テレビ紹介情報

「ワイド!スクランブル」で紹介された情報

「ワイド!スクランブル」で紹介された本・コミック・雑誌 ( 224 / 224 ページ )

「ワイド!スクランブル」で紹介された本・コミック・雑誌

萩原健一さんは俳優へと活躍の場を広げた。映画「化石の森」公開時に「映画には化ける楽しみ水戸どう隠しても出てしまう自分がある」などとコメント。頭で考えて演じるというよりも自らをさらけ出す意識で俳優業に臨んでいた。一方で自らを演出する能力に優れ、太陽にほえろ!では衣装を自作した。役の殉職も自身の希望で「人間いざ死ぬとなったらかっこなんかつけていられるわけがない」と考えを述べていた。これをきっかけに太陽にほえろ!では刑事の殉職シーンが名物になっていったという。映画監督を志しながら俳優として抜擢され、演技経験がないながらも18歳でスターとなった自信がどこかにあったのではないかなどと相原。何かを作り出したい気持ちが強い人だったのだと改めて思うなどと中野。「太陽にほえろ!」をダサいと評価した事が彼のセンスの鋭さを表しているとデーブ・スペクター。

「シャーデンフロイデ 他人を引きずり下ろす快感 (幻冬舎新書)」

Amazon.co.jp


「ワイド!スクランブル」で紹介された本・コミック・雑誌

新元号についてのトーク。街はお祝いムードで、新元号予想キャンペーンを埼玉の酒店和泉屋が行っており、正解者の中から一名に平成元年産のヴィンテージ大吟醸「歳月」をプレゼントするなどがあると紹介された。本郷氏は「嫌なことが起こると元号を変えるということがこれまでの歴史であった、今回のように明るいムードの中での改元は喜ばしい」と語った。歴史的には噴火などの天変地異や政争があると改元されてきたと語られた。「新元号にまつわる詐欺もいっぱいあって伝えられてただけにこういう楽しいアイディアも大歓迎」などと語られ、カレンダーの印刷などについて陛下のご配慮に助けられているなどと語られた。

「承久の乱 日本史のターニングポイント (文春新書)」

Amazon.co.jp


「ワイド!スクランブル」で紹介された本・コミック・雑誌

芥川龍之介が後に妻となる塚本文への恋心を綴った2通の手紙が東京・北区の田端文士村記念館で初公開された。手紙は結婚前に妻・文のおじで親友の男性に宛てて書いたもので、手紙の2年後に結婚するも芥川龍之介は9年後に自殺している。芥川龍之介が文へ宛てた手紙は「一緒に燃やしてほしい」という塚本文の遺言でほとんど残っていない。

「羅生門 杜子春 (岩波少年文庫 (509))」

Amazon.co.jp


「ワイド!スクランブル」で紹介された本・コミック・雑誌

男・山根 無冠の帝王 半世紀

東スポ映画大賞の授賞式が行われ、話題賞を受賞した山根前会長が出席。審査委員長のビートたけしとは交流があるという。ビートたけしは「存在感はまさにアウトレイジ」などと評価。山根前会長は現在タレント活動やyoutuderだという。来月22日には自叙伝を発売するという。本人は俳優業もやりたいと話しているという。(東京スポーツ)


「ワイド!スクランブル」で紹介された本・コミック・雑誌

聖書

トランペッツのメンバーに取材してみると、神は選ばれし者を使って奇跡を起こす。トランプはその1人、などとトランプ氏を神のように崇拝している様子が伺えた。マライ・メントラインは、トランプ氏は経済第一と考えているため、支持する理由の一つ。トランプ氏の過去の女性侮蔑問題はクレイマーさんが過去の話しにしたところがトランプ氏支持につながっているのではないかなどと話す。ギャラップ調べでトランプ氏の支持率は44%。堀田佳男によるとアメリカ経済は好調。そしてトランプ氏は公約のほとんどをある程度実行している。トランペッツのような支持者が離れることはないだろうと語った。一方トランプ勝利の原動力となった労働者階級の支持に異変が起きているという。


「ワイド!スクランブル」で紹介された本・コミック・雑誌

イギリス高級ブランドのバーバリーは、首に縄を巻いたように見えるパーカーが自殺を想起させるなど批判を浴び、謝罪した(日刊ゲンダイ)。スタジオでは、犯罪性を想起させるからといってデザインにまで批判を及ぼし謝罪させるという風潮は良くない、とコメント。

「檸檬」

Amazon.co.jp


「ワイド!スクランブル」で紹介された本・コミック・雑誌

犯罪白書

LINEやツイッターを使って「一緒に暴走しよう」などと不特定多数に呼び掛けるSNS暴走族が主流となっていると犯罪ジャーナリストは話す。犯罪白書によると暴走族メンバーは減少、取締強化に加え先輩後輩の上下関係が面倒などという理由がある。一方、コスプレ感覚で暴走族の真似事をする若者が現れ始め、ユーチューブの映像などを見て「面白そう」と感じる若者もいるようだ。SNS暴走族は、メンバーが固定しておらず統制も取れていないので取り締まりにくく暴徒化するなど行動が読めない危険性もある(日刊ゲンダイ)。スタジオでは、同じ価値観・趣味の仲間と集まるというSNSをうまく利用している、などとコメント。


「ワイド!スクランブル」で紹介された本・コミック・雑誌

大英博物館が手に入れたがっていた作品は一見10ポンド紙幣に見えるがエリザベス女王が描かれているはずのところにダイアナ元妃が描かれた偽札だという。制作したのはバンクシーで、本物には「バンク・オブ・イングランド」と書かれているが偽札は「バンクシー・オブ・イングランド」となっている。バンクシーは世界各国の公共物などに社会風刺を描くことで有名だが素性不明で複数いるのではなどとも言われる覆面芸術家で、去年ロンドンで行われたオークションで風船に手を伸ばす少女の絵が落札された瞬間額縁に仕込まれたシュレッダーにより絵が裁断されるパフォーマンスで一躍有名になった。東京港区では防潮扉に描かれたネズミがバンクシーの作品ではないかと言われ取り外し保存された。バンクシーに詳しいブランドラー氏によるとバンクシーは立入禁止区域など人通りの少ないところを好んで作品を残すという。また、場所からすると港区のネズミの絵はバンクシーが描いた作品である可能性は高いという。またバンクシーの作品集の中に左右が反転しているもののボルトやコンクリートのヒビなどまで一致する作品が掲載されている。ブランドラー氏は本物で間違いないと断定した。

「Wall and Piece【日本語版】」

Amazon.co.jp


「ワイド!スクランブル」で紹介された本・コミック・雑誌

堺屋太一さんが8日午後8時19分、多臓器不全のため都内の病院で亡くなった。鋭い視点で時代を捉え、1960年台には高度成長期の日本の雰囲気を代表するフレーズ「巨人・大鵬・卵焼き」の起源となる言葉を会見で述べ流行語となった。第一次ベビーブームの世代を「団塊の世代」と名付け、同名の小説などを執筆。通商産業省官僚時代には大阪万博の企画を担当。当時無名の岡本太郎を展示プロデューサーに抜擢、猛反対の中太陽の塔建設を許可。25年大阪万博誘致でもアドバイスを送った。(日刊スポーツ)

「油断! (日経ビジネス人文庫)」

Amazon.co.jp


「ワイド!スクランブル」で紹介された本・コミック・雑誌

秀吉

堺屋太一さんが8日午後8時19分、多臓器不全のため都内の病院で亡くなった。鋭い視点で時代を捉え、1960年台には高度成長期の日本の雰囲気を代表するフレーズ「巨人・大鵬・卵焼き」の起源となる言葉を会見で述べ流行語となった。第一次ベビーブームの世代を「団塊の世代」と名付け、同名の小説などを執筆。通商産業省官僚時代には大阪万博の企画を担当。当時無名の岡本太郎を展示プロデューサーに抜擢、猛反対の中太陽の塔建設を許可。25年大阪万博誘致でもアドバイスを送った。(日刊スポーツ)


2019年05月 2019年06月 
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介されたすべての情報
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介された本・コミック・雑誌
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介された音楽・CD
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介された映画・DVD
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介されたレストラン・飲食店
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介されたグルメ情報
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介された料理レシピ
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介されたホテル・温泉旅館
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介された観光・地域情報
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介されたイベント情報
  • 「ワイド!スクランブル」で紹介された雑学・豆知識
期間を指定する