナーには、初公開される新作も展示されている。2人がそのコーナを見ていた時に、横尾忠則が展示を確認に来て、「ここ(近年エリア)に来て、絵が下手くそになっちゃった」などと話した。

寺崎貴司、八木麻紗子がスタジオで、ここまでのVTRの感想を話し合った。また、横尾忠則の作品の「画家の自画像」などについて話し合った。最後に改めて、「GENKYO 横尾忠則 [原郷から幻境へ、そして現況は?]」は、10月17日まで東京都現代美術館で開催中だと告知した。


富山県美術館

今日は、「GENKYO 横尾忠則 [原郷から幻境へ、そして現況は?]」について特集する。これは、10月17日まで東京都現代美術館で開催されている美術展。アナウンサーの桝田沙也香が、その会場を訪れた。そして、この美術展の企画監修者である、南雄介さんに話を聞いた。この美術展には、横尾忠則の1960年代〜2021年までの、600点以上の作品が展示されている。2人が中を見て回り、非常に多くの作品を鑑賞した。南雄介さんが桝田沙也香に、それらの作品について解説して、桝田沙也香が感想を語った。また、それらの作品が所蔵されている美術館も、併せて紹介された。近年の作品が展示されているコーナーには、初公開される新作も展示されている。2人がそのコーナを見ていた時に、横尾忠則が展示を確認に来て、「ここ(近年エリア)に来て、絵が下手くそになっちゃった」などと話した。

寺崎貴司、八木麻紗子がスタジオで、ここまでのVTRの感想を話し合った。また、横尾忠則の作品の「画家の自画像」などについて話し合った。最後に改めて、「GENKYO 横尾忠則 [原郷から幻境へ、そして現況は?]」は、10月17日まで東京都現代美術館で開催中だと告知した。


「はい!テレビ朝日です」で紹介されたイベント情報

GENKYO 横尾忠則 [原郷から幻境へ、そして現況は?]

今日は、「GENKYO 横尾忠則 [原郷から幻境へ、そして現況は?]」について特集する。これは、10月17日まで東京都現代美術館で開催されている美術展。アナウンサーの桝田沙也香が、その会場を訪れた。そして、この美術展の企画監修者である、南雄介さんに話を聞いた。この美術展には、横尾忠則の1960年代〜2021年までの、600点以上の作品が展示されている。2人が中を見て回り、非常に多くの作品を鑑賞した。南雄介さんが桝田沙也香に、それらの作品について解説して、桝田沙也香が感想を語った。また、それらの作品が所蔵されている美術館も、併せて紹介された。近年の作品が展示されているコーナーには、初公開される新作も展示されている。2人がそのコーナを見ていた時に、横尾忠則が展示を確認に来て、「ここ(近年エリア)に来て、絵が下手くそになっちゃった」などと話した。

寺崎貴司、八木麻紗子がスタジオで、ここまでのVTRの感想を話し合った。また、横尾忠則の作品の「画家の自画像」などについて話し合った。最後に改めて、「GENKYO 横尾忠則 [原郷から幻境へ、そして現況は?]」は、10月17日まで東京都現代美術館で開催中だと告知した。


2021年08月 2021年09月 
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  • 「はい!テレビ朝日です」で紹介されたすべての情報
  • 「はい!テレビ朝日です」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「はい!テレビ朝日です」で紹介された音楽・CD
  • 「はい!テレビ朝日です」で紹介された映画・DVD
  • 「はい!テレビ朝日です」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「はい!テレビ朝日です」で紹介されたグルメ情報
  • 「はい!テレビ朝日です」で紹介された料理レシピ
  • 「はい!テレビ朝日です」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「はい!テレビ朝日です」で紹介された観光・地域情報
  • 「はい!テレビ朝日です」で紹介されたイベント情報
  • 「はい!テレビ朝日です」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する

  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。